次の方法で共有


コンテンツ アドインのマニフェスト ファイル内の VersionOverrides 1.0 要素

この要素には、基本マニフェストでサポートされていない機能に関する情報が含まれています。

注:

この記事では、要素の属性とバリエーションに関する重要な情報を含む VersionOverrides 要素の概要について理解していることを前提としています。

子要素

次の表は、VersionOverrides> 要素の<バージョン 1.0 にのみ適用され、コンテンツ アドインにのみ適用されます。

要素 必須 説明
<VersionOverrides> いいえ 現在、VersionOverrides 1.0 ではコンテンツ アドインには使用できません。
WebApplicationInfo いいえ Azure Active Directory V2.0 などのセキュリティで保護されたトークン発行者へのアドインの登録に関する詳細を指定します。

次に簡単な例を示します。 より複雑な例については、Office アドインコード サンプルのサンプル アドインのマニフェスト 参照してください。

<OfficeApp ... xsi:type="Content">
...
    <VersionOverrides xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/contentappversionoverrides" xsi:type="VersionOverridesV1_0">
        <WebApplicationInfo>
            <Id>$application_GUID here$</Id>
            <Resource>api://localhost:44355/$application_GUID here$</Resource>
            <Scopes>
                <Scope>Files.Read.All</Scope>
                <Scope>profile</Scope>
            </Scopes>
        </WebApplicationInfo>
    </VersionOverrides>
...
</OfficeApp>