Share via


ホスト アプリケーション用 BizTalk Adapter のアプリケーションの作成

次の一覧では、BizTalk Adapter for Host Applications を使用するアプリケーションを作成するために従う必要がある手順について説明します。

  1. アプリケーションを実行するようにメインフレーム環境と通信プロトコルを設定します。

  2. アプリケーションに必要なすべての BizTalk および Host Integration Server プロジェクトを含む Visual Studio ソリューションを作成します。

  3. ホスト アプリケーションのインターフェイス定義を保持するトランザクション インテグレーター (TI) プロジェクトを作成します。

    必要に応じて、生成された XML ファイルを変更して、クライアント コンテキスト情報を渡すことができます。

  4. 作成したインターフェイス定義と関連付けられたスキーマを使用して、BizTalk アプリケーションを保持する BizTalk プロジェクトを作成します。

  5. 前に定義したポートと設定を使用して、BizTalk アプリケーションを作成します。

  6. TI Manager を使用して、インターフェイス定義をメインフレーム環境に関連付けます。

  7. スキーマをデプロイします。

  8. BizTalk Server展開 MSI パッケージをビルドします。

    エクスポート パッケージを作成したら、ソリューションをステージング サーバーまたは運用サーバーに移動し、パッケージをインポートできます。

    詳細については、「 アプリケーション統合プログラマ ガイド」を参照してください。

このセクションの内容

メインフレームのセットアップ

Visual Studio ソリューションを作成する方法

トランザクション インテグレーター プロジェクトとインターフェイス定義を作成する方法

BizTalk Adapter for Host Applications でクライアント コンテキストを使用する方法

BizTalk プロジェクトを作成する方法

BizTalk アプリケーションの作成

インターフェイス定義をメインフレーム環境に関連付ける方法

スキーマをエクスポートする方法

BizTalk Server エクスポート パッケージを作成する方法