LGFileParser class

Extends

Parser

コンストラクター

LGFileParser(TokenStream)

プロパティ

COMMENT
ESCAPE_CHARACTER
grammarFileName
IMPORT
INLINE_MULTILINE
INVALID_LINE
MULTILINE_PREFIX
MULTILINE_SUFFIX
MULTILINE_TEXT
NEWLINE
OPTION
ruleNames
ruleNames
RULE_commentDefinition
RULE_errorDefinition
RULE_file
RULE_importDefinition
RULE_optionDefinition
RULE_paragraph
RULE_templateBody
RULE_templateBodyLine
RULE_templateDefinition
RULE_templateNameLine
serializedATN
TEMPLATE_BODY
TEMPLATE_NAME_LINE
VOCABULARY
vocabulary

継承されたプロパティ

atn

予測に serializedATN 認識エンジンによって使用される を取得します。

buildParseTree

解析中に <xref:ParserRuleContext> オブジェクトを追跡し、一覧を使用してオブジェクトを <xref:ParserRuleContext%23children> フックして、解析ツリーを形成します。 開始規則から返される は <xref:ParserRuleContext> 、解析ツリーのルートを表します。 解析ツリーを構築していない場合、ルール コンテキストは上向きのみを指します。 ルールが終了すると、コンテキストが返されますが、誰も参照を保持していない場合はガベージ コレクションされます。 それは上向きを指しますが、誰もそれを指しません。

解析ツリーを構築するときに、これらのコンテキストをすべてリストに <xref:ParserRuleContext%23children> 追加します。 その後、コンテキストはガベージ コレクションの候補ではありません。

context
currentToken

match は現在の入力シンボルを返す必要があります。これは、関連付けられたトークン ref のラベルに格納されます。例: x=ID。

EOF
errorHandler
inputStream

トークン ストリームを設定し、パーサーをリセットします。

interpreter

認識エンジンによって予測に使用される ATN インタープリターを設定します。

isMatchedEOF
isTrace

解析中に、ルールのエントリイベントと終了イベントとトークンの一致をリッスンすると便利な場合があります。 これは、迅速でダーティなデバッグ用です。

numberOfSyntaxErrors

解析中に報告された構文エラーの数を取得します。 この値は、呼び出されるたびにインクリメントされます <xref:%23notifyErrorListeners> 。

「#notifyErrorListeners」を参照してください

parseInfo
precedence

最も優先順位の高い規則の優先順位レベルを取得します。

ruleContext
sourceName
state

認識エンジンが、渡された ATN 状態と一致する内部状態を変更したことを示します。 このようにして、パーサーが進むにつれて、ATN のどこにいるかを常に把握できます。 ルール コンテキスト オブジェクトは、ルールを呼び出すスタックを確認できるスタックを形成します。 これを組み合わせると、完全な ATN 構成情報が得られます。

tokenFactory

メソッド

commentDefinition()
errorDefinition()
file()
importDefinition()
optionDefinition()
paragraph()
templateBody()
templateBodyLine()
templateDefinition()
templateNameLine()

継承されたメソッド

action(RuleContext | undefined, number, number)
addErrorListener(ANTLRErrorListener<Token>)
addParseListener(ParseTreeListener)

listener解析プロセス中にイベントを受信するように登録します。 出力を保持する文法変換 (左再帰の削除、自動左要素化、最適化されたコード生成など) をサポートするために、解析中のリスナー メソッドの呼び出しは、解析の完了後に使用される <xref:ParseTreeWalker%23DEFAULT> 呼び出しと大きく異なる場合があります。 特に、ルールの開始イベントと終了イベントは、パーサーの後とは異なる順序で解析中に発生する可能性があります。 また、特定のルール エントリ メソッドの呼び出しを省略することもできます。

次の特定の例外では、リスナー イベントの呼び出しは 決定的です。つまり、同じ入力の場合、リスナー メソッドの呼び出しは同じになります。

  • コードの生成に使用される文法を変更すると、リスナー呼び出しの動作が変更される可能性があります。
  • パーサーの生成時に ANTLR 4 に渡されるコマンド ライン オプションを変更すると、リスナー呼び出しの動作が変更される可能性があります。
  • パーサーの生成に使用する ANTLR ツールのバージョンを変更すると、リスナー呼び出しの動作が変更される可能性があります。
compileParseTreePattern(string, number)

ツリー パターンを取得するための推奨される方法。 たとえば、次に例を示します。

let t: ParseTree = parser.expr();
let p: ParseTreePattern = await parser.compileParseTreePattern("<ID>+0", MyParser.RULE_expr);
let m: ParseTreeMatch = p.match(t);
let id: string = m.get("ID");
compileParseTreePattern(string, number, Lexer)

[int)](xref:%23compileParseTreePattern(String%2C) と同じですが、このパーサーから推測するのではなく、 を指定 LGFileLexer します。

consume()

現在のシンボルを使用して返します。 たとえば、次の入力が A 現在の先読み記号である場合、この関数は カーソルを に B 移動し、 を返します A

A B
^

パーサーがエラー回復モードでない場合、使用されたシンボルは を使用して <xref:ParserRuleContext%23addChild(TerminalNode)>解析ツリーに追加され、 <xref:ParseTreeListener%23visitTerminal> すべての解析リスナーで呼び出されます。 パーサーエラー回復モードの場合、使用されたシンボルは [Token)](xref:%23createErrorNode(ParserRuleContext%2C) を使用して解析ツリーに追加され<xref:ParserRuleContext%23addErrorNode(ErrorNode)><xref:ParseTreeListener%23visitErrorNode>、すべての解析リスナーで呼び出されます。

createErrorNode(ParserRuleContext, Token)

親に関連付けられたトークンを指定して、エラー ノードを作成する方法。 通常、作成するエラー ノードは親の関数ではありません。

createTerminalNode(ParserRuleContext, Token)

親に関連付けられているトークン リーフ ノードを作成する方法。 通常、作成するターミナル ノードは親の関数ではありません。

dumpDFA()

デバッグやその他の目的のため。

enterLeftFactoredRule(ParserRuleContext, number, number)
enterOuterAlt(ParserRuleContext, number)
enterRecursionRule(ParserRuleContext, number, number, number)
enterRule(ParserRuleContext, number, number)

ルールへの入力時に、生成されたパーサーによって常に呼び出されます。 Access フィールド <xref:%23_ctx> は、現在のコンテキストを取得します。

exitRule()
getATNWithBypassAlts()

バイパスの代替手段を備えた ATN は、作成にコストがかかるため、遅延して作成します。 現在のパーサーが プロパティを実装していない場合は serializedATN @ 。

getDFAStrings()

デバッグやその他の目的のため。

getErrorHeader(RecognitionException)

エラー ヘッダー (通常は行/文字の位置情報) は何ですか?

getErrorListenerDispatch()
getErrorListeners()
getExpectedTokens()

と の指定に従って、<xref:%23getState><xref:%23getContext>現在のパーサーの状態とコンテキストに従うことができる入力シンボルのセットをそれぞれ計算します。

ATN#getExpectedTokens(int, RuleContext) を参照してください。

getExpectedTokensWithinCurrentRule()
getInvokingContext(number)
getParseListeners()
getRuleIndex(string)

ルールのインデックス ( RULE_ruleName フィールドなど) または -1 (見つからない場合) を取得します。

getRuleIndexMap()

ルール名からルール インデックスへのマップを取得します。 XPath とツリー パターンのコンパイルに使用されます。

getRuleInvocationStack(RuleContext)

現在のルールの呼び出しに至るまでのパーサー インスタンス内のルール名のリスト<文字列> を返します。 ATN 内のルールが呼び出される場所のファイル/行情報などの詳細が必要な場合は、 をオーバーライドできます。 これは、エラー メッセージに非常に役立ちます。

getTokenType(string)
getTokenTypeMap()

トークン名からトークンの種類へのマップを取得します。 XPath とツリー パターンのコンパイルに使用されます。

inContext(string)
isExpectedToken(number)

ATN の現在の状態に従うことができるかどうかを symbol 確認します。 このメソッドの動作は次と同じですが、コンテキスト依存の完全なフォロー セットを明示的に構築する必要がないように実装されています。

return getExpectedTokens().contains(symbol);
match(number)

現在の入力シンボルを に一致させます ttype。 シンボルの種類が一致し<xref:%23consume>、<xref:ANTLRErrorStrategy%23reportMatch>一致プロセスを完了するために が呼び出される場合。 シンボルの種類が一致しない場合は、 <xref:ANTLRErrorStrategy%23recoverInline> 現在のエラー戦略で が呼び出され、回復が試行されます。 が true で、 によって<xref:ANTLRErrorStrategy%23recoverInline>返されるシンボルのトークン インデックスが -1 の場合<xref:%23getBuildParseTree>、シンボルは [Token)](xref:%23createErrorNode(ParserRuleContext%2C) を呼び出して解析ツリーに追加されます<xref:ParserRuleContext%23addErrorNode(ErrorNode)>。

matchWildcard()

現在の入力シンボルをワイルドカードとして照合します。 シンボルの種類が一致する場合 (つまり、値が 0 より大きい場合) <xref:ANTLRErrorStrategy%23reportMatch> 、 <xref:%23consume> 一致プロセスを完了するために が呼び出されます。 シンボルの種類が一致しない場合は、 <xref:ANTLRErrorStrategy%23recoverInline> 現在のエラー戦略で が呼び出され、回復が試行されます。 が で、 によって<xref:ANTLRErrorStrategy%23recoverInline>返されるシンボルのトークン インデックスが -1 の場合<xref:%23getBuildParseTree>、シンボルは [Token)](xref:Parser%23createErrorNode(ParserRuleContext%2C) を呼び出して解析ツリーに追加されます<xref:ParserRuleContext%23addErrorNode(ErrorNode)>。true

notifyErrorListeners(string)
notifyErrorListeners(string, Token | null, RecognitionException | undefined)
precpred(RuleContext, number)
pushNewRecursionContext(ParserRuleContext, number, number)

同様 <xref:%23enterRule> ですが、再帰的なルールの場合は です。 現在のコンテキストを受信 localctx の子にします。

removeErrorListener(ANTLRErrorListener<Token>)
removeErrorListeners()
removeParseListener(ParseTreeListener)

解析リスナーの一覧からを削除 listener します。 が undefined または が解析リスナーとして追加されていない場合listener、このメソッドは何も行いません。

「#addParseListener」を参照してください

removeParseListeners()

すべての解析リスナーを削除します。

「#addParseListener」を参照してください

reset()

パーサーの状態をリセットする

reset(boolean)
sempred(RuleContext | undefined, number, number)
setProfile(boolean)
unrollRecursionContexts(ParserRuleContext)

コンストラクターの詳細

LGFileParser(TokenStream)

new LGFileParser(input: TokenStream)

パラメーター

input

TokenStream

プロパティの詳細

COMMENT

public static COMMENT: 3 = 3

プロパティ値

3

ESCAPE_CHARACTER

public static ESCAPE_CHARACTER: 11 = 11

プロパティ値

11

grammarFileName

string grammarFileName

プロパティ値

string

IMPORT

public static IMPORT: 4 = 4

プロパティ値

4

INLINE_MULTILINE

public static INLINE_MULTILINE: 6 = 6

プロパティ値

6

INVALID_LINE

public static INVALID_LINE: 9 = 9

プロパティ値

9

MULTILINE_PREFIX

public static MULTILINE_PREFIX: 7 = 7

プロパティ値

7

MULTILINE_SUFFIX

public static MULTILINE_SUFFIX: 10 = 10

プロパティ値

10

MULTILINE_TEXT

public static MULTILINE_TEXT: 12 = 12

プロパティ値

12

NEWLINE

public static NEWLINE: 1 = 1

プロパティ値

1

OPTION

public static OPTION: 2 = 2

プロパティ値

2

ruleNames

public static ruleNames: string[] = [
		"file", "paragraph", "commentDefinition", "importDefinition", "optionDefinition", 
		"errorDefinition", "templateDefinition", "templateNameLine", "templateBody", 
		"templateBodyLine",
	]

プロパティ値

string[]

ruleNames

string[] ruleNames

プロパティ値

string[]

RULE_commentDefinition

public static RULE_commentDefinition: 2 = 2

プロパティ値

2

RULE_errorDefinition

public static RULE_errorDefinition: 5 = 5

プロパティ値

5

RULE_file

public static RULE_file: 0 = 0

プロパティ値

0

RULE_importDefinition

public static RULE_importDefinition: 3 = 3

プロパティ値

3

RULE_optionDefinition

public static RULE_optionDefinition: 4 = 4

プロパティ値

4

RULE_paragraph

public static RULE_paragraph: 1 = 1

プロパティ値

1

RULE_templateBody

public static RULE_templateBody: 8 = 8

プロパティ値

8

RULE_templateBodyLine

public static RULE_templateBodyLine: 9 = 9

プロパティ値

9

RULE_templateDefinition

public static RULE_templateDefinition: 6 = 6

プロパティ値

6

RULE_templateNameLine

public static RULE_templateNameLine: 7 = 7

プロパティ値

7

serializedATN

string serializedATN

プロパティ値

string

TEMPLATE_BODY

public static TEMPLATE_BODY: 8 = 8

プロパティ値

8

TEMPLATE_NAME_LINE

public static TEMPLATE_NAME_LINE: 5 = 5

プロパティ値

5

VOCABULARY

public static VOCABULARY: Vocabulary = new VocabularyImpl(LGFileParser._LITERAL_NAMES, LGFileParser._SYMBOLIC_NAMES, [])

プロパティ値

Vocabulary

vocabulary

Vocabulary vocabulary

プロパティ値

Vocabulary

継承されたプロパティの詳細

atn

予測に serializedATN 認識エンジンによって使用される を取得します。

atn: ATN

プロパティ値

ATN

継承元 Recognizer.atn

buildParseTree

解析中に <xref:ParserRuleContext> オブジェクトを追跡し、一覧を使用してオブジェクトを <xref:ParserRuleContext%23children> フックして、解析ツリーを形成します。 開始規則から返される は <xref:ParserRuleContext> 、解析ツリーのルートを表します。 解析ツリーを構築していない場合、ルール コンテキストは上向きのみを指します。 ルールが終了すると、コンテキストが返されますが、誰も参照を保持していない場合はガベージ コレクションされます。 それは上向きを指しますが、誰もそれを指しません。

解析ツリーを構築するときに、これらのコンテキストをすべてリストに <xref:ParserRuleContext%23children> 追加します。 その後、コンテキストはガベージ コレクションの候補ではありません。

buildParseTree: boolean

プロパティ値

boolean

継承元 Parser.buildParseTree

context

context: ParserRuleContext

プロパティ値

ParserRuleContext

継承元 Parser.context

currentToken

match は現在の入力シンボルを返す必要があります。これは、関連付けられたトークン ref のラベルに格納されます。例: x=ID。

currentToken: Token

プロパティ値

Token

継承元 Parser.currentToken

EOF

static EOF: number

プロパティ値

number

継承元 Recognizer.EOF

errorHandler

errorHandler: ANTLRErrorStrategy

プロパティ値

ANTLRErrorStrategy

継承元 Parser.errorHandler

inputStream

トークン ストリームを設定し、パーサーをリセットします。

inputStream: TokenStream

プロパティ値

TokenStream

継承元 Parser.inputStream

interpreter

認識エンジンによって予測に使用される ATN インタープリターを設定します。

interpreter: ParserATNSimulator

プロパティ値

ParserATNSimulator

継承元 Recognizer.interpreter

isMatchedEOF

isMatchedEOF: boolean

プロパティ値

boolean

継承元 Parser.isMatchedEOF

isTrace

解析中に、ルールのエントリイベントと終了イベントとトークンの一致をリッスンすると便利な場合があります。 これは、迅速でダーティなデバッグ用です。

isTrace: boolean

プロパティ値

boolean

継承元 Parser.isTrace

numberOfSyntaxErrors

解析中に報告された構文エラーの数を取得します。 この値は、呼び出されるたびにインクリメントされます <xref:%23notifyErrorListeners> 。

「#notifyErrorListeners」を参照してください

numberOfSyntaxErrors: number

プロパティ値

number

継承元 Parser.numberOfSyntaxErrors

parseInfo

parseInfo: Promise<ParseInfo | undefined>

プロパティ値

Promise<ParseInfo | undefined>

継承元 Parser.parseInfo

precedence

最も優先順位の高い規則の優先順位レベルを取得します。

precedence: number

プロパティ値

number

継承元 Parser.precedence

ruleContext

ruleContext: ParserRuleContext

プロパティ値

ParserRuleContext

継承元 Parser.ruleContext

sourceName

sourceName: string

プロパティ値

string

継承元 Parser.sourceName

state

認識エンジンが、渡された ATN 状態と一致する内部状態を変更したことを示します。 このようにして、パーサーが進むにつれて、ATN のどこにいるかを常に把握できます。 ルール コンテキスト オブジェクトは、ルールを呼び出すスタックを確認できるスタックを形成します。 これを組み合わせると、完全な ATN 構成情報が得られます。

state: number

プロパティ値

number

継承元 Recognizer.state

tokenFactory

tokenFactory: TokenFactory

プロパティ値

TokenFactory

継承元 Parser.tokenFactory

メソッドの詳細

commentDefinition()

function commentDefinition(): CommentDefinitionContext

戻り値

errorDefinition()

function errorDefinition(): ErrorDefinitionContext

戻り値

file()

function file(): FileContext

戻り値

importDefinition()

function importDefinition(): ImportDefinitionContext

戻り値

optionDefinition()

function optionDefinition(): OptionDefinitionContext

戻り値

paragraph()

function paragraph(): ParagraphContext

戻り値

templateBody()

function templateBody(): TemplateBodyContext

戻り値

templateBodyLine()

function templateBodyLine(): TemplateBodyLineContext

戻り値

templateDefinition()

function templateDefinition(): TemplateDefinitionContext

戻り値

templateNameLine()

function templateNameLine(): TemplateNameLineContext

戻り値

継承済みメソッドの詳細

action(RuleContext | undefined, number, number)

function action(_localctx: RuleContext | undefined, ruleIndex: number, actionIndex: number)

パラメーター

_localctx

RuleContext | undefined

ruleIndex

number

actionIndex

number

継承元 Recognizer.action

addErrorListener(ANTLRErrorListener<Token>)

function addErrorListener(listener: ANTLRErrorListener<Token>)

パラメーター

listener

ANTLRErrorListener<Token>

継承元 Recognizer.addErrorListener

addParseListener(ParseTreeListener)

listener解析プロセス中にイベントを受信するように登録します。 出力を保持する文法変換 (左再帰の削除、自動左要素化、最適化されたコード生成など) をサポートするために、解析中のリスナー メソッドの呼び出しは、解析の完了後に使用される <xref:ParseTreeWalker%23DEFAULT> 呼び出しと大きく異なる場合があります。 特に、ルールの開始イベントと終了イベントは、パーサーの後とは異なる順序で解析中に発生する可能性があります。 また、特定のルール エントリ メソッドの呼び出しを省略することもできます。

次の特定の例外では、リスナー イベントの呼び出しは 決定的です。つまり、同じ入力の場合、リスナー メソッドの呼び出しは同じになります。

  • コードの生成に使用される文法を変更すると、リスナー呼び出しの動作が変更される可能性があります。
  • パーサーの生成時に ANTLR 4 に渡されるコマンド ライン オプションを変更すると、リスナー呼び出しの動作が変更される可能性があります。
  • パーサーの生成に使用する ANTLR ツールのバージョンを変更すると、リスナー呼び出しの動作が変更される可能性があります。
function addParseListener(listener: ParseTreeListener)

パラメーター

listener

ParseTreeListener

追加するリスナー

継承元 Parser.addParseListener

compileParseTreePattern(string, number)

ツリー パターンを取得するための推奨される方法。 たとえば、次に例を示します。

let t: ParseTree = parser.expr();
let p: ParseTreePattern = await parser.compileParseTreePattern("<ID>+0", MyParser.RULE_expr);
let m: ParseTreeMatch = p.match(t);
let id: string = m.get("ID");
function compileParseTreePattern(pattern: string, patternRuleIndex: number): Promise<ParseTreePattern>

パラメーター

pattern

string

patternRuleIndex

number

戻り値

Promise<ParseTreePattern>

継承元 Parser.compileParseTreePattern

compileParseTreePattern(string, number, Lexer)

[int)](xref:%23compileParseTreePattern(String%2C) と同じですが、このパーサーから推測するのではなく、 を指定 LGFileLexer します。

function compileParseTreePattern(pattern: string, patternRuleIndex: number, lexer?: Lexer): Promise<ParseTreePattern>

パラメーター

pattern

string

patternRuleIndex

number

lexer

Lexer

戻り値

Promise<ParseTreePattern>

継承元 Parser.compileParseTreePattern

consume()

現在のシンボルを使用して返します。 たとえば、次の入力が A 現在の先読み記号である場合、この関数は カーソルを に B 移動し、 を返します A

A B
^

パーサーがエラー回復モードでない場合、使用されたシンボルは を使用して <xref:ParserRuleContext%23addChild(TerminalNode)>解析ツリーに追加され、 <xref:ParseTreeListener%23visitTerminal> すべての解析リスナーで呼び出されます。 パーサーエラー回復モードの場合、使用されたシンボルは [Token)](xref:%23createErrorNode(ParserRuleContext%2C) を使用して解析ツリーに追加され<xref:ParserRuleContext%23addErrorNode(ErrorNode)><xref:ParseTreeListener%23visitErrorNode>、すべての解析リスナーで呼び出されます。

function consume(): Token

戻り値

Token

継承元 Parser.consume

createErrorNode(ParserRuleContext, Token)

親に関連付けられたトークンを指定して、エラー ノードを作成する方法。 通常、作成するエラー ノードは親の関数ではありません。

function createErrorNode(parent: ParserRuleContext, t: Token): ErrorNode

パラメーター

parent

ParserRuleContext

t

Token

戻り値

ErrorNode

継承元 Parser.createErrorNode

createTerminalNode(ParserRuleContext, Token)

親に関連付けられているトークン リーフ ノードを作成する方法。 通常、作成するターミナル ノードは親の関数ではありません。

function createTerminalNode(parent: ParserRuleContext, t: Token): TerminalNode

パラメーター

parent

ParserRuleContext

t

Token

戻り値

TerminalNode

継承元 Parser.createTerminalNode

dumpDFA()

デバッグやその他の目的のため。

function dumpDFA()

継承元 Parser.dumpDFA

enterLeftFactoredRule(ParserRuleContext, number, number)

function enterLeftFactoredRule(localctx: ParserRuleContext, state: number, ruleIndex: number)

パラメーター

localctx

ParserRuleContext

state

number

ruleIndex

number

継承元 Parser.enterLeftFactoredRule

enterOuterAlt(ParserRuleContext, number)

function enterOuterAlt(localctx: ParserRuleContext, altNum: number)

パラメーター

localctx

ParserRuleContext

altNum

number

継承元 Parser.enterOuterAlt

enterRecursionRule(ParserRuleContext, number, number, number)

function enterRecursionRule(localctx: ParserRuleContext, state: number, ruleIndex: number, precedence: number)

パラメーター

localctx

ParserRuleContext

state

number

ruleIndex

number

precedence

number

継承元 Parser.enterRecursionRule

enterRule(ParserRuleContext, number, number)

ルールへの入力時に、生成されたパーサーによって常に呼び出されます。 Access フィールド <xref:%23_ctx> は、現在のコンテキストを取得します。

function enterRule(localctx: ParserRuleContext, state: number, ruleIndex: number)

パラメーター

localctx

ParserRuleContext

state

number

ruleIndex

number

継承元 Parser.enterRule

exitRule()

function exitRule()

継承元 Parser.exitRule

getATNWithBypassAlts()

バイパスの代替手段を備えた ATN は、作成にコストがかかるため、遅延して作成します。 現在のパーサーが プロパティを実装していない場合は serializedATN @ 。

function getATNWithBypassAlts(): ATN

戻り値

ATN

継承元 Parser.getATNWithBypassAlts

getDFAStrings()

デバッグやその他の目的のため。

function getDFAStrings(): string[]

戻り値

string[]

継承元 Parser.getDFAStrings

getErrorHeader(RecognitionException)

エラー ヘッダー (通常は行/文字の位置情報) は何ですか?

function getErrorHeader(e: RecognitionException): string

パラメーター

e

RecognitionException

戻り値

string

継承元 Recognizer.getErrorHeader

getErrorListenerDispatch()

function getErrorListenerDispatch(): ParserErrorListener

戻り値

ParserErrorListener

継承元 Parser.getErrorListenerDispatch

getErrorListeners()

function getErrorListeners(): Array<ANTLRErrorListener<Token>>

戻り値

Array<ANTLRErrorListener<Token>>

継承元 Recognizer.getErrorListeners

getExpectedTokens()

と の指定に従って、<xref:%23getState><xref:%23getContext>現在のパーサーの状態とコンテキストに従うことができる入力シンボルのセットをそれぞれ計算します。

ATN#getExpectedTokens(int, RuleContext) を参照してください。

function getExpectedTokens(): IntervalSet

戻り値

IntervalSet

継承元 Parser.getExpectedTokens

getExpectedTokensWithinCurrentRule()

function getExpectedTokensWithinCurrentRule(): IntervalSet

戻り値

IntervalSet

継承元 Parser.getExpectedTokensWithinCurrentRule

getInvokingContext(number)

function getInvokingContext(ruleIndex: number): ParserRuleContext | undefined

パラメーター

ruleIndex

number

戻り値

ParserRuleContext | undefined

継承元 Parser.getInvokingContext

getParseListeners()

function getParseListeners(): ParseTreeListener[]

戻り値

ParseTreeListener[]

継承元 Parser.getParseListeners

getRuleIndex(string)

ルールのインデックス ( RULE_ruleName フィールドなど) または -1 (見つからない場合) を取得します。

function getRuleIndex(ruleName: string): number

パラメーター

ruleName

string

戻り値

number

継承元 Parser.getRuleIndex

getRuleIndexMap()

ルール名からルール インデックスへのマップを取得します。 XPath とツリー パターンのコンパイルに使用されます。

function getRuleIndexMap(): ReadonlyMap<string, number>

戻り値

ReadonlyMap<string, number>

継承元 Recognizer.getRuleIndexMap

getRuleInvocationStack(RuleContext)

現在のルールの呼び出しに至るまでのパーサー インスタンス内のルール名のリスト<文字列> を返します。 ATN 内のルールが呼び出される場所のファイル/行情報などの詳細が必要な場合は、 をオーバーライドできます。 これは、エラー メッセージに非常に役立ちます。

function getRuleInvocationStack(ctx?: RuleContext): string[]

パラメーター

ctx

RuleContext

戻り値

string[]

継承元 Parser.getRuleInvocationStack

getTokenType(string)

function getTokenType(tokenName: string): number

パラメーター

tokenName

string

戻り値

number

継承元 Recognizer.getTokenType

getTokenTypeMap()

トークン名からトークンの種類へのマップを取得します。 XPath とツリー パターンのコンパイルに使用されます。

function getTokenTypeMap(): ReadonlyMap<string, number>

戻り値

ReadonlyMap<string, number>

継承元 Recognizer.getTokenTypeMap

inContext(string)

function inContext(context: string): boolean

パラメーター

context

string

戻り値

boolean

継承元 Parser.inContext

isExpectedToken(number)

ATN の現在の状態に従うことができるかどうかを symbol 確認します。 このメソッドの動作は次と同じですが、コンテキスト依存の完全なフォロー セットを明示的に構築する必要がないように実装されています。

return getExpectedTokens().contains(symbol);
function isExpectedToken(symbol: number): boolean

パラメーター

symbol

number

チェックするシンボルの種類

戻り値

boolean

true が ATN の現在の状態に従うことができる場合 symbol は 。それ以外の場合 falseは 。

継承元 Parser.isExpectedToken

match(number)

現在の入力シンボルを に一致させます ttype。 シンボルの種類が一致し<xref:%23consume>、<xref:ANTLRErrorStrategy%23reportMatch>一致プロセスを完了するために が呼び出される場合。 シンボルの種類が一致しない場合は、 <xref:ANTLRErrorStrategy%23recoverInline> 現在のエラー戦略で が呼び出され、回復が試行されます。 が true で、 によって<xref:ANTLRErrorStrategy%23recoverInline>返されるシンボルのトークン インデックスが -1 の場合<xref:%23getBuildParseTree>、シンボルは [Token)](xref:%23createErrorNode(ParserRuleContext%2C) を呼び出して解析ツリーに追加されます<xref:ParserRuleContext%23addErrorNode(ErrorNode)>。

function match(ttype: number): Token

パラメーター

ttype

number

一致するトークンの種類

戻り値

Token

現在の入力シンボルが一致 ttype せず、エラー戦略が一致しないシンボルから回復できなかった場合は、一致したシンボル @

継承元 Parser.match

matchWildcard()

現在の入力シンボルをワイルドカードとして照合します。 シンボルの種類が一致する場合 (つまり、値が 0 より大きい場合) <xref:ANTLRErrorStrategy%23reportMatch> 、 <xref:%23consume> 一致プロセスを完了するために が呼び出されます。 シンボルの種類が一致しない場合は、 <xref:ANTLRErrorStrategy%23recoverInline> 現在のエラー戦略で が呼び出され、回復が試行されます。 が で、 によって<xref:ANTLRErrorStrategy%23recoverInline>返されるシンボルのトークン インデックスが -1 の場合<xref:%23getBuildParseTree>、シンボルは [Token)](xref:Parser%23createErrorNode(ParserRuleContext%2C) を呼び出して解析ツリーに追加されます<xref:ParserRuleContext%23addErrorNode(ErrorNode)>。true

function matchWildcard(): Token

戻り値

Token

現在の入力シンボルがワイルドカードと一致せず、エラー戦略が一致しないシンボルから回復できなかった場合は、一致したシンボル @

継承元 Parser.matchWildcard

notifyErrorListeners(string)

function notifyErrorListeners(msg: string)

パラメーター

msg

string

継承元 Parser.notifyErrorListeners

notifyErrorListeners(string, Token | null, RecognitionException | undefined)

function notifyErrorListeners(msg: string, offendingToken: Token | null, e: RecognitionException | undefined)

パラメーター

msg

string

offendingToken

Token | null

e

RecognitionException | undefined

継承元 Parser.notifyErrorListeners

precpred(RuleContext, number)

function precpred(localctx: RuleContext, precedence: number): boolean

パラメーター

localctx

RuleContext

precedence

number

戻り値

boolean

継承元 Parser.precpred

pushNewRecursionContext(ParserRuleContext, number, number)

同様 <xref:%23enterRule> ですが、再帰的なルールの場合は です。 現在のコンテキストを受信 localctx の子にします。

function pushNewRecursionContext(localctx: ParserRuleContext, state: number, ruleIndex: number)

パラメーター

localctx

ParserRuleContext

state

number

ruleIndex

number

継承元 Parser.pushNewRecursionContext

removeErrorListener(ANTLRErrorListener<Token>)

function removeErrorListener(listener: ANTLRErrorListener<Token>)

パラメーター

listener

ANTLRErrorListener<Token>

継承元 Recognizer.removeErrorListener

removeErrorListeners()

function removeErrorListeners()

継承元 Recognizer.removeErrorListeners

removeParseListener(ParseTreeListener)

解析リスナーの一覧からを削除 listener します。 が undefined または が解析リスナーとして追加されていない場合listener、このメソッドは何も行いません。

「#addParseListener」を参照してください

function removeParseListener(listener: ParseTreeListener)

パラメーター

listener

ParseTreeListener

削除するリスナー

継承元 Parser.removeParseListener

removeParseListeners()

すべての解析リスナーを削除します。

「#addParseListener」を参照してください

function removeParseListeners()

継承元 Parser.removeParseListeners

reset()

パーサーの状態をリセットする

function reset()

継承元 Parser.reset

reset(boolean)

function reset(resetInput: boolean)

パラメーター

resetInput

boolean

継承元 Parser.reset

sempred(RuleContext | undefined, number, number)

function sempred(_localctx: RuleContext | undefined, ruleIndex: number, actionIndex: number): boolean

パラメーター

_localctx

RuleContext | undefined

ruleIndex

number

actionIndex

number

戻り値

boolean

継承元 Recognizer.sempred

setProfile(boolean)

function setProfile(profile: boolean): Promise<void>

パラメーター

profile

boolean

戻り値

Promise<void>

継承元 Parser.setProfile

unrollRecursionContexts(ParserRuleContext)

function unrollRecursionContexts(_parentctx: ParserRuleContext)

パラメーター

_parentctx

ParserRuleContext

継承元 Parser.unrollRecursionContexts