データを取得する方法

接続文字列情報を作成するには、 や など、 クラスから派生した IConnectionString オブジェクトを作成する必要 DB2OdbcConnectionString があります DB2OleDbConnectionString。 文字列を作成した後は、関連付けられているプロパティを使用して、文字列から情報を保存、変更、または取得できます。

接続文字列情報を取得および変更する

  1. 指定した接続文字列を含む .udl ファイルのファイル パスを使用して、特定の種類の接続文字列コンストラクターを呼び出して、新しい接続文字列を作成します。

    または、指定した型に対 ReadUDL して を呼び出 ConnectionString します。 クラスの多 ConnectionString くにも、使用 Clone できるメソッドがあります。 は現在 Clone のインスタンスをアクティブなメモリに読み込むのではなく、後で変更してディスクに保存できるコピーを作成します。

    現在 のインスタンスがある接続文字列からデータを取得する場合は、 を呼び出します Load。 たとえば、 という名前SaveLoadの新しい接続文字列を最近作成した場合は、 オブジェクトで を再度呼び出して、ストレージからアクティブ メモリにオブジェクトを取得できます。

    存在しないファイルを記述するパスを使用する場合、システムは記述されたパスを使用して .udl 新しいファイルを作成します。

  2. を使用するか、関連するプロパティにアクセスして、 GetString 現在のインスタンスから接続データを取得します。

    GetString 使用すると、接続文字列を標準のテキスト文字列のように操作できます。 これに対し、通常、値にプロパティとしてアクセスする方が簡単で安全です。

  3. 関連する値の表示または SetString 操作が完了したら、 を呼び出して、または適切なプロパティを設定して、 オブジェクトに値を返します。

  4. 完了したら、 を呼び出して、セカンダリ ストレージに変更を保存します Save

    接続文字列データを取得、変更、保存する方法を次のコード例に示します。

static System.Exception ChangeCommentInUDL(string connString, string newComment)  
{  
   try  
   {  
      IConnectionString udl = DB2OleDbConnectionString.ReadUDL(connString);  
      udl.Comment = newComment;  
      udl.Save();  
      System.Exception noException = null;  
      return noException;  
  
   }  
   catch (System.Exception ex)  
   {  
      return ex;  
   }  
}  

参照

接続文字列の作成