リモート環境の最大バッファー サイズ

トランザクション インテグレーター (TI) アプリケーションとメインフレーム アプリケーションの両方が、次のバッファー サイズまたは転送の制限を超えないように設計する必要があります。

入力/出力の最大バッファー サイズは 32767 バイトです。 この制限は、COMMAREA の最大許容サイズによって定義されます。

入力/出力の最大バッファー サイズは 32767 バイトです。 この制限は、COMMAREA の最大許容サイズによって定義されます。

TCP トランザクション要求メッセージ (TRM) ユーザー データ

入力/出力のバッファー サイズは無制限です。

TCP 拡張リスナー メッセージ (ELM) ユーザー データ

入力/出力のバッファー サイズは無制限です。

IMS Connect (TCP/IP)

TI が IMS に送信できる最大セグメント・サイズは 32754 バイトです。 この制限は、IMS メッセージ・セグメント内の合計バイト数 (32767) から次のバイト数を引いた値で定義されます。

  • LL (Length フィールド) の場合は 2 バイトです。

  • ZZ (制御情報フィールド) の場合は 2 バイト。

  • 最大 TRANCODE の場合は 9 バイト。

    TCP/IP IMS Connect プログラミング・モデルを使用した IMS サーバー・プログラムとの間で送受信できるデータの合計量は無制限です。

OS/400分散プログラム呼び出し (DPC)

合計バッファー サイズは 65535 バイトで、必要なヘッダーによって削減されます。 送信には 23 バイトのヘッダーが必要です。

どちらの方向の各パラメーターでも、送信に 12 バイトのオーバーヘッドが必要です。 in\out または out の各パラメーターには、戻り値のトリップ時にメモリ内で 12 バイトのオーバーヘッドが必要です。

入力/出力の最大バッファー サイズは 32767 バイトです。 この制限は、COMMAREA の最大許容サイズによって定義されます。

CICS ユーザー データ LU 6.2

入力/出力のバッファー サイズは無制限です。 ただし、入力バッファーのサイズが 32 KB を超える場合、TI は 32 KB の複数のチャンクでデータを送信します。 このような場合、メインフレーム アプリケーションは、すべての入力データを収集するために複数の受信を行う必要があります。

LU 6.2 を使用した IMS

TI が IMS に送信する最大セグメント・サイズは 32754 バイトです。 この制限は、IMS メッセージ・セグメント内の合計バイト数 (32767) から次のバイト数を引いた値で定義されます。

  • LL (Length フィールド) の場合は 2 バイトです。

  • ZZ (制御情報フィールド) の場合は 2 バイト。

  • 最大 TRANCODE の場合は 9 バイト。

    LU 6.2 を使用する IMS サーバー・プログラムとの間で送受信できるデータの合計量は無制限です。

参照

ホストとオートメーション データ