リモート環境を指定するコードの記述

アプリケーションでは、プロパティを設定して SelectionHint 、リモート環境 (RE) をプログラムで指定することができます。 RE を指定することにより、トランザクションインテグレーター (TI) ランタイム環境が TI コンポーネントのメソッドへの呼び出しを処理するときに、トランザクションプログラムが実行される CICS または IMS のリージョンが識別されます。

次の Visual Basic コードは、プロパティを設定 SelectionHint する方法を示しています。

Dim objExample As Object  
Dim Store As String  
Set objExample = CreateObject("MyComponent.MyInterface")  
Open "My REList.txt" for Input as #1  
Line Input #1, strRE  
Close #1  
  
objExample.SelectionHint = strRE  
RtrnVal = objExample.method1(parm1,  , parmN) 'Use RE named "MyRemEnvName"  
  

この例では、へ method1 の呼び出しを処理するときに、アプリケーションが名前付き MyRemEnvName RE を使用するように、TI ランタイム環境に明示的に指示する方法を示します。 この例では、 MyRemEnvName は MyREList.txt ファイルの最初の文字列です。 割り当ての SelectionHintmethod1 に行われるメソッド呼び出しは、新しいコンポーネントではなく、コンポーネントに割り当てられた元の RE を使用して処理されます。 つまり、既定の RE のプログラムによるオーバーライドは、1回のメソッド呼び出しを超えて続行されません。

アプリケーションがプロパティを RE の名前に対応しない文字列に設定 SelectionHint しようとすると、エラーが報告され、元の re が使用されます。

SelectionHintプロパティは、非アクティブ化された RE に設定できます。 ただし、非アクティブ化された RE が選択されているため、オブジェクトへの次のメソッド呼び出しは失敗します。

SelectionHint プロパティは省略可能です。 SelectionHintプロパティで re が指定されていない場合、TI 実行時環境は元の re を使用します。

関連項目

SelectionHint プロパティを使用したリモート環境の選択