現在のブランチのバージョン 2002 の新機能Configuration Manager

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

現在のブランチ用の更新プログラム 2002 Configuration Managerコンソール内の更新プログラムとして使用できます。 バージョン 1810 以降を実行するサイトでこの更新プログラムを適用します。 新しいサイトをインストールする場合は、ベースライン バージョンとしても使用できます。 この記事では、Configuration Manager バージョン 2002 の変更点と新機能について説明します。

この更新プログラムをインストールするための最新のチェックリストを常に確認してください。 詳細については、「 更新プログラム 2002 をインストールするためのチェックリスト」を参照してください。 サイトを更新した後は、 更新後のチェックリストも確認してください。

新しいConfiguration Manager機能を最大限に活用するには、サイトを更新した後、クライアントも最新バージョンに更新します。 サイトとコンソールを更新すると、Configuration Manager コンソールに新しい機能が表示されますが、完全なシナリオは、クライアントのバージョンも最新になるまで機能しません。

Microsoft エンドポイント マネージャーのテナントのアタッチ

デバイス同期とデバイスアクション

Microsoft エンドポイント マネージャーは、すべてのデバイスを管理するための統合ソリューションです。 Microsoft は、Configuration Manager と Intune を Microsoft エンドポイント マネージャー管理センターと呼ばれる 1 つのコンソールに統合します。 このリリース以降、Configuration Managerデバイスをクラウド サービスにアップロードし、管理センターの [デバイス] ブレードからアクションを実行できます。

詳細については、「Microsoft エンドポイント マネージャー テナント アタッチの前提条件」 を参照してください。

サイト インフラストラクチャ

中央管理サイトを削除する

階層が中央管理サイト (CAS) と 1 つの子プライマリ サイトで構成されている場合は、CAS を削除できるようになりました。 このアクションにより、Configuration Manager インフラストラクチャが単一のスタンドアロン プライマリ サイトに簡素化されます。 サイト間レプリケーションの複雑さを取り除き、管理タスクを 1 つのプライマリ サイトに焦点を当てます。

詳細については、「 CAS の削除」を参照してください。

新しい管理分析情報ルール

このリリースには、次の管理分析情報ルールが含まれています。

  • Configuration Manager評価グループの9つのルールは、Microsoftプレミアフィールドエンジニアリングの提供です。 これらのルールは、Microsoft Premier がサービス ハブで提供するその他の多くのチェックのサンプルです。

    • Active Directoryセキュリティ グループ探索が頻繁に実行されるように構成されています
    • Active Directory システム探索が、あまりにも頻繁に実行されるように構成されている
    • Active Directory ユーザー探索が頻繁に実行されるように構成されています
    • すべてのシステムまたはすべてのユーザーに限定されているコレクション
    • ハートビート探索が無効になっています
    • 増分更新に対し、長時間実行されているコレクション クエリが有効になりました
    • 配布ポイントのアプリケーションとパッケージの数を減らす
    • セカンダリサイトのインストールの問題
    • すべてのサイトを同じバージョンに更新する
  • セキュリティで保護された HTTPS 通信を追加するためにサイトを構成するのに役立つ、Cloud Services グループの 2 つの追加ルール:

    • 適切な HTTPS 構成がないサイト
    • Azure AD にアップロードされていないデバイス

詳細については、「 管理分析情報」を参照してください。

管理サービスの機能強化

管理サービスは、SMS プロバイダーの REST API です。 以前は、次のいずれかの依存関係を実装する必要がありました。

  • サイト全体の拡張 HTTP を有効にする
  • SMS プロバイダーロールをホストするサーバー上の IIS に PKI ベースの証明書を手動でバインドする

このリリース以降、管理サービスはサイトの自己署名証明書を自動的に使用します。 この変更は、管理サービスを簡単に使用するための摩擦を減らすのに役立ちます。 サイトは常にこの証明書を生成します。 [HTTP サイト システムにConfiguration Manager生成された証明書を使用する] の [拡張 HTTP サイト] 設定は、サイト システムが使用するかどうかを制御するだけです。 他のサイト システムで Enhanced HTTP を使用していない場合でも、サイトの証明書が常に使用されるため、管理サービスはこのサイト設定を無視します。 PKI ベースのサーバー認証証明書は引き続き使用できます。

詳細については、次の新しい記事を参照してください。

Azure Active Directory の検出とグループ同期に対するプロキシのサポート

認証を含むサイト システムのプロキシ設定は、次の方法で使用されるようになりました。

  • Azure Active Directory (Azure AD) ユーザー検出
  • Azure AD ユーザー グループの検出
  • コレクション メンバーシップの結果を Azure Active Directory グループに同期する

詳細については、「 プロキシ サーバーのサポート」を参照してください。

クラウドに添付された管理

重要な状態メッセージは、必要なエンドポイントへのサーバー接続エラーを示しています

Configuration Manager サイト サーバーがクラウド サービスの必要なエンドポイントへの接続に失敗した場合、重要な状態メッセージ ID 11488 が発生します。 サイト サーバーがサービスに接続できない場合、SMS_SERVICE_CONNECTOR コンポーネントの状態は重大に変わります。 Configuration Manager コンソールの [コンポーネントの状態] ノードで詳細な状態を表示します。

クラウド管理ゲートウェイのトークン ベースの認証

クラウド管理ゲートウェイ (CMG) ではさまざまな種類のクライアントがサポートされていますが、拡張 HTTP の場合でも、これらのクライアントにはクライアント認証証明書が必要です。 この証明書の要件は、内部ネットワークに接続する頻度が高く、Azure Active Directory (Azure AD) に参加できず、PKI で発行された証明書をインストールする方法がないインターネット ベースのクライアントでプロビジョニングするのが困難な場合があります。

Configuration Managerは、次の方法でデバイスのサポートを拡張します。

  • 一意のトークンの内部ネットワークに登録する
  • インターネット ベースのデバイスの一括登録トークンを作成する

詳細については、「 CMG のトークン ベースの認証」を参照してください。

Microsoft エンドポイント Configuration Manager クラウド機能

Microsoft エンドポイント マネージャー管理センター、またはオンプレミスのConfiguration Managerインストール用のその他のアタッチされたクラウド サービスで新しいクラウドベースの機能を利用できる場合は、Configuration Manager コンソールでこれらの新機能をオプトインできるようになりました。 Configuration Manager コンソールで機能を有効にする方法の詳細については、「更新プログラムからオプション機能を有効にする」を参照してください。

Desktop Analytics

Desktop Analytics クラウド サービスの月単位の変更の詳細については、「Desktop Analyticsの新機能」を参照してください。

接続正常性ダッシュボードにクライアント接続の問題が表示される

Configuration ManagerのDesktop Analytics接続正常性ダッシュボードを使用して、クライアントの接続正常性を監視します。 これで、次の 2 つの領域でクライアント プロキシ構成の問題をより簡単に特定できるようになりました。

  • エンドポイント接続チェック: クライアントが必要なエンドポイントに到達できない場合は、ダッシュボードに構成アラートが表示されます。 ドリルダウンして、プロキシ構成の問題のためにクライアントが接続できないエンドポイントを確認します。

  • 接続状態: クライアントがプロキシ サーバーを使用してDesktop Analyticsクラウド サービスにアクセスする場合、Configuration Managerはクライアントからのプロキシ認証の問題を表示するようになりました。 ドリルダウンして、プロキシ認証のために登録できないクライアントを表示します。

詳細については、「 接続の正常性の監視」を参照してください。

リアルタイム管理

CMPivot の機能強化

CMPivot エンティティの移動が容易になりました。 CMPivot エンティティを検索できるようになりました。 エンティティとエンティティ オブジェクトの種類を簡単に区別するために、新しいアイコンも追加されました。

詳細については、「 CMPivot」を参照してください。

コンテンツ管理

ピア コンテンツのダウンロード用に特定のサブネットを除外する

境界グループには、ピアのダウンロードに対して次のオプションが含まれます。 ピアのダウンロード中は、同じサブネット内のピアのみを使用します。 このオプションを有効にした場合、管理ポイントのコンテンツの場所の一覧には、クライアントと同じサブネットと境界グループ内にあるピア ソースのみが含まれます。 ネットワークの構成に応じて、一致する特定のサブネットを除外できるようになりました。 たとえば、境界を含めるが、特定の VPN サブネットを除外する場合などです。

詳細については、「 境界グループ のオプション」を参照してください。

接続キャッシュのMicrosoftプロキシのサポート

お使いの環境でインターネット アクセスに認証されていないプロキシ サーバーを使用している場合、接続キャッシュに対してConfiguration Manager配布ポイントMicrosoft有効にすると、プロキシ経由で通信できるようになります。 詳細については、「接続キャッシュのMicrosoft」を参照してください。

クライアント管理

クライアント ログの収集

Configuration Manager コンソールからクライアント通知アクションを送信することで、クライアント デバイスをトリガーしてクライアント ログをサイト サーバーにアップロードできるようになりました。

詳細については、「 クライアント通知」を参照してください。

中央管理サイトからデバイスをウェイクアップする

中央管理サイト (CAS) の [デバイス] ノードまたは [デバイス コレクション] ノードで、クライアント通知アクションを使用してデバイスをウェイクアップできるようになりました。 このアクションは、以前はプライマリ サイトからのみ使用できます。

詳細については、「 Wake on LAN を構成する方法」を参照してください。

ARM64 デバイスのサポートの機能強化

All Windows 10 (ARM64) プラットフォームは、要件ルールまたは適用性リストを持つオブジェクトでサポートされている OS バージョンの一覧で使用できます。

注:

以前に最上位のWindows 10 プラットフォームを選択した場合、このアクションでは、すべてのWindows 10 (64 ビット)All Windows 10 (32 ビット) の両方が自動的に選択されます。 この新しいプラットフォームは自動的には選択されません。 すべてのWindows 10 (ARM64) を追加する場合は、一覧で手動で選択します。

CONFIGURATION MANAGERの ARM64 デバイスのサポートの詳細については、「ARM64 のWindows 10」を参照してください。

構成項目の修復を追跡する

構成項目のコンプライアンス規則で サポートされている場合は、修復履歴を追跡 できるようになりました。 このオプションを有効にすると、構成項目のクライアントで発生した修復によって状態メッセージが生成されます。 履歴は、Configuration Manager データベースに格納されます。

この設定の詳細については、「Configuration Manager クライアントで管理される Windows デスクトップおよびサーバー コンピューター用のカスタム構成項目を作成する」を参照してください。

アプリケーションの管理

Microsoft Edge 管理ダッシュボード

Microsoft Edge 管理ダッシュボードには、Microsoft Edge やその他のブラウザーの使用状況に関する分析情報が表示されます。 このダッシュボードでは、次のことができます。

  • Microsoft Edge がインストールされているデバイスの数を確認する
  • 異なるバージョンの Microsoft Edge がインストールされているクライアントの数を確認する
  • デバイス間でインストールされているブラウザの表示
  • デバイス別の優先ブラウザの表示

[ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで、[Microsoft Edge Management] をクリックしてダッシュボードを表示します。 [参照] をクリックし、別のコレクションを選択して、グラフ データのコレクションを変更します。 既定では、最大 5 つのコレクションがドロップダウン リストに含まれています。 リストにないコレクションを選択すると、新しく選択したコレクションがドロップダウン リストの一番下の場所に表示されます。

詳細については、「Microsoft Edge 管理」を参照してください。

Microsoft Edge 管理の機能強化

自動更新を無効にするのではなく、自動更新を受け取るために設定されたMicrosoft Edge アプリケーションを作成できるようになりました。 この変更により、Configuration Managerを使用して Microsoft Edge の更新プログラムを管理したり、Microsoft Edge を自動的に更新したりすることができます。 アプリケーションを作成するときに、[Microsoft Edge を許可する] を選択して、[Microsoft Edge 設定] ページでエンド ユーザーのデバイス上のクライアントのバージョンを自動的に更新します。

詳細については、「Microsoft Edge 管理」を参照してください。

アプリ モデルのデプロイの種類としてのタスク シーケンス

アプリケーション モデルを使用して、タスク シーケンスを使用して複雑なアプリケーションをインストールできるようになりました。 アプリをインストールまたはアンインストールするために、タスク シーケンスであるアプリにデプロイの種類を追加します。 この機能は、次の動作を提供します。

  • ソフトウェア センターのアイコンでアプリ タスク シーケンスを表示します。 アイコンを使用すると、ユーザーはアプリ タスク シーケンスを簡単に見つけて識別できます。

  • ローカライズされた情報を含む、アプリ タスク シーケンスの追加のメタデータを定義する

詳細については、「 Windows アプリケーションの作成」を参照してください。

OS の展開

クライアント登録直後にタスク シーケンスをブートストラップする

新しいConfiguration Manager クライアントをインストールして登録し、それにタスク シーケンスをデプロイする場合、登録後にタスク シーケンスを実行する時間を判断するのは困難です。 このリリースでは、クライアントがサイトに正常に登録された後にタスク シーケンスを開始するために使用できる新しいクライアント セットアップ プロパティが導入されています。

詳細については、「 クライアント インストールプロパティについて - PROVISIONTS」を参照してください。

準備状況の確認タスク シーケンス ステップの機能強化

[ 準備状況の確認 ] タスク シーケンス ステップで、その他のデバイス プロパティを確認できるようになりました。 タスク シーケンスでこの手順を使用して、ターゲット コンピューターが前提条件の条件を満たしていることを確認します。

  • 現在の OS のアーキテクチャ
  • 最小 OS バージョン
  • 最大 OS バージョン
  • クライアントの最小バージョン
  • 現在の OS の言語
  • AC 電源が差し込まれている
  • ネットワーク アダプターが接続されており、ワイヤレスではありません

詳細については、「 タスク シーケンスの手順 - 準備状況の確認」を参照してください。

タスク シーケンスの進行状況の改善

タスク シーケンスの進行状況ウィンドウに、次の機能強化が含まれるようになりました。

  • これを有効にすると、現在のステップ番号、ステップの合計数、完了率を表示できます
  • ウィンドウの幅を広げ、組織名を 1 行で表示するスペースを増やしました

詳細については、「 OS 展開のユーザー エクスペリエンス」を参照してください。

OS の展開の機能強化

このリリースには、OS の展開に次の機能強化が含まれています。

  • タスク シーケンス環境には、新しい読み取り専用変数 が _TSSecureBoot含まれています。 この変数を使用して、UEFI 対応デバイスでのセキュア ブートの状態を判断します。 詳細については、「 _TSSecureBoot」を参照してください。

  • タスク シーケンス変数を設定して、 コマンド ラインの実行PowerShell スクリプトの実行 手順のユーザー コンテキストを構成します。 詳細については、「 SMSTSRunCommandLineAsUser」 および「 SMSTSRunPowerShellAsUser」を参照してください

  • PowerShell スクリプトの実行手順で、Parameters プロパティを変数に設定できるようになりました。 詳細については、「 PowerShell スクリプトの実行」を参照してください。

  • CONFIGURATION MANAGER PXE レスポンダーがサイト サーバーにステータス メッセージを送信するようになりました。 この変更により、このサービスを使用する OS 展開のトラブルシューティングが容易になります。

ソフトウェア更新プログラム

オーケストレーション グループ

オーケストレーション グループを作成して、デバイスへのソフトウェア更新プログラムの展開をより適切に制御します。 多くのサーバー管理者は、特定のワークロードの更新プログラムを慎重に管理し、その間の動作を自動化する必要があります。

オーケストレーション グループを使用すると、パーセンテージ、特定の数値、または明示的な順序に基づいてデバイスを柔軟に更新できます。 デバイスが更新プログラムのデプロイを実行する前と後に PowerShell スクリプトを実行することもできます。

オーケストレーション グループのメンバーは、サーバーだけでなく、任意のConfiguration Managerクライアントにすることができます。 オーケストレーション グループ規則は、オーケストレーション グループ メンバーを含むすべてのコレクションに対するすべてのソフトウェア更新プログラムの展開のデバイスに適用されます。 その他のデプロイ動作は引き続き適用されます。 たとえば、メンテナンス期間やデプロイ スケジュールなどです。

詳細については、「 オーケストレーション グループ」を参照してください。

サービス スタックの更新後にソフトウェア更新プログラムを評価する

Configuration Managerは、サービス スタック更新プログラム (SSU) が複数の更新プログラムのインストールの一部であるかどうかを検出するようになりました。 SSU が検出されると、最初にインストールされます。 SSU のインストール後、ソフトウェア更新プログラムの評価サイクルが実行され、残りの更新プログラムがインストールされます。 この変更により、サービス スタックの更新後に依存する累積的な更新プログラムをインストールできます。 インストール間でデバイスを再起動する必要はありません。また、追加のメンテナンス期間を作成する必要はありません。 SU は、ユーザーが開始しないインストールに対してのみ最初にインストールされます。 たとえば、ユーザーがソフトウェア センターから複数の更新プログラムのインストールを開始した場合、最初に SSU がインストールされない可能性があります。

詳細については、「 ソフトウェア更新プログラムの計画」を参照してください。

切断されたソフトウェアの更新ポイントの 365 更新プログラムをMicrosoftする

新しいツールを使用して、インターネットに接続された WSUS サーバーから切断されたConfiguration Manager環境にMicrosoft 365 更新プログラムをインポートできます。 以前は、切断された環境で更新されたソフトウェアのメタデータをエクスポートしてインポートしたとき、Microsoft 365 更新プログラムを展開できませんでした。 Microsoft 365 更新プログラムでは、Office API と Office CDN からダウンロードした追加のメタデータが必要です。これは、切断された環境では不可能です。

詳細については、「切断されたソフトウェアの更新ポイントから Microsoft 365 更新プログラムを同期する」を参照してください。

保護

Microsoft Defender for Endpointオンボードを展開する

Configuration Managerは、デバイスのオンボードのサポートをMicrosoft Defender for Endpointに拡張しました。 詳細については、「Microsoft Defender for Endpoint」を参照してください。

Microsoft エンドポイント マネージャー管理センターを使用してMicrosoft Defender for EndpointにConfiguration Manager クライアントをオンボードする

ATP エンドポイント検出および応答 (EDR) オンボード ポリシー Microsoft Defender Configuration Managerマネージド クライアントにデプロイできるようになりました。 これらのクライアントは Azure AD や MDM の登録を必要とせず、ポリシーは Azure AD グループではなく ConfigMgr コレクションを対象としています。

この機能を使用すると、Intune MDM と Configuration Manager クライアント EDR/ATP オンボードの両方を 1 つの管理エクスペリエンス (Microsoft エンドポイント マネージャー管理センター) から管理できます。 詳細については、「Intuneのエンドポイント セキュリティのエンドポイント検出と応答ポリシー」を参照してください。

重要

この機能には、お使いの環境にインストールされている修正プログラム ロールアップ KB4563473 が必要です。

BitLocker 管理の機能強化

  • BitLocker 管理ポリシーに、固定ドライブとリムーバブル ドライブのポリシーなど、追加の設定が含まれるようになりました。 詳細については、「 BitLocker 設定リファレンス」を参照してください

  • 現在のブランチ バージョン 1910 Configuration Manager、BitLocker 回復サービスを統合するには、管理ポイントを HTTPS で有効にする必要がありました。 HTTPS 接続は、Configuration Manager クライアントから管理ポイントへのネットワーク全体の回復キーを暗号化するために必要です。 管理ポイントとすべてのクライアントを HTTPS 用に構成することは、多くのお客様にとって困難な場合があります。

    このバージョン以降、HTTPS 要件は、管理ポイントロール全体ではなく、復旧サービスをホストする IIS Web サイト用です。 この変更により、証明書の要件が緩和され、転送中の回復キーが暗号化されます。 詳細については、「 ネットワーク経由で復旧データを暗号化する」を参照してください。

Reporting

Power BI Report Server と統合する

Power BI Report ServerをConfiguration Managerレポートと統合できるようになりました。 この統合により、最新の視覚化とパフォーマンスが向上します。 SQL Server Reporting Servicesに既に存在するのと同様に、Power BI レポートのコンソール サポートが追加されます。

詳細については、「Power BI Report Serverとの統合」を参照してください。

Configuration Manager コンソール

デバイスの境界グループを表示する

境界グループを使用してデバイスの動作のトラブルシューティングを改善するために、特定のデバイスの境界グループを表示できるようになりました。 [ デバイス ] ノードで、または Device Collection のメンバーを表示するときに、新しい [境界グループ] 列をリスト ビューに追加します。

詳細については、「 境界グループのプロシージャ」を参照してください。

笑顔の改善を送信する

[笑顔を送信する] または [顔を見せかける] を送信すると、フィードバックの送信時にステータス メッセージが作成されます。 この改善により、次の記録が提供されます。

  • フィードバックが送信されたとき
  • フィードバックを送信したユーザー
  • フィードバック ID
  • フィードバックの送信が成功したかどうか

ID が 53900 のステータス メッセージは正常な送信であり、53901 は失敗した送信です。

詳細については、「 製品のフィードバック」を参照してください。

すべてのサブフォルダーで構成項目と構成基準を検索する

以前のリリースの機能強化と同様に、[構成項目] ノードと [構成基準] ノードから [すべてのサブフォルダー] 検索オプションを使用できるようになりました。

コミュニティ ハブ

(2020 年 6 月に初めて導入)

IT 管理者コミュニティは、長年にわたって豊富な知識を開発してきました。 スクリプトやレポートなどの項目をゼロから再発明するのではなく、相互に共有できるConfiguration Manager Community ハブを構築しました。 他のユーザーの作業を活用することで、作業時間を節約できます。 コミュニティ ハブは、他のユーザーの仕事を構築し、他のユーザーが自分の上に構築することで、創造性を促進します。 GitHub には、共有用に構築された業界全体のプロセスとツールが既に用意されています。 これで、Community ハブは、Configuration Manager コンソールでこれらのツールを、この新しいコミュニティを推進するための基礎となる部分として直接活用します。 最初のリリースでは、Community ハブで利用できるコンテンツは、Microsoftによってのみアップロードされます。

詳細については、 コミュニティ ハブと GitHub に関するページを参照してください。

ツール

OneTrace ログ グループ

OneTrace では、サポート センターの機能と同様に、カスタマイズ可能なログ グループがサポートされるようになりました。 ログ グループを使用すると、1 つのシナリオですべてのログ ファイルを開くことができるようになります。 OneTrace には現在、次のシナリオのグループが含まれています。

  • アプリケーションの管理
  • コンプライアンス設定 (Desired Configuration Management とも呼ばれます)
  • ソフトウェア更新プログラム

詳細については、「 サポート センター OneTrace」を参照してください。

オンプレミス サイトを拡張して Azure Microsoftに移行するための機能強化

オンプレミス サイトを拡張して Azure Microsoftに移行するツールで、1 つの Azure 仮想マシンで複数のサイト システムロールのプロビジョニングがサポートされるようになりました。 最初の Azure 仮想マシンのデプロイが完了した後で、サイト システムの役割を追加できます。

詳細については、「オンプレミス サイトを Azure Microsoftに拡張して移行する」を参照してください。

その他の更新プログラム

このバージョン以降、次の機能は プレリリースではなくなりました。

Configuration ManagerのWindows PowerShell コマンドレットの変更の詳細については、「PowerShell バージョン 2002 リリース ノート」を参照してください。

管理サービス REST API の変更の詳細については、「 管理サービスのリリース ノート」を参照してください。

新機能とは別に、このリリースにはバグ修正などの追加の変更も含まれています。 詳細については、「現在のブランチバージョン 2002 Configuration Manager変更の概要」を参照してください。

次の更新プログラムロールアップ (4560496) は、2020 年 7 月 15 日以降のコンソールで使用できます。Microsoft Endpoint Configuration Manager バージョン 2002 の更新プログラムのロールアップ

修正プログラム

特定の問題に対処するために、次の追加修正プログラムを使用できます。

ID Title 日付 コンソール内
4575339 エンドポイント Configuration Manager 管理センターにデバイスMicrosoft 2 回表示される 2020 年 7 月 23 日 いいえ
4575774 New-CMTSStepPrestartCheck コマンドレットがバージョン 2002 Configuration Managerで失敗する 2020 年 7 月 24 日 いいえ
4576782 エンドポイント マネージャー管理センターでアプリケーション ブレードMicrosoftタイムアウトする 2020 年 8 月 11 日 いいえ
4578123 CMPivot クエリは、Configuration Manager バージョン 2002 で予期しない結果を返します 2020 年 8 月 24 日 いいえ
4575783 現在のブランチバージョン 2002 Configuration Manager Office 更新プログラムのダウンロードに失敗する 2020 年 11 月 11 日 はい

次の手順

2020 年 5 月 11 日の時点で、バージョン 2002 はすべてのお客様がインストールできるようにグローバルに利用できます。

このバージョンをインストールする準備ができたら、「Configuration Managerの更新プログラムのインストール」と「更新プログラム 2002 をインストールするためのチェックリスト」を参照してください。

ヒント

新しいサイトをインストールするには、Configuration Managerのベースライン バージョンを使用します。

次の詳細情報をご確認ください:

既知の重大な問題については、 リリース ノートを参照してください。

サイトを更新した後は、 更新後のチェックリストも確認してください。