LUA プールのプログラミング手法

論理ユニット アプリケーション (LUA) LU プールを操作する場合は、会話の開始時にプール名を指定し、後続の呼び出しで lua_sid メンバー (プール名ではなく) を使用します。 これは、 lua_sid メンバーが一意の識別子ですが、プール名がそうではないので、プールは複数の会話に対して LUs を提供するように設計されています。

LUA プールRUI_INITまたはSLI_OPENを使用する場合は、プール名をメンバーに指定lua_lunameします。 同じメッセージの後続の呼び出しの場合は、lua_sid から返された RUI_INIT メンバー SLI_OPEN使用して、会話を指定します。

Note

指定またはRUI_INIT完了SLI_OPEN、lua_lunameメンバーには、使用される LU の実際の名前が含まれる必要があります。 これにより、ユーザーのディスプレイのコードを作成し、特定の会話で使用される実際の LU 名を表示できます。