LU のサポート

Host Integration Server ノードは、最大15000のセッションをサポートできます。

論理ユニット 6.2 (LU 6.2) は、ノードタイプ2.1 と組み合わせて、高度なプログラム間通信 (APPC) を提供します。 LU 6.2 は、プライマリ論理ユニット (PLU) またはセカンダリ論理ユニット (SLU) のいずれかになります。 パートナー LU は、種類が2.1 のノード、アップストリームタイプ5ノード内、または Host Integration Server ノード内に存在することができます。

LU の種類0、1、2、または3は常に SLUs であり、上流の type 5 ノードのパートナー LU は常に PLU です。 LU 0 は、要求ユニットインターフェイス (RUI) の特定の制限内で、セッションレベルの暗号化をサポートします。 セッションレベルの暗号化は、暗号化検証 (CRV) 要求を介して実装します。RUI アプリケーションは、必要な処理をすべて実行する必要があります。 セッションレベルの暗号化の制限と、RUI アプリケーションで実行される処理の詳細については、「 LUA プログラマーガイド」を参照してください。 RUI 以外のすべてのインターフェイスでは、CRV 要求は否定応答で処理されます。

参照

SNA セッションのサポート