PrtFilterJobData

PrtFilterJobData 関数を呼び出して、印刷前にプリンター データを操作する機会をユーザー DLL に提供します。 これにより、DLL は、プリント サーバーに送信される印刷データのカスタム処理を提供できます。

構文

  
          void WINAPI PrtFilterJobData(   
void *UniqueID,   
char **pBufPtr,   
DWORD *pBufLen  );  

パラメーター

Uniqueid
指定されたパラメーター。 印刷 ジョブを識別 するために PrtFilterJobStart 関数によって返される UniqueID 値。

pBufPtr
プリント サーバーは、ホストから受信した印刷データを、この受信バッファーで処理するためにユーザー DLL に渡します。 ユーザー DLL は、印刷するデータの送信バッファーへのポインターをプリント サーバーに返します。 この送信バッファー ポインターは、印刷データ フィルター DLL でデータを変更できるので、受信したバッファー ポインターとは異なる場合があります。 この場合、 PrtFilterFree は送信バッファー ポインターのホスト印刷サービスによってのみ呼び出されます。 必要に応じて、印刷データ フィルター DLL は 、PrtFilterJobData 関数に提供された受信バッファー ポインターで独自の free 関数を呼び出す必要があります。 この受信バッファーは、PrtFilterAlloc の以前の呼び出しによってホスト印刷サービス によって割り当てされました。

pBufLen
バッファーでプリント サーバーに渡されるデータの長さと、ユーザー指定の DLL によってプリント サーバーに返されるバッファーの長さを示します。

注釈

バッファー内のデータは、印刷ジョブで送信される場合、印刷可能な ASCII またはプリンターの制御シーケンスです。 ユーザー DLL によって返されるバッファーは、渡されたバッファーと同じである必要があります。 返されたバッファーは、データがスプールされた後に PrtFilterFree を呼び出すことによって常に解放されます。 一意識別子パラメーター UniqueID は 、PrtFilterJobStart 関数の以前の呼び出し から返される識別子 です。

参照

PrtFilterFree
PrtFilterJobStart