次の方法で共有


item (メールボックス要件セット 1.4)

Office.context.mailbox.item

item は、現在選択されているメッセージ、会議出席依頼、または予定にアクセスするために使用されます。 プロパティを使用して、項目の種類を itemType 決定できます。

要件
要件
メールボックスの最小要件セットのバージョン 1.1
最小限のアクセス許可レベル 制限
適用可能な Outlook のモード 予定オーガナイザー、予定出席者、
メッセージ作成、またはメッセージの読み取り

重要

Android と iOS: アドインがアクティブ化される場合と使用可能な API には制限があります。 詳細については、「Outlook アドインにモバイル サポートを追加する」を参照してください。

プロパティ

プロパティ 最小値
アクセス許可レベル
モード別の詳細 戻り値の種類 最小値
要件セット
attachments アイテムの読み取り 予定出席者 配列。<AttachmentDetails> 1.1
既読メッセージ 配列。<AttachmentDetails> 1.1
bcc アイテムの読み取り メッセージ作成 受信者 1.1
body アイテムの読み取り 予定の開催者 Body 1.1
予定出席者 Body 1.1
メッセージ作成 Body 1.1
既読メッセージ Body 1.1
cc アイテムの読み取り メッセージ作成 受信者 1.1
既読メッセージ 配列。<EmailAddressDetails> 1.1
conversationId アイテムの読み取り メッセージ作成 文字列 1.1
既読メッセージ 文字列 1.1
dateTimeCreated アイテムの読み取り 予定出席者 日付 1.1
既読メッセージ 日付 1.1
dateTimeModified アイテムの読み取り 予定出席者 日付 1.1
既読メッセージ 日付 1.1
end アイテムの読み取り 予定の開催者 Time 1.1
予定出席者 日付 1.1
既読メッセージ
(会議出席依頼)
日付 1.1
from アイテムの読み取り 既読メッセージ EmailAddressDetails 1.1
internetMessageId アイテムの読み取り 既読メッセージ 文字列 1.1
itemClass アイテムの読み取り 予定出席者 文字列 1.1
既読メッセージ 文字列 1.1
Itemid アイテムの読み取り 予定出席者 文字列 1.1
既読メッセージ 文字列 1.1
Itemtype アイテムの読み取り 予定の開催者 MailboxEnums.ItemType 1.1
予定出席者 MailboxEnums.ItemType 1.1
メッセージ作成 MailboxEnums.ItemType 1.1
既読メッセージ MailboxEnums.ItemType 1.1
場所 アイテムの読み取り 予定の開催者 Location 1.1
予定出席者 文字列 1.1
既読メッセージ
(会議出席依頼)
文字列 1.1
normalizedSubject アイテムの読み取り 予定出席者 文字列 1.1
既読メッセージ 文字列 1.1
notificationMessages アイテムの読み取り 予定の開催者 NotificationMessages 1.3
予定出席者 NotificationMessages 1.3
メッセージ作成 NotificationMessages 1.3
既読メッセージ NotificationMessages 1.3
optionalAttendees アイテムの読み取り 予定の開催者 受信者 1.1
予定出席者 配列。<EmailAddressDetails> 1.1
organizer アイテムの読み取り 予定出席者 EmailAddressDetails 1.1
requiredAttendees アイテムの読み取り 予定の開催者 受信者 1.1
予定出席者 配列。<EmailAddressDetails> 1.1
sender アイテムの読み取り 既読メッセージ EmailAddressDetails 1.1
開始 アイテムの読み取り 予定の開催者 Time 1.1
予定出席者 日付 1.1
既読メッセージ
(会議出席依頼)
日付 1.1
subject アイテムの読み取り 予定の開催者 件名 1.1
予定出席者 文字列 1.1
メッセージ作成 件名 1.1
既読メッセージ 文字列 1.1
アイテムの読み取り メッセージ作成 受信者 1.1
既読メッセージ 配列。<EmailAddressDetails> 1.1

メソッド

Method 最小値
アクセス許可レベル
モード別の詳細 最小値
要件セット
addFileAttachmentAsync(uri, attachmentName, [options], [callback]) 読み取り/書き込み項目 予定の開催者 1.1
メッセージ作成 1.1
addItemAttachmentAsync(itemId, attachmentName, [options], [callback]) 読み取り/書き込み項目 予定の開催者 1.1
メッセージ作成 1.1
close() 制限 予定の開催者 1.3
メッセージ作成 1.3
displayReplyAllForm(formData) アイテムの読み取り 予定出席者 1.1
既読メッセージ 1.1
displayReplyForm(formData) アイテムの読み取り 予定出席者 1.1
既読メッセージ 1.1
getEntities() アイテムの読み取り 予定出席者 1.1
既読メッセージ 1.1
getEntitiesByType(entityType) 制限 予定出席者 1.1
既読メッセージ 1.1
getFilteredEntitiesByName(name) アイテムの読み取り 予定出席者 1.1
既読メッセージ 1.1
getRegExMatches() アイテムの読み取り 予定出席者 1.1
既読メッセージ 1.1
getRegExMatchesByName(name) アイテムの読み取り 予定出席者 1.1
既読メッセージ 1.1
getSelectedDataAsync(coercionType, [options], callback) アイテムの読み取り 予定の開催者 1.2
メッセージ作成 1.2
loadCustomPropertiesAsync(callback, [userContext]) アイテムの読み取り 予定の開催者 1.1
予定出席者 1.1
メッセージ作成 1.1
既読メッセージ 1.1
removeAttachmentAsync(attachmentId, [options], [callback]) 読み取り/書き込み項目 予定の開催者 1.1
メッセージ作成 1.1
saveAsync([options], callback) 読み取り/書き込み項目 予定の開催者 1.3
メッセージ作成 1.3
setSelectedDataAsync(data, [options], callback) 読み取り/書き込み項目 予定の開催者 1.2
メッセージ作成 1.2

次の JavaScript のコード例は、Outlook の現在のアイテムの subject プロパティにアクセスする方法を示しています。

// The initialize function is required for all apps.
Office.initialize = function () {
  // Checks for the DOM to load using the jQuery ready method.
  $(document).ready(function () {
    // After the DOM is loaded, app-specific code can run.
    const item = Office.context.mailbox.item;
    const subject = item.subject;
    // Continue with processing the subject of the current item,
    // which can be a message or appointment.
  });
};