WinCPICIsBlocking

Wincshare Isblock関数は、前のブロック呼び出しが終了するのを待機している間にタスクが実行されているかどうかを判断します。

構文

  
BOOL WINAPI WinCPICIsBlocking(void);  

戻り値

戻り値は、関数の結果を指定します。 値が0でない場合は、完了を待機している未処理のブロッキング呼び出しがあります。 値が0の場合は、未処理のブロッキング呼び出しがないことを示します。

注釈

この呼び出しは、特定のメッセージ交換に関する情報を推論しません。これは、 Set_Processing_Modeの CM_BLOCKING 特性を使用するように記述されたアプリケーションのヘルプを提供することのみを目的としています。 wincshare isblockは、Microsoft® Windows® APIの中でも同じ目的で機能します。 Windows バージョン3を対象とするレガシアプリケーション。複数のメッセージ交換をサポートする x では、複数の未処理の操作を同時にサポートできるように、 Set_Processing_Modeで CM_NONBLOCKING を指定する必要があります。 アプリケーションは、すべての環境で、メッセージ交換ごとに1つの未処理操作に制限されます。

ブロック関数に対して発行された呼び出しはアプリケーションがブロックしているかのように見えますが、Windows cpi-c ダイナミックリンクライブラリ (DLL) は、他のアプリケーションの実行を許可するためにプロセッサを解放する必要があります。 これは、ブロック呼び出しを発行したアプリケーションが、受信したメッセージに応じて、再入力される可能性があることを意味します。 このインスタンスでは、 Winc絵文字 Isblock を使用して、未処理のブロック呼び出しが終了するのを待機している間に、アプリケーションタスクが再入力されたかどうかを判断できます。 Windows cpi-c は、スレッドごとに未処理のブロック呼び出しを1つ以上禁止することに注意してください。

参照

Specify_Windows_Handle (CPI-C)
WinCPICSetBlockingHook
WinCPICUnhookBlockingHook