論理ユニット センス コード

このセクションでは、Host Integration Server で使用されるセンスコードの一覧を示します。

Host Integration Server sense コードは、送信データストリームに対して否定応答を送信するか、セカンダリ論理ユニット (LU) の状態の変更をホストに通知する LUSTAT に送信されます。 3270 emulator プログラムによって生成される意味コードを次の表に示します。

否定応答センスコード

説明
0802 介入が必要です (LU 1/LU 3 プリンターソフトエラー)。
0814 角かっこ bid は、RTR を取り消すことができます。
081B 送信モードの受信側。
081C 要求が実行可能ではありません (ハードエラー)。
0821 無効なセッションパラメーター (ネゴシエーションのバインド要求)。
0829 方向を変更する必要があります。
082B プレゼンテーション領域の整合性が失われました。
082D LU がビジー状態です (通常、ローカルコピーの印刷が進行中です)。
082E 介入が必要です (ローカルコピー印刷ソフトエラー)。
082F 要求が実行可能ではありません (ローカルコピー印刷のハードエラー)。
0843 WCC print コマンドビットが送信されていません (RQD または RQE、CD、EB)。
0863 参照されている文字セットが存在しません。
0871 読み取りパーティションの状態エラー (再試行状態の SLU)。
1003 サポートされていない関数です。
1005 コントロール関数を変更するパラメーターが無効です。
1007 カテゴリがサポートされていません (ホストプリンターの SSCP データ)。

LUSTAT sense コード

説明
0001 B000 ホストで初期化されたローカルコピーソフトエラー回復。
081C 0000 ソフトエラーがハードエラー (LU 1/LU 3) に変更されました。
081C B000 ソフトエラーがハードエラー (ローカルコピー) に変更されました。
082B 0000 LU セッションは、SSCP から PLU (SYSREQ) に変更されました。