関連アプリケーションのプロパティを更新する方法

MMC Snap-In updateapps コマンドを使用して、XML ファイルで指定されている 1 つ以上のアプリケーション プロパティを更新します。 このタスクを実行するには、関連管理者である必要があります。 更新できるフィールドを示す XML ファイルの例を次に示します。

<SSO>  
<application name="SSOApplication">  
<description>An SSO Application</description>  
<contact>someone@companyname.com</contact>  
<appUserAccount>DomainName\AppUserGroup</appUserAccount>  
<appAdminAccount>DomainName\AppAdminGroup</appAdminAccount>  
<flags allowTickets="no" validateTickets="yes"  timeoutTickets="yes" enableApp="no" />  
</application>  
</SSO>  
  

関連アプリケーションを作成した後は、次のプロパティを変更できません。

  • 関連アプリケーションの名前。

  • 関連アプリケーションに関連付けられているフィールド。

  • 関連アプリケーションの種類 (ホスト グループ、個人、または構成ストア)。

  • 関連管理者グループと同じ管理者アカウント (このフラグを指定すると、常に、この関連アプリケーションの管理者アカウントとして関連管理者グループが使用されます)。

    重要

    allowLocalAccounts フラグを yes に設定すると、管理アカウントとユーザー アカウントにローカル アカウントを使用できます。 ただし、このフラグは、単一コンピューターのシナリオでのみ使用できます。

    Note

    この作業を行うには、SSO 管理者、SSO 関連管理者、またはアプリケーション管理者である必要があります。

    Note

    チケット フラグ (validateTickets と timeoutTickets) を変更するには、SSO 管理者である必要があります。

    Note

    アプリケーションの管理アカウントを変更するには、SSO 管理者または SSO 関連管理者である必要があります。

MMC スナップインを使用して関連アプリケーションのプロパティを更新するには

  1. [スタート] をクリックし、[プログラム] をポイントし、[Microsoft Enterprise シングル サインオン] をクリックして、[SSO 管理] をクリックします

  2. ENTSSO MMC スナップインのスコープ ウィンドウで、[Enterprise シングル サインオン] ノードを展開します。

  3. affililate アプリケーションを右クリックし、[ 更新] をクリック します

コマンド ラインを使用して関連アプリケーションのプロパティを更新するには

  1. [スタート ] をクリックし、[ 実行] をクリックし、「 cmd」と入力して Enter キーを押します。

  2. コマンド プロンプトで、シングル サインオン インストール EnterpriseにSign-Onします。 既定のインストール ディレクトリは<、drive>:\Program Files\Common Files\Enterprise シングル サインオンです。

  3. ssomanage –updateapps <application file name>」と入力 します。ここで、アプリケーション ファイル名は XML ファイルです。

参照

SSO 関連アプリケーション
関連アプリケーションを有効にする方法
ユーザー マッピングの管理
関連アプリケーションの管理