次の方法で共有


Visio.HyperlinkCollection class

ハイパーリンク コレクションを表します。

Extends

注釈

[ API セット: 1.1 ]

プロパティ

context

オブジェクトに関連付けられている要求コンテキスト。 これにより、アドインのプロセスが Office ホスト アプリケーションのプロセスに接続されます。

items

このコレクション内に読み込まれた子アイテムを取得します。

メソッド

getCount()

ハイパーリンクの数を取得します。

getItem(Key)

そのキー (名前または ID) を使用してハイパーリンクを取得します。

load(options)

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

load(propertyNames)

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

load(propertyNamesAndPaths)

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

setMockData(data)

モック データを設定する

toJSON()

API オブジェクトが に渡されたときにより便利な出力を提供するために、JavaScript toJSON() メソッドを JSON.stringify()オーバーライドします。 (JSON.stringifyさらに、渡される オブジェクトの メソッドを呼び出 toJSON します)。元 Visio.HyperlinkCollection のオブジェクトは API オブジェクトですが、 toJSON メソッドは、コレクションの項目から読み込まれたプロパティの浅いコピーを含む "items" 配列を含むプレーンな JavaScript オブジェクト (として Visio.Interfaces.HyperlinkCollectionData型指定) を返します。

プロパティの詳細

context

オブジェクトに関連付けられている要求コンテキスト。 これにより、アドインのプロセスが Office ホスト アプリケーションのプロセスに接続されます。

context: RequestContext;

プロパティ値

items

このコレクション内に読み込まれた子アイテムを取得します。

readonly items: Visio.Hyperlink[];

プロパティ値

メソッドの詳細

getCount()

ハイパーリンクの数を取得します。

getCount(): OfficeExtension.ClientResult<number>;

戻り値

注釈

[ API セット: 1.1 ]

getItem(Key)

そのキー (名前または ID) を使用してハイパーリンクを取得します。

getItem(Key: number | string): Visio.Hyperlink;

パラメーター

Key

number | string

キーは、取得するハイパーリンクの名前またはインデックスです。

戻り値

注釈

[ API セット: 1.1 ]

load(options)

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

load(options?: Visio.Interfaces.HyperlinkCollectionLoadOptions & Visio.Interfaces.CollectionLoadOptions): Visio.HyperlinkCollection;

パラメーター

options

Visio.Interfaces.HyperlinkCollectionLoadOptions & Visio.Interfaces.CollectionLoadOptions

読み込むオブジェクトのプロパティのオプションを提供します。

戻り値

Visio.run(session, function (ctx) {
    const activePage = ctx.document.getActivePage();
    const shapeName = "Manager Belt";
    const shape = activePage.shapes.getItem(shapeName);
    const shapeHyperlinks = shape.hyperlinks;
    shapeHyperlinks.load(["description", "address", "subAddress"]);
        ctx.sync().then(function () {
            for (let i = 0; i < shapeHyperlinks.items.length; i++) {
                const hyperlink = shapeHyperlinks.items[i];
                console.log(
                    "Description:"+hyperlink.description +"Address:"+hyperlink.address +"SubAddress:  " + 
                    hyperlink.subAddress);
            }
        });
}).catch(function(error) {
    console.log("Error: " + error);
    if (error instanceof OfficeExtension.Error) {
        console.log("Debug info: " + JSON.stringify(error.debugInfo));
    }
});

load(propertyNames)

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

load(propertyNames?: string | string[]): Visio.HyperlinkCollection;

パラメーター

propertyNames

string | string[]

読み込むプロパティを指定するコンマ区切り文字列または文字列の配列。

戻り値

load(propertyNamesAndPaths)

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

load(propertyNamesAndPaths?: OfficeExtension.LoadOption): Visio.HyperlinkCollection;

パラメーター

propertyNamesAndPaths
OfficeExtension.LoadOption

propertyNamesAndPaths.select は、読み込むプロパティを指定するコンマ区切り文字列で propertyNamesAndPaths.expand 、読み込むナビゲーション プロパティを指定するコンマ区切りの文字列です。

戻り値

setMockData(data)

モック データを設定する

setMockData(data: Visio.Interfaces.HyperlinkCollectionData): void;

パラメーター

戻り値

void

toJSON()

API オブジェクトが に渡されたときにより便利な出力を提供するために、JavaScript toJSON() メソッドを JSON.stringify()オーバーライドします。 (JSON.stringifyさらに、渡される オブジェクトの メソッドを呼び出 toJSON します)。元 Visio.HyperlinkCollection のオブジェクトは API オブジェクトですが、 toJSON メソッドは、コレクションの項目から読み込まれたプロパティの浅いコピーを含む "items" 配列を含むプレーンな JavaScript オブジェクト (として Visio.Interfaces.HyperlinkCollectionData型指定) を返します。

toJSON(): Visio.Interfaces.HyperlinkCollectionData;

戻り値