CustomizedMemory class

LG評価用に設計されたカスタマイズされたメモリ。グローバルメモリ(渡された最初のメモリ)に任意のサブ評価プロセスでアクセスできることを確認したい。

コンストラクター

CustomizedMemory(unknown, MemoryInterface)

CustomizedMemory クラスの新しいインスタンスを作成します。

プロパティ

globalMemory

グローバル メモリ。

localMemory

ローカル メモリ。

メソッド

getValue(string)

指定したパスから値を取得してみてください。 まず、グローバル メモリから結果を取得します。グローバル メモリに が含まれていない場合は、ローカル メモリから取得します。

setValue(string, any)

値を特定のパスに設定します。 このメソッドは実装されていません。

version()

特定のメモリ インスタンスが更新されたかどうかを識別するために使用されます。 バージョンが変更されていない場合、呼び出し元は、すべてを再計算するのではなく、キャッシュされた結果を使用することを選択できます。

コンストラクターの詳細

CustomizedMemory(unknown, MemoryInterface)

CustomizedMemory クラスの新しいインスタンスを作成します。

new CustomizedMemory(scope?: unknown, localMemory?: MemoryInterface)

パラメーター

scope

unknown

省略可能。 範囲。

localMemory

MemoryInterface

省略可能。 ローカル メモリ。

プロパティの詳細

globalMemory

グローバル メモリ。

globalMemory: MemoryInterface

プロパティ値

MemoryInterface

localMemory

ローカル メモリ。

localMemory: MemoryInterface

プロパティ値

MemoryInterface

メソッドの詳細

getValue(string)

指定したパスから値を取得してみてください。 まず、グローバル メモリから結果を取得します。グローバル メモリに が含まれていない場合は、ローカル メモリから取得します。

function getValue(path: string): any

パラメーター

path

string

メモリ パス。

戻り値

any

解決された値。

setValue(string, any)

値を特定のパスに設定します。 このメソッドは実装されていません。

function setValue(_path: string, _value: any)

パラメーター

_path

string

メモリ パス。

_value

any

設定する値。

version()

特定のメモリ インスタンスが更新されたかどうかを識別するために使用されます。 バージョンが変更されていない場合、呼び出し元は、すべてを再計算するのではなく、キャッシュされた結果を使用することを選択できます。

function version(): string

戻り値

string

バージョンを示す文字列。