Share via


ハイブリッド MDM について

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

警告

Microsoft は、2019 年 9 月 1 日をもってハイブリッド MDM サービスの提供を終了しました。 残されたハイブリッド MDM デバイスでは、ポリシー、アプリ、セキュリティ更新プログラムを受信できません。

ハイブリッド MDM を削除する

Configuration Manager サイトに Microsoft Intune サブスクリプションがある場合は、削除する必要があります。

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理] ワークスペースに移動します。 [Cloud Services] を展開し、[Microsoft Intune サブスクリプション] ノードを選択します。 既存のIntune サブスクリプションを削除します。

  2. Microsoft Intuneサブスクリプションの削除ウィザードで、[Configuration ManagerからMicrosoft Intuneサブスクリプションを削除する] オプションを選択し、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードを終了します。

非推奨のお知らせ

次の注は、元の非推奨のお知らせです。

注:

2018 年 8 月 14 日の時点で、ハイブリッド モバイル デバイス管理は 非推奨の機能です。 2019 年 2 月末に予定されている 1902 Intune サービス リリース以降、新しい顧客は新しいハイブリッド接続を作成できません。

1 年以上前に Azure で起動して以来、Intuneは何百もの新しい顧客からの要求と市場をリードするサービス機能を追加しました。 ハイブリッド モバイル デバイス管理 (MDM) によって提供される機能よりもはるかに多くの機能が提供されるようになりました。 Azure 上のIntuneは、エンタープライズ モビリティのニーズに対して、より統合された合理化された管理エクスペリエンスを提供します。

その結果、ほとんどのお客様は、ハイブリッド MDM よりも Azure でIntuneを選択します。 ハイブリッド MDM を使用している顧客の数は、クラウドに移行する顧客が増えるにつれて減少し続けています。 そのため、2019 年 9 月 1 日に、Microsoftはハイブリッド MDM サービス オファリングを廃止します。

この変更は、オンプレミスのConfiguration ManagerやWindows 10デバイスの共同管理には影響しません。 ハイブリッド MDM を使用しているかどうかわからない場合は、Configuration Manager コンソールの [管理] ワークスペースに移動し、[Cloud Services] を展開し、[サブスクリプションのMicrosoft Intune] を選択します。 Microsoft Intune サブスクリプションを設定している場合、テナントはハイブリッド MDM 用に構成されます。

どのような影響がありますか?

  • Microsoftは、来年のハイブリッド MDM の使用をサポートします。 この機能は引き続き主要なバグ修正を受け取ります。 Microsoftでは、iOS 12 への登録など、新しい OS バージョンの既存の機能がサポートされます。 ハイブリッド MDM の新機能はありません。

  • ハイブリッド MDM オファリングが終了する前に Azure 上のIntuneに移行する場合、エンド ユーザーに影響はありません。

  • 2019 年 9 月 1 日に、残りのハイブリッド MDM デバイスはポリシー、アプリ、またはセキュリティ更新プログラムを受信しなくなります。

  • ライセンスは変わりません。 Azure ライセンスのIntuneは、ハイブリッド MDM に含まれています。

  • Configuration Managerのオンプレミス MDM 機能は非推奨ではありません。 Configuration Manager バージョン 1810 以降では、Intune接続なしでオンプレミス MDM を使用できます。 詳細については、「新しいオンプレミス MDM 展開にIntune接続が不要になった」を参照してください。

  • Configuration Managerのオンプレミスの条件付きアクセス機能も、ハイブリッド MDM では非推奨になっています。 Configuration Manager クライアントで管理されているデバイスで条件付きアクセスを使用する場合は、移行する前に保護されていることを確認してください。

    1. Azure で条件付きアクセス ポリシーを設定する
    2. Intune ポータルでコンプライアンス ポリシーを設定する
    3. ハイブリッド移行を完了し、MDM 機関を Intune に設定します
    4. 共同管理を有効にする
    5. コンプライアンス ポリシーの共同管理ワークロードを Intune に移動する

    詳細については、「 共同管理による条件付きアクセス」を参照してください。

この変更に関してどのような準備をすればよいのですか?

  • ConfigMgr コンソールから Azure への MDM の移行の計画を開始します。 MICROSOFT IT を含む多くのお客様がこのプロセスを行っています。 詳細については、このMicrosoftケース スタディを参照してください。

  • サポートについては、パートナーのレコードまたは FastTrack にお問い合わせください。 fastTrack for Microsoft 365 は、ハイブリッド MDM から Azure 上のIntuneへの移行を支援できます。

詳細については、Intune サポートに関するブログ記事を参照してください。

次の手順

MDM デバイスを管理するためのサポートされる機能の詳細については、次の記事を参照してください。