Share via


Configuration ManagerのUpdatesとサービス

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

Configuration Managerでは、Updates サービスと呼ばれるコンソール内サービス メソッドを使用します。 このコンソール内メソッドを使用すると、Configuration Manager インフラストラクチャの推奨される更新プログラムを簡単に見つけてインストールできます。 コンソール内サービスは、修正プログラムなどの帯域外の更新プログラムによって補完されます。 帯域外更新プログラムは、環境に固有の問題を解決する必要があるお客様を対象としています。

ヒント

アップグレード更新インストールという用語は、Configuration Managerの 3 つの個別の概念を説明するために使用されます。 各用語の使用方法の詳細については、「 アップグレード、更新、インストールについて」を参照してください。

ベースラインと更新プログラムのバージョン

新しい階層に新しいサイトをインストールするときは、最新のベースライン バージョンを使用します。

  • また、ベースライン バージョンを使用して System Center 2012 Configuration Managerからアップグレードします。

  • 現在のブランチConfiguration Managerアップグレードした後は、ベースライン バージョンを使用して最新の状態を維持しないでください。 代わりに、 コンソール内の更新プログラム のみを使用して、最新バージョンに更新してください。

  • 定期的に、別のベースライン バージョンがリリースされます。 最新のベースライン バージョンを使用して新しい階層をインストールする場合は、古いバージョンまたはサポートされていないバージョンのConfiguration Managerをインストールし、インフラストラクチャに対する別の更新プログラムをインストールしないようにします。

ベースライン バージョンをインストールすると、以降のバージョンのConfiguration Managerがコンソール内の更新プログラムとして使用できるようになります。 これらの更新プログラムを使用して、インフラストラクチャを最新バージョンのConfiguration Managerに更新します。

  • コンソール内の更新プログラムをインストールして、トップレベル サイトのバージョンを更新します。

  • 中央管理サイト (CAS) にインストールするUpdatesは、子プライマリ サイトに自動的にインストールされます。 プライマリ サイトのサービス ウィンドウを使用して、このタイミングを制御します。 詳細については、「 Service Windows」を参照してください。

  • コンソール内からセカンダリ サイトを新しい更新バージョンに手動で更新します。

更新プログラムをインストールすると、そのバージョンのインストール ファイルが CD.Latest という名前のフォルダーにサイト サーバーに格納されます。 これらのファイルの詳細については、「 CD.Latest フォルダー」を参照してください。

  • CD 内のファイルを使用します。 サイトの回復中の最新のフォルダー。 また、階層でベースライン バージョンが実行されなくなった場合は、これらのファイルを使用して他のサイトをインストールします。

  • CD からインストール ファイルを使用することはできません。 新しい階層の最初のサイトをインストールする場合、または System Center 2012 Configuration Managerからサイトをアップグレードする場合は最新です。

バージョンの詳細

Configuration Managerの一部の更新プログラムは、既存のインフラストラクチャのコンソール内更新プログラム バージョンと新しいベースライン バージョンの両方として使用できます。

サポートされるバージョン

現在、サポートされている次のバージョンのConfiguration Managerは、ベースライン、更新プログラム、またはその両方として使用できます。

バージョン 利用可能日 サポート終了日 基準 コンソール内更新プログラム
2403
(5.00.9128)
2024 年 4 月 22 日 2025 年 10 月 22 日 はい注 1 はい
2309
(5.00.9122)
2023 年 10 月 9 日 2025 年 4 月 9 日 いいえ はい
2303
(5.00.9106)
2023 年 4 月 10 日 2024 年 10 月 10 日 はい注 1 はい
2211
(5.00.9096)
2022 年 12 月 5 日 2024 年 6 月 5 日 いいえ はい

注:

この表の 可用性日付 は、 早期更新リング がリリースされたときです。 ベースライン メディアは、更新プログラムがグローバルに利用可能になるとすぐに VLSC で使用できるようになります。

注 1: ベースライン メディアを取得する方法

ベースライン メディアは、 ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) で次のリリースの一部として使用できます。

  • Microsoft Configmgr (current branch)
  • System Center Datacenter
  • System Center Standard

たとえば、VLSC で を検索します Microsoft Configmgr (current branch)。 ファイルの一覧でベースライン メディアを検索し、そのリリースのダウンロードを行います。

注:

検索文字列は、他のメディア サイトで異なる場合があります。 たとえば、Visual Studio サブスクリプション ポータルで を検索Microsoft Configuration Managerします。

履歴バージョン

次の表は、サポート対象外のConfiguration Manager現在のブランチの履歴バージョンを示しています。

バージョン 利用可能日 サポート終了日 基準 コンソール内更新プログラム
2207
(5.00.9088))
2022 年 8 月 12 日 2024 年 2 月 12 日 いいえ はい
2203
(5.00.9078)
2022 年 4 月 6 日 2023 年 10 月 6 日 はい はい
2111
(5.00.9068)
2021 年 12 月 1 日 2023 年 6 月 1 日 いいえ はい
2107
(5.00.9058)
2021 年 8 月 2 日 2023 年 2 月 2 日 いいえ はい
2103
(5.00.9049)
2021 年 4 月 19 日 2022 年 10 月 19 日 はい はい
2010
(5.00.9040)
2020 年 11 月 30 日 2022 年 5 月 30 日 いいえ はい
2006
(5.00.9012)
2020 年 8 月 11 日 2022 年 2 月 11 日 いいえ はい
2002
(5.00.8968)
2020 年 4 月 1 日 2021 年 10 月 1 日 はい はい
1910
(5.00.8913)
2019 年 11 月 29 日 2021 年 5 月 29 日 いいえ はい
1906
(5.00.8853)
2019 年 7 月 26 日 2021 年 1 月 26 日 いいえ はい
1902
(5.00.8790)
2019 年 3 月 27 日 2020 年 9 月 27 日 はい はい
1810
(5.00.8740)
2018 年 11 月 27 日 2020 年 12 月 1 日 いいえ はい
1806
(5.00.8692)
2018 年 7 月 31 日 2020 年 1 月 31 日 いいえ はい
1802
(5.00.8634)
2018 年 3 月 22 日 2019 年 9 月 22 日 はい はい
1710
(5.00.8577)
2017 年 11 月 20 日 2019 年 5 月 21 日 いいえ はい
1706
(5.00.8540)
2017 年 7 月 31 日 2018 年 7 月 31 日 いいえ はい
1702
(5.00.8498)
2017 年 3 月 27 日 2018 年 3 月 27 日 はい はい
1610
(5.00.8458)
2016 年 11 月 18 日 2017 年 11 月 18 日 いいえ はい
1606 とKB3186654
(5.00.8412.1307)
2016 年 10 月 12 日 2017 年 10 月 12 日 はい いいえ
1606
(5.00.8412.1000)
2016 年 7 月 22 日 2017 年 7 月 22 日 いいえ はい
1602
(5.00.8355)
2016 年 3 月 11 日 2017 年 3 月 11 日 いいえ はい
1511
(5.00.8325)
2015 年 12 月 8 日 2016 年 12 月 8 日 はい いいえ

バージョンをチェックする方法

Configuration Manager サイトのバージョンをチェックするには、本体の左上隅にある [About Configuration Manager] に移動します。 このダイアログには、サイトとコンソールのバージョンが表示されます。

注:

コンソールのバージョンは、サイトのバージョンとは若干異なります。 コンソールのマイナー バージョンは、Configuration Manager リリース バージョンに対応します。 たとえば、Configuration Manager バージョン 1802 では、初期サイト バージョンは 5.0.8634.1000 で、初期コンソール バージョンは 5 です。1802.1082.1700。 ビルド (1082) とリビジョン (1700) の番号は、今後の修正プログラムで変更される可能性があります。

コンソール内の更新プログラムとサービス

現在のブランチの運用環境に対応したインストールConfiguration Manager使用する場合、ほとんどの更新プログラムは、Updatesとサービス チャネルを使用して使用できます。 このメソッドは、現在のインフラストラクチャのバージョンと構成に適用される更新プログラムを識別、ダウンロード、および使用できるようにします。 これには、すべての顧客に対して Microsoft が推奨する更新プログラムのみが含まれます。

これらの更新プログラムには、次のものが含まれます。

  • バージョン 2207、2211、2303 などの新しいバージョン。

  • 現在のバージョンの新機能を含むUpdates。

  • Configuration Managerのバージョンと、すべての顧客がインストールする必要がある修正プログラム。

    注:

    コンソール内修正プログラムには置き換え関係があります。 詳細については、「 コンソール内修正プログラムの置き換え」を参照してください。

コンソール内の更新プログラムにより、安定性が向上し、一般的な問題が解決されます。 サービス パック、累積的な更新プログラム、すべての顧客に適用可能な修正プログラム、Microsoft Intuneの拡張機能など、以前の製品バージョンで見られる更新プログラムの種類が置き換えられます。

コンソール内の更新プログラムは、次の 1 つ以上のシステムに適用できます。

  • プライマリ サーバーと CAS サーバー

  • サイト システムの役割とサイト システム サーバー

  • SMS プロバイダーのインスタンス

  • コンソールのConfiguration Manager

  • 構成マネージャー クライアント

Configuration Managerは、新しい更新プログラムを検出します。 次の動作に従って、Configuration Manager サービス接続ポイントを Microsoft クラウド サービスと同期します。

  • サービス接続ポイントがオンライン モードの場合、サイトは毎日 Microsoft と同期します。 インフラストラクチャに適用される新しい更新プログラムが自動的に識別されます。 更新プログラムと再頒布可能ファイルをダウンロードするために、サービス接続ポイント サイト システムの役割をホストするコンピューターは 、システム コンテキストを使用して、次のインターネットの場所にアクセスします。 go.microsoft.comdownload.microsoft.com。 サービス接続ポイントで使用されるその他の場所の詳細については、「 インターネット アクセスの要件」を参照してください。

  • サービス接続ポイントがオフライン モードの場合は、サービス接続ツールを使用して Microsoft クラウドと手動で同期します。 詳細については、「 サービス接続ツールを使用する」を参照してください。

  • コンソール内の更新プログラムは、個々の更新プログラム、サービス パック、および新機能を個別に検索してインストールする必要性を置き換えます。

  • 選択したコンソール内の更新プログラムのみをインストールします。 一部の更新プログラムをインストールするときに、有効にして使用する個々の機能を選択できます。 詳細については、「更新プログラムのオプション機能の有効化」を参照してください。

コンソール内更新プログラムをインストールすると、次のプロセスが発生します。

  • 前提条件のチェックが自動的に実行されます。 インストールを開始する前に、このチェックを手動で実行することもできます。

  • お使いの環境の最上位サイトにインストールされます。 このサイトがある場合、このサイトは CAS です。 階層では、更新プログラムはプライマリ サイトに自動的にインストールされます。 サイト サーバーの サービス ウィンドウを使用して、各プライマリ サイト サーバーの更新を許可するタイミングを制御します。

  • サイト サーバーの更新後、影響を受けるすべてのサイト システムの役割が自動的に更新されます。 これらのロールには、SMS プロバイダーのインスタンスが含まれます。 サイトが更新プログラムをインストールした後、Configuration Managerコンソールもコンソール ユーザーにコンソールの更新を求めます。

  • 更新プログラムにConfiguration Manager クライアントが含まれている場合は、運用前に更新プログラムをテストするか、すべてのクライアントに更新プログラムをすぐに適用するオプションが提供されます。

  • プライマリ サイトが更新されると、セカンダリ サイトは自動的に更新されません。 代わりに、セカンダリ サイトの更新を手動で開始する必要があります。

注:

Configuration Manager現在のブランチ、長期サービス ブランチ、およびテクニカル プレビュー ブランチは、異なるリリースです。 1 つのブランチに適用されるUpdatesは、他のブランチのコンソール内更新プログラムとしては使用できません。 使用可能なブランチの詳細については、「使用する必要があるConfiguration Managerのブランチ」を参照してください。

コンソール内修正プログラムの置き換え

コンソール内修正プログラムには置き換え関係があります。 Microsoft が新しいConfiguration Manager修正プログラムを発行すると、コンソールには、この新しい修正プログラムに置き換えられた修正プログラムは表示されません。 この新しい動作は、インストールする修正プログラムをより適切に判断するのに役立ちます。

置き換えの例

修正プログラム A、修正プログラム B、修正プログラム C の 3 つの修正プログラムがあります。 修正プログラム A は修正プログラム B に置き換えられます。修正プログラム B は修正プログラム C によって置き換えられます。

修正プログラム A 修正プログラム -B 修正プログラム -C コンソール内ビュー
インストールされていない インストールされていない インストールされていない 3 つの修正プログラムをすべて表示する
インストール済み インストール済み インストールされていない 修正プログラム B がインストール済みとして表示される
修正プログラム -C は、インストールの準備ができていると表示されます
インストールされていない インストールされていない インストール済み 修正プログラム C がインストール済みとして表示される

帯域外修正プログラム

一部の修正プログラムは、特定の問題に対処するために、可用性が制限されたリリースです。 その他の修正プログラムは、すべての顧客に適用できますが、コンソール内の方法を使用してインストールすることはできません。 これらの修正プログラムは帯域外で配信され、Microsoft クラウド サービスからは検出されません。

通常、Configuration Managerの展開に関する問題を修正または解決しようとしている場合は、Microsoft カスタマー サポート サービス、Microsoft サポート サポート情報記事、またはConfiguration Manager チーム ブログから帯域外の修正プログラムについて学習できます。

次の 2 つの方法のいずれかを使用して、これらの修正プログラムを手動でインストールします。

更新登録ツール

このツールは、修正プログラムをConfiguration Manager コンソールに手動でインポートします。 次に、自動的に検出されたコンソール内の更新プログラムと同様に、更新プログラムをインストールします。

このメソッドは、次のファイル名構造を使用する修正プログラムに使用されます。 <Product>-<product version>-<KB article ID>-ConfigMgr.Update.exe

詳細については、「 更新プログラム登録ツールを使用して修正プログラムをインポートする」を参照してください。

修正プログラム インストーラー

このツールを使用して、コンソール内の方法を使用してインストールできない修正プログラムを手動でインストールします。

このメソッドは、次のファイル名構造を使用する修正プログラムに使用されます。 <Product>-<product version>-<KB article ID>-<platform>-<language>.exe

詳細については、「 修正プログラム インストーラーを使用して更新プログラムをインストールする」を参照してください。

次の手順

次の記事は、Configuration Managerのさまざまな更新プログラムの種類を見つけてインストールする方法を理解するのに役立ちます。

テクニカル プレビュー ブランチの詳細については、「 Technical preview」を参照してください。