AzureQueueStorage クラス

public class AzureQueueStorage
extends QueueStorage

Azure.Storage.Queues にメッセージを追加するために使用されるサービス。

コンストラクターの概要

コンストラクター 説明
AzureQueueStorage(String queuesStorageConnectionString, String queueName)

AzureQueueStorage クラスの新しいインスタンスを初期化します。

メソッドの概要

修飾子と型 メソッドと説明

java.util.concurrent.CompletableFuture<java.lang.String>

queueActivity(Activity activity, Duration visibilityTimeout, Duration timeToLive)

アクティビティを Azure にキューに登録します。ストレージ。キュー。キュークライアント。

メソッドの継承元: QueueStorage

メソッドの継承元: java.lang.Object

java.lang.Object.clone java.lang.Object.equals java.lang.Object.finalize java.lang.Object.getClass java.lang.Object.hashCode java.lang.Object.notify java.lang.Object.notifyAll java.lang.Object.toString java.lang.Object.wait java.lang.Object.wait java.lang.Object.wait

コンストラクターの詳細

AzureQueueStorage

public AzureQueueStorage(String queuesStorageConnectionString, String queueName)

AzureQueueStorage クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Parameters:

queuesStorageConnectionString - Azure Storage 接続文字列。
queueName - エンティティがキューに格納されるストレージ キューの名前。

メソッドの詳細

queueActivity

public CompletableFuture queueActivity(Activity activity, Duration visibilityTimeout, Duration timeToLive)

アクティビティを Azure.Storage.Queues.QueueClient にキューに入れます。 可視性のタイムアウトは、Dequeue 操作と Peek 操作でメッセージを非表示にする期間を指定します。 メッセージの内容は、最大 64 KB のサイズの UTF-8 でエンコードされた文字列である必要があります。

Overrides:

AzureQueueStorage.queueActivity(Activity activity, Duration visibilityTimeout, Duration timeToLive)

Parameters:

activity - これは、アクティビティの Activity 呼び出しから取得される と想定されます。GetConversationReference()。GetContinuationActivity()。 これにより、BotAdapter.ContinueConversationAsync を使用して会話を再起動できます。
visibilityTimeout - 既定値は 0 です。 7 日を超えることはできません。
timeToLive - メッセージの有効期間を指定します。

Returns:

SendMessageResult QueueClient SendMessageAsync 操作から Json 文字列として。

適用対象