リモート環境ウィザード ページ 1 (.NET クライアント ウィザード)

[リモート 環境] ウィザード ページ を使用して、リモート環境 (RE) を定義します。 RE は、リモート ホスト システムで実行されているアプリケーション実行環境を識別します。 RE には、データ通信プロトコルとプログラミング モデルを関連付けできます。

プロパティ 目的
ベンダー名 リモート環境を提供するベンダーの名前を選択します。
プロトコル リモート環境への接続に使用するデータ通信プロトコルを選択します。 使用可能な通信プロトコルは次のとおりです。

- TCP/IP (既定)
- LU 6.2
ターゲット環境 リモート ホスト システムで実行されているアプリケーション環境を選択します。 使用可能な環境は次のとおりです。

- CICS (既定値)
- IMS
- OS400 (TCP/IP のみ)
プログラミング モデル リモート環境に関連付けられているプログラミング モデルを選択します。 TCP/IP CICS ターゲット環境で使用できるモデルは次のとおりです。

- TRM ユーザー データ (既定)
- TRM リンク
- ELM ユーザー データ
- ELM リンク

LU 6.2 CICS ターゲット環境で使用できるモデルは次のとおりです。

- CICS ユーザー データ
- CICS リンク
- TCP/IPIM ターゲット環境で使用できるモデルは次のとおりです。
- IMS Connect
- LU 6.2 IMS ターゲット環境で使用できるモデルは、 IMS ユーザー データのみです

OS400 ターゲット環境で使用できるモデルは、 分散プログラム呼び出しのみです
32K の入出力を許可する TI で出力 DFHCOMMAREA とは別に入力 DFHCOMMAREA を処理する場合は、このオプションを選択します。 TI は通常、入力 DFHCOMMAREA と出力 DFHCOMMAREA 領域を結合します。 結合された領域は、32 KB のデータを超えすることはできません。 このオプションを選択すると、TI は出力 DFHCOMMAREA とは別に入力 DFHCOMMAREA を処理します。 各入力領域と出力領域では、最大 32 KB のデータが使用されます。

参照

ライブラリのプロパティ
TCP トランザクションの要求メッセージのリンク
TCP 拡張リスナー メッセージのリンク
TCP トランザクション要求メッセージのユーザー データ
TCP 拡張リスナー メッセージのユーザー データ
リモート環境ウィザード ページ 2 (OS400 用) (.NET クライアント ウィザード)
リモート環境ウィザード ページ 2 (LU 6.2 リンク用) (.NET クライアント ウィザード)
新しい .NET クライアント ライブラリ ウィザード ページの完了
新しい .NET クライアント ライブラリ ウィザード