BizTalk Server エクスポート パッケージを作成する方法

開発環境で BizTalk アプリケーションのテストが完了したら、関連付けられている依存関係をエクスポート パッケージに配置できます。 エクスポート パッケージを作成したら、BizTalk アプリケーションをステージング サーバーまたはライブ サーバーに移動できます。

Note

BizTalk Adapter for Host Applications を使用する BizTalk アプリケーションのエクスポート パッケージを作成するプロセスは、アダプターを使用する他のエクスポート パッケージを作成する場合と同じです。

BizTalk Adapter for Host Applications を使用するアプリケーションのエクスポート パッケージを作成するには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントし、[Microsoft BizTalk Server 2006] をポイントして、[BizTalk Server管理] をクリックします。

  2. コンソール ツリーで、[BizTalk Server 2006 管理] を展開し、[BizTalk] グループを展開し、[アプリケーション] を展開します

  3. エクスポートするアプリケーションを右クリックし、[エクスポート ] をポイントして、[ MSI ファイル] をクリックします。

  4. [ MSI ファイルのエクスポート ウィザードへようこそ ] ページで、[ 次へ] をクリックします。

  5. [ リソースの選択 ] ページで、.msi ファイルにエクスポートする成果物を選択し、[ 次へ] をクリックします。

  6. メッセージが表示されたら、[ IIS ホストの指定 ] ページで、含める仮想ディレクトリをホストしているコンピューターのサーバー名を入力し、[ 次へ] をクリックします。

    サーバーを指定するように求めるメッセージが表示されるのは、アプリケーションに追加されたときやアプリケーションにインポートされたときなど、仮想ディレクトリが BizTalk 管理データベースに以前に追加されていない場合のみです。

  7. [ 依存関係 ] ページで、アプリケーションの依存関係を確認し、[ 次へ] をクリックします。

  8. [ 宛先 ] ページの [ 宛先アプリケーション名] に、アプリケーション名を入力します。

  9. 生成する MSI ファイルに、.msi ファイルの完全なパスを入力し、[エクスポート] をクリックします。

  10. [ 概要 ] ページで、この操作のログ ファイルの場所をメモし、[完了] をクリック します

参照

ホスト アプリケーション用 BizTalk Adapter のアプリケーションの作成
スキーマをエクスポートする方法
BizTalk Server アプリケーションをデプロイする方法