Share via


Microsoft Deployment Toolkit のツールキット リファレンス

このリファレンスは、Microsoft ® Deployment Toolkit (MDT) 2013 の一部であり、デプロイ プロセスで使用できる構成設定を提供します。 展開環境の構成設定のカスタマイズに役立つ MDT 2013 ドキュメントMicrosoft「Deployment Toolkit Samples Guide」および「Microsoft Deployment Toolkit の使用」を参照してください。

注:

このドキュメントでは、に記載がない限り、Windows は、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Server® 2012 R2、Windows Server 2012、および Windows Server 2008 R2 オペレーティング システムに適用されます。 MDT では、ARM プロセッサ ベースのバージョンの Windows はサポートされていません。 同様に、 MDT は特に明記されていない限り、MDT 2013 を参照します。

タスク シーケンスの手順

タスク シーケンス は、タスク シーケンス エディターによって作成され、アクションを完了するように設計された一連の手順で構成されます。 タスク シーケンスは、コンピューターの再起動全体で動作し、ユーザーの介入を必要とせずにコンピューター上のタスクを自動化するように構成できます。 さらに、タスク シーケンス の手順をタスク シーケンス グループに追加できます。これにより、同様のタスク シーケンス ステップをまとめて組織とエラーの制御を向上させることができます。

各タスク シーケンス ステップでは、展開イメージを受け取ることができるターゲット コンピューターの検証、安全な場所へのユーザー データの格納、ターゲット コンピューターへのイメージの展開、保存されたユーザー データの復元など、特定のタスクが実行されます。 これらのタスク シーケンス手順では、MDT またはデプロイ チームによって提供されるユーティリティとスクリプトを使用して、タスクを実行します。 このリファレンスを使用して、デプロイ プロセスと、使用する有効なプロパティとオプションを構成するための正しいタスク シーケンス グループとタスク シーケンス手順を判断するのに役立ちます。

タスク シーケンス グループとステップごとに、次の情報が提供されます。

  • 名前。 タスク シーケンス グループまたはステップの名前

  • 説明。 タスク シーケンス グループまたはステップの目的と、そのカスタマイズに関する関連情報の説明

  • Properties。 タスク シーケンス グループまたはタスクの実行方法を定義するステップに指定できる有効な構成プロパティを示します

  • オプション。 タスクシーケンス グループまたはステップに対して指定できる有効な構成オプションを示します。タスクを実行するタイミングと、タスクからの正常な終了コードと見なされるものを定義します。

    タスク シーケンス エディターの詳細については、「 オペレーティング システムの展開: タスク シーケンス エディター」を参照してください。

タスク シーケンス ステップの種類の一般的なプロパティとオプション

各タスク シーケンス グループとステップには、すべてのタスク シーケンス グループとステップに共通する [プロパティ ] タブと [オプション] タブで構成可能な設定があります。 これらの一般的な設定については、次のセクションで簡単に説明します。

共通プロパティ

表 1 に、各タスク シーケンス ステップの [ プロパティ ] タブで使用できる設定を示します。 特定のタスク シーケンス ステップの [ プロパティ ] タブの詳細については、このリファレンスの後半の手順に対応するトピックを参照してください。

注:

ここに示すタスク シーケンス ステップの種類は、Deployment Workbench で使用できる種類です。 Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Managerを使用してタスク シーケンスを構成するときに、追加のタスク シーケンス ステップの種類を使用できる場合があります。

表 1. [プロパティ] タブで使用できる設定
名前 説明 グループ 手順
Type タスク シーケンス グループまたはステップの種類を示す読み取り専用の値。 型は、次のいずれかの値に設定されます。

- ネットワーク設定を適用する

- DHCP を承認する

- ネットワーク設定をキャプチャする

- ADDS の構成

- DHCP の構成

- DNS の構成

- BitLocker を有効にする

- フォーマットとパーティション ディスク

-収集

-グループ

- ドライバーを挿入する

- アプリケーションのインストール

- オペレーティング システムをインストールする

- 役割と機能をインストールする

- オフライン更新インストールする

- ドメイン参加エラーから回復する

- コンピューターを再起動する

- コマンド ラインを実行する

-検証
- -
名前 他のタスク シーケンスステップとの識別と区別を容易にするユーザー定義の名前。 - -
説明 タスク シーケンス ステップの要件とタスクを簡単に理解できるようにするユーザー定義の説明。 - -

一般的なオプション

表 2 は、タスク シーケンス ステップの [オプション] タブで使用できる設定を示しています。 [オプション] タブの詳細については、「 タスク シーケンス の [オプション] タブ」を参照してください。

表 2. [オプション] タブで使用できる設定
名前 説明 グループ 手順
この手順を無効にする このタスク シーケンス ステップを無効にするには、このオプションを選択します。 - -
成功コード ステップが正常に完了したことを示す、このタスク シーケンス ステップに関連付けられているユーティリティの終了コード。 -
エラーが発生した場合は続行 このオプションを選択すると、タスク シーケンサーがエラーが発生した場合に追加のタスク シーケンス手順を処理できます。 - -
条件付きステートメント このタスク シーケンス グループまたはステップの実行を制限する 1 つ以上の条件。 これらの条件付きは、次に基づいています。

- ファイルのプロパティ

- フォルダーのプロパティ

オペレーティング システムのバージョン:

- 特定のアーキテクチャ

- 特定のバージョンです

- Windows 管理インストルメンテーション (WMI) のクエリ

レジストリ設定:

-存在

- 存在しない

-等しい

- 等しくない

- より大きい

- より大きいか等しい

-未満

- 以下

- インストールされているソフトウェア

タスク シーケンス変数:

-存在

-等しい

- 等しくない

- より大きい

- より大きいか等しい

-未満

- 以下

これらの条件は、すべての条件、任意の条件、または True と評価される条件をテストする IF ステートメントを使用してグループ化できます。
- -

注:

Configuration Managerを使用してタスク シーケンスの手順を構成するときに、追加の条件付きステートメントを使用できる場合があります。

タスク シーケンス ステップの種類の特定のプロパティと設定

各タスク シーケンス ステップの種類のプロパティとパラメーターの一部は、その型に固有です。 一意のプロパティと設定を持つ各型は、次のセクションで、一意のタスク シーケンス ステップのプロパティと設定と共に示されています。

ネットワーク設定を適用する

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターでネットワーク アダプターを構成します。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTINICConfig.wsf」を参照してください。

[ ネットワーク設定の適用] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type ネットワーク設定を適用する
Settings
名前
Name ネットワーク接続に割り当てる名前。
IP アドレスを自動的に取得する 選択すると、ネットワーク接続に必要なインターネット プロトコル (IP) 構成設定を取得するために、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) が使用されます。 これは既定の選択です。
次の IP アドレスを使用する 選択すると、ネットワーク接続に割り当てられるゲートウェイに加えて、1 つ以上の IP アドレスとサブネット マスクの組み合わせを指定できます。
ドメイン ネーム システム (DNS) サーバーを自動的に取得する 選択すると、DHCP を使用して、ネットワーク接続に必要な IP 構成設定を取得します。 これは既定の選択です。
次の DNS サーバーを使用する 選択すると、ネットワーク接続に割り当てられる 1 つ以上の DNS サーバー IP アドレスを指定できます。
DNS サフィックス TCP/IP を使用するすべてのネットワーク接続に適用される DNS サフィックス。
この接続のアドレスを DNS に登録する コンピューターがこのコンピューターの完全なコンピューター名を使用して、この接続の IP アドレス (DNS 経由) の動的登録を試行することを指定します。
DNS 登録でこの接続の DNS サフィックスを使用する DNS 動的更新を使用して、この接続の IP アドレスと接続固有のドメイン名を登録するかどうかを指定します。
WINS サーバー アドレス ネットワーク接続に割り当てられる 1 つ以上の Windows インターネット ネーム サービス (WINS) サーバー IP アドレスを指定できます。
LMHOSTS 参照を有効にする ネットワーク基本入出力システム (NetBIOS) の名前解決用のローカル・エリア・ネットワーク (LAN) マネージャー・ホスト (LMHOSTS) ファイルを使用するかどうかを指定します。
Default このネットワーク接続が、DHCP サーバーから TCP/IP (NetBT) 経由で NetBIOS を有効または無効にする設定を取得するかどうかを指定します。 これは既定の選択です。
TCP/IP 経由で NetBIOS を有効にする このネットワーク接続で NetBT と WINS を使用することを指定します。
TCP/IP 経由で NetBIOS を無効にする このネットワーク接続で NetBT と WINS が使用されないことを指定します。

DHCP を承認する

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターを DHCP サーバーとして承認します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTIAuthorizeDHCP.wsf」を参照してください。

[DHCP の承認] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [DHCP サーバーの承認] に設定します。
Settings
名前 説明
名前 説明
Account ターゲット コンピューターの DHCP を承認するときに使用する Enterprise Admins グループのメンバーであるユーザー アカウント。

ネットワーク設定のキャプチャ

このタスク シーケンス 手順では、ターゲット コンピューターからネットワーク アダプターの設定を収集します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTINICConfig.wsf」を参照してください。

[ネットワーク設定のキャプチャ] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
名前 説明
この読み取り専用の種類を [ネットワーク設定のキャプチャ] に設定します
Settings
名前 説明
なし なし

ADDS の構成

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターを Active Directory® Domain Services (AD DS) ドメイン コントローラーとして構成します。 次の表に示す設定と、このタスク シーケンス ステップで構成できる設定の詳細については、「Microsoftのヘルプとサポート」の記事「無人モードを使用して Windows Server 2008 ベースのドメイン コントローラーにActive Directory Domain Servicesをインストールおよび削除する方法」を参照してください。

ADD タスク シーケンスの 構成 ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [ADD の構成] に設定します
Settings
名前 説明
Create ターゲット コンピューターの構成に使用する構成セットを指定します。 構成セットは次のとおりです。

- 新しいドメイン コントローラー レプリカ。 既存の AD DS ドメインに追加のドメイン コントローラーを作成します

- 新しい読み取り専用ドメイン コントローラー (RODC) レプリカ。 RODC を作成します

- 既存のフォレスト内の新しいドメイン。 既存の AD DS フォレストにドメインを作成します

- 既存のフォレスト内の新しいドメイン ツリー。 既存の AD DS フォレストに新しいツリーを作成します

- 新しいフォレスト。 新しい AD DS フォレストを作成します
ドメイン DNS 名 新しいドメインまたは既存のドメインの DNS 名。
ドメイン NetBIOS 名 AD DS クライアントがドメインへのアクセスに使用する新しい子ドメイン、子ドメイン ツリー、またはフォレストの NetBIOS 名。 この名前は、ネットワーク上で一意である必要があります。
DNS 名 子ドメインまたはドメイン ツリーの DNS 名。
レプリケーション ソース ドメイン コントローラー 新しいレプリカまたはバックアップ ドメイン コントローラーのアップグレード インストールで AD DS をソースにするドメイン コントローラーの名前。 値が指定されていない場合、レプリケートされるドメインから最も近いドメイン コントローラーが既定で選択されます。
Account 構成の実行に使用するアカウント。
回復 (セーフ モード) パスワード AD DS 修復モードで使用されるオフライン管理者アカウントのパスワード。
DNS がまだ存在しない場合はインストールする 選択すると、まだインストールされていない DNS がインストールされます。
このドメイン コントローラーをグローバル カタログ (GC) サーバーにする レプリカを GC サーバーにするかどうかを指定します。 選択すると、レプリケーション ソース ドメイン コントローラーが GC サーバーの場合、ターゲット コンピューターが GC サーバーとして構成されます。
重要なレプリケーションのみを待機する この設定をオンにすると、Dcpromo のレプリケーション フェーズ中に重要なレプリケーションのみがソース化されるように指定されます。 コンピューターがドメイン コントローラーとして再起動すると、重要でないレプリケーションが再開されます。
フォレストの機能レベル 新しいフォレストの機能レベルを指定します。 使用可能なオプションは次のとおりです。

- Windows Server 2003

- Windows Server 2008

- Windows Server 2008 R2
ドメイン機能レベル 新しいドメインの機能レベルを指定します。 使用可能なオプションは次のとおりです。

- Windows Server 2003

- Windows Server 2008

- Windows Server 2008 R2
データベース AD DS データベース (NTDS.dit) をホストするローカル コンピューターのハード ディスク上の完全修飾非ユニバーサル名前付け規則 (UNC) ディレクトリ。 ディレクトリが存在する場合は、空である必要があります。 存在しない場合は、作成されます。 選択した論理ドライブの空きディスク領域は 200 MB (MB) である必要があります。また、丸めエラーが発生したときに、ドメイン内のすべてのオブジェクトに対応するために、より大きくなる可能性があります。 パフォーマンスを最大限に高めるには、ディレクトリを専用ハード ディスクに配置する必要があります。
ログ ファイル AD DS ログ ファイルをホストするための、ローカル コンピューター上のハード ディスク上の完全修飾 UNC 以外のディレクトリ。 ディレクトリが存在する場合は、空である必要があります。 存在しない場合は、作成されます。
Sysvol AD DS システム ボリューム (SYSVOL) ファイルをホストするローカル コンピューターのハード ディスク上の完全修飾 UNC 以外のディレクトリ。 ディレクトリが存在する場合は、空である必要があります。 存在しない場合は、作成されます。 ディレクトリは、NTFS バージョン 5.0 ファイル システムでフォーマットされたパーティションに配置する必要があります。 最適なパフォーマンスを得るには、オペレーティング システムとは異なる物理ハード ディスクにディレクトリを配置する必要があります。
サイト名 新しいドメイン コントローラーを検索する既存の AD DS サイトの値。 指定しない場合は、適切なサイトが選択されます。 このオプションは、新しいフォレスト シナリオの新しいツリーにのみ適用されます。 その他のすべてのシナリオでは、フォレストの現在のサイトとサブネットの構成を使用してサイトが選択されます。

DHCP の構成

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューター上の DHCP サーバー サービスを構成します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTIConfigureDHCP.wsf」を参照してください。

[DHCP の構成] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [DHCP サーバーの構成] に設定します
Settings
名前 説明
名前 DHCP の構成
スコープの詳細 これらのオプションは、その特定のスコープ内でリースを取得するすべてのクライアント コンピューターに適用されます。 構成されたスコープ オプションの値は、クラスまたはクライアントの予約に割り当てられたオプションによってオーバーライドされない限り、特定のスコープでリースを取得するすべてのコンピューターに常に適用されます。

[ スコープの詳細 ] 設定では、次のサブ設定を構成できます。

- スコープ名。 ユーザー定義可能な名前

- IP アドレスを開始します。 スコープの開始 IP アドレス

- 終了 IP アドレス。 スコープの終了 IP アドレス

- サブネット マスク。 クライアント サブネットのサブネット マスク

- DHCP クライアントのリース期間。 DHCP リースがクライアントに対して有効な期間

- 説明。 スコープの説明

- [IP アドレスの範囲を除外する]、[開始 IP アドレス] の各値を指定します。 スコープから除外する IP アドレスの範囲の開始 IP アドレス

- IP アドレス範囲、終了 IP アドレスを除外します。 スコープから除外する IP アドレスの範囲の終了 IP アドレス

- 003 ルーター。 クライアント サブネット上のルーターの IP アドレスの一覧

- 006 DNS サーバー。 クライアントで使用できる DNS ネーム サーバーの IP アドレスの一覧

- 015 DNS ドメイン名。 DNS で非修飾ドメイン名を解決するときに DHCP クライアントが使用するドメイン名

- 044 WINS/NBNS サーバー。 ネットワーク上の NetBIOS ネーム サーバー (NBNSes) の IP アドレスを一覧表示します

- 046 WINS/NBT ノードタイプ。 NetBT クライアントのクライアント ノードの種類を構成します

- 060 PXE クライアント。 ブート前実行環境 (PXE) クライアント ブートストラップ コードに使用されるアドレス
サーバー オプション これらのオプションは、各 DHCP サーバーで定義されているすべてのスコープとクラス、および DHCP サーバーがサービスするすべてのクライアントにグローバルに適用されます。 構成されたサーバー オプションの値は、他のスコープ、クラス、またはクライアントの予約に割り当てられたオプションによってオーバーライドされない限り、常に適用されます。

[サーバー オプション] 設定では、次のサブ設定を構成できます。

- 003 ルーター。 クライアント サブネット上のルーターの IP アドレスの一覧

- 006 DNS サーバー。 クライアントで使用できる DNS ネーム サーバーの IP アドレスの一覧

- 015 DNS ドメイン名。 DNS で非修飾ドメイン名を解決するときに DHCP クライアントが使用するドメイン名

- 044 WINS/NBNS サーバー。 ネットワーク上の NBNSes の IP アドレスを一覧表示します

- 046 WINS/NBT ノードタイプ。 NetBT クライアントのクライアント ノードの種類を構成します

- 060 PXE クライアント。 PXE クライアント ブートストラップ コードに使用されるアドレス

DNS の構成

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターで DNS を構成します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTIConfigureDNS.wsf」を参照してください。

[DNS タスク シーケンスの 構成] ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [DNS サーバーの構成] に設定します
Settings
名前 説明
名前 DNS の構成
領域 [ スコープの詳細 ] 設定では、次のサブ設定を構成できます。

- DNS ゾーン名。 ユーザー定義可能な名前

-型。 作成する DNS ゾーンの種類

- レプリケーション。 DNS サーバー間で情報を共有するために使用されるレプリケーション スキームを指定します

- ゾーン ファイル名。 ゾーンの DNS データベース ファイル

- 動的更新。 変更が発生するたびに、DNS クライアント コンピューターがリソース レコードを DNS サーバーに登録して動的に更新できるようにします

- 古いリソース レコードをスキャベンジします。 古いリソース レコードを削除します
サーバー プロパティ [サーバーのプロパティ] 設定では、次のサブ設定を構成できます。

- 再帰を無効にします。 DNS サーバーがクエリに対して再帰を実行しないことを指定します

- BIND セカンダリ。 従来のバークレイ インターネット ネーム ドメイン (BIND) 実装を実行している DNS サーバーにゾーンを転送するために高速転送形式を使用するかどうかを指定します

- データが正しくない場合は、読み込みに失敗します。 DNS サーバーがファイルを厳密に解析する必要があることを指定します

- ラウンド ロビンを有効にします。 クエリ応答に同じ種類のリソース レコードが複数存在する場合に、DNS サーバーがラウンド ロビン メカニズムを使用してリソース レコードの一覧をローテーションおよび並べ替える必要があることを指定します

- ネットマスクの順序付けを有効にします。 クエリのソースの IP アドレスに基づいて、DNS サーバーがクエリへの応答で同じリソース レコード セット内のリソース レコードを並べ替える必要があるかどうかを指定します

- 汚染に対してキャッシュをセキュリティで保護します。 DNS サーバーがキャッシュ汚染を回避するために応答のクリーンアップを試行するかどうかを指定します

- 名前の確認。 使用する名前チェック メソッドを構成します

注:

[ DNS の構成 ] タスク シーケンス手順では、Windows サポート ツールに含まれている Dnscmd ツールを使用して DNS を構成します。 [DNS の構成] タスク シーケンスの手順を実行する前に、Windows サポート ツールがインストールされていることを確認してください。

注:

これらのサーバー プロパティの詳細については、「 Dnscmd」を参照してください。

BitLocker を有効にする

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターで BitLocker® ドライブ暗号化を構成します。 この手順の種類の詳細については、「 BitLocker を有効にする」を参照してください。

[BitLocker を有効にする] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [BitLocker を有効にする] に設定します。
Settings
名前 説明
現在のオペレーティング システム ドライブ 選択すると、オペレーティング システム ドライブが構成されます。 これは既定の選択です。
特定のドライブ 選択すると、指定したドライブが構成されます。
TPM のみ 選択すると、トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) が必要です。 これは既定の選択です。
USB のみのスタートアップ キー 選択すると、指定した USB ドライブにスタートアップ キーが必要です。
USB 上の TPM とスタートアップ キー 選択すると、指定した USB ドライブのスタートアップ キーに加えて TPM が必要です。
Active Directory で 選択すると、回復キーが AD DS に格納されます。 これは既定の選択です。
回復キーを作成しない 選択すると、回復キーは作成されません。 このオプションを使用することはお勧めしません。
BitLocker が完了するまで待ちます 選択すると、BitLocker がすべてのドライブの処理を完了するまで、この手順は完了しません。

Runbook の実行

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューター Microsoft System Center 2012 Orchestrator Runbook を実行します。 Orchestrator Runbook は、コンピューターとネットワーク上のアクションを調整する一連のアクティビティです。 MDT で Orchestrator Runbook を開始するには、このタスク シーケンス ステップの種類を使用します。

注:

このタスク シーケンス ステップには、MDT タスク シーケンス テンプレートは含まれていません。 このタスク シーケンス ステップは、作成するすべてのタスク シーケンスに追加する必要があります。

Runbook の実行タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [Runbook の実行] に設定します。
名前 実行されている Runbook の名前を反映するタスク シーケンス ステップの名前。
説明 タスク シーケンス ステップに関する追加情報を提供する情報テキスト
Settings
名前 説明
Orchestrator Server サーバー名を含む Orchestrator Web サービスの URL を入力します。 Orchestrator Web サービスでは、Hypertext Transfer Protocol (HTTP) または HTTP over Secure Sockets Layer (HTTPS) を使用できます。 Orchestrator Web サービスの既定値はポート 81 です。

Orchestrator Web サービスでは、複数の Runbook サーバーがサポートされています。 既定では、Runbook は任意の Runbook サーバーで実行できます。 Runbook を実行するために使用する Runbook サーバーを指定するように Runbook を構成できます。

注意:

Orchestrator Web サービスでは、特定の Runbook サーバーで Runbook を実行する機能がサポートされています。 この機能は MDT ではサポートされていません。

次のいずれかの形式で URL を指定します。

- servername。 この形式を使用する場合、URL の既定値は次のようになります。

https://<servername>:81/Orchestrator2012/Orchestrator.svc

- servername:port。 この形式を使用する場合、URL の既定値は次のようになります。

https://<servername:port>/Orchestrator2012/Orchestrator.svc.

- https://*servername:port。 この形式を使用する場合、URL の既定値は次のようになります。

https://<servername:port>/Orchestrator2012/Orchestrator.svc.

- **https://
servername:port。 この形式を使用する場合、URL の既定値は次のようになります。

https://<servername:port>/Orchestrator2012/Orchestrator.svc.

- *
https:// servername:port/Orchestrator2012/Orchestrator.svc
。 この形式を使用する場合、MDT では、値が .svc で終わるため、完全修飾 URL を指定していることを前提としています。

- https:// servername:port/Orchestrator2012/Orchestrator.svc。 この形式を使用する場合、MDT では、値が .svc で終わるため、完全修飾 URL を指定していることを前提としています。
Runbook [ 参照] をクリックし、このタスク シーケンスを実行する Orchestrator Runbook の名前を選択します。

注意:

Orchestrator Runbook を正常に参照するには、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の ADO.NET Data Services Update for .NET Framework 3.5 SP1 をインストールします。
Runbook パラメーターを自動的に指定する Orchestrator Runbook の入力パラメーター値を自動的に指定するには、このオプションを選択します (Runbook パラメーターの値がタスク シーケンス変数であることを前提としています)。 たとえば、Runbook に OSDComputerName という名前の入力パラメーターがある場合、 OSDComputerName タスク シーケンス変数の値が Runbook に渡されます。

注意:

このオプションは、有効なタスク シーケンス変数名であり、スペースやその他の特殊文字を含まない入力パラメーターに対してのみ機能します。 スペースやその他の特殊文字は Orchestrator パラメーター名としてサポートされていますが、有効なタスク シーケンス変数名ではありません。 スペースまたはその他の特殊文字を使用してパラメーターに値を渡す必要がある場合は、[ 明示的な Runbook パラメーターの指定 ] オプションを使用します。

もう 1 つのオプションは、 明示的な Runbook パラメーターの指定です

注意:

Orchestrator Web サービスに対する Runbook 入力パラメーターに指定された値は、XML として書式設定されます。 XML 形式のデータまたは似たデータを含む値を渡すと、エラーが発生する可能性があります。
明示的な Runbook パラメーターを指定する Orchestrator Runbook の入力パラメーターを明示的に指定するには、このオプションを選択します。

Orchestrator Runbook で必要な入力パラメーターごとに、次の設定を構成する必要があります。

- 名前。 これは、入力 Runbook パラメーターの名前です。

注意:

既存の Orchestrator Runbook のパラメーターを変更する場合は、MDT は Orchestrator Runbook を最初に追加するときにのみパラメーター リストを取得するため、Runbook の参照 (再選択) を行う必要があります。

- 。 これは、定数または変数 (タスク シーケンス変数や環境変数など) にすることができます。 たとえば、 %OSDComputerName%の値を指定すると、 OSDComputerName タスク シーケンス変数の値が Runbook 入力パラメーターに渡されます。
Runbook が完了するまで待ってから続行します このチェック ボックスは、次のタスク シーケンス ステップに進む前に、タスク シーケンス ステップが Runbook の完了を待機するかどうかを制御します。

このチェック ボックスが次の場合:

- 選択すると、タスク シーケンス ステップは Runbook の完了を待ってから、次のタスク シーケンス ステップに進みます。

このチェック ボックスをオンにすると、タスク シーケンス ステップによって Orchestrator Web サービスがポーリングされ、Runbook が完了します。 ポーリング間の時間は 1 秒から始まり、各ポーリングの間で 2、4、8、16、32、64 秒に増加します。 時間が 64 秒に達すると、タスク シーケンス ステップは 64 秒ごとにポーリングを続けます。

- オフにすると、タスク シーケンス ステップは Runbook の完了を待ってから、次のタスク シーケンス ステップに進みます。

注意:

Runbook が出力パラメーターを返す場合は、このチェック ボックスをオンにする必要があります。

フォーマットとパーティション ディスク

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューター上のディスクをパーティション分割してフォーマットします。 この手順の種類の詳細については、「 フォーマットとパーティション ディスク」を参照してください。

[ディスクのフォーマット] ステップと [パーティション ディスク] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [フォーマット] と [パーティション ディスク] に設定します。
Settings
名前 説明
ディスク番号 構成するディスクの物理番号。
ディスクの種類 作成するドライブの種類。 値は次のとおりです。

- Standard (MBR) (マスター ブート レコード)

- GPT (GUID [グローバル一意識別子] パーティション テーブル)。

既定の選択は Standard (MBR) です
Volume [ボリューム] 設定では、次のサブ設定を構成できます。

- パーティション 。 ユーザー定義可能な名前。

- パーティションの種類。 値はディスクの種類によって異なります。

- MBR: プライマリ のみ

- GPT: プライマリEFI、または MSR

- 残りの領域の割合を使用します。

- 特定のドライブ サイズを使用します。 値は 1 MB または 1 ギガバイト (GB) 単位です。

- これをブート パーティションにします。

- ファイル システム。 値は NTFS または FAT32 です

- クイック形式。 選択すると、クイック形式が実行されます。

- 変数。 この新しく構成されたパーティションに割り当てられたドライブ文字。

注:

CustomSettings.ini ファイルを使用してハード ディスクとパーティションの構成を指定する場合、最初のハード ディスクと最初の 2 つのパーティションのみが構成されます。 ZTIGather.xmlを編集して、追加のハード ディスクまたはパーティションを構成します。

収集

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターのデータと処理ルールを収集します。 [収集] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用型を [収集] に設定します。
Settings
名前 説明
ローカル データのみを収集する 選択すると、この手順では、ZTIGather.xml ファイルに含まれるプロパティのみが処理されます。
ローカル データとプロセス ルールを収集する 選択すると、この手順では、ZTIGather.xml ファイルに含まれるプロパティと、Rules ファイルが指定するファイルに含まれるプロパティを処理します。 これは既定の選択です。
ルール ファイル 処理するルール ファイルの名前。 空白のままにすると、タスク シーケンス ステップはCustomSettings.ini ファイルの検索と処理を試みます。

注:

このタスク シーケンス ステップは、System Center 2012 R2 Configuration Managerで [全般] グループの [動的変数の設定] としてネイティブに使用できます。

ドライバーの挿入

このタスク シーケンス ステップでは、展開用に構成されたドライバーがターゲット コンピューターに挿入されます。 [ ドライバーの挿入 ] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [ドライバーの挿入] に設定します。
Settings
名前 説明
一致するドライバーのみをインストールする 対象のコンピューターに必要なドライバーと、すぐに使用できるドライバーに一致するドライバーのみを挿入します
すべてのドライバーをインストールする すべてのドライバーをインストールします
選択プロファイル 選択したプロファイル内のすべてのドライバーをインストールします

アプリケーションのインストール

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターにアプリケーションをインストールします。 この手順の種類の詳細については、「 ソフトウェアのインストール」を参照してください。

[アプリケーションのインストール] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [アプリケーションのインストール] に設定します。
Settings
名前 説明
複数のアプリケーションをインストールする MandatoryApplications プロパティが指定した必須アプリケーションと、Applications プロパティが指定したオプションのアプリケーションをインストールします。 これらのプロパティは、規則によって構成されるか、展開ウィザードのインタビュー プロセス中に指定されます。 これは既定の選択です。
1 つのアプリケーションをインストールする インストールする特定のアプリケーション。 Deployment Workbench の [アプリケーション] ノードで構成されているアプリケーションで構成されているドロップダウン リストからアプリケーションを選択します。
成功コード アプリケーションの正常なインストールを決定するときに使用するアプリケーション・インストール終了コードのスペース区切りのリスト。

オペレーティング システムのインストール

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターにオペレーティング システムをインストールします。 MDT では、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、および Windows Server 2008 R2 を展開できます。

  • をsetup.exeします。 このメソッドは、インストール メディアからsetup.exeを実行することによって開始される、使用される従来の方法です。 MDT では、既定でsetup.exeが使用されます。

  • をimagex.exeします。 このメソッドは、 /apply オプションを使用して、imagex.exeを使用してオペレーティング システム イメージをインストールします。 MDT では、setup.exe メソッドを使用できない場合 (つまり、imagex.exe の使用にフォールバックする) 場合に、このメソッドが使用されます。

    ForceApplyFallback プロパティを使用して、これらのメソッドのうちどれを使用するかを制御できます。これは、特定のプロセッサ アーキテクチャブート イメージの展開ウィザードに表示されるオペレーティング システム タスク シーケンスにも影響します。 詳細については、 ForceApplyFallback プロパティを 参照してください。

    [オペレーティング システムのインストール] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [オペレーティング システムのインストール] に設定します。
Settings
名前 説明
インストールするオペレーティング システム ターゲット コンピューターにインストールするオペレーティング システムの名前。 Deployment Workbench の [オペレーティング システム] ノードで構成されているオペレーティング システムからコンパイルされたドロップダウン リストからオペレーティング システムを選択します。
ディスク オペレーティング システムをインストールするディスク。
Partition オペレーティング システムをインストールするパーティション。

役割と機能をインストールする

このタスク シーケンス ステップでは、選択した役割と機能がターゲット コンピューターにインストールされます。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIOSRole.wsf」を参照してください。

[ 役割と機能のインストール] タスク シーケンス ステップタイプの一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [役割と機能のインストール] に設定します。
説明 タスク シーケンス ステップの目的を説明する情報テキスト。
Settings
名前 説明
ロールをインストールするオペレーティング システムを選択します ターゲット コンピューターに展開するオペレーティング システムを選択します。
インストールする必要があるロールと機能を選択する ターゲット コンピューターにインストールする 1 つ以上の役割と機能を選択します。

言語パックをオフラインでインストールする

このタスク シーケンス ステップでは、オペレーティング システムが展開された後、ターゲット コンピューターが再起動される前に、ターゲット コンピューター上のイメージに更新プログラムがインストールされます。 これらの更新プログラムには、言語パックが含まれます。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTIPatches.wsf」を参照してください。

[ 言語パックのインストール] オフライン タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [インストール] 更新 [オフライン] に設定します。
Settings
名前 説明
パッケージ名 ターゲット コンピューターに適用する必要がある言語パック パッケージの名前

注:

このタスク シーケンス ステップは、Configuration Managerで MDT を使用する場合にのみ有効です。

言語パックをオンラインでインストールする

このタスク シーケンス ステップでは、オペレーティング システムが展開された後、およびターゲット コンピューターが再起動された後に、ターゲット コンピューター上のイメージに言語パックをインストールします。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTILangPacksOnline.wsf」を参照してください。

[ Language Packs Online のインストール] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [ Language Packs Online のインストール] に設定します。
Settings
名前 説明
パッケージ名 ターゲット コンピューターに適用する必要がある言語パック パッケージの名前

注:

このタスク シーケンス ステップは、Configuration Managerで MDT を使用する場合にのみ有効です。

オフライン更新インストール

このタスク シーケンス ステップでは、オペレーティング システムが展開された後、ターゲット コンピューターが再起動される前に、ターゲット コンピューター上のイメージに更新プログラムがインストールされます。 これらの更新プログラムには、言語パックが含まれます。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTIPatches.wsf」を参照してください。

[Install 更新 Offline] タスク シーケンス ステップタイプの一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [インストール] 更新 [オフライン] に設定します。
Settings
名前 説明
選択プロファイル ターゲット コンピューターに適用する必要がある選択プロファイルの名前

注意:

Configuration Managerで MDT を使用する場合は、適用する更新プログラム パッケージの名前を指定します。

ドメイン参加エラーからの復旧

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターがドメインに参加していることを確認します。 [ ドメイン参加エラーからの回復 ] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [ ドメイン参加エラーから回復する] に設定します。
Settings
名前 説明
自動回復 タスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターのドメインへの参加が試行されます。
手動による回復 ターゲット コンピューターがドメインへの参加に失敗した場合、タスク シーケンス ステップによってタスク シーケンサーが一時停止し、ターゲット コンピューターをドメインに参加させることができます。
回復なし ターゲット コンピューターがドメインに参加できない場合、タスク シーケンスは失敗し、タスク シーケンスが停止します。

コンピューターを再起動する

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターが再起動されます。 コンピューターの再起動タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [コンピューターの再起動] に設定します。
Settings
名前 説明
なし None

コマンド ラインの実行

このタスク シーケンス ステップでは、指定したコマンドがターゲット コンピューターで実行されます。 この手順の種類の詳細については、「 コマンド ラインの実行」を参照してください。

コマンド ラインの実行タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [コマンド ラインの実行] に設定します。
Settings
名前 説明
Command Line/コマンド ライン このタスク シーケンス ステップが処理されるときに実行されるコマンド
Start in アプリケーションの開始フォルダー (パスは、ターゲット コンピューター上の有効なパスである必要があります)。
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定したコマンドの実行に使用するユーザー資格情報の指定を許可します
Account 指定したコマンドの実行に使用されるユーザー資格情報
ユーザーのプロファイルを読み込む 選択すると、指定したアカウントのユーザー プロファイルが読み込まれます

PowerShell スクリプトを実行する

このタスク シーケンス ステップでは、指定したWindows PowerShell ™ スクリプトがターゲット コンピューターで実行されます。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIPowerShell.wsf」を参照してください。

PowerShell スクリプトの実行タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [PowerShell スクリプトの実行] に設定します。
Settings
名前 説明
PowerShell スクリプト このタスク シーケンス ステップが処理されるときに実行されるWindows PowerShell スクリプト
パラメーター Windows PowerShell スクリプトに渡されるパラメーター。 これらのパラメーターは、コマンド ラインからWindows PowerShell スクリプトに追加する場合と同じように指定する必要があります。

指定するパラメーターは、Windows PowerShell コマンド ラインに対してではなく、スクリプトが使用するパラメーターに限定する必要があります。

次の例は、この設定の有効な値です。

-MyParameter1 MyValue1 -MyParameter2 MyValue2

次の例は、この設定の値が無効です (太字の項目が正しくありません)。

-nologo -executionpolicy unrestricted -File MyScript.ps1 -MyParameter1 MyValue1 -MyParameter2 MyValue2

前の例は無効です。値にはWindows PowerShellコマンド ライン パラメーター (-nologo および –executionpolicy 無制限) が含まれているためです。

注:

このタスク シーケンス 手順は、System Center 2012 R2 Configuration Managerで [全般] グループの [PowerShell スクリプトの実行] としてネイティブに使用できます。

タスク シーケンス変数を設定する

このタスク シーケンス ステップでは、指定したタスク シーケンス変数を指定した値に設定します。 この手順の種類の詳細については、「 タスク シーケンス変数の設定」を参照してください。

タスク シーケンス変数の設定タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用型を [タスク シーケンス変数の設定] に設定します
Settings
名前 説明
タスク シーケンス変数 変更する変数の名前
指定した変数に割り当てる値

ロールと機能のアンインストール

このタスク シーケンス ステップでは、選択した役割と機能がターゲット コンピューターからアンインストールされます。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIOSRole.wsf」を参照してください。

[ ロールと機能のアンインストール ] タスク シーケンス ステップタイプの一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類を [アンインストール ロールと機能] に設定します。
説明 タスク シーケンス ステップの目的を説明する情報テキスト。
Settings
名前 説明
ロールをインストールするオペレーティング システムを選択します ターゲット コンピューターに展開するオペレーティング システムを選択します。
インストールする必要があるロールと機能を選択する 対象のコンピューターから、1 つ以上のロールと機能を選択して、分割解除を行います。

検証

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターが指定された展開の前提条件を満たしていることを確認します。 [タスク シーケンスの検証] ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用型を [検証] に設定します。
Settings
名前 説明
最小メモリを確保する 選択すると、この手順では、ターゲット コンピューターにインストールされているメモリの量 (メガバイト単位) が、指定した量を満たすか超えているかどうかを確認します。 これは既定の選択です。
プロセッサの最小速度を確保する 選択すると、この手順では、ターゲット コンピューターにインストールされているメガヘルツ (MHz) のプロセッサの速度が、指定した量を満たすか超えているかどうかを確認します。 これは既定の選択です。
指定した画像サイズが収まるようにする 選択すると、この手順では、ターゲット コンピューター上の空きディスク領域の量 (メガバイト単位) が、指定した量を満たすか超えているかどうかを確認します。
現在のオペレーティング システムが更新されるようにする 選択すると、この手順では、ターゲット コンピューターにインストールされているオペレーティング システムが、指定された要件を満たしていることを確認します。 これは既定の選択です。

注:

このタスク シーケンス ステップは、System Center 2012 R2 Configuration Managerで [全般] グループの [準備状況の確認] としてネイティブに使用できます。

すぐに使用するタスク シーケンスの手順

次のタスク シーケンス手順は、MDT に含まれる使用可能なタスク シーケンス テンプレートの 1 つ以上によって参照されます。 次の各例では、構成済みのプロパティ、パラメーター、およびオプションを一覧表示し、カスタム タスク シーケンスを構築するための基礎として使用できます。

この例では、タスク シーケンス ステップのプロパティ、パラメーター、およびオプションとそれに対応する値のみが一覧表示されます。

注:

各タスク シーケンス ステップの詳細については、「 タスク シーケンス ステップの種類の共通プロパティとオプション」および「タスク シーケンス ステップの種類の特定の プロパティと設定」の対応するトピック を参照してください

ネットワーク設定を適用する

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターでネットワーク アダプターを構成します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTINICConfig.wsf」を参照してください。

[ネットワーク設定の適用] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type ネットワーク設定を適用する
名前 ネットワーク設定を適用する
説明 指定なし
Settings
名前 Value
この手順では、パラメーターは事前に構成されていません。 これにより、この手順が既定で DHCP を使用するようにネットワーク アダプターを構成します。
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

注:

CustomSettings.ini ファイルを使用してネットワーク アダプターの構成を指定する場合、最初のネットワーク アダプターのみが構成されます。 ZTIGather.xmlを編集して、追加のネットワーク アダプターを構成します。

パッチの適用

このタスク シーケンス ステップでは、オペレーティング システムが展開された後、ターゲット コンピューターが再起動される前に、ターゲット コンピューター上のイメージに更新プログラムがインストールされます。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTIPatches.wsf」を参照してください。

[更新オフラインのインストール] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type オフライン更新インストール
名前 パッチの適用
説明 指定なし
Settings
名前 Value
選択プロファイル ターゲット コンピューターにインストールするパッチを選択するときに使用されるプロファイルの名前
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

Windows PE の適用

このタスク シーケンス 手順では、Windows プレインストール環境 (Windows PE) で起動するようにターゲット コンピューターを準備します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 LTIApply.wsf」を参照してください。

[Windows PE の適用] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 Windows PE の適用
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\LTIApply.wsf" /PE
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

バックアップ

このタスク シーケンス ステップは、オペレーティング システムの展開を開始する前に、ターゲット コンピューターをバックアップします。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTIBackup.wsf」を参照してください。

バックアップ タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 バックアップ
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIBackup.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

グループのキャプチャ

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターに存在するローカル グループのグループ メンバーシップをキャプチャします。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTIGroups.wsf」を参照してください。

[キャプチャ グループ] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 グループのキャプチャ
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIGroups.wsf" /capture
Start in 指定されていません。
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

ユーザーの状態をキャプチャする

このタスク シーケンス ステップは、ターゲット コンピューターに存在するユーザー プロファイルのユーザー状態をキャプチャします。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIUserState.wsf」を参照してください。 この手順の種類の詳細については、「 ユーザーの状態をキャプチャする」を参照してください。

[ユーザー状態のキャプチャ] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 ユーザーの状態をキャプチャする
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIUserState.wsf" /capture
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

BIOS を確認する

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターの基本的な入出力システム (BIOS) を確認して、展開するオペレーティング システムと互換性があることを確認します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIBIOSCheck.wsf」を参照してください。

[BIOS の確認] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 BIOS を確認する
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIBIOSCheck.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

Configure

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターに展開するオペレーティング システムに適用できる必要なプロパティ値を使用して、Unattend.xml ファイルを構成します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 ZTIConfigure.wsf」を参照してください。

[タスク シーケンスの 構成] ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 Configure
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIConfigure.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

スクリプトのコピー

このタスク シーケンス ステップでは、展開プロセス中に使用される展開スクリプトをターゲット コンピューター上のローカル ハード ディスクにコピーします。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 LTICopyScripts.wsf」を参照してください。

[スクリプトのコピー] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 スクリプトのコピー
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\LTICopyScripts.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

Sysprep ファイルのコピー

このタスク シーケンス ステップでは、Sysprep ファイルがターゲット コンピューターにコピーされます。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用するプロパティの詳細については、「 LTISysprep.wsf」を参照してください。

Sysprep ファイルのコピー タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 Sysprep ファイルのコピー
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\LTISysprep.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

BitLocker パーティションの作成

このタスク シーケンス ステップでは、 BDEInstall プロパティを True に設定し、BitLocker をターゲット コンピューターにインストールする必要があることを示します。 [BitLocker パーティションの作成] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type タスク シーケンス変数を設定する
名前 BitLocker パーティションの作成
説明 None
Settings
名前 Value
タスク シーケンス変数 BDE インストール
はい
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

WIM の作成

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターのバックアップが作成されます。 [WIM の作成] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 WIM の作成
説明 None
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIBackup.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

BDE 保護機能を無効にする

BitLocker がターゲット コンピューターにインストールされている場合、このタスク シーケンス 手順では BitLocker 保護機能が無効になります。

[ BDE 保護機能を無効にする] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 BDE 保護機能を無効にする
説明 None
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIDisableBDEProtectors.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

BitLocker を有効にする

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターで BitLocker を有効にします。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIBde.wsf」を参照してください。

[BitLocker を有効にする] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type BitLocker を有効にする
名前 BitLocker を有効にする
説明 None
Settings
名前 Value
現在のオペレーティング システム ドライブ 選択済み
TPM のみ 選択済み
USB のみのスタートアップ キー 未選択
USB 上の TPM とスタートアップ キー 未選択
特定のドライブ 未選択
Active Directory で 選択済み
回復キーを作成しない 未選択
BitLocker が完了するまで待ちます 未選択
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 BdeInstallSuppress が YES と等しくない

OEM ディスク構成を有効にする

このタスク シーケンス ステップでは 、DeploymentTypeプロパティを NEWCOMPUTER に設定します。これにより、ターゲット コンピューターのディスクをパーティション分割して書式設定できます。

[OEM ディスク構成を有効にする] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type タスク シーケンス変数を設定する
名前 OEM ディスク構成を有効にする
説明 None
Settings
名前 Value
タスク シーケンス変数 DeploymentType
NEWCOMPUTER
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

終了フェーズ

このタスク シーケンス ステップは、現在の展開フェーズを終了し、ターゲット コンピューターを再起動します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

[終了フェーズ] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コンピューターを再起動する
名前 終了フェーズ
説明 指定なし
Settings
名前 Value
なし なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

Sysprep の実行

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターで Sysprep が開始されます。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 LTISysprep.wsf」を参照してください。

Sysprep の実行タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 Sysprep の実行
説明 None
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\LTISysprep.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

Diskpart アクションを強制する

C:\oem.wsf ファイルが存在する場合、このタスク シーケンス ステップは C:\oem.wsf ファイルを削除します。これにより、[ ディスクのフォーマット] および [パーティション ディスク] タスク シーケンスステップを実行できます。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

[Diskpart アクションの強制] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 Diskpart アクションを強制する
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cmd.exe /c if exist c:\oem.wsf del /q c:\oem.wsf
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0.1
エラーが発生した場合は続行 選択済み
条件付き修飾子 None

フォーマットとパーティション ディスク

このタスク シーケンス 手順では、ターゲット コンピューター上のディスク パーティションを構成して書式設定します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIDiskpart.wsf」を参照してください。

[フォーマットとパーティション ディスク] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type フォーマットとパーティション ディスク
名前 フォーマットとパーティション ディスク
説明 指定なし
Settings
名前 Value
ディスク番号 0
ディスクの種類 Standard (MBR)
Volume [ボリューム] 設定では、次のサブ設定が構成されます。

- パーティション名。 OSDisk

- パーティションの種類。 Primary

- 残りの領域の割合を使用します。 選択済み

- Size(%)。 100

- 特定のドライブ サイズを使用します。 未選択

- これをブート パーティションにします。 選択済み

- ファイル システム。 Ntfs

- クイック形式。 選択済み

- 変数。 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

注:

CustomSettings.ini ファイルを使用してハード ディスクとパーティションの構成を指定する場合、最初のハード ディスクと最初の 2 つのパーティションのみが構成されます。 ZTIGather.xmlを編集して、追加のハード ディスクまたはパーティションを構成します。

ローカルのみを収集する

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターに適用されるローカル ソースから展開構成設定を収集します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIGather.wsf」を参照してください。

[ローカルのみの収集] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type 収集
名前 ローカルのみを収集する
説明 指定なし
Settings
名前 Value
ローカル データのみを収集する 選択済み
ローカル データとプロセス ルールを収集する 未選択
ルール ファイル 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 None

アプリケーション移行ファイルの生成

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターにインストールされているファイルの関連付けの一覧を含む、ZTIAppXmlGen.xml ファイルが生成されます。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIAppXmlGen.wsf」を参照してください。

[アプリケーション移行ファイルの生成] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 アプリケーション移行ファイルの生成
説明 指定なし
Settings
名前 Value
Command Line/コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIAppXmlGen.wsf" /capture
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 None

ドライバーの挿入

このタスク シーケンス ステップでは、展開用に構成されたドライバーがターゲット コンピューターに挿入されます。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIDrivers.wsf」を参照してください。

[ ドライバーの挿入 ] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type ドライバーの挿入
名前 ドライバーの挿入
説明 指定なし
Settings
名前 Value
一致するドライバーのみをインストールする 対象のコンピューターで必要なドライバーのみを挿入し、既定のドライバーで使用可能なものと一致します
すべてのドライバーをインストールする すべてのドライバーを挿入します
選択プロファイル 選択したプロファイルに関連付けられているドライバーを挿入します
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

アプリケーションのインストール

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターにアプリケーションをインストールします。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIApplications.wsf」を参照してください。

[アプリケーションのインストール] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type アプリケーションのインストール
名前 アプリケーションのインストール
説明 指定なし
Settings
名前 Value
複数のアプリケーションをインストールする 選択済み
1 つのアプリケーションをインストールする 未選択
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

オペレーティング システムのインストール

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターにオペレーティング システムをインストールします。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

[オペレーティング システムのインストール] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type オペレーティング システムのインストール
名前 オペレーティング システムのインストール
説明 指定なし
Settings
名前 Value
インストールするオペレーティング システム この値は、タスク シーケンスの作成時に選択されたオペレーティング システムに対応します。
ディスク オペレーティング システムをインストールするディスク。
Partition オペレーティング システムをインストールするパーティション。
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

次のフェーズ

このタスク シーケンス ステップでは、 Phase プロパティをデプロイ プロセスの次のフェーズに更新します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTINextPhase.wsf」を参照してください。

[次のフェーズ] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 次のフェーズ
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTINextPhase.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

適用後のクリーンアップ

このタスク シーケンス ステップは、ターゲット コンピューターにイメージをインストールした後に不要なファイルをクリーンアップします。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 LTIApply.wsf」を参照してください。

[ クリーンアップ後の適用 ] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 適用後のクリーンアップ
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\LTIApply.wsf" /post
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

ドメインから回復する

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターがドメインに参加したことを確認します。 このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIDomainJoin.wsf」を参照してください。

[ドメインから回復] タスク シーケンス ステップの種類の一意のプロパティと設定は次のとおりです。

プロパティ
名前 説明
この読み取り専用の種類は、[ドメイン参加エラーから回復する] に設定されています。
Settings
名前 説明
自動回復 タスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターのドメインへの参加が試行されます。
手動による回復 ターゲット コンピューターがドメインへの参加に失敗した場合、タスク シーケンス ステップによってタスク シーケンサーが一時停止し、ユーザーがターゲット コンピューターをドメインに参加させようとします。
回復なし ターゲット コンピューターがドメインに参加できない場合、タスク シーケンスは失敗し、タスク シーケンスが停止します。

コンピューターを再起動する

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターが再起動されます。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

[コンピューターの再起動] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コンピューターを再起動する
名前 コンピューターを再起動する
説明 指定なし
Settings
名前 Value
なし なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

グループの復元

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューター上のローカル グループの以前にキャプチャしたグループ メンバーシップを復元します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIGroups.wsf」を参照してください。

[グループの復元] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 グループの復元
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIGroups.wsf" /restore
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 すべての条件が満たされている場合:

- DoCapture が YES と等しくない

- DoCapture が PREPARE と等しくない

ユーザーの状態を復元する

このタスク シーケンス ステップは、以前にキャプチャしたユーザーの状態をターゲット コンピューターに復元します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIUserState.wsf」を参照してください。

この手順の種類の詳細については、「 ユーザーの状態を復元する」を参照してください。

[ユーザー状態の復元] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 ユーザーの状態を復元する
説明 指定なし
Settings
名前 Value
Command Line/コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIUserState.wsf" /restore
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 すべての条件が満たされている場合:

- DoCapture が YES と等しくない場合

- DoCapture が PREPARE と等しくない場合

イメージ ビルドの設定

このタスク シーケンス ステップでは、 ImageBuild プロパティを OSCurrentVersion に含まれる値に設定します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

[イメージのビルドの設定] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type タスク シーケンス変数を設定する
名前 イメージ ビルドの設定
説明 指定なし
Settings
名前 Value
タスク シーケンス変数 ImageBuild
%OSCurrentVersion%
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

イメージ フラグの設定

このタスク シーケンス ステップでは、 ImageFlags プロパティを OSSKU に含まれる値に設定します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

[イメージ フラグの設定] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type タスク シーケンス変数を設定する
名前 イメージ フラグの設定
説明 指定なし
Settings
名前 Value
タスク シーケンス変数 ImageFlags
%OSSKU%
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

タトゥー

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターに識別情報とバージョン情報が入れ墨されます。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTITatoo.wsf」を参照してください。

タトゥー タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 タトゥー
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTITatoo.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

検証

このタスク シーケンス ステップでは、ターゲット コンピューターが指定された展開の前提条件を満たしていることを検証します。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIValidate.wsf」を参照してください。

[タスク シーケンスの検証] ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type 検証
名前 検証
説明 指定なし
Settings
名前 Value
最小メモリ (MB) を確認する 選択済み 値セレクターは 768 に設定されています。
プロセッサの最小速度 (MHz) を確認する 選択済み 値セレクターは 800 に設定されます。
指定したイメージ サイズが収まるようにする (MB) 選択されていません。
現在のオペレーティング システムが更新されるようにする 選択済み 値セレクターは、タスク シーケンスの作成に使用されるテンプレートに応じて、 サーバー または クライアントに設定されます。
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

Windows Update (アプリケーション前のインストール)

このタスク シーケンス ステップでは、アプリケーションのインストール前にターゲット コンピューターに更新プログラムをインストールします。 この手順が MDT タスク シーケンス テンプレートのいずれかで最初に構成された方法を示す設定の簡単な一覧を次に示します。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIWindowsUpdate.wsf」を参照してください。

Windows Update (アプリケーション前インストール) タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 Windows Update (アプリケーション前のインストール)
説明 指定なし
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIWindowsUpdate.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

Windows Update (アプリケーションのインストール後)

このタスク シーケンス ステップは、Windows Update (アプリケーション前のインストール) タスク シーケンス ステップと同じです。

ディスクのワイプ

このタスク シーケンス ステップは、 Format コマンドを使用してディスクからすべての情報をワイプします。

このタスクを実行するスクリプトと使用されるプロパティの詳細については、「 ZTIWipeDisk.wsf」を参照してください。

[ディスクのワイプ] タスク シーケンス ステップの既定の構成は次のとおりです。

プロパティ
名前
Type コマンド ラインの実行
名前 ディスクのワイプ
説明 これは、CustomSettings.iniで WipeDisk=TRUE の場合にのみ実行されます
Settings
名前 Value
コマンド ライン cscript.exe "%SCRIPTROOT%\ZTIWipeDisk.wsf"
Start in 指定なし
次のアカウントとしてこの手順を実行します 指定なし
オプション
名前 Value
この手順を無効にする 未選択
成功コード 0 3010
エラーが発生した場合は続行 未選択
条件付き修飾子 指定なし

プロパティ

Lite Touch Installation (LTI) および ZTI で使用されるスクリプトは、展開プロセス中に使用されるプロセス ステップと構成設定を決定するためにプロパティを参照します。 スクリプトでは、これらのプロパティの一部が自動的に作成されます。 その他のプロパティは、CustomSettings.ini ファイルで構成する必要があります。 これらのプロパティの一部は次のとおりです。

  • ZTI のみに固有

  • LTI のみに固有

  • ZTI と LTI の両方で使用する場合

    この参照を使用して、構成する正しいプロパティと、各プロパティに含める有効な値を判断するのに役立ちます。

    プロパティごとに、次の情報が提供されます。

  • 説明。プロパティの目的と、プロパティのカスタマイズに関する関連情報の説明を提供します。

    注:

    ZTI または LTI にのみ明示的に指定しない限り、プロパティは ZTI と LTI の両方で有効です。

  • 値と説明。プロパティに指定する有効な値と、各値の意味の簡単な説明を示します。 (斜体の値は、値が置換されていることを示します。たとえば、値 user1user2user1user2 がユーザー アカウントの実際の名前に置き換えられることを示します)。

  • 。.ini ファイルに表示される可能性があるプロパティの使用例を示します。

    ZTI 展開の実行中に参照される可能性があるこれらのタスク シーケンスプロパティとその他のタスク シーケンス プロパティの詳細については、「 オペレーティング システム展開タスク シーケンス変数」を参照してください。

    デプロイ スクリプトでは、通常、値を正しく読み取るために大文字で指定する必要があります。 したがって、プロパティ値を指定するときは、大文字を使用します。

プロパティ定義

次のセクションでは、MDT での LTI および ZTI デプロイで使用できるプロパティについて説明します。

ヒント

プロパティはアルファベット順に並べ替えられます。

_SMSTSOrgName

タスク シーケンサー エンジンの表示バナーをカスタマイズします

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name タスク シーケンサー エンジンの表示バナーで使用される名前
[Settings] Priority=Default [Default] _SMSTSOrgName=Woodgrove Bank

ADDSLogPath

AD DS ログ ファイルをホストするための、ローカル コンピューター上のハード ディスク上の完全修飾 UNC 以外のディレクトリ。 ディレクトリが存在する場合は、空である必要があります。 存在しない場合は、作成されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
log_path AD DS ログ ファイルをホストするローカル コンピューター上のハード ディスク上の完全修飾 UNC 以外のディレクトリ
[Settings] Priority=Default [Default] ADDSLogPath=%DestinationLogicalDrive%\Windows\NTDS

ADDSPassword

サーバーをドメイン コントローラーに昇格するときに使用できるアカウント資格情報。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
password 昇格操作に使用できるアカウント資格情報
[Settings] Priority=Default [Default] ADDSUserName=Administrator ADDSUserDomain=WoodGroveBank ADDSPassword=<complex_password>

ADDSUserDomain

これは、 ADDSUserName で指定されたアカウントを取得する必要があるドメインです。 操作が新しいフォレストを作成する場合、またはバックアップ ドメイン コントローラーのアップグレードからメンバー サーバーになる場合、既定値はありません。 操作で新しいツリーを作成する場合、既定値はコンピューターが現在参加しているフォレストの DNS 名です。 操作で新しい子ドメインまたはレプリカを作成する場合、既定値はコンピューターが参加しているドメインの DNS 名です。 操作がコンピューターを降格する場合、コンピューターが子ドメインのドメイン コントローラーである場合、既定値は親ドメインの DNS 名です。 操作がコンピューターを降格し、コンピューターがツリー ルート ドメインのドメイン コントローラーである場合、既定値はフォレストの DNS 名です。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
domain UserName アカウントを取得する必要があるドメイン
[Settings] Priority=Default [Default] ADDSUserName=Administrator ADDSUserDomain=WoodGroveBank ADDSPassword=<complex_password>

ADDSUserName

サーバーをドメイン コントローラーに昇格するときに使用されるアカウント資格情報。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
User_name 昇格操作に使用されるアカウント資格情報
[Settings] Priority=Default [Default] ADDSUserName=Administrator ADDSUserDomain=WoodGroveBank ADDSPassword=complex_password

管理者

ターゲット コンピューターのローカル管理者グループに追加されるユーザー アカウントとドメイン グループの一覧。 Administrators プロパティは、空白以外の値を指定できるテキスト値の一覧です。 Administrators プロパティには数値サフィックスがあります (Administrators001Administrators002 など)。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name ローカル管理者グループに追加するユーザーまたはグループの名前
[Settings] Priority=Default [Default] Administrators001=WOODGROVEBANK\NYC Help Desk Staff Administrators002=WOODGROVEBANK\North America East Help Desk Staff PowerUsers001=WOODGROVEBANK\User01 PowerUsers002=WOODGROVEBANK\User02

AdminPassword

ターゲット コンピューターのローカル管理者ユーザー アカウントに割り当てるパスワードを定義します。 指定しない場合は、管理者ユーザー アカウントの展開前パスワードが使用されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
admin_password ターゲット コンピューターの管理者ユーザー アカウントに割り当てられるパスワード
[Settings] Priority=Default [Default] Administrators001=WOODGROVEBANK\NYC Help Desk Staff AdminPassword=<admin_password>

アプリケーション

ターゲット コンピューターにインストールする必要があるアプリケーション GUID の一覧。 これらのアプリケーションは、Deployment Workbench の [アプリケーション] ノードで指定されます。 これらの GUID は、Applications.xml ファイルに格納されます。 Applications プロパティは、空白以外の値を指定できるテキスト値の一覧です。 Applications プロパティには数値サフィックスがあります (Applications001Applications002 など)。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
application_guid GUID は、ターゲット コンピューターに展開するアプリケーションに対して Deployment Workbench によって指定されます。 GUID は、Applications.xml ファイルに格納されているアプリケーション GUID に対応します。
[Settings] Priority=Default [Default] Applications001={1D7DF331-47B7-472C-87B3-442597EC2F7D} Applications002={9d2b8999-5e4d-4f3d-bb05-edaaf4fe5628}

ApplicationSuccessCodes

アプリケーションの正常なインストールを決定する ZTIApplications スクリプトによって使用されるエラー コードのスペース区切りのリスト。

注:

このプロパティは、[ アプリケーションのインストール] タスク シーケンス ステップの種類と [ 複数のアプリケーションのインストール ] が選択されている場合にのみ適用されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
error_codes アプリケーションが正常にインストールされたタイミングを決定するエラー コード。 既定値は 03010 です
[Settings] Priority=Default [Default] ApplicationSuccessCodes=0 3010

ApplyGPOPack

このプロパティは、[ ローカル GPO パッケージの適用 ] タスク シーケンス ステップが実行されているかどうかを判断するために使用されます。

注:

このプロパティの既定値は、常に [ローカル GPO パッケージの適用 ] タスク シーケンス ステップを実行します。 この動作をオーバーライドするには、"NO" の値を明示的に指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい [ローカル GPO パッケージの適用] タスク シーケンス ステップが実行されます。 これは既定の値です。
いいえ [ローカル GPO パッケージの適用] タスク シーケンス ステップは実行されません。
[Settings] Priority=Default [Default] ApplyGPOPack=NO

アーキテクチャ

現在実行されているプロセッサのプロセッサ アーキテクチャ。これは、必ずしもターゲット コンピューターでサポートされているプロセッサ アーキテクチャではありません。 たとえば、64 ビット プロセッサで 32 ビット互換オペレーティング システムを実行する場合、 アーキテクチャ はプロセッサ アーキテクチャが 32 ビットであることを示します。

対象コンピューターでサポートされている実際のプロセッサ アーキテクチャを特定するには、 CapableArchitecture プロパティを使用します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniで構成されていません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。 ただし、次の例に示すように、CustomSettings.ini内でこのプロパティを使用して、ターゲット コンピューターの構成を定義できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
x86 プロセッサ アーキテクチャは 32 ビットです。
x64 プロセッサ アーキテクチャは 64 ビットです。
None

AreaCode

ターゲット コンピューター上のオペレーティング システム用に構成するエリア コード。 このプロパティでは、数値のみを使用できます。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
area_code ターゲット コンピューターを展開するエリア コード
[Settings] Priority=Default [Default] AreaCode=206 CountryCode=001 Dialing=TONE LongDistanceAccess=9

AssetTag

ターゲット コンピューターに関連付けられている資産タグ番号。 アセット タグ番号の形式は未定義です。 特定のコンピューターを対象とする設定を含むサブセクションを作成するには、このプロパティを使用します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、その値を CustomSettings.ini または MDT DB に設定することはできません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。 ただし、次の例に示すように、CustomSettings.iniまたは MDT DB 内でこのプロパティを使用して、ターゲット コンピューターの構成を定義できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
asset_tag 資産タグの形式は未定義であり、各組織の資産タグ標準によって決定されます。
例 1
[Settings] Priority=Default [Default] OSDComputerName=HP-%AssetTag%
例 2
[Settings] Priority=AssetTag, Default [Default] OSInstall=YES [0034034931] OSDComputerName=HPD530-1 [0034003233] OSDNEWMACHINENAME=BVMXP

AutoConfigDNS

DNS 動的更新プロトコルが使用できないと検出された場合に、Active Directory インストール ウィザードで新しいドメインの DNS を構成するかどうかを指定します。

注意

デプロイ スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい DNS 動的更新プロトコルが使用できない場合に、新しいドメインの DNS を構成します
いいえ ドメインの DNS を構成しない
[Settings] Priority=Default [Default] AutoConfigDNS=YES

BackupDir

ターゲット コンピューターのバックアップが格納されているフォルダー。 このフォルダーは、 BackupShare プロパティで指定された UNC パスの下に存在します。 フォルダーがまだ存在しない場合は、自動的に作成されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Folder BackupShare プロパティで指定された共有フォルダーの下に存在するフォルダーの名前
[Settings] Priority=Default [Default] DoCapture=YES BackupShare=\\NYC-AM-FIL-01\Backup$ BackupDir=%OSDComputerName% BackupDrive=C:

BackupDrive

ターゲット コンピューターのバックアップに含めるドライブ。 このプロパティの既定値は、ディスク 0 パーティション 1 を含むドライブです。 また、ALL に設定することもできます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
backup_drive バックアップするドライブのドライブ文字
ALL ターゲット コンピューター上のすべてのドライブをバックアップする
[Settings] Priority=Default [Default] DoCapture=YES BackupShare=\\NYC-AM-FIL-01\Backup$ BackupDir=%OSDComputerName% BackupDrive=C:

BackupFile

ZTIBackup.wsf スクリプトで使用される WIM ファイルを指定します。 このプロパティを使用するスクリプトの詳細については、「 ZTIBackup.wsf」を参照してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
BackupDir バックアップ時に使用する Windows イメージング形式 (WIM) ファイルの名前。
[Settings] Priority=Default [Default] DoCapture=YES BackupShare=\\NYC-AM-FIL-01\Backup$ BackupDir=%OSDComputerName% BackupFile=%OSDComputerName%.wim

BackupShare

ターゲット コンピューターのバックアップが格納されている共有フォルダー。

この共有フォルダーにアクセスするために使用される資格情報:

  • LTI は、展開ウィザードに入力された資格情報です。

  • ZTI は、Configuration Manager Advanced Client Network Access アカウントで使用される資格情報です。

    この共有に必要なアクセス許可は次のとおりです。

  • ドメイン コンピューター。 [フォルダーの作成]/[データの追加] アクセス許可を許可します。

  • ドメイン ユーザー。 [フォルダーの作成]/[データの追加] アクセス許可を許可します。

  • 作成者の所有者。 フル コントロールのアクセス許可を許可します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
UNC_path 共有フォルダーの UNC パス

注意:

ターゲット オペレーティング システムを展開する前に、このプロパティで指定された UNC パスが存在している必要があります。
[Settings] Priority=Default [Default] DoCapture=YES BackupShare=\\NYC-AM-FIL-01\Backup$ BackupDir=%OSDComputerName% BackupDrive=C:

BDEAllowAlphaNumericPin

このプロパティは、BitLocker PIN に英数字が含まれるかどうかを構成します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい PIN では英数字を使用できます。

注意:

このプロパティを YES に設定するだけでなく、[スタートアップ グループの 拡張 PIN を許可する] ポリシー設定を有効にする必要があります。
いいえ PIN では数字のみを使用できます。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEAllowAlphaNumericPin=YES BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDEInstall=TPMKey BDERecoveryKey=AD BDEKeyLocation=C:

BDEDriveLetter

BitLocker によって暗号化されていないパーティションのドライブ文字 ( システム ボリュームとも呼ばれます)。 SYSVOL は、BIOS がプラットフォームを起動した後に Windows コンピューターを読み込むのに必要なハードウェア固有のファイルを含むディレクトリです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
drive_letter システム ボリューム (S や T など) の論理ドライブの文字指定。 既定値は S です。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDEInstall=TPMKey BDERecoveryKey=AD BDEKeyLocation=C:

BDEDriveSize

BitLocker システム パーティションのサイズ。 値はメガバイト単位で指定されます。 この例では、作成する BitLocker パーティションのサイズは、ほぼ 2 GB (2,000 MB) です。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
drive_size パーティションのサイズ (メガバイト単位)。既定のサイズは次のとおりです。

- Windows 7 および Windows Server 2008 R2: 300 MB
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDEInstall=TPMKey BDERecoveryKey=AD BDEKeyLocation=C:

BDEInstall

実行する BitLocker インストールの種類。 次のいずれかの方法を使用してターゲット コンピューターを保護します。

  • TPM マイクロコントローラー

  • TPM と外部スタートアップ キー (通常は USB フラッシュ ドライブ [UFD] に格納されるキーを使用)

  • TPM と PIN

  • 外部スタートアップ キー

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TPM TPM でのみコンピューターを保護します。 TPM は、キー、パスワード、およびデジタル証明書を格納するマイクロコントローラーです。 マイクロコントローラーは、通常、コンピューターのマザーボードの不可欠な部分です。
TPMKey TPM とスタートアップ キーを使用してコンピューターを保護します。 スタートアップ キーを作成し、UFD に保存するには、このオプションを使用します。 スタートアップ キーは、コンピューターが起動するたびにポートに存在する必要があります。
TPMPin TPM とピンでコンピューターを保護します。 このオプションを BDEPin プロパティと組み合わせて使用します。
Key フォルダー、AD DS、または印刷できる外部キー (回復キー) を使用してコンピューターを保護します。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDEInstall=TPMKey BDERecoveryKey=AD BDEKeyLocation=C:

BDEInstallSuppress

展開プロセスで BitLocker のインストールをスキップする必要があるかどうかを示します。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい BitLocker のインストールを試みないでください。
いいえ BitLocker のインストールを試みます。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=YES

BDEKeyLocation

BitLocker 回復キーとスタートアップ キーを格納する場所。

注:

展開ウィザードを使用してこのプロパティを構成する場合、プロパティはリムーバブル ディスクのドライブ文字である必要があります。 SkipBitLocker プロパティが TRUE に設定され、[BitLocker 構成ウィザードの指定] ページがスキップされるように設定されている場合、このプロパティは、CustomSettings.iniまたは MDT データベース (MDT DB) 内の UNC パスに設定できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Location 回復キーを格納する場所を指定します。は、UNC パスまたはリムーバブル ディスクのドライブ文字である必要があります。 設定されていない場合は、使用可能な最初のリムーバブル ドライブが使用されます。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDEInstall=TPMKey BDERecoveryKey=AD BDEKeyLocation=C:

BDEPin

BitLocker の構成時にターゲット コンピューターに割り当てられる PIN と 、BDEInstall プロパティまたは OSDBitLockerMode プロパティは TPMPin に設定されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ピン BitLocker に使用する PIN。 PIN の長さは 4 桁から 20 桁です。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDEInstall=TPMPin BDEPin=123456789

BDERecoveryKey

プロセスが BitLocker の回復キーを作成するかどうかを示すブール値。 このキーは、BitLocker ボリュームで暗号化されたデータを回復するために使用されます。 このキーは、暗号化されたスタートアップ キーと同等です。 使用可能な場合、回復キーはボリューム マスター キー (VMK) の暗号化を解除します。これにより、ボリューム全体の暗号化キー (FVEK) が復号化されます。

注:

回復キーは、 BDEKeyLocation プロパティで指定された場所に格納されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
広告 回復キーが作成されます。
指定なし 回復キーは作成されません。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDEInstall=TPMKey BDERecoveryKey=AD BDEKeyLocation=C:

BDEWaitForEncryption

BitLocker が指定したすべてのドライブの暗号化プロセスを完了するまで、展開プロセスを続行しないことを指定します。 TRUE を指定すると、デプロイ プロセスを完了するために必要な時間が大幅に長くなる可能性があります。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE デプロイ プロセスがドライブの暗号化が完了するまで待機する必要があることを指定します。
FALSE ドライブの暗号化が完了するまでデプロイ プロセスが待機しないように指定します。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 OSDBitLockerMode=TPMKey OSDBitLockerStartupKeyDrive=C: OSDBitLockerCreateRecoveryPassword=AD BDEWaitForEncryption=TRUE

BitsPerPel

ターゲット コンピューターに色を表示するための設定。 プロパティには数字を含め、色の品質設定に対応します。 この例では、 32 は 色品質のためにピクセルあたり 32 ビットを示します。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

注:

既定値 (Unattend.xml テンプレート ファイル内) は、1,024 ピクセルの水平解像度、768 ピクセルの垂直解像度、32 ビットの色深度、60 ヘルツ (Hz) の垂直更新レートです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
bits_per_pixel 色に使用するピクセルあたりのビット数。 既定値は、展開されるオペレーティング システムの既定値です。
[Settings] Priority=Default [Default] BitsPerPel=32 VRefresh=60 XResolution=1024 YResolution=768

BuildID

ターゲット コンピューターに展開するオペレーティング システム タスク シーケンスを識別します。 タスク シーケンス ID は、Deployment Workbench の [タスク シーケンス] ノードで作成します。 BuildID プロパティでは、英数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_) を使用できます。 BuildID プロパティを空白にしたり、スペースを含めたりすることはできません。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
build_id 展開対象のオペレーティング システムの Deployment Workbench で定義されているオペレーティング システム タスク シーケンスの識別子

注意:

必ず、Deployment Workbench ユーザー インターフェイス (UI) で指定されている TaskSequenceID を使用し、 TaskSequenceID の GUID を使用しないようにします。
[Settings] Priority=Default [Default] BuildID=BareMetal

CapableArchitecture

実行されている現在のプロセッサ アーキテクチャではなく、ターゲット コンピューターでサポートされるプロセッサのプロセッサ アーキテクチャ。 たとえば、64 ビット プロセッサで 32 ビット互換オペレーティング システムを実行する場合、 CapableArchitecture はプロセッサ アーキテクチャが 64 ビットであることを示します。

Architecture プロパティを 使用して、現在実行中のプロセッサ アーキテクチャを確認します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
x86 プロセッサ アーキテクチャは 32 ビットです。
x64 プロセッサ アーキテクチャは 64 ビットです。
None

CaptureGroups

ターゲット コンピューター上のローカル グループのグループ メンバーシップをキャプチャするかどうかを制御します。 このグループ メンバーシップは、状態キャプチャ フェーズ中にキャプチャされ、状態の復元フェーズ中に復元されます。

注:

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
いいえ グループ メンバーシップ情報をキャプチャしません。
ALL ターゲット コンピューター上のすべてのローカル グループのメンバーシップをキャプチャします。
はい Administrator および Power Users 組み込みグループのメンバーシップと、グループのプロパティに一覧表示されているグループをキャプチャします。 これは、他の値が指定されている場合の既定値です。 (YES は一般的な値です)。
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ CaptureGroups=YES Groups1=NYC Application Management Groups2=NYC Help Desk Users

ChildName

子ドメインをインストールするときに、既存のディレクトリ サービス ドメインの名前の先頭に DNS ラベルを追加するかどうかを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name 子ドメインの名前
[Settings] Priority=Default [Default] ChildName=childdom.parentdom.WoodGroveBank.com

ComputerBackupLocation

コンピューターのバックアップが格納されているネットワーク共有フォルダー。 ターゲット フォルダーがまだ存在しない場合は、自動的に作成されます。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
空白 AUTO と同じです。
UNC_path バックアップが格納されているネットワーク共有フォルダーへの UNC パス。
自動 空き領域がある場合は、ローカル ハード ディスクにバックアップを作成します。 それ以外の場合、バックアップは BackupShare プロパティと BackupDir プロパティで指定されたネットワークの場所に保存されます。
ネットワーク BackupShare と BackupDir で指定されたネットワークの場所にバックアップを作成します。
なし バックアップは実行されません。
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ ComputerBackupLocation=NETWORK BackupShare=\\NYC-AM-FIL-01\Backup$ BackupDir=%OSDComputerName% UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ UDProfiles=Administrator, User-01, ExtranetUser UserDataLocation=NONE

Computername

このプロパティは現在使用できません。 代わりに OSDComputerName を 使用します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
なし なし
None

ConfigFileName

OEM 展開中に使用される構成ファイルの名前を指定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
file_name OEM 展開中に使用される構成ファイルの名前を指定します
None

ConfigFilePackage

OEM 展開中に使用される構成パッケージのパッケージ ID を指定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
package OEM 展開中に使用される構成パッケージのパッケージ ID を指定します
None

ConfirmGC

レプリカがグローバル カタログでもあるかどうかを指定します。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい バックアップがグローバル カタログの場合は、レプリカをグローバル カタログにします。
いいえ レプリカをグローバル カタログにしません。
[Settings] Priority=Default [Default] ConfirmGC=YES

CountryCode

ターゲット コンピューター上のオペレーティング システム用に構成する国コード。 このプロパティでは、数値のみを使用できます。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
country_code ターゲット コンピューターを展開する国コード
[Settings] Priority=Default [Default] AreaCode=206 CountryCode=001 Dialing=TONE LongDistanceAccess=9

CriticalReplicationOnly

昇格操作が重要なレプリケーションのみを実行し、レプリケーションの重要でない (および長い可能性がある) 部分をスキップして続行するかどうかを指定します。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい 重要でないレプリケーションをスキップします
いいえ 重要でないレプリケーションをスキップしない
[Settings] Priority=Default [Default] CriticalReplicationOnly=YES

CustomDriverSelectionProfile

ドライバーのインストール中に使用されるカスタム選択プロファイルを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
profile ドライバーのインストール中に使用されるカスタム選択プロファイル
[Settings] Priority=Default [Default] CustomDriverSelectionProfile=CustomDrivers

CustomPackageSelectionProfile

パッケージのインストール時に使用するカスタム選択プロファイルを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
profile パッケージのインストール中に使用されるカスタム選択プロファイル
[Settings] Priority=Default [Default] CustomPackageSelectionProfile=CustomPackages

CustomWizardSelectionProfile

さまざまな項目の表示をフィルター処理するためにウィザードで使用されるカスタム選択プロファイルを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
profile さまざまな項目の表示をフィルター処理するためのウィザードによるカスタム選択プロファイル
[Settings] Priority=Default [Default] CustomWizardSelectionProfile=CustomWizard

Database

Table プロパティで指定されたテーブル内の列からプロパティ値を照会するために使用する データベースを指定 するプロパティ。 データベースは、 SQLServer プロパティで指定されたコンピューターに存在します。 コンピューター上のMicrosoft SQL Server ®のインスタンスは、Instance プロパティで指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
database プロパティ値のクエリに使用するデータベースの名前
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 SQLShare=SQL$ Database=MDTDB Instance=SQLEnterprise2005 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

DatabasePath

ドメイン データベースを含むターゲット コンピューターの固定ディスク上のディレクトリへの完全修飾の UNC 以外のパスを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
path ドメイン データベースを含むローカル コンピューターの固定ディスク上のディレクトリへの完全修飾の UNC 以外のパスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DatabasePath=%DestinationLogicalDrive%\Windows\NTSD

Dbid

SQL Server認証を使用して、SQL Server (SQLServer プロパティで指定) を実行しているコンピューターに接続するために使用するユーザー アカウントを指定します。 DBPwd プロパティは、DBID プロパティのユーザー アカウントのパスワードを提供します。

注:

SQL Server認証は、統合Windows 認証ほど安全ではありません。 統合Windows 認証は、推奨される認証方法です。 DBID プロパティと DBPwd プロパティを使用すると、資格情報がクリア テキストでCustomSettings.ini ファイルに格納されるため、セキュリティで保護されません。 統合Windows 認証の使用方法の詳細については、SQLShare プロパティを参照してください。

注:

このプロパティは、CustomSettings.iniファイルとBootStrap.ini ファイルを手動で編集することによってのみ構成できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
User_id 認証を使用してSQL Serverを実行しているコンピューターにアクセスするために使用するユーザー アカウント資格情報の名前SQL Server
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 DBID=SQL_User-01 DBPwd=<complex_password> NetLib=DBNMPNTW Database=MDTDB Instance=SQLEnterprise2005 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

DBPwd

DBID プロパティで指定されたユーザー アカウントのパスワードを指定します。 DBID プロパティと DBPwd プロパティは、SQL Server (SQLServer プロパティで指定) を実行しているコンピューターに対してSQL Server認証を実行するための資格情報を提供します。

注:

SQL Server認証は、統合Windows 認証ほど安全ではありません。 統合Windows 認証は、推奨される認証方法です。 DBID プロパティと DBPwd プロパティを使用すると、資格情報がクリア テキストでCustomSettings.ini ファイルに格納されるため、セキュリティで保護されません。 統合Windows 認証の使用方法の詳細については、SQLShare プロパティを参照してください。

注:

このプロパティは、CustomSettings.iniファイルとBootStrap.ini ファイルを手動で編集することによってのみ構成できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
user_password SQL Server認証を使用するための DBID プロパティで指定されたユーザー アカウント資格情報のパスワード
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 DBID=SQL_User-01 DBPwd=<complex_password> NetLib=DBNMPNTW Database=MDTDB Instance=SQLEnterprise2005 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

デバッグ

MDT ログ ファイルに書き込まれるメッセージの詳細を制御します。 このプロパティは、MDT デプロイ プロセスに関する詳細情報を提供することで、デプロイのトラブルシューティングに役立つよう構成できます。

このプロパティを設定するには、 次のように /debug:true コマンド ライン パラメーターを使用してLiteTouch.vbs スクリプトを開始します。

cscript.exe LiteTouch.vbs /debug:true  

LiteTouch.vbs スクリプトが開始されると、 Debug プロパティの値が TRUE に設定され、他のすべてのスクリプトがこのプロパティの値を自動的に読み取り、詳細な情報を提供します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE デバッグ ログが有効になっています。これには、次のものが含まれます。

- 詳細メッセージがログに記録されます。

- 非推奨のメッセージはエラーとしてログに記録されます。
FALSE デバッグ ログが有効になっていません。 これは既定の値です。
None

DefaultGateway

ターゲット コンピューターで使用されている既定のゲートウェイの IP アドレス。 プロパティによって返される IP アドレスの形式は、標準のドット 10 進表記です。たとえば、192.168.1.1 です。 このプロパティを使用して、コンピューターが配置されている IP サブネットに基づいてコンピューターのグループを対象とする設定を含むサブセクションを作成します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、その値を CustomSettings.ini または MDT DB に設定することはできません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。 ただし、次の例に示すように、CustomSettings.iniまたは MDT DB 内でこのプロパティを使用して、ターゲット コンピューターの構成を定義できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
default_gateway 標準のドット 10 進表記での既定のゲートウェイの IP アドレス
[Settings] Priority=DefaultGateway, Default [Default] OSInstall=YES [DefaultGateway] 192.168.0.1=HOUSTON 11.1.1.11=REDMOND 172.28.20.1=REDMOND [REDMOND] Packages001=XXX00004:Program4 Packages002=XXX00005:Program5 [HOUSTON] Packages001=XXX00006:Program6 Packages002=XXX00007:Program7 Packages003=XXX00008:Program8

DeployDrive

Deployment Workbench によって作成されるデプロイ共有でファイルにアクセスし、プログラムを実行するためにスクリプトによって使用される値。 プロパティは、 DeployRoot プロパティにマップされたドライブ文字を返します。 ZTIApplications.wsf は、.cmd または .bat 拡張子を持つコマンド ライン プログラムを実行するときに DeployDrive プロパティを使用します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
drive_letter ターゲット オペレーティング システムをインストールする論理ドライブの文字指定 (C や D など)
None

DeploymentMethod

デプロイに使用されているメソッド (UNC、メディア、またはConfiguration Manager)。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Unc 展開は、ネットワーク経由でターゲット コンピューターに対して行われます。
Media 展開は、ターゲット コンピューターのローカル メディア (DVD やハード ディスクなど) から行われます。
SCCM ZTI では、このメソッドを使用してConfiguration Managerします。
None

DeploymentType

デプロイ シナリオに基づいて実行されるデプロイの種類。 ZTI の場合、このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniでは構成されません。 LTI の場合、展開の種類が選択されている展開ウィザードのページをバイパスできます。 さらに、デプロイの種類を指定するには、以下に示す値のいずれかをコマンド ライン オプションとして LiteTouch.wsf スクリプトに渡します。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
NEWCOMPUTER ターゲット コンピューターは、ネットワークのメンバーになっていない新しいコンピューターです。
更新 ターゲット コンピューターは、デスクトップ環境標準を再デプロイする必要があるネットワーク上の既存のコンピューターです。
置き換える ネットワーク上の既存のコンピューターが新しいコンピューターに置き換えられます。 ユーザー状態の移行データは、既存のコンピューターから新しいコンピューターに転送されます。
[Settings] Priority=Default [Default] DeploymentType=NEWCOMPUTER

DeployRoot

MDT が使用するフォルダー構造のルートであるフォルダーへの UNC またはローカル パスを指定します。 このフォルダー構造には、MDT で使用される構成ファイル、スクリプト、およびその他のフォルダーとファイルが含まれています。 このプロパティの値は、次の MDT デプロイ テクノロジに基づいて設定されます。

  • LTI。 このプロパティは、Deployment Workbench によって作成されるデプロイ共有への UNC パスです。 このプロパティを使用して、特定の展開共有を選択します。 このプロパティの最も一般的な使用方法は、展開共有への接続が確立される前に、展開共有を識別するためのBootStrap.ini ファイルにあります。 その他のすべての展開共有フォルダーは、このプロパティ (デバイス ドライバー、言語パック、オペレーティング システムなど) を基準としています。

  • ZTI。 このプロパティは、MDT ファイル パッケージのコピー先フォルダーへのローカル パスです。 [ ツールキット パッケージの使用] タスク シーケンス ステップでは、MDT ファイル パッケージをターゲット コンピューター上のローカル フォルダーにコピーし、このプロパティをローカル フォルダーに自動的に設定します。

    注:

    ZTI の場合、このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
path UNC または へのローカル パス。
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ UserDataLocation=NONE

DestinationDisk

イメージがデプロイされるディスク番号。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
disk_number イメージをデプロイするディスクの数
[Settings] Priority=Default [Default] DestinationDisk=0

DestinationLogicalDrive

イメージの展開先となる論理ドライブ。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
logical_drive_number イメージの展開先となる論理ドライブ
例 1
[Settings] Priority=Default [Default] DestinationLogicalDrive=0
例 2
[Settings] Priority=Default [Default] DestinationLogicalDrive=0

[Settings] Priority=Default [Default] InstallDNS=YES DomainNetBIOSName=WoodGroveBank NewDomain=Child DomainLevel=3 ForestLevel=3 NewDomainDNSName=newdom.WoodGroveBank.com ParentDomainDNSName=WoodGroveBank.com AutoConfigDNS=YES ConfirmGC=YES CriticalReplicationOnly=NO ADDSUserName=Administrator ADDSUserDomain=WoodGroveBank ADDSPassword=<complex_password> DatabasePath=%DestinationLogicalDrive%\Windows\NTDS ADDSLogPath=%DestinationLogicalDrive%\Windows\NTDS SysVolPath=%DestinationLogicalDrive%\Windows\SYSVOL SafeModeAdminPassword=<complex_password>

DestinationPartition

イメージがデプロイされるディスク パーティション。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
partition_number イメージをデプロイするパーティションの数
[Settings] Priority=Default [Default] DestinationPartition=1

DHCPScopes

構成する DHCP スコープの数を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
scopes 構成する DHCP スコープの数を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes=1

DHCPScopesxDescription

DHCP スコープの説明。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
description DHCP スコープの説明
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0Description=DHCPScope0

DHCPScopesxEndIP

DHCP スコープの終了 IP アドレスを指定します。

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
end_IP DHCP スコープの終了 IP アドレスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0EndIP=192.168.0.30

DHCPScopesxExcludeEndIP

DHCP スコープの除外の終了 IP アドレスを指定します。 スコープから除外される IP アドレスは、DHCP サーバーによって、このスコープからリースを取得するクライアントに提供されません。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
exclude_end_IP DHCP スコープの除外の終了 IP アドレスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0ExcludeEndIP=192.168.0.15

DHCPScopesxExcludeStartIP

DHCP スコープの除外の開始 IP アドレスを指定します。 スコープから除外される IP アドレスは、DHCP サーバーによって、このスコープからリースを取得するクライアントに提供されません。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
exclude_start_IP DHCP スコープの除外の開始 IP アドレスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0ExcludeStartIP=192.168.0.10

DHCPScopesxIP

スコープの IP サブネットを指定します。

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
IP スコープの IP サブネットを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0IP=192.168.0.0

DHCPScopesxName

スコープに割り当てるユーザー定義可能な名前。

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name スコープに割り当てるユーザー定義可能な名前
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0Name=DHCPScope0

DHCPScopesxOptionDNSDomainName

非修飾ドメイン名を DNS で解決するときに DHCP クライアントが使用するドメイン名を指定します。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
DNS_domain_name DNS で非修飾ドメイン名を解決するときに DHCP クライアントが使用するドメイン名を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0OptionDNSDomainName=WoodGroveBank.com

DHCPScopesxOptionDNSServer

クライアントで使用できる DNS ネーム サーバーの IP アドレスの一覧を指定します。 複数のサーバーが割り当てられると、クライアントは指定した順序でアドレスを解釈して使用します。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
DNS_server クライアントで使用できる DNS ネーム サーバーの IP アドレスの一覧を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0OptionDNSServer=192.168.0.2

DHCPScopesxOptionLease

DHCP リースがクライアントに対して有効な期間。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
リース DHCP リースがクライアントに対して有効な期間
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0OptionLease=7

DHCPScopesxOptionNBTNodeType

NetBT クライアントのクライアント ノードの種類を指定します。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
1 ノードの種類を b ノードとして構成します
2 ノードの種類を p ノードとして構成します
4 ノードの種類を m ノードとして構成します
8 ノードの種類を h ノードとして構成します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0OptionNBTNodeType=4

DHCPScopesxOptionPXEClient

PXE クライアント ブートストラップ コードに使用される IP アドレスを指定します。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
PXE_client PXE クライアント ブートストラップ コードに使用される IP アドレスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0OptionPXEClient=192.168.0.252

DHCPScopesxOptionRouter

クライアント サブネット上のルーターの IP アドレスの一覧を指定します。 複数のルーターが割り当てられると、クライアントは指定した順序でアドレスを解釈して使用します。 このオプションは、通常、サブネット上の DHCP クライアントに既定のゲートウェイを割り当てるために使用されます。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ルーター クライアント サブネット上のルーターの IP アドレスの一覧を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0OptionRouter=192.168.0.253

DHCPScopesxOptionWINSServer

ネットワーク上の NBNSes に使用する IP アドレスを指定します。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
WINS_server ネットワーク上の NBNSes に使用する IP アドレスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0OptionWINSServer=192.168.0.2

DHCPScopesxStartIP

スコープに含める IP アドレスの範囲の開始 IP アドレス。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
start_IP スコープから除外する IP アドレスの範囲の開始 IP アドレス
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0StartIP=192.168.0.20

DHCPScopesxSubnetMask

クライアント サブネットのサブネット マスクを指定します。

注:

このプロパティ名の x は、DHCP 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
subnet_mask クライアント IP サブネットのサブネット マスクを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPScopes0SubnetMask=255.255.255.0

DHCPServerOptionDNSDomainName

クライアント コンピューターの接続固有の DNS ドメイン サフィックスを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
DNS_domain_name クライアント コンピューターの接続固有の DNS ドメイン サフィックスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPServerOptionDNSDomainName=Fabrikam.com

DHCPServerOptionDNSServer

クライアントで使用できる DNS ネーム サーバーとして使用する IP アドレスの一覧を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
DNS_server クライアントで使用できる DNS ネーム サーバーとして使用する IP アドレスの一覧を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPServerOptionDNSServer=192.168.0.1,192.168.0.2

DHCPServerOptionNBTNodeType

NetBT クライアントのクライアント ノードの種類を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
1 ノードの種類を b ノードとして構成します
2 ノードの種類を p ノードとして構成します
4 ノードの種類を m ノードとして構成します
8 ノードの種類を h ノードとして構成します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPServerOptionNBTNodeType=4

DHCPServerOptionPXEClient

PXE クライアント ブートストラップ コードに使用される IP アドレスを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
PXE_client PXE クライアント ブートストラップ コードに使用される IP アドレスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPServerOptionPXEClient=192.168.0.252

DHCPServerOptionRouter

クライアント サブネット上のルーターの IP アドレスの一覧を指定します。 複数のルーターが割り当てられると、クライアントは指定した順序でアドレスを解釈して使用します。 このオプションは、通常、サブネット上の DHCP クライアントに既定のゲートウェイを割り当てるために使用されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ルーター クライアント サブネット上のルーターの IP アドレスの一覧を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPServerOptionRouter=192.168.0.253

DHCPServerOptionWINSServer

ネットワーク上の NBNSes に使用する IP アドレスを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
WINS_server ネットワーク上の NBNSes に使用する IP アドレスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DHCPServerOptionWINSServer=192.168.0.2

ダイヤル

ターゲット コンピューターが配置されているテレフォニー インフラストラクチャでサポートされるダイヤルの種類。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
パルス テレフォニー インフラストラクチャでは、パルス ダイヤルがサポートされています。
トーン テレフォニー インフラストラクチャでは、タッチトーン ダイヤルがサポートされています。
[Settings] Priority=Default [Default] AreaCode=206 CountryCode=001 Dialing=TONE LongDistanceAccess=9

DisableTaskMgr

このプロパティは、Ctrl + Alt + DEL キーを押してタスク マネージャーを起動するユーザーの機能を制御します。 ユーザーがタスク マネージャーを起動すると、ターゲット コンピューター上の新しいオペレーティング システムでの実行中に LTI タスク シーケンスが中断される可能性があります。 このプロパティは HideShell プロパティと組み合わせて使用され、 HideShell プロパティが YES に設定されている場合にのみ有効です。

注:

ユーザーが Ctrl + Alt + DEL キーを押して LTI タスク シーケンスを中断しないようにするには、このプロパティと HideShell プロパティの両方を YES に設定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい Ctrl キーを押しながら Alt キーを押しながら DEL キーを押し、その後 LTI タスク シーケンスを中断することで、ユーザーがタスク マネージャーを起動できないようにします。
いいえ Ctrl キーを押しながら Alt キーを押しながら DEL キーを押し、その後 LTI タスク シーケンスを中断することで、ユーザーがタスク マネージャーを起動できるようにします。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] DisableTaskMgr=YES HideShell=YES

DNSServerOptionBINDSecondaries

従来の BIND 実装を実行している DNS サーバーへのゾーン転送に高速転送形式を使用するかどうかを決定します。

既定では、すべての Windows ベースの DNS サーバーで高速ゾーン転送形式が使用されます。 この形式では圧縮が使用され、接続転送中に TCP メッセージごとに複数のレコードを含めることができます。 この形式は、バージョン 4.9.4 以降を実行する最新の BIND ベースの DNS サーバーとも互換性があります。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE BIND セカンダリを許可する
FALSE セカンダリをバインドできません
[Settings] Priority=Default [Default] DNSServerOptionBINDSecondaries=TRUE

DNSServerOptionDisableRecursion

DNS サーバーが再帰を使用するかどうかを決定します。 既定では、DNS サーバー サービスは再帰を使用するために有効になっています。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE DNS サーバーで再帰を無効にします
FALSE DNS サーバーで再帰を有効にします
[Settings] Priority=Default [Default] DNSServerOptionDisableRecursion=TRUE

DNSServerOptionEnableNetmaskOrdering

DNS サーバーが、クエリのソースの IP アドレスに基づいて、サーバーの応答でクエリに設定されているのと同じリソース レコード内のアドレス (A) リソース レコードを並べ替えるかどうかを決定します。

既定では、DNS サーバー サービスはローカル サブネットの優先順位を使用して A リソース レコードの順序を変更します。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ネットマスクの順序付けを有効にします
FALSE ネットマスクの順序付けを無効にします
[Settings] Priority=Default [Default] DNSServerOptionEnableNetmaskOrdering=TRUE

DNSServerOptionEnableRoundRobin

クエリ応答に存在する同じ種類の複数のリソース レコードが存在する場合に、DNS サーバーがラウンド ロビン メカニズムを使用してリソース レコードの一覧をローテーションおよび並べ替えるかどうかを判断します。

既定では、DNS サーバー サービスではラウンド ロビンが使用されます。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ラウンド ロビンを有効にする
FALSE ラウンド ロビンを無効にします
[Settings] Priority=Default [Default] DNSServerOptionEnableRoundRobin=TRUE

DNSServerOptionEnableSecureCache

DNS サーバーがキャッシュ汚染を回避するために応答のクリーンアップを試みるかどうかを判断します。 既定では、この設定は有効になっています。 既定では、DNS サーバーはセキュリティで保護された応答オプションを使用します。このオプションを使用すると、参照応答に含まれる関連のないリソース レコードをキャッシュに追加する必要がなくなります。 ほとんどの場合、紹介応答に追加された名前はすべて通常キャッシュされ、後続の DNS クエリの解決を迅速化するのに役立ちます。

ただし、この機能を使用すると、参照される名前が汚染または安全でない可能性があることをサーバーが判断し、破棄できます。 サーバーは、照会された元の名前が作成された正確で関連する DNS ドメイン名ツリーの一部であるかどうかに基づいて、紹介で提供される名前をキャッシュするかどうかを決定します。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE キャッシュ セキュリティを有効にする
FALSE キャッシュ セキュリティを無効にします
[Settings] Priority=Default [Default] DNSServerOptionEnableSecureCache=TRUE

DNSServerOptionFailOnLoad

不適切なデータが見つかった場合にゾーンの読み込みが失敗することを指定します。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE 読み込み時に失敗を有効にする
FALSE 読み込み時に失敗を無効にする
[Settings] Priority=Default [Default] DNSServerOptionFailOnLoad=TRUE

DNSServerOptionNameCheckFlag

DNS 名を確認するときに使用する文字標準を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
0 インターネット エンジニアリング タスク フォース (IETF) のコメント要求 (RFC) に準拠する ANSI 文字を使用します。 この値は、Deployment Workbench で DNS を構成するときの 厳密な RFC (ANSI) の選択に対応します。
1 IETF RFC に必ずしも準拠していない ANSI 文字を使用します。 この値は、Deployment Workbench で DNS を構成するときの 非 RFC (ANSI) の選択に対応します。
2 マルチバイト UCS 変換形式 8 (UTF-8) 文字を使用します。 これは、既定の設定です。 この値は、Deployment Workbench で DNS を構成するときの マルチバイト (UTF-8) の選択に対応します。
3 すべての文字を使用します。 この値は、Deployment Workbench で DNS を構成するときの [すべての名前 ] の選択に対応します。
[Settings] Priority=Default [Default] DNSServerOptionNameCheckFlag=2

DNSZones

構成する DNS ゾーンの数を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ゾーン 構成する DNS ゾーンの数を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DNSZones=1 DNSZones0Name=MyNewZone DNSZones0DirectoryPartition=Forest DNSZones0FileName=MyNewZone.dns DNSZones0MasterIP=192.168.0.1,192.168.0.2 DNSZones0Type=Secondary

DNSZonesxDirectoryPartition

セカンダリ ゾーンまたはスタブ ゾーンを構成するときにゾーンを格納するディレクトリ パーティションを指定します。

注:

このプロパティ名の x は、DNS 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ドメイン AD DS ドメイン内のすべての DNS サーバーにゾーン データをレプリケートします
Forest AD DS フォレスト内のすべての DNS サーバーにゾーン データをレプリケートします
従来版 AD DS ドメイン内のすべてのドメイン コントローラーにゾーン データをレプリケートします
[Settings] Priority=Default [Default] DNSZones0DirectoryPartition=Forest

DNSZonesxFileName

ゾーン情報を格納するファイルの名前を指定します。

注:

このプロパティ名の x は、DNS 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
file_name ゾーン情報を格納するファイルの名前を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DNSZones0FileName=MyNewZone.dns

DNSZonesxMasterIP

指定したセカンダリ ゾーンを更新するときに DNS サーバーによって使用されるメイン サーバーの IP アドレスのコンマ区切りの一覧。 セカンダリ DNS ゾーンまたはスタブ DNS ゾーンを構成する場合は、このプロパティを指定する必要があります。

注:

このプロパティ名の x は、DNS 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
IP1,IP2 メイン サーバーの IP アドレスのコンマ区切りの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] DNSZones0MasterIP=192.168.0.1,192.168.0.2

DNSZonesxName

ゾーンの名前を指定します。

注:

このプロパティ名の x は、DNS 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name ゾーンの名前を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DNSZones0Name=MyNewZone

DNSZonesxScavenge

古いレコードを "スキャン" するようにプライマリ DNS サーバーを構成します。つまり、データベースで期限切れになっているレコードを検索して削除します。

注:

このプロパティ名の x は、DNS 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
True 古い DNS レコードの清掃を許可します。
FALSE 古い DNS レコードの清掃を許可しないでください。
[Settings] Priority=Default [Default] DNSZones0Scavenge=TRUE

DNSZonesxType

作成するゾーンの種類を指定します。

注:

このプロパティ名の x は、DNS 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
DSPrimary プライマリ ゾーンを作成し、ドメイン コントローラーとして構成された DNS サーバー上の AD DS に格納する必要があることを指定します
DSStub スタブ ゾーンを作成し、ドメイン コントローラーとして構成された DNS サーバー上の AD DS に格納する必要があることを指定します
プライマリ プライマリ ゾーンを作成します
セカンダリ セカンダリ ゾーンを作成します
スタブ スタブ ゾーンを作成します
[Settings] Priority=Default [Default] DNSZones0Type=Secondary

DNSZonesxUpdate

動的更新を実行するようにプライマリ DNS サーバーを構成します。

注:

このプロパティ名の x は、DNS 構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
0 動的更新を許可しない
1 動的更新を許可する
2 セキュリティで保護された動的更新を許可する
[Settings] Priority=Default [Default] DNSZones0Update=1

DoCapture

ターゲット コンピューターの画像をキャプチャするかどうかを示すインジケーター。 その場合は、ターゲット コンピューターで Sysprep が実行され、イメージ作成の準備が行われます。 Sysprep の実行後、新しい WIM イメージが作成され、ターゲット コンピューターのバックアップ (BackupDirBackupShare) 用に指定された共有フォルダー内のフォルダーに格納されます。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ターゲット コンピューターで Sysprep を実行するために必要なファイルをコピーし、ターゲット コンピューターで Sysprep を実行し、WIM イメージをキャプチャします。
いいえ ターゲット コンピューターで Sysprep を実行せず、WIM イメージをキャプチャしないでください。
準備 ターゲット コンピューターで Sysprep を実行するために必要なファイルをコピーしますが、Sysprep やその他のイメージ キャプチャ プロセスは実行しないでください。
Sysprep ターゲット コンピューターで Sysprep を実行するために必要なファイルをコピーし、ターゲット コンピューターで Sysprep を実行しますが、WIM イメージはキャプチャしません。

注意:

この値の主な目的は、Sysprep が実行され、イメージ キャプチャが不要になった後にオペレーティング システムを含む VHD を作成できるようにすることです。
[Settings] Priority=Default [Default] DoCapture=YES DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName%

DomainAdmin

ターゲット コンピューターを JoinDomain で指定されたドメインに参加させるために使用されるユーザー アカウント資格情報。 UserName として指定します。

注:

ZTI の場合、Configuration Managerで指定される資格情報は通常使用されます。 DomainAdmin プロパティが指定されている場合、DomainAdmin プロパティの資格情報は、指定Configuration Manager資格情報をオーバーライドします。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
domain_admin ユーザー アカウント資格情報の名前
[Settings] Priority=Default [Default] DomainAdmin=NYCAdmin DomainAdminDomain=WOODGROVEBANK DomainAdminPassword=<complex_password>

DomainAdminDomain

DomainAdmin で指定されたユーザーの資格情報が存在するドメイン。

注:

ZTI の場合、Configuration Managerで指定される資格情報は通常使用されます。 DomainAdmin プロパティが指定されている場合、DomainAdmin プロパティの資格情報は、指定Configuration Manager資格情報をオーバーライドします。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
domain_admin_domain ユーザー アカウント資格情報が存在するドメインの名前
[Settings] Priority=Default [Default] DomainAdmin=NYCAdmin DomainAdminDomain=WOODGROVEBANK DomainAdminPassword=<complex_password>

DomainAdminPassword

ドメインにコンピューターを参加させるために DomainAdmin プロパティで指定されたドメイン管理者アカウントに使用されるパスワード。

注:

ZTI の場合、Configuration Managerで指定される資格情報は通常使用されます。 DomainAdmin プロパティが指定されている場合、DomainAdmin プロパティの資格情報は、指定Configuration Manager資格情報をオーバーライドします。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
domain_admin_password ターゲット コンピューター上のドメイン管理者アカウントのパスワード
[Settings] Priority=Default [Default] DomainAdmin=NYCAdmin DomainAdminDomain=WOODGROVEBANK DomainAdminPassword=<complex_password>

DomainLevel

このエントリは、ドメインの機能レベルを指定します。 このエントリは、既存のフォレストに新しいドメインが作成されたときにフォレストに存在するレベルに基づいています。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Level ドメインの機能レベルを次のいずれかに設定します。

- 2、Windows Server 2003

- 3、Windows Server 2008

- 4、Windows Server 2008 R2

- 5、Windows Server 2012
[Settings] Priority=Default [Default] DomainLevel=3

DomainNetBiosName

NetBIOS 名を新しいドメインに割り当てます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
名前 NetBIOS 名を新しいドメインに割り当てます
[Settings] Priority=Default [Default] DomainNetBiosName=NewDom

DomainOU

ターゲット コンピューター アカウントを作成できる AD DS 組織単位 (OU) の一覧。 DomainOUs プロパティには、空白以外の値を指定できるテキスト値が一覧表示されます。 DomainOUs プロパティには、数値サフィックス (DomainOUs1DomainOUs2 など) があります。 DomainOU で指定された値は、展開ウィザードに表示され、ユーザーが選択できます。 その後、 MachineObjectOU プロパティが選択した OU に設定されます。

さらに、DomainOUList.xml ファイルを構成することで、同じ機能を提供できます。 DomainOUList.xmlファイルの形式は次のとおりです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>  
<DomainOUs>  
<DomainOU>  
  OU=Computers,OU=Tellers,OU=NYC,DC=WOODGROVEBANK,DC=Com  
</DomainOU>  
<DomainOU>  
  OU=Computers,OU=Managers,OU=NYC,DC=WOODGROVEBANK,DC=Com  
</DomainOU>  
</DomainOUs>  
によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Ou ターゲット コンピューター アカウントを作成できる OU
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=Y DomainOUs1=OU=Computers, OU=Tellers, OU=NYC, DC=WOODGROVEBANK, DC=Com DomainOUs2=OU=Computers, OU=Managers, OU=NYC, DC=WOODGROVEBANK, DC=Com

DoNotCreateExtraPartition

Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の展開で 300 MB のシステム パーティションが作成されないことを指定します。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい 追加のシステム パーティションは作成されません。
いいえ 追加のシステム パーティションが作成されます。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=Y DoNotCreateExtraPartition=YES

注:

このプロパティをプロパティと組み合わせて使用して BitLocker 設定を構成しないでください。

DoNotFormatAndPartition

このプロパティは、MDT タスク シーケンス テンプレートを使用して作成されたタスク シーケンスのパーティション分割と書式設定のタスク シーケンスステップを MDT が実行するかどうかを構成するために使用されます。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい MDT タスク シーケンスのパーティション分割と書式設定のタスク シーケンスステップが実行されます。
その他の値 MDT タスク シーケンスのパーティション分割と書式設定のタスク シーケンスステップは実行されません。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES SkipUserData=YES USMTOfflineMigration=TRUE DoNotFormatAndPartition=YES OSDStateStorePath=\\WDG-MDT-01\StateStore$

DriverGroup

Deployment Workbench で作成された標準のドライバーを相互に関連付けるテキスト値の一覧 (通常はコンピューターのメイクとモデルに基づきます)。 ドライバーは、1 つ以上のドライバー グループに関連付けることができます。 DriverGroup プロパティを使用すると、1 つ以上のグループ内のドライバーをターゲット コンピューターに展開できます。

リスト内のテキスト値には、空白以外の値を指定できます。 DriverGroup プロパティの値には、数値サフィックスがあります (DriverGroup001DriverGroup002 など)。 定義すると、ドライバー グループがコンピューターに関連付けられます。 1 台のコンピューターを複数のドライバー グループに関連付けることができます。

たとえば、コンピューターの製造元 [Mfgr01] と [Mfgr02] には 2 つのセクションがあります。 製造元 Mfgr01 には、Mfgr01 ビデオ ドライバーと Mfgr01 ネットワーク ドライバーの 2 つのドライバー グループが定義されています。 製造元の Mfgr02 では、1 つのドライバー グループ Mfgr02 ドライバーが定義されています。 [既定] セクションにあるすべてのコンピューターに、1 つのドライバー グループ共有ドライバーが適用されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
driver_group_name Deployment Workbench で定義されているドライバー グループの名前
[Settings] Priority=Make, Default [Default] DriverGroup001=Shared Drivers :: [Mfgr01] DriverGroup001=Mfgr01 Video Drivers DriverGroup002=Mfgr01 Network Drivers [Mfgr02] DriverGroup001=Mfgr02 Drivers

DriverInjectionMode

このプロパティは、[ドライバーの挿入] タスク シーケンス ステップによって挿入されるデバイス ドライバー を制御するために使用されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
内容
Auto 選択プロファイルまたはフォルダーから一致するドライバーのみを挿入します。 これは MDT 2008 と同じ動作であり、ターゲット コンピューターのプラグ アンド プレイ (PnP) 識別子 (ID) のいずれかに一致するすべてのドライバーが挿入されます。
すべて 選択プロファイルまたはフォルダーにすべてのドライバーを挿入します。
[Settings] Priority=Default [Default] DriverInjectionMode=ALL DriverSelectionProfile=Nothing DriverPaths001=\\NYC-AM-FIL-01\Drivers$ DriverPaths002=\\NYC-AM-FIL-03\WinDrvs

DriverPaths

追加のデバイス ドライバーが配置されている共有フォルダーへの UNC パスの一覧。 これらのデバイス ドライバーは、ターゲット コンピューター上のターゲット オペレーティング システムと共にインストールされます。 MDT スクリプトは、これらのフォルダーの内容をターゲット コンピューターの C:\Drivers フォルダーにコピーします。 DriverPaths プロパティは、空白以外の値を指定できるテキスト値の一覧です。 DriverPaths プロパティには数値サフィックスがあります (DriverPaths001DriverPaths002 など)。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
UNC_path 追加のドライバーが存在する共有フォルダーへの UNC パス
[Settings] Priority=Default [Default] DriverPaths001=\\NYC-AM-FIL-01\Drivers$ DriverPaths002=\\NYC-AM-FIL-03\Win8Drvs

DriverSelectionProfile

ドライバーのインストール中に使用されるプロファイル名。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
profile_name None
[Settings] Priority=Default [Default] DriverSelectionProfile=MonitorDrivers

EventService

EventService プロパティは、MDT 監視サービスが実行されている URL を指定します。 既定では、サービスは TCP ポート 9800 を使用して通信します。 MDT 監視サービスは、Deployment Workbench と Get-MDTMonitorData コマンドレットを使用して表示できるデプロイ プロセスに関するデプロイ情報を収集します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
url_path MDT 監視サービスの URL。
[Settings] Priority=Default [Default] EventService=https://WDG-MDT-01:9800 DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$

EventShare

EventShare プロパティは、MDT スクリプトがイベントを記録する共有フォルダーを指します。

既定では、共有フォルダーは C:\Events に作成されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
UNC_path MDT スクリプトがイベントを記録する共有フォルダーへの UNC パス。 既定の共有名は [イベント] です。
[Settings] Priority=Default [Default] EventShare=\\NYC-AM-FIL-01\Events DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$

FinishAction

LTI タスク シーケンスが完了したときに実行するアクションを指定します。これは、展開ウィザードの [概要 ] ウィザード ページの後です。

ヒント

このプロパティを SkipFinalSummary プロパティと組み合わせて使用して、展開ウィザードの [概要 ] ウィザード ページをスキップし、アクションを自動的に実行します。

注意

デプロイ スクリプトが正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
action ここで、アクションは次のいずれかです。

- シャットダウン。 ターゲット コンピューターをシャットダウンします。

- 再起動します。 ターゲット コンピューターを再起動します。

- RESTARTREBOOT と同じです。

- LOGOFF。 現在のユーザーからログオフします。 ターゲット コンピューターが現在 Windows PE を実行している場合、ターゲット コンピューターが再起動されます。

- 空白。 追加のアクションを実行せずに、展開ウィザードを終了します。 これは、既定の設定です。
[Settings] Priority=Default [Default] FinishAction=REBOOT

ForceApplyFallback

インストールされている Windows に使用されるメソッドを制御します。

  • をsetup.exeします。 このメソッドは、インストール メディアからsetup.exeを実行することによって開始される従来の方法です。 MDT では、既定でこのメソッドが使用されます。

  • imagex.exe。 このメソッドは、 /apply オプションを使用して、imagex.exeを使用してオペレーティング システム イメージをインストールします。 MDT では、setup.exe メソッドを使用できない場合にこのメソッドが使用されます (つまり、MDT は imagex.exe の使用にフォールバックします)。

    これらのオペレーティング システムのインストールに使用する方法を制御するだけでなく、このプロパティは、特定のプロセッサ アーキテクチャブート イメージの展開ウィザードに表示されるオペレーティング システム タスク シーケンスに影響します。 このプロパティの値を NEVER に設定すると、ブート イメージのプロセッサ アーキテクチャに一致するオペレーティング システム タスク シーケンスのみが表示されます。 このプロパティの値が他の値に設定されている場合、または空白の場合は、プロセッサ アーキテクチャに関係なく、imagex.exeインストール方法を使用できるすべてのタスク シーケンスが表示されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ぜんぜん MDT では、必要に応じて常に imagex.exe メソッドが使用されます。 展開ウィザードには、ブート イメージに一致するオペレーティング システムを展開するタスク シーケンスのみが表示されます。
空白を含むその他の値 imagex.exe メソッドをサポートするタスク シーケンスは、展開ウィザードに表示されます。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES ForceApplyFallback=NEVER

ForestLevel

このエントリは、新しいフォレストに新しいドメインを作成するときのフォレストの機能レベルを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
level ドメインの機能レベルを次のいずれかに設定します。

- 2、Windows Server 2003

- 3、Windows Server 2008

- 4、Windows Server 2008 R2

- 5、Windows Server 2012
[Settings] Priority=Default [Default] ForestLevel=3

FullName

オペレーティング システムのインストール中に指定されたターゲット コンピューターのユーザーのフル ネーム。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

注:

この値は、オペレーティング システムの展開後に作成されたユーザー資格情報とは異なります。 FullName プロパティは、ターゲット コンピューターでアプリケーションを実行しているユーザーに関する情報としてシステム管理者に提供されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
full_name ターゲット コンピューターのユーザーの完全な名前
[Settings] Priority=MACAddress, Default Properties=CustomProperty, ApplicationInstall [Default] CustomProperty=TRUE OrgName=Woodgrove Bank [00:0F:20:35:DE:AC] OSDNEWMACHINENAME=HPD530-1 ApplicationInstall=Custom FullName=Woodgrove Bank User [00:03:FF:FE:FF:FF] OSDNEWMACHINENAME=BVMXP ApplicationInstall=Minimum FullName=Woodgrove Bank Manager

GPOPackPath

このプロパティは、GPO パックが格納されているフォルダーへの既定のパスをオーバーライドするために使用されます。 このプロパティで指定されたパスは、配布共有内の Templates\GPOPacks フォルダーを基準にしています。 MDT では、対象コンピューターに展開されているオペレーティング システム (Templates\GPOPacks\operating_system など) に基づいて、このフォルダーの特定のサブフォルダーが自動的にスキャンされます (展開中 オペレーティング システムoperating_system)。 表 3 に、サポートされているオペレーティング システムと、各オペレーティング システムに対応するサブフォルダーを示します。

表 3. Windows オペレーティング システムと対応する GPO Pack サブフォルダー
オペレーティング システム GPO pack サブフォルダー
Windows 7 と SP1 Win7SP1-MDTGPOPack
Windows Server 2008 R2 WS2008R2SP1-MDTGPOPack
によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
path distribution_share\Templates\GPOPacks フォルダーを基準としたパス (ここで、distribution_shareは配布共有のルート フォルダーです)。 既定値は 、distribution_share\Templates\GPOPacks\operating_system フォルダーです ( ここで、operating_system はオペレーティング システムのバージョンに基づくサブフォルダーです)。

次の例では、GPOPackPath プロパティを "Win7-HighSecurity" の値に設定すると、 DISTRIBUTION_SHARE\Templates\GPOPacks\Win7-HighSecurity フォルダーを GPO パックが格納されているフォルダーとして使用するように MDT が構成されます。
[Settings] Priority=Default [Default] GPOPackPath=Win7-HighSecurity

グループ

メンバーシップがキャプチャされるターゲット コンピューター上のローカル グループの一覧。 このグループ メンバーシップは、状態キャプチャ フェーズ中にキャプチャされ、状態の復元フェーズ中に復元されます。 (既定のグループは管理者と Power Users です)。 Groups プロパティは、空白以外の値を指定できるテキスト値の一覧です。 Groups プロパティには数値サフィックスがあります (Groups001Groups002 など)。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
group_name グループ メンバーシップがキャプチャされるターゲット コンピューター上のローカル グループの名前
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ CaptureGroups=YES Groups001=NYC Application Management Groups002=NYC Help Desk Users

HideShell

このプロパティは、LTI タスク シーケンスがターゲット コンピューター上の新しいオペレーティング システムで実行されている間の Windows エクスプローラーの表示を制御します。 このプロパティは DisableTaskMgr プロパティと組み合わせて使用できます。

注:

このプロパティを DisableTaskMgr プロパティと共に使用すると、ユーザーが LTI タスク シーケンスを中断するのを防ぐことができます。 詳細については、 DisableTaskMgr プロパティに関するページを参照してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい Windows エクスプローラーは、タスク シーケンスが完了するまで非表示になります。
いいえ Windows エクスプローラーは、タスク シーケンスの実行中に表示されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] DisableTaskMgr=YES HideShell=YES

Home_Page

ターゲット オペレーティング システムの展開後に Windows Internet Explorer® ホーム ページとして使用する URL。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
URL ターゲット コンピューターの Internet Explorer のホーム ページとして使用する Web ページの URL
[Settings] Priority=Default [Default] Home_Page=https://portal.woodgrovebank.com

HostName

ターゲット コンピューターの IP ホスト名 (ターゲット コンピューターに割り当てられた名前)。

注:

これはターゲット コンピューターのコンピューター名であり、ターゲット コンピューターの NetBIOS コンピューター名ではありません。 NetBIOS コンピューター名は、コンピューター名よりも短くできます。 また、このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、その値を CustomSettings.ini または MDT DB に設定することはできません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。 ただし、次の例に示すように、CustomSettings.iniまたは MDT DB 内でこのプロパティを使用して、ターゲット コンピューターの構成を定義できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Host_name ターゲット コンピューターに割り当てられた IP ホスト名
None

ImagePackageID

OEM 展開中にインストールするオペレーティング システムに使用されるパッケージ ID。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
None OEM 展開中にインストールするオペレーティング システムに使用されるパッケージ ID
None

InputLocale

ターゲット オペレーティング システムで使用する入力ロケールの一覧。 ターゲット オペレーティング システムには、複数の入力ロケールを指定できます。 各ロケールはセミコロン (;)で区切る必要があります。 指定しない場合、展開ウィザードは、展開するイメージで構成された入力ロケールを使用します。

ユーザー状態情報をバックアップおよび復元するときに、Windows ユーザー状態移行ツール (USMT) でこの設定を除外します。 それ以外の場合、ユーザー状態情報の設定は InputLocale プロパティで指定された値をオーバーライドします。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
input_locale1。input_locale2 ターゲット コンピューターに接続されているキーボードのロケール
[Settings] Priority=Default [Default] UserLocale=en-us InputLocale=0409:00000409;0413:00020409;0413:00000409;0409:00020409

InstallPackageID

OEM 展開中にインストールするオペレーティング システムに使用されるパッケージ ID。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
None OEM 展開中にインストールするオペレーティング システムに使用されるパッケージ ID
None

インスタンス

SQL Serverのインスタンスは、Table プロパティで指定されたテーブル内の列からプロパティ値を照会するために使用されます。 データベースは、 SQLServer プロパティで指定されたコンピューターに存在します。 コンピューター上のSQL Serverのインスタンスは、Instance プロパティで指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
インスタンス
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 Database=MDTDB Instance=SQLEnterprise2005 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

IPAddress

ターゲット コンピューターの IP アドレス。 プロパティによって返される IP アドレスの形式は、標準のドット 10 進表記です。たとえば、192.168.1.1 です。 IP アドレスに基づいて特定のターゲット コンピューターを対象とする設定を含むサブセクションを作成するには、このプロパティを使用します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ip_address 標準のドット 10 進表記のターゲット コンピューターの IP アドレス
None

IsDesktop

Win32_SystemEnclosure ChassisType プロパティの値が 34567151635、または 36 であるため、コンピューターがデスクトップであるかどうかを示します。

注:

一度に true になるプロパティは、 IsDesktopIsLaptopIsServer のいずれかです。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューターはデスクトップ コンピューターです。
FALSE ターゲット コンピューターはデスクトップ コンピューターではありません。
None

IsHypervisorRunning

ターゲット コンピューターにハイパーバイザーが存在するかどうかを指定します。 このプロパティは、 CPUID インターフェイスからの情報を使用して設定されます。

VM に関して収集される詳細情報と CPUID インターフェイスから返される情報については、次のプロパティを参照してください。

  • IsVM

  • SupportsHyperVRole

  • SupportsNX

  • SupportsVT

  • Supports64Bit

  • VMPlatform

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

注:

IsVM プロパティを使用して、ターゲット コンピューターが仮想マシンか物理マシンかを判断する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ハイパーバイザーが検出されました。
FALSE ハイパーバイザーが検出されない。
None

IsLaptop

Win32_SystemEnclosure ChassisType プロパティ値が 8、910、11、1214182130、31または 32 であるため、コンピューターがポータブル コンピューターであるかどうかを示します。

注:

一度に true になるプロパティは、 IsDesktopIsLaptopIsServer のいずれかです。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューターはポータブル コンピューターです。
FALSE ターゲット コンピューターは移植可能なコンピューターではありません。
None

IsServer

Win32_SystemEnclosure ChassisType プロパティの値が 23 または 28 であるため、コンピューターがサーバーであるかどうかを示します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューターはサーバーです。
FALSE ターゲット コンピューターがサーバーではありません。
None

IsServerCoreOS

ターゲット コンピューターで実行されている現在のオペレーティング システムが、Windows Server オペレーティング システムの Server Core インストール オプションであるかどうかを示します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
True ターゲット コンピューター上のオペレーティング システムは、Windows Server の Server Core インストール オプションです。
FALSE ターゲット コンピューター上のオペレーティング システムは、Windows Server の Server Core インストール オプションではありません。
None

IsServerOS

ターゲット コンピューターで実行されている現在のオペレーティング システムがサーバー オペレーティング システムであるかどうかを示すインジケーター。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューター上のオペレーティング システムは、サーバー オペレーティング システムです。
FALSE ターゲット コンピューター上のオペレーティング システムは、サーバー オペレーティング システムではありません。
None

IsUEFI

ターゲット コンピューターが現在 Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) で実行されているかどうかを指定します。 UEFI は、オペレーティング システムとプラットフォーム ファームウェアの間のソフトウェア インターフェイスを定義する仕様です。 UEFI は、一部のパーソナル コンピューターに存在する古い BIOS ファームウェア インターフェイスのより安全な置き換えです。 UEFI の詳細については、「」を参照してください https://uefi.org

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューターは現在、UEFI で実行されています。
FALSE ターゲット コンピューターは現在 UEFI で実行されていません。

注意:

ターゲット コンピューターが UEFI をサポートしている可能性がありますが、以前の BIOS ファームウェア インターフェイスをエミュレートする互換モードで実行されている可能性があります。 この状況では、ターゲット コンピューターが UEFI をサポートしている場合でも、このプロパティのこの値は FALSE に設定されます。
None

IsVM

CPUID インターフェイスから収集された情報に基づいて、ターゲット コンピューターが VM であるかどうかを指定します。 VMPlatform プロパティを使用して、特定の VM 環境を決定できます。

VM に関して収集される詳細情報と CPUID インターフェイスから返される情報については、次のプロパティを参照してください。

  • IsHypervisorRunning

  • SupportsHyperVRole

  • SupportsNX

  • SupportsVT

  • Supports64Bit

  • VMPlatform

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューターは VM です。
FALSE ターゲット コンピューターが VM ではありません。
None

JoinDomain

ターゲット オペレーティング システムの展開後にターゲット コンピューターが参加するドメイン。 これは、ターゲット コンピューターのコンピューター アカウントが作成されるドメインです。 JoinDomain プロパティには、英数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_) を含めることができます。 JoinDomain プロパティを空白にしたり、スペースを含めたりすることはできません。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
domain_name ターゲット コンピューターが参加するドメインの名前
[Settings] Priority=Default [Default] JoinDomain=WOODGROVEBANK MachineObjectOU=OU=Reception,OU=NYC,DC=Woodgrovebank,DC=com

JoinWorkgroup

ターゲット オペレーティング システムの展開後にターゲット コンピューターが参加するワークグループ。 JoinWorkgroup プロパティには、英数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_) を含めることができます。 JoinWorkgroup プロパティを空白にしたり、スペースを含めたりすることはできません。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
workgroup_name ターゲット コンピューターが参加するワークグループの名前
[Settings] Priority=Default [Default] JoinWorkgroup=WDGV_WORKGROUP

KeyboardLocale

ターゲット オペレーティング システムで使用するキーボード ロケールの一覧。 ターゲット オペレーティング システムには、複数のキーボード ロケールを指定できます。 各ロケールはセミコロン (;)で区切る必要があります。 指定しない場合、展開ウィザードでは、展開中のイメージで構成されたキーボード ロケールが使用されます。

ユーザー状態情報をバックアップおよび復元するときに、USMT でこの設定を除外します。 それ以外の場合、ユーザー状態情報の設定は 、KeyboardLocale プロパティで指定された値をオーバーライドします。

注:

このプロパティを正しく機能させるには、CustomSettings.iniとBootStrap.iniの両方で構成する必要があります。 BootStrap.iniは、デプロイ共有 (CustomSettings.iniを含む) が選択される前に処理されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
keyboard_locale1。keyboard_locale2 ターゲット コンピューターに接続されているキーボードのロケール。

値は、次の形式で指定できます。

- テキスト (en-us)

- 16 進数 (0409:00000409)
例 1
[Settings] Priority=Default [Default] UserLocale=en-us KeyboardLocale=en-us
例 2
[Settings] Priority=Default [Default] UserLocale=en-us KeyboardLocale=0409:00000409;1809:00001809;041A:0000041A;083b:0001083b

KeyboardLocalePE

Windows PE でのみ使用するキーボード ロケールの名前。

注:

このプロパティを正しく機能させるには、CustomSettings.iniとBootStrap.iniの両方で構成する必要があります。 BootStrap.iniは、デプロイ共有 (CustomSettings.iniを含む) が選択される前に処理されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
keyboard_locale ターゲット コンピューターに接続されているキーボードのロケール。

値は、次の形式で指定できます。

- テキスト (en-us)

- 16 進数 (0409:00000409)
例 1
[Settings] Priority=Default [Default] KeyboardLocalePE=en-us
例 2
[Settings] Priority=Default [Default] KeyboardLocalePE=0409:00000409

LanguagePacks

ターゲット コンピューターに展開する言語パックの GUID の一覧。 Deployment Workbench は、OS パッケージ ノードでこれらの言語パックを指定します。 これらの GUID は、Packages.xml ファイルに格納されます。 LanguagePacks プロパティには数値サフィックスがあります (LanguagePacks001LanguagePacks002 など)。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
language_pack_guid ターゲット コンピューターにインストールする言語パックに対して Deployment Workbench が指定する GUID。 GUID は、Packages.xmlに格納されている言語パック GUID に対応します。
[Settings] Priority=Default [Default] LanguagePacks001={a1923f8d-b07b-44c7-ac1e-353b7cc4c1ad}

LoadStateArgs

USMT Loadstate プロセスに渡される引数。 ZTI スクリプトは、適切なログ記録、進行状況、および状態ストア パラメーターを挿入します。 この値が設定ファイルに含まれていない場合、ユーザー状態の復元プロセスはスキップされます。

Loadstate プロセスが正常に完了すると、ユーザー状態情報が削除されます。 Loadstate エラー (またはゼロ以外の戻りコード) が発生した場合、ローカル状態ストアは %WINDIR%\StateStore に移動され、削除を防ぎ、ユーザー状態情報が失われないようにします。

注:

このプロパティを構成するときは、/hardlink/nocompress、/decrypt/key、または /keyfile のいずれかのコマンド ライン引数を追加しないでください。 MDT スクリプトは、現在のデプロイ シナリオに該当する場合、これらのコマンド ライン引数を追加します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
引数 Loadstate.exeに渡されるコマンド ライン引数。

Deployment Workbench で指定される既定の引数は次のとおりです。

- /v。 Loadstate ログで詳細出力を有効にします。 既定値は 0 です。 0 ~ 15 の任意の数値を指定します。 値 5 では、詳細出力と状態出力が有効になります。

- /c. 指定すると、致命的でないエラーが発生した場合でも、Loadstate は引き続き実行されます。 /c オプションがない場合、Loadstate は最初のエラーで終了します。

- /lac。 移行するアカウントがローカル (ドメイン以外) アカウントであり、移行先のコンピューターに存在しない場合、USMT はアカウントを作成しますが、無効にすることを指定します。

これらの引数とその他の引数の詳細については、USMT ヘルプ ファイルを参照してください。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName%

場所

ターゲット コンピューターの地理的な場所。 その場所内のコンピューターに対して定義されている既定のゲートウェイに対応する IP アドレスの一覧は 、Location プロパティを定義します。 既定のゲートウェイの IP アドレスは、複数の場所に関連付けることができます。

通常、 Location プロパティの値は、Deployment Workbench を使用して管理されているデータベースに対してデータベース クエリを実行することによって設定されます。 Deployment Workbench は、場所の作成、場所に関連付けられたプロパティ設定の定義、および場所に関連付けられているプロパティ設定のデータベース クエリを実行するようにCustomSettings.iniを構成する際に役立ちます。

たとえば、LocationSettingsCustomSettings.iniのセクションでは、データベースの LocationSettings ビューに対して、Parameters プロパティに一覧表示されている DefaultGateway プロパティで指定された値を含む場所の一覧を照会できます。 クエリは、各既定のゲートウェイに関連付けられているすべての設定を返します。

次に、スクリプトは、クエリで返される場所に対応する各セクションを解析します。 たとえば、CustomSettings.iniの値 [Springfield]とセクション [Springfield-123 Oak Street-4th Floor] は、対応する場所を表すことができます。 これは、1 台のコンピューターが 2 つの場所に属する方法の例です。 セクションは [Springfield]、より大きな地理的領域(都市全体)内のすべてのコンピュータ用であり、 [Springfield-123 Oak Street-4th Floor] セクションはスプリングフィールドの123オークストリートの4階のすべてのコンピュータ用です。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
location1,location2 個々のコンピューターまたはコンピューターのグループに割り当てられる場所の一覧
[Settings] Priority=LSettings, Default [Default] UserDataLocation=AUTO DeployRoot=\\W2K3-SP1\Distribution$ OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:15 /o /c LoadStateArgs=/v:7 /c [LSettings] SQLServer=w2k3-sp1 Instance=MDT2010 Database=MDTDB Netlib=DBNMPNTW SQLShare=SQL$ Table=LocationSettings Parameters=DefaultGateway [Springfield] UDDir=%OSDComputerName% UDShare=\\Springfield-FIL-01\UserData [Springfield-123 Oak Street-4th Floor] DeployRoot=\\Springfield-BDD-01\Distribution1$

LongDistanceAccess

長距離をダイヤルする外部回線へのアクセスを取得するダイヤルディジット。 プロパティには数字のみを含めることができます。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
language_pack_guid ターゲット コンピューターにインストールする言語パックに対して Deployment Workbench が指定する GUID。 GUID は、Packages.xmlに格納されている言語パック GUID に対応します。
[Settings] Priority=Default [Default] AreaCode=206 CountryCode=001 Dialing=TONE LongDistanceAccess=9

MACAddress

ターゲット コンピューターのプライマリ ネットワーク アダプターのメディア アクセス制御 (MAC) レイヤー アドレス。 ターゲット コンピューターに固有のプロパティ値を指定できるように、 MACAddress プロパティが Priority 行に含まれています。 ターゲット コンピューター固有の設定を含むターゲット コンピューター (や [00:03:FF:FE:FF:FF]など[00:0F:20:35:DE:AC]) ごとに、各 MAC アドレスのセクションを作成します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
mac_address ターゲット コンピューターの MAC アドレス
[Settings] Priority=MACAddress, Default [Default] CaptureGroups=YES Groups1=NYC Application Management Groups2=NYC Help Desk Users [00:0F:20:35:DE:AC] OSDNEWMACHINENAME=HPD530-1 [00:03:FF:FE:FF:FF] OSDNEWMACHINENAME=BVMXP

MachineObjectOU

ターゲット コンピューターのコンピューター アカウントが作成されるターゲット ドメイン内の AD DS OU。

注:

ターゲット オペレーティング システムを展開する前に、このプロパティで指定された OU が存在している必要があります。

注:

コンピューター オブジェクトが AD DS に既に存在する場合、 MachineObjectOU を指定しても、コンピューター オブジェクトは指定された OU に移動されません。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
OU_name ターゲット コンピューターのコンピューター アカウントが作成される OU の名前
[Settings] Priority=Default [Default] JoinDomain=WOODGROVEBANK MachineObjectOU=OU=Reception,OU=NYC,DC=Woodgrovebank,DC=com

作成

ターゲット コンピューターの製造元。 Make の形式は未定義です。 このプロパティを使用して、特定のコンピューターの製造元を対象とする設定を含むサブセクションを作成します (最も一般的には 、Model プロパティと Product プロパティと組み合わせて)。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、その値を CustomSettings.ini または MDT DB に設定することはできません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。 ただし、次の例に示すように、CustomSettings.iniまたは MDT DB 内でこのプロパティを使用して、ターゲット コンピューターの構成を定義できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
make ターゲット コンピューターの製造元
[Settings] Priority=Make, Default [Default] [Dell Computer Corporation] Subsection=Dell-%Model% [Dell-Latitude D600] Packages001=XXX00009:Program9 Packages002=XXX0000A:Program10

MandatoryApplications

ターゲット コンピューターにインストールされるアプリケーション GUID の一覧。 これらのアプリケーションは、Deployment Workbench の [アプリケーション] ノードで指定されます。 GUID は、Applications.xml ファイルに格納されます。 MandatoryApplications プロパティは、空白以外の値を指定できるテキスト値の一覧です。 MandatoryApplications プロパティには数値サフィックスがあります (例: MandatoryApplications001 または MandatoryApplications002)。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
application_guid ターゲット コンピューターに展開するアプリケーションの Deployment Workbench によって指定された GUID。 GUID は、Applications.xml ファイルに格納されているアプリケーション GUID に対応します。
[Settings] Priority=Default [Default] MandatoryApplications001={1D7DF331-47B7-472C-87B3-442597EC2F7D} MandatoryApplications002={9d2b8999-5e4d-4f3d-bb05-edaaf4fe5628} Administrators001=WOODGROVEBANK\NYC Help Desk Staff

メモリ

ターゲット コンピューターにインストールされているメモリの量 (メガバイト単位)。 たとえば、値 2038 は、ターゲット コンピューターに 2,038 MB (または 2 GB) のメモリがインストールされていることを示します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
メモリ ターゲット コンピューターにインストールされているメモリの量 (メガバイト単位)
None

モデル

ターゲット コンピューターのモデル。 Model の形式は未定義です。 このプロパティを使用して、特定のコンピューター製造元の特定のコンピューター モデル番号を対象とする設定を含むサブセクションを作成します (最も一般的には 、Make プロパティと Product プロパティと組み合わせて)。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、その値を CustomSettings.ini または MDT DB に設定することはできません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。 ただし、次の例に示すように、CustomSettings.iniまたは MDT DB 内でこのプロパティを使用して、ターゲット コンピューターの構成を定義できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
model ターゲット コンピューターのモデル
[Settings] Priority=Make, Default [Default] [Dell Computer Corporation] Subsection=Dell-%Model% [Dell-Latitude D600] Packages001=XXX00009:Program9 Packages002=XXX0000A:Program10

NetLib

SQLServer プロパティで指定SQL Server実行しているコンピューターとの通信に使用するプロトコル。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
DBNMPNTW 名前付きパイプ プロトコルを使用して通信します。
DBMSSOCN TCP/IP ソケットを使用して通信します。
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 SQLShare=SQL$ NetLib=DBNMPNTW Database=MDTDB Instance=SQLEnterprise2005 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

NewDomain

新しいドメインの種類 (新しいフォレスト内の新しいドメイン、既存のフォレスト内の新しいツリーのルート、または既存のドメインの子) を示します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
新しいドメインは、既存のドメインの子です。
Forest 新しいドメインは、ドメイン ツリーの新しいフォレスト内の最初のドメインです。
Tree 新しいドメインは、既存のフォレスト内の新しいツリーのルートです。
[Settings] Priority=Default [Default] NewDomain=Tree

NewDomainDNSName

既存のドメイン内の新しいツリーの必要な名前を指定するか、セットアップでドメインの新しいフォレストをインストールする場合に指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name 既存のドメイン内の新しいツリーの必要な名前を指定するか、セットアップでドメインの新しいフォレストをインストールする場合に指定します
[Settings] Priority=Default [Default] NewDomainDNSName=newdom.WoodGroveBank.com

順序

データベース クエリの結果セットの並べ替え順序。 結果セットは、 DatabaseTableSQLServerParametersParameterCondition の各プロパティの構成設定に基づいています。 複数のプロパティを指定して、複数のプロパティで結果を並べ替えることができます。

たとえば、CustomSettings.ini ファイルで Order=Sequence が指定されている場合、 ORDER BY シーケンス句がクエリに追加されます。 Order=Make を指定するとModelは ORDER BY Make、Model 句をクエリに追加します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
property1、property2、... 結果セットの並べ替え順序を定義する プロパティ (propertyn は並べ替え条件のプロパティを表します)
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 SQLShare=SQL$ NetLib=DBNMPNTW Database=MDTDB Instance=SQLEnterprise2005 Table=MakeModelSettings Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR Order=Make, Model

OrgName

ターゲット コンピューターを所有する組織の名前。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
org_name ターゲット コンピューターを所有する組織の名前
[Settings] Priority=MACAddress, Default Properties=CustomProperty, ApplicationInstall [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac UserDataLocation=NONE CustomProperty=TRUE OrgName=Woodgrove Bank [00:0F:20:35:DE:AC] OSDNEWMACHINENAME=HPD530-1 ApplicationInstall=Custom FullName=Woodgrove Bank User [00:03:FF:FE:FF:FF] OSDNEWMACHINENAME=BVMXP ApplicationInstall=Minimum FullName=Woodgrove Bank Manager

OSArchitecture

ターゲット オペレーティング システムのプロセッサ アーキテクチャの種類。 このプロパティは、OEM の展開中に参照されます。 有効な値は x86x64 です

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
x86 オペレーティング システムのプロセッサ アーキテクチャの種類は 32 ビットです。
x64 オペレーティング システムのプロセッサ アーキテクチャの種類は 64 ビットです。
None

OSCurrentBuild

現在実行中のオペレーティング システムのビルド番号。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
7600 Windows 7
9600 Windows 8.1
None

OSCurrentVersion

現在実行中のオペレーティング システムのバージョン番号。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
version_number オペレーティング システムのメジャー バージョン、マイナー バージョン、ビルド番号 (major.minor.build)。 たとえば、6.3.9600 はWindows 8.1を表します。
None

OSDAdapterxDescription

[ネットワーク接続] 項目に表示されるネットワーク接続の名前コントロール パネル指定します。 名前の長さは 0 ~ 255 文字です。

このプロパティは LTI 専用です。 ZTI の同等のプロパティについては、「 OSDAdapterxName」を参照してください。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0DescriptionOSDAdapter1Description などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
説明 [ネットワーク接続] 項目に表示されるネットワーク接続の名前コントロール パネル
None

OSDAdapterxDNSDomain

ネットワーク接続に割り当てる DNS ドメイン名 (DNS サフィックス) を指定します。 このプロパティは ZTI 専用です。 LTI については、 OSDAdapterxDNSSuffix プロパティを参照してください。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0DNSDomain や OSDAdapter1DNSDomain などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
DNS_domain_name ネットワーク接続に割り当てられる DNS ドメイン名 (DNS サフィックス)
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0DNSDomain=WoodGroveBank.com

OSDAdapterxDNSServerList

これは、ネットワーク接続に割り当てられる DNS サーバー IP アドレスのコンマ区切りの一覧です。

注:

このプロパティ名のxは、OSDAdapter0DNSServerList や OSDAdapter1DNSServerList などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
DNS_servers ネットワーク接続に割り当てられる DNS サーバー IP アドレスのコンマ区切りの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0DNSServerList=192.168.0.254,192.168.100.254

OSDAdapterxDNSSuffix

ネットワーク接続に割り当てられる DNS サフィックス。 このプロパティは LTI 専用です。 ZTI については、 OSDAdapterxDNSDomain プロパティを参照してください。

注:

このプロパティ名のxは、OSDAdapter0DNSSuffix や OSDAdapter1DNSSuffix などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
DNS_suffix ネットワーク接続に割り当てられる DNS サフィックス
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0DNSSuffix= WoodGroveBank.com

OSDAdapterxEnableDHCP

ネットワーク接続を DHCP 経由で構成するかどうかを指定します。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0EnableDHCP や OSDAdapter1EnableDHCP などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
True ネットワーク接続は DHCP 経由で構成されます。
FALSE ネットワーク接続は静的構成で構成されます。
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0EnableDHCP=TRUE

OSDAdapterxEnableDNSRegistration

ネットワーク接続で DNS 登録を有効にするかどうかを指定します。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0EnableDNSRegistrationOSDAdapter1EnableDNSRegistration などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE DNS 登録を有効にする
FALSE DNS 登録を無効にします
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0EnableDNSRegistration=TRUE

OSDAdapterxEnableFullDNSRegistration

ネットワーク接続で完全な DNS 登録を有効にするかどうかを指定します。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0EnableFullDNSRegistrationOSDAdapter1EnableFullDNSRegistration などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE 完全な DNS 登録を有効にします
FALSE 完全な DNS 登録を無効にします
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0EnableFullDNSRegistration=TRUE

OSDAdapterxEnableLMHosts

ネットワーク接続で LMHOSTS 参照を有効にするかどうかを指定します。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0EnableLMHostsOSDAdapter1EnableLMHosts などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE LMHOSTS 参照を有効にする
FALSE LMHOSTS 参照を無効にします
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0EnableLMHosts=TRUE

OSDAdapterxEnableIPProtocolFiltering

このプロパティは、ネットワーク接続で IP プロトコル フィルター処理を有効にするかどうかを指定します。

このプロパティの名前のxは、 OSDAdapter0EnableIPProtocolFilteringOSDAdapter1EnableIPProtocolFiltering などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE IP プロトコル フィルター処理を有効にする
FALSE IP プロトコル のフィルター処理を無効にします
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0EnableIPProtocolFiltering =TRUE

OSDAdapterxEnableTCPFiltering

ネットワーク接続で TCP/IP フィルター処理を有効にするかどうかを指定します。 このプロパティは ZTI 専用です。 LTI については、 OSDAdapterxEnableTCPIPFiltering プロパティを 参照してください。

注:

このプロパティの名前のxは、 OSDAdapter0EnableTCPFiltering や OSDAdapter1EnableTFiltering などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE TCP/IP フィルター処理を有効にする
FALSE TCP/IP フィルター処理を無効にします
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0EnableTCPFiltering=TRUE

OSDAdapterxEnableTCPIPFiltering

ネットワーク接続で TCP/IP フィルター処理を有効にするかどうかを指定します。 このプロパティは LTI 専用です。 ZTI については、 OSDAdapterxEnableTCPFiltering プロパティを 参照してください。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0EnableTCPIPFilteringOSDAdapter1EnableTCPIPFiltering などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
True TCP/IP フィルター処理を有効にする
FALSE TCP/IP フィルター処理を無効にします
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0EnableTCPIPFiltering=TRUE

OSDAdapterxEnableWINS

ネットワーク接続で WINS を有効にするかどうかを指定します。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0EnableWINS や OSDAdapter1EnableWINS などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE WINS を有効にする
FALSE WINS を無効にする
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0EnableWINS=TRUE OSDAdapter0WINSServerList=192.168.0.1,192.168.100.1

OSDAdapterxGatewayCostMetric

接続で構成される整数または文字列 "Automatic" (空の場合は "Automatic" を使用) として指定されたゲートウェイ コスト メトリックのコンマ区切りの一覧。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0GatewayCostMetricOSDAdapter1GatewayCostMetric などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
cost_metrics ゲートウェイ コスト メトリックのコンマ区切りの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0GatewayCostMetrics=Automatic

OSDAdapterxGateways

ネットワーク接続に割り当てるゲートウェイのコンマ区切りの一覧。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0Gateways や OSDAdapter1Gateways などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ゲートウェイ ゲートウェイのコンマ区切りの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0Gateways=192.168.0.1,192.168.100.1

OSDAdapterxIPAddressList

ネットワーク接続に割り当てる IP アドレスのコンマ区切りの一覧。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0IPAddressList や OSDAdapter1IPAddressList などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
IP_addresses IP アドレスのコンマ区切りリスト
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0IPAddressList=192.168.0.40,192.168.100.40 OSDAdapter0SubnetMask=255.255.255.0,255.255.255.0

OSDAdapterxIPProtocolFilterList

ネットワーク接続に割り当てられる IP プロトコル フィルターのコンマ区切りの一覧。 このプロパティは、deployment Workbench ではなく、CustomSettings.ini ファイルまたは MDT DB を使用して構成できます。 Configuration Managerを使用している場合は、[ネットワーク設定の適用] タスク シーケンス ステップを使用して構成することもできます。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0IPProtocolFilterListOSDAdapter1IPProtocolFilterList などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
protocol_filter_list IP プロトコル フィルターのコンマ区切りの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0IPProtocolFilterList=a list of approved IP protocols

OSDAdapterxMacAddress

指定した MAC アドレスと一致するネットワーク インターフェイス カードに、指定した構成設定を割り当てます。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0MacAddress や OSDAdapter1MacAddress などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
MAC_address ネットワーク アダプターの MAC アドレス
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0MacAddress=00:0C:29:67:A3:6B

OSDAdapterxName

指定した名前と一致するネットワーク アダプターに、指定した構成設定を割り当てます。 このプロパティは ZTI 専用です。 LTI の同等のプロパティについては、「 OSDAdapterxDescription」を参照してください。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0Name や OSDAdapter1Name などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name ネットワーク アダプター名
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0Name=3Com 3C920 Integrated Fast Ethernet Controller

OSDAdapterxSubnetMask

ネットワーク接続に割り当てる IP サブネット マスクのコンマ区切りの一覧。

注:

このプロパティ名のxは、OSDAdapter0SubnetMask や OSDAdapter1SubnetMask などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
subnet_masks IP サブネット マスクのコンマ区切りの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0IPAddressList=192.168.0.40,192.168.100.40 OSDAdapter0SubnetMask=255.255.255.0,255.255.255.0

OSDAdapterxTCPFilterPortList

ネットワーク接続に割り当てられる TCP フィルター ポートのコンマ区切りの一覧。 このプロパティは、deployment Workbench ではなく、CustomSettings.ini ファイルまたは MDT DB を使用して構成できます。 Configuration Managerを使用している場合は、[ネットワーク設定の適用] タスク シーケンス ステップを使用して構成することもできます。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0TCPFilterPortList や OSDAdapter1TCPFilterPortList などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
port_list TCP/IP フィルター ポートのコンマ区切りの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0TCPFilterPortList=a list of approved TCP ports

OSDAdapterxTCPIPNetBiosOptions

ネットワーク接続に割り当てる TCP/IP NetBIOS オプションを指定します。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0TCPIPNetBiosOptionsOSDAdapter1TCPIPNetBiosOptions などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
0 IP 転送を無効にします。
1 IP 転送を有効にします。
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0TCPIPNetBiosOptions=0

OSDAdapterxUDPFilterPortList

ネットワーク接続に割り当てるユーザー データグラム プロトコル (UDP) フィルター ポートのコンマ区切りの一覧。 このプロパティは、CustomSettings.ini ファイルと MDT DB を使用して構成できますが、Deployment Workbench を使用することはできません。 Configuration Managerを使用している場合は、[ネットワーク設定の適用] タスク シーケンス ステップを使用して構成することもできます。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0UDPFilterPortList や OSDAdapter1UDPFilterPortList などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
port_list UDP フィルター ポートのコンマ区切りの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0UDPFilterPortList=a list of approved UDP ports

OSDAdapterxWINSServerList

ネットワーク接続に割り当てられる WINS サーバー IP アドレスのコンマ区切りの 2 要素リスト。

注:

このプロパティ名のxは、 OSDAdapter0WINSServerList や OSDAdapter1WINSServerList などのネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダー です

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
WINS_server_list WINS サーバー IP アドレスのコンマ区切りの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapter0EnableWINS=TRUE OSDAdapter0WINSServerList=192.168.0.1,192.168.100.1

OSDAdapterCount

構成するネットワーク接続の数を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
count ネットワーク アダプターの数
[Settings] Priority=Default [Default] OSDAdapterCount=1 OSDAdapter0EnableDHCP=FALSE OSDAdapter0IPAddressList=192.168.0.40,192.168.100.40 OSDAdapter0SubnetMask=255.255.255.0,255.255.255.0 OSDAdapter0Gateways=192.168.0.1,192.168.100.1 OSDAdapter0EnableWINS=TRUE OSDAdapter0WINSServerList=192.168.0.1,192.168.100.1 OSDAdapter0TCPIPNetBiosOptions=0 OSDAdapter0MacAddress=00:0C:29:67:A3:6B OSDAdapter0GatewayCostMetrics=Automatic OSDAdapter0EnableTCPIPFiltering=TRUE OSDAdapter0EnableLMHosts=TRUE OSDAdapter0EnableFullDNSRegistration=TRUE OSDAdapter0EnableDNSRegistration=TRUE OSDAdapter0DNSSuffix=WoodGroveBank.com

OSDAnswerFilePath

OEM 展開中に使用する応答ファイルへのパスを指定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
file_path OEM 展開中に使用する応答ファイルへのパスを指定します
None

OSDBitLockerCreateRecoveryPassword

プロセスが BitLocker の回復キーを作成するかどうかを示すブール値。 このキーは、BitLocker ボリュームで暗号化されたデータを回復するために使用されます。 このキーは、暗号化されたスタートアップ キーと同等です。 使用可能な場合、復旧キーは VMK の暗号化を解除します。これにより、FVEK が復号化されます。

注:

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
広告 回復キーが作成されます。
指定なし 回復キーは作成されません。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 OSDBitLockerMode=TPMKey OSDBitLockerCreateRecoveryPassword=AD OSDBitLockerStartupKeyDrive=C:

OSDBitLockerMode

実行する BitLocker インストールの種類。 次のいずれかの方法を使用してターゲット コンピューターを保護します。

  • TPM マイクロコントローラー

  • TPM と外部スタートアップ キー (通常は UFD に格納されるキーを使用)

  • TPM と PIN

  • 外部スタートアップ キー

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TPM TPM でのみコンピューターを保護します。 TPM は、キー、パスワード、およびデジタル証明書を格納するマイクロコントローラーです。 マイクロコントローラーは、通常、コンピューターのマザーボードの不可欠な部分です。
TPMKey TPM とスタートアップ キーを使用してコンピューターを保護します。 スタートアップ キーを作成し、UFD に保存するには、このオプションを使用します。 スタートアップ キーは、コンピューターが起動するたびにポートに存在する必要があります。
TPMPin TPM とピンでコンピューターを保護します。 このオプションを BDEPin プロパティと組み合わせて使用します。

注意:

ZTI を使用する場合、この値は無効です。
Key フォルダー、AD DS、または印刷できる外部キー (回復キー) を使用してコンピューターを保護します。
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 OSDBitLockerMode=TPM OSDBitLockerCreateRecoveryPassword=AD

OSDBitLockerRecoveryPassword

ランダムな回復パスワードを生成する代わりに、[ BitLocker を有効にする] タスク シーケンス アクションでは、指定した値が回復パスワードとして使用されます。 値は、有効な数値の BitLocker 回復パスワードである必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
password 有効な 48 桁のパスワード
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 OSDBitLockerMode=TPMKey OSDBitLockerCreateRecoveryPassword=AD OSDBitLockerRecoveryPassword=621280128854709621167486709731081433315062587367 OSDBitLockerStartupKeyDrive=C:

OSDBitLockerStartupKey

キー管理オプションのランダムなスタートアップ キーを USB でのみ生成する代わりに、[ BitLocker を有効にする] タスク シーケンス アクションでは、スタートアップ キーとして値が使用されます。 値は、有効な Base64 でエンコードされた BitLocker スタートアップ キーである必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
startupkey Base64 でエンコードされた BitLocker スタートアップ キー
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDEInstall=KEY OSDBitLockerCreateRecoveryPassword=AD OSDBitLockerStartupKey=8F4922B8-2D8D-479E-B776-12629A361049

OSDBitLockerStartupKeyDrive

BitLocker 回復キーとスタートアップ キーを格納する場所。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
location 回復キーとスタートアップ キーのストレージの場所 (ターゲット コンピューターまたは共有ネットワーク フォルダーを指す UNC へのローカル)
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 OSDBitLockerMode=TPMKey OSDBitLocker CreateRecoveryPassword=AD OSDBitLockerStartupKeyDrive=C:

OSDBitLockerTargetDrive

暗号化するドライブを指定します。 既定のドライブは、オペレーティング システムを含むドライブです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
drive 暗号化されるドライブ
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDERecoveryPassword=TRUE OSDBitLockerMode=TPMKey OSDBitLockerCreateRecoveryPassword=AD OSDBitLockerTargetDrive=C:

OSDBitLockerWaitForEncryption

BitLocker が指定したすべてのドライブの暗号化プロセスを完了するまで、展開プロセスを続行しないことを指定します。 TRUE を指定すると、デプロイ プロセスを完了するために必要な時間が大幅に長くなる可能性があります。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ドライブの暗号化が完了するまでデプロイ プロセスが待機するように指定します
FALSE ドライブの暗号化が完了するまでデプロイ プロセスが待機しないように指定します
[Settings] Priority=Default [Default] BDEInstallSuppress=NO BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 OSDBitLockerMode=TPMKey OSDBitLockerStartupKeyDrive=C: OSDBitLockerCreateRecoveryPassword=AD OSDBitLockerWaitForEncryption=TRUE

OSDComputerName

ターゲット コンピューターに割り当てる新しいコンピューター名。

注:

このプロパティは、カスタマイズしたタスク シーケンス変数の設定タスク シーケンス ステップを使用して 、タスク シーケンス 内で設定することもできます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
computer_name ターゲット コンピューターに割り当てる新しいコンピューター名
[Default] OSDComputerName=%_SMSTSMachineName%

OSDDiskAlign

このプロパティは、DiskPart コマンドの create partition primary コマンドの align パラメーターに値を渡すために使用されます。 align パラメーターは、通常、ハードウェア RAID 論理ユニット番号 (LUN) アレイと共に使用され、論理ユニット (LU) がシリンダーアラインされていない場合のパフォーマンスを向上させます。 align パラメーターは、ディスクの先頭に円柱配置されていないプライマリ パーティションを配置し、オフセットを最も近いアライメント境界に丸めます。 align パラメーターの詳細については、「パーティション プライマリの作成」を参照してください。

注:

このプロパティを OSDDiskOffset プロパティと組み合わせて使用して、DiskPart コマンドのパーティションプライマリ作成コマンドのオフセット パラメーターを設定できます。 詳細については、 OSDDiskOffset プロパティを参照してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
alignment_value ディスクの先頭から最も近いアライメント境界までのキロバイト数 (KB) を指定します。
[Settings] Priority=Default [Default] OSDDiskAlign=1024 OSDDiskOffset=2048

OSDDiskIndex

構成するディスク インデックスを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
disk_index 構成するディスク インデックスを指定します (既定値は 0 です)。
[Settings] Priority=Default [Default] OSDDiskIndex=0

OSDDiskOffset

このプロパティは、DiskPart コマンドの create partition primary コマンドの offset パラメーターに値を渡すために使用されます。 offset パラメーターの詳細については、「パーティション プライマリの作成」を参照してください。

このプロパティを OSDDiskAlign プロパティと組み合わせて使用して、DiskPart コマンドのパーティションプライマリ作成コマンドの align パラメーターを設定できます。 詳細については、 OSDDiskAlign プロパティを 参照してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
offset_value パーティションを作成するバイト オフセットを指定します。 マスター ブート レコード (MBR) ディスクの場合、オフセットは最も近いシリンダー境界に丸まります。
[Settings] Priority=Default [Default] OSDDiskAlign=1024 OSDDiskOffset=2048

OSDDiskPartBiosCompatibilityMode

このプロパティは、特定の種類の BIOS との互換性のためにハード ディスクをパーティション分割するときにキャッシュ配置の最適化を無効にするかどうかを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE 特定の種類の BIOS との互換性のためにハード ディスクをパーティション分割するときにキャッシュアライメントの最適化を有効にします
FALSE 特定の種類の BIOS との互換性のためにハード ディスクをパーティション分割するときにキャッシュアライメントの最適化を無効にします (これは既定値です)。
[Settings] Priority=Default [Default] OSDDiskPartBiosCompatibilityMode=TRUE

OSDImageCreator

OEM 展開中に使用されるインストール アカウントの名前を指定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
image_creator OEM 展開中に使用されるインストール アカウントの名前を指定します
None

OSDImageIndex

.wim ファイル内のイメージのインデックスを指定します。 このプロパティは、OEM の展開中に参照されます。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
index WIM ファイル内のイメージのインデックスを指定します
None

OSDImagePackageID

OEM 展開中にインストールするイメージのパッケージ ID を指定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
package_ID OEM 展開中にインストールするイメージのパッケージ ID を指定します
None

OSDInstallEditionIndex

WIM ファイル内のイメージのインデックスを指定します。 このプロパティは、OEM の展開中に参照されます。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
index WIM ファイル内のイメージのインデックスを指定します
None

OSDInstallType

OEM 展開に使用するインストールの種類を指定します。 既定値は Sysprep です

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
install_type OEM 展開に使用するインストールの種類を指定します
None

OSDisk

OEM 展開中にオペレーティング システムをインストールするために使用するドライブを指定します。 既定値は C: です。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ディスク OEM 展開中にオペレーティング システムをインストールするために使用するドライブを指定します
None

OSDPartitions

定義済みのパーティション構成の数を指定します。 構成できるパーティションの最大数は 2 です。 既定値は [なし] です。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
パーティション 定義済みのパーティション構成の数を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] OSDPartitions=1 OSDPartitions0Bootable=TRUE OSDPartitions0FileSystem=NTFS OSDPartitions0QuickFormat=TRUE OSDPartitions0Size=60 OSDPartitions0SizeUnits=GB OSDPartitions0Type=Primary OSDPartitions0VolumeName=OSDisk OSDPartitions0VolumeLetterVariable=NewDrive1

OSDPartitionsxBootable

指定したインデックスのパーティションは、起動可能に設定する必要があります。 既定の最初のパーティションは起動可能に設定されています。

注:

このプロパティ名のx は、パーティション構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE パーティションは起動可能に設定する必要があります。
FALSE パーティションを起動可能に設定しないでください。
[Settings] Priority=Default [Default] OSDPartitions0Bootable=TRUE

OSDPartitionsxFileSystem

指定したインデックス位置にあるパーティションのファイル システムの種類。 有効な値は NTFS または FAT32 です

注:

このプロパティ名のx は、パーティション構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
file_system パーティションのファイル システムの種類
[Settings] Priority=Default [Default] OSDPartitions0FileSystem=NTFS

OSDPartitionsxQuickFormat

指定したインデックスのパーティションは、簡単に書式設定する必要があります。 既定値は TRUE です

注:

このプロパティ名のx は、パーティション構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE パーティションをクイックフォーマットします。
FALSE パーティションをクイックフォーマットしないでください。
[Settings] Priority=Default [Default] OSDPartitions0QuickFormat=TRUE

OSDPartitionsxSize

指定したインデックス位置にあるパーティションのサイズ。

注:

このプロパティ名のx は、パーティション構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
サイズ パーティション サイズ
[Settings] Priority=Default [Default] OSDPartitions0Size=60 OSDPartitions0SizeUnits=GB

OSDPartitionsxSizeUnits

パーティションのサイズを指定するときに使用される測定単位。 有効な値は MBGB、または です %。 既定値は MB です

注:

このプロパティ名のx は、パーティション構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
size_units パーティションのサイズを指定するときに使用される測定単位
[Settings] Priority=Default [Default] OSDPartitions0Size=60 OSDPartitions0SizeUnits=GB

OSDPartitionsxType

指定したインデックスに作成するパーティションの種類。

注:

このプロパティ名のx は、パーティション構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
プライマリ プライマリ パーティションを作成します。 これは既定の値です。
論理 論理パーティションを作成します。
拡張 拡張パーティションを作成します。
[Settings] Priority=Default [Default] OSDPartitions0Type=Primary

OSDPartitionsxVolumeLetterVariable

管理されているパーティションに割り当てられているドライブ文字を受け取るプロパティ。

注:

このプロパティ名のx は、パーティション構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
volume_letter_variable 管理されているパーティションのドライブ文字が割り当てられる変数の名前
[Settings] Priority=Default [Default] OSDPartitions0VolumeLetterVariable=NewDrive1

OSDPartitionsxVolumeName

指定したインデックス位置のパーティションに割り当てられるボリューム名。

注:

このプロパティ名のx は、パーティション構成を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
volume_name パーティションに割り当てられるボリューム名
[Settings] Priority=Default [Default] OSDPartitions0VolumeName=OSDisk

OSDPreserveDriveLetter

このプロパティは、[ OS の適用 ] タスク シーケンス ステップで、ターゲット コンピューターに展開されているオペレーティング システム イメージ ファイル (.wim ファイル) 内のドライブ文字を保持する必要があるかどうかを判断するために使用されます。

注:

このプロパティは、CustomSettings.ini ファイルまたは MDT DB ではなく、タスク シーケンス ステップでのみ設定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE オペレーティング システム イメージ ファイル (.wim ファイル) 内のドライブ文字と展開後のオペレーティング システムドライブ文字は、.wim ファイルのドライブ文字と同じです。
FALSE オペレーティング システム イメージ ファイル (.wim ファイル) 内のドライブ文字は無視され、タスク シーケンスは .wim ファイル内のドライバー文字をオーバーライドできます。

注意:

MDT の場合、この値は常に選択する必要があります。
None

OSDStateStorePath

LTI と ZTI では、このプロパティを使用して、ユーザー状態移行データを格納するパス (UNC パス、ローカル パス、相対パスなど) を設定します。

注:

OSDStateStorePath プロパティは、これらのプロパティも指定されている場合、StatePath プロパティまたは UserDataLocation プロパティよりも優先されます。

ZTI のコンピューターの置換展開シナリオでは、OSDStateStorePath プロパティが有効なローカルパスまたは UNC パスに設定されている場合、ユーザー状態の復元タスク シーケンス ステップはスキップされます。 回避策は、 USMTLocal プロパティを TRUE に設定することです。 これにより、ZTI UserState.wsf は OSDStateStorePath プロパティ内のパスを認識するように強制されます。 これは、 Request State Store タスク シーケンス ステップがスキップされ、 OSDStateStorePath プロパティの前の値が保持されていることが原因で発生します。

ユーザー状態の移行データとコンピューター全体がバックアップされている ZTI のコンピューターの置き換え展開シナリオでは、Backup.wim ファイルは OSDStateStorePath プロパティで指定されたフォルダーに格納されます。 これは、 ComputerBackupLocation プロパティに誤った値を指定した場合に発生する可能性があります。

たとえば、次のCustomSettings.ini ファイルを使用すると、Backup.wim ファイルが OSDStateStorePath プロパティで指定されたフォルダーに格納されます。

USMTLocal=True  
OSDStateStorePath=\\fs1\Share\Replace  

ComputerBackupLocation=NETWORK  
BackupShare=\\fs1\Share\ComputerBackup  
BackupDir=Client01  
によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
パス ユーザー状態移行データが格納されるパス。UNC パス、ローカル パス、または相対パスを指定できます。
[Settings] Priority=Default [Default] USMTLocal=True OSDStateStorePath=\\fs1\Share\Replace ComputerBackupLocation=\\fs1\Share\ComputerBackup\Client01

OSDTargetSystemDrive

OEM 展開中にオペレーティング システムをインストールするドライブを指定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
system_drive OEM 展開中にオペレーティング システムをインストールするドライブを指定します
None

OSDTargetSystemRoot

OEM 展開中にオペレーティング システムをインストールするインストール パスを指定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
system_root OEM 展開中にオペレーティング システムをインストールするインストール パスを指定します
None

OSFeatures

ターゲット コンピューターにインストールされるサーバー機能 ID のコンマ区切りの一覧。

注:

ServerManager.xml ファイルに記載されているすべての機能が、すべてのサーバー オペレーティング システムと互換性があるわけではありません。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ID1,ID2 ターゲット コンピューターにインストールするサーバー機能。 有効な値は、MDT サーバー上の program_files\Microsoft Deployment Toolkit\Bin\ServerManager.xml ファイルにあります。
[Settings] Priority=Default [Default] OSFeatures=CMAK,MSMQ-Multicasting,RSAT

OSInstall

ターゲット コンピューターにターゲット オペレーティング システムをインストールする権限があるかどうかを示します。 OSInstall プロパティが一覧にない場合、既定では、任意のターゲット コンピューターへのオペレーティング システムの展開が許可されます。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ターゲット コンピューターへのオペレーティング システムの展開が承認されています。 これは既定の値です。
いいえ ターゲット コンピューターへのオペレーティング システムの展開は承認されていません。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES

OSRoles

ターゲット コンピューターにインストールされるサーバーロール ID のコンマ区切りの一覧。

注:

すべてのロールがすべてのサーバー オペレーティング システムと互換性があるわけではありません。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ID1,ID2 ターゲット コンピューターにインストールするサーバーロール。

有効な ID 値については、「C:\Program Files\Microsoft Deployment Toolkit\Bin\ServerManager.xml」を参照してください。

[Settings] Priority=Default [Default] OSRoles=ADDS

OSRoleServices

ターゲット コンピューターにインストールされるサーバー ロール サービス ID のコンマ区切りの一覧。

注:

すべてのサーバー ロール サービス ID がすべてのサーバー オペレーティング システムと互換性があるわけではありません。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ID ターゲット コンピューターにインストールされるサーバーロール サービス。 有効な値は次のとおりです。

- ADDS-Domain-Controller
[Settings] Priority=Default [Default] OSRoleServices=ADDS-Domain-Controller

OSSKU

現在実行中のオペレーティング システムのエディション。 オペレーティング システム エディションは、Win32_OperatingSystem WMI クラスの OperatingSystemSKU プロパティを使用して決定されます。 OperatingSystemSKU プロパティが返すエディションの一覧については、クラスの「OperatingSystemSKU」セクションWin32_OperatingSystem参照してください。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
オペレーティング システムのエディション。 たとえば、オペレーティング システムの Business エディションの場合は "BUSINESS"、オペレーティング システムの Enterprise エディションの場合は "ENTERPRISE" などです。
None

OSVersion

現在実行中のオペレーティング システムのバージョン。 このプロパティは、現在実行中のオペレーティング システムが Windows PE であるかどうかを検出するためにのみ使用する必要があります。 OSVersionNumber プロパティを使用して、他のオペレーティング システムを検出します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
WinPE Windows PE
2008R2 Windows Server 2008 R2
Win7Client Windows 7
その他 Windows 8やWindows Server 2012を含む、一覧に記載されているもの以外のオペレーティング システム
None

OSVersionNumber

オペレーティング システムのメジャー バージョン番号とマイナー バージョン番号。 このプロパティは、OEM の展開中に参照されます。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
version_number オペレーティング システムのメジャー バージョン番号とマイナー バージョン番号
None

OverrideProductKey

ターゲット操作がターゲット コンピューターに展開された後に適用される複数アクティブ化キー (MAK) 文字列。 このプロパティで指定された値は、状態復元フェーズ中に ZTILicensing.wsf スクリプトによって使用され、MAK をターゲット オペレーティング システムに適用します。 このスクリプトでは、Key Management Service (KMS) ではなく MAK ライセンス認証を使用するようにボリューム ライセンス イメージも構成されます。 MAK が適用された後、オペレーティング システムを Microsoft でアクティブ化する必要があります。 これは、ターゲット コンピューターが KMS を実行しているサーバーにアクセスできない場合に使用されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Mak ターゲット オペレーティング システムに提供される MAK 文字列
[Settings] Priority=Default [Default] ProductKey=AAAAA-BBBBB-CCCCC-DDDDD-EEEEE-FFFFF OverrideProductKey=AAAAA-BBBBB-CCCCC-DDDDD-EEEEE-FFFFF

PackageGroup

オペレーティング システム パッケージを相互に関連付けるテキスト値の一覧 (通常はオペレーティング システム パッケージの種類に基づく)。 オペレーティング システム パッケージは、1 つ以上のパッケージ グループに関連付けることができます。 PackageGroup プロパティを使用すると、1 つ以上のグループ内のオペレーティング システム パッケージをターゲット コンピューターに展開できます。

リスト内のテキスト値には、空白以外の値を指定できます。 PackageGroup プロパティの値には、数値サフィックスがあります (PackageGroup001PackageGroup002 など)。 定義すると、パッケージ グループがコンピューターに関連付けられます。 1 つのコンピューターを複数のパッケージ グループに関連付けることができます。

注:

オペレーティング システム パッケージは、Deployment Workbench の [OS パッケージ] ノードに作成されます。

注:

PackageGroup プロパティは、PackageGroup1=更新 または PackageGroup001=更新 形式で指定できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
package_group_name ターゲット コンピューターに展開するパッケージ グループの名前
[Settings] Priority=Default [Default] PackageGroup001=Updates

パッケージ

ターゲット コンピューターに展開するConfiguration Manager パッケージの一覧。 Packages プロパティには数値サフィックスがあります (Packages001 や Packages002 など)。

注:

PackageGroup プロパティは、PackageGroup1=更新 または PackageGroup001=更新 形式で指定できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
package_id:program_name ターゲット コンピューターに展開するパッケージの名前
[Settings] Priority=Default [Default] Packages001=NYC00010:Install Packages002=NYC00011:Install

PackageSelectionProfile

パッケージのインストール中に使用されるプロファイル名。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
profile_name パッケージのインストール時に使用されるプロファイル名
[Settings] Priority=Default [Default] PackageSelectionProfile=CoreApplications

パラメーター

Table プロパティで 指定されたテーブル内の列からプロパティ値を返すデータベース クエリに渡されるパラメーター。 テーブルは、SQLServer プロパティで指定されたコンピューターの Database プロパティで指定されたデータベースにあります。 コンピューター上のSQL Serverのインスタンスは、Instance プロパティで指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
parameter1、parameter2 データベース クエリに渡すパラメーターの一覧
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 SQLShare=SQL$ Database=MDTDB Instance=SQLEnterprise2005 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

ParameterCondition

Parameters プロパティに一覧表示されているプロパティに対してブール値 AND または OR 演算が実行されるかどうかを示すインジケーター。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
AND Boolean AND 操作は、 Parameters プロパティに一覧表示されているプロパティに対して実行されます。 Parameters プロパティで指定されたすべてのプロパティに一致する結果のみが返されます。 これは既定の値です。
または Boolean OR 演算は、 Parameters プロパティに一覧表示されているプロパティに対して実行されます。 Parameters プロパティで指定されたプロパティと一致する結果が返されます。
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 SQLShare=SQL$ Database=MDTDB Instance=SQLEnterprise2005 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

ParentDomainDNSName

子ドメインをインストールするときに、既存のディレクトリ サービス ドメインの DNS ドメイン名を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name 子ドメインをインストールするときに、既存のディレクトリ サービス ドメインの DNS ドメイン名を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] ParentDomainDNSName=WoodGroveBank.com

Password

メンバー サーバーをドメイン コントローラーに昇格させるために使用するユーザー名 (アカウント資格情報) のパスワードを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
password メンバー サーバーをドメイン コントローラーに昇格させるために使用するユーザー名 (アカウント資格情報) のパスワードを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] Password=<complex_password>

段階

デプロイ プロセスの現在のフェーズ。 タスク シーケンサーは、これらのフェーズを使用して、完了する必要があるタスクを決定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
検証 展開プロセスを完了するために必要なスクリプトをターゲット コンピューターが実行できることを示します。
STATECAPTURE 新しいターゲット オペレーティング システムをデプロイする前に、ユーザー状態の移行データを保存します。
プレインストール ターゲット オペレーティング システムを展開する前に実行する必要があるタスク (新しいパーティションの作成など) を完了します。
インストール ターゲット コンピューターにターゲット オペレーティング システムをインストールします。
POSTINSTALL ユーザー状態移行データを復元する前に実行する必要があるタスクを完了します。 これらのタスクでは、ターゲット コンピューターを初めて起動する前にターゲット オペレーティング システムをカスタマイズします (更新プログラムのインストールやドライバーの追加など)。
STATERESTORE 状態キャプチャ フェーズ中に保存されたユーザー状態移行データを復元します。
None

ポート

Table プロパティで指定されたテーブル内の列からプロパティ値を照会するために使用されるSQL Server データベース インスタンスに接続するときに使用するポートの数。 データベースは、 SQLServer プロパティで指定されたコンピューターに存在します。 コンピューター上のSQL Serverのインスタンスは、Instance プロパティで指定します。 接続中に使用されるポートは、 Port プロパティで指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
port SQL Server に接続するときに使用されるポートの数
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 Database=MDTDB Instance=MDT2010 Port=1433 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

PowerUsers

ターゲット コンピューターのローカル Power Users グループに追加するユーザー アカウントとドメイン グループの一覧。 PowerUsers プロパティは、空白以外の値を指定できるテキスト値の一覧です。 PowerUsers プロパティには数値サフィックスがあります (PowerUsers1PowerUsers2 など)。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name ローカル Power Users グループに追加するユーザーまたはグループの名前
[Settings] Priority=Default [Default] Administrators001=WOODGROVEBANK\NYC Help Desk Staff PowerUsers001=WOODGROVEBANK\User01 PowerUsers002=WOODGROVEBANK\User02

PrepareWinRE

このプロパティは、Windows REと必要に応じて DaRT を含む LiteTouchPE.wim ファイルを回復パーティションとしてシステム ドライブに適用するかどうかを指定します。 これにより、ターゲット コンピューターは LiteTouchPE.wim イメージを使用して回復タスクを実行できます。 必要に応じて DaRT をイメージに含めることができます。これにより、DaRT 回復機能がターゲット コンピューターで使用できるようになります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
動作する Windows REと必要に応じて DaRT を含む LiteTouchPE.wim ファイルは、回復パーティションとしてシステム ドライブに適用されます。
その他の値 Windows REと必要に応じて DaRT を含む LiteTouchPE.wim ファイルは、回復パーティションとしてシステム ドライブに適用されません。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] PrepareWinRE=YES

優先度

構成値を検索するためのシーケンスを決定する予約済みプロパティ。 Priority 予約プロパティには、検索する各セクションと、セクションが検索される順序が一覧表示されます。 プロパティ値が見つかると、ZTIGather.wsf スクリプトはプロパティの検索を終了し、残りのセクションはそのプロパティに対してスキャンされません。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
section1,section2 検索するセクションは、検索する順序で検索する必要があります。
[Settings] Priority=MACAddress, Default [Default] UserDataLocation=NONE CustomProperty=TRUE [00:0F:20:35:DE:AC] OSDNEWMACHINENAME=HPD530-1 [00:03:FF:FE:FF:FF] OSDNEWMACHINENAME=BVMXP

ProcessorSpeed

MHz のターゲット コンピューターにインストールされているプロセッサの速度。 たとえば、値 1995 は、ターゲット コンピューター上のプロセッサが 1,995 MHz または 2 ギガヘルツで実行されていることを示します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
processor_speed メガヘルツのターゲット コンピューター上のプロセッサの速度
None

製品

ターゲット コンピューターの製品名。 一部のコンピューター ベンダーでは、特定の構成 (ハイパースレッドまたは非ハイパースレッド チップセットなど) の特性を識別するために、make と model が十分に一意でない場合があります。 Product プロパティは、区別に役立ちます。

Product の形式は未定義です。 このプロパティを使用して、特定のコンピューター製造元の特定のコンピューター モデル番号の特定の製品名を対象とする設定を含むサブセクションを作成します (最も一般的には 、Make プロパティと Model プロパティと組み合わせて)。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
製品 ターゲット コンピューターの製品名
None

ProductKey

ターゲット コンピューター用に構成するプロダクト キー文字列。 ターゲット オペレーティング システムを展開する前に、指定したプロダクト キーがUnattend.xmlの適切な場所に自動的に挿入されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
product_key ターゲット コンピューターに割り当てられるプロダクト キー
[Settings] Priority=Default [Default] ProductKey=AAAAA-BBBBB-CCCCC-DDDDD-EEEEE-FFFFF

プロパティ

カスタムのユーザー定義プロパティを定義する予約済みプロパティ。 これらのユーザー定義プロパティは、CustomSettings.ini ファイル、BootStrap.ini ファイル、または MDT DB 内の ZTIGather.wsf スクリプトによって配置されます。 これらのプロパティは、MDT の定義済みプロパティに追加されています。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
custom_property1,custom_property2 解決するカスタムのユーザー定義プロパティ
[Settings] Priority=MACAddress, Default Properties=CustomProperty, ApplicationInstall [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac UserDataLocation=NONE CustomProperty=TRUE [00:0F:20:35:DE:AC] OSDNEWMACHINENAME=HPD530-1 ApplicationInstall=Custom [00:03:FF:FE:FF:FF] OSDNEWMACHINENAME=BVMXP ApplicationInstall=Minimum

ReplicaDomainDNSName

レプリケートするドメインの DNS ドメイン名を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name レプリケートするドメインの DNS ドメイン名を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] ReplicaDomainDNSName=WoodGroveBank.com

ReplicaOrNewDomain

新しいドメイン コントローラーを新しいディレクトリ サービス ドメインの最初のドメイン コントローラーとしてインストールするか、レプリカ ディレクトリ サービス ドメイン コントローラーとしてインストールするかを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
レプリカ レプリカ ディレクトリ サービス ドメイン コントローラーとして新しいドメイン コントローラーをインストールします。
ドメイン 新しいディレクトリ サービス ドメインの最初のドメイン コントローラーとして新しいドメイン コントローラーをインストールします。 有効な値を持つ TreeOrChild エントリを指定する必要があります。
[Settings] Priority=Default [Default] ReplicaOrNewDomain=Domain

ReplicationSourceDC

ドメイン情報をレプリケートするドメイン コントローラーの完全な DNS 名を示します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name ドメイン情報をレプリケートするドメイン コントローラーの完全な DNS 名を示します
[Settings] Priority=Default [Default] ReplicationSourceDC=dc01.WoodGroveBank.com

ResourceDrive

ターゲット コンピューターへのドライバーとパッチのインストールに使用する ZTIDrivers.wsf スクリプトと ZTIPatches.wsf スクリプトの ResourceRoot プロパティにマップされたドライブ文字。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
drive_letter リソースを含む論理ドライブの文字指定
None

ResourceRoot

このプロパティの値は、ターゲット コンピューターにドライバーとパッチをインストールするために、ZTIDrivers.wsf スクリプトと ZTIPatches.wsf スクリプトによって使用されます。

注:

LTI の場合、スクリプトによって ResourceRoot プロパティが DeployRoot プロパティと同じに自動的に設定されます。 ZTI の場合、 DeployRoot プロパティと ResourceRoot プロパティの値は一意にすることができます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
UNC_path リソースを含む共有フォルダーへの UNC パス
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceDrive=R: ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UserDataLocation=NONE

役割

ターゲット コンピューターでユーザーが実行したタスクに基づくコンピューターの目的。 Role プロパティには、空白以外の値を指定できるテキスト値が一覧表示されます。 Role プロパティの値には、数値サフィックス (Role1Role2 など) があります。 定義すると、ロールがコンピューターに関連付けられます。 コンピューターは複数の役割を実行できます。

通常、 Role プロパティの値は、MDT DB でデータベース クエリを実行することによって設定されます。 Deployment Workbench は、ロールに関連付けられたロールとプロパティの設定を作成するのに役立ちます。その後、Deployment Workbench は、 ロール プロパティとロールに関連付けられているプロパティ設定のデータベース クエリを実行するようにCustomSettings.iniを構成できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
役割 個々のコンピューターまたはコンピューターのグループに割り当てられるロール
例 1
[Settings] Priority=RoleSettings, Default [Default] SkipCapture=NO UserDataLocation=AUTO DeployRoot=\\W2K3-SP1\Distribution$ OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:15 /o /c LoadStateArgs=/v:7 /c [RoleSettings] SQLServer=w2k3-sp1 Instance=MDT2010 Database=MDTDB Netlib=DBNMPNTW SQLShare=SQL_Share Table=RoleSettings Parameters=Role
例 2
[Settings] Priority=RoleSettings, Default [Default] SkipCapture=NO UserDataLocation=AUTO DeployRoot=\\W2K3-SP1\Distribution$ OSInstall=YES Role1=Teller Role2=Woodgrove User [RoleSettings] SQLServer=w2k3-sp1 Instance=MDT2010 Database=MDTDB Netlib=DBNMPNTW SQLShare=SQL_Share Table=RoleSettings Parameters=Role

SafeModeAdminPassword

コンピューターをセーフ モードで起動するとき、またはディレクトリ サービスの復元モードなどのセーフ モードのバリアントを起動するときに、管理者アカウントのパスワードを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
password コンピューターをセーフ モードまたはセーフ モード (ディレクトリ サービスの復元モードなど) のバリアントで起動するときに、管理者アカウントのパスワードを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] SafeModeAdminPassword=<complex_password>

ScanStateArgs

USMT Scanstate プロセスに渡される引数。 スクリプトはScanstate.exeを呼び出し、適切なログ記録、進行状況、および状態ストア パラメーターを挿入します。 この値が設定ファイルに含まれていない場合、ユーザー状態のバックアップ プロセスはスキップされます。

注:

SCANStateArgs プロパティで /I パラメーターを使用するのではなく、Scanstate.exeで使用する.xml ファイルを指定するには、USMTMigFiles プロパティを使用します。 これにより、ZTIUserState.wsf スクリプトが同じ.xml ファイルの一覧を複製する可能性があります。

注:

このプロパティを構成するときは、/hardlink/nocompress、/encrypt/key、または /keyfile のいずれかのコマンド ライン引数を追加しないでください。 MDT スクリプトは、現在のデプロイ シナリオに該当する場合、これらのコマンド ライン引数を追加します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
arguments Scanstate.exeに渡されるコマンド ライン引数。

Deployment Workbench で指定される既定の引数は次のとおりです。

- /v。 Scanstate ログで詳細出力を有効にします。 既定値は 0 です。 0 ~ 15 の任意の数値を指定します。 値 5 では、詳細出力と状態出力が有効になります。

- /o。 ストア内の既存のデータを上書きします。 指定しない場合、ストアにデータが既に含まれている場合、Scanstate は失敗します。 このオプションは、コマンド プロンプト ウィンドウで複数回指定することはできません。

- /c. 指定すると、致命的でないエラーが発生した場合でも、Scanstate は引き続き実行されます。 /c オプションがない場合、Scanstate は最初のエラーで終了します。

これらの引数とその他の引数の詳細については、USMT ヘルプ ファイルを参照してください。
[Settings] Priority=Default [Default] ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName%

シリアル番号

ターゲット コンピューターのシリアル番号。 シリアル番号の形式は未定義です。 特定のコンピューターを対象とする設定を含むサブセクションを作成するには、このプロパティを使用します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
serial_number シリアル番号の形式は未定義であり、各コンピューター製造元のシリアル番号標準によって決まります。
None

Sitename

新しいドメイン コントローラーを配置できる既存のサイトの名前を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name 新しいドメイン コントローラーを配置できる既存のサイトの名前を指定します
[Settings] Priority=Default [Default] SiteName=FirstSite

SkipAdminAccounts

ローカル管理者ウィザード ページをスキップするかどうかを示します。

注:

このプロパティのこの既定値は YES です。これは、 ローカル管理者 ウィザード ページが既定でスキップされることを意味します。 このウィザード ページを表示するには、CustomSettings.iniまたは MDT DB でこのプロパティの値を NO に設定する必要があります。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。 これは既定の値です。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminAccounts=NO SkipAdminPassword=NO SkipApplications=NO SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO SkipProductKey=YES

SkipAdminPassword

管理者パスワード ウィザード ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipApplications=NO SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO SkipProductKey=YES

SkipApplications

[インストールするアプリケーションを 1 つ以上選択する ] ページがスキップされるかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=NO SkipApplications=YES SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO SkipProductKey=YES

SkipBDDWelcome

[Windows 展開へようこそ] ウィザード ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注:

このプロパティを正しく機能させるには、CustomSettings.iniとBootStrap.iniの両方で構成する必要があります。 BootStrap.iniは、デプロイ共有 (CustomSettings.iniを含む) が選択される前に処理されます。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipApplications=NO SkipBDDWelcome=YES SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO SkipProductKey=YES

SkipBitLocker

[BitLocker 構成ウィザードの指定] ページがスキップされるかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipApplications=NO SkipBDDWelcome=YES SkipBitLocker=YES SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipBuild

[このコンピューター ウィザードで実行するタスク シーケンスの選択] ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipApplications=NO SkipBDDWelcome=YES SkipBuild=YES SkipComputerBackup=NO SkipComputerName=NO SkipDomainMembership=NO SkipFinalSummary=NO SkipSummary=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipCapture

[イメージ ウィザードをキャプチャするかどうかを指定する] ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=YES SkipApplications=NO SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipComputerBackup

[コンピューターのバックアップ ウィザード全体を 保存する場所を指定する ] ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=NO SkipApplications=NO SkipComputerBackup=YES SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipComputerName

[コンピューター名の構成] ウィザード ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=NO SkipApplications=NO SkipComputerBackup=NO SkipComputerName=YES SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipDomainMembership

[コンピューターをドメインまたはワークグループに参加させる] ウィザード ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=NO SkipApplications=NO SkipComputerBackup=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO SkipDomainMembership=NO

SkipFinalSummary

[オペレーティング システムの展開が正常に完了しました] ウィザード ページがスキップされたかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注:

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipApplications=NO SkipBDDWelcome=YES SkipComputerBackup=NO SkipComputerName=NO SkipDomainMembership=NO SkipFinalSummary=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO SkipProductKey=YES

SkipGroupSubFolders

既定では、ドライバー、パッチ (パッケージ) などを挿入するときに含めるフォルダーを指定する場合、値は次のように指定されます。

DriverGroup001=TopFolder\SecondFolder  
PackageGroup001=TopFolder\SecondFolder  

既定では、"SecondFolder" の下にあるすべてのサブフォルダーも含まれます。CustomSettings.iniで SkipGroupSubFoldersYES に設定されている場合、サブフォルダーが除外され、"SecondFolder" の内容のみが追加されるように、この動作が変更されます。

DriverGroup001、PackageGroup001 などのグループと照合するときにサブフォルダーを除外するには、 SkipGroupSubFoldersYES に設定します。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい グループに対して一致する場合は、サブフォルダーを含めないでください。
いいえ グループとの照合時にサブフォルダーを含めます。 これは既定の動作です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipGroupSubFolders=NO

SkipLocaleSelection

[ロケールの選択] ウィザード ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipApplications=NO SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipPackageDisplay

[パッケージ] ウィザード ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipApplications=NO SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=YES SkipLocaleSelection=NO

SkipProductKey

[このオペレーティング システム ウィザードのインストールに必要なプロダクト キーの指定] ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipApplications=NO SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO SkipProductKey=YES

SkipRearm

このプロパティは、MDT が Office 2010 25 日間のライセンス認証猶予期間Microsoftをリアームするかどうかを構成するために使用されます。 Microsoft Office 2010 がカスタム イメージにキャプチャされた場合、ユーザーは、展開後 25 日後ではなく、イメージの展開直後にアクティブ化通知ダイアログ ボックスを表示します。

既定では、MDT は、LTISysprep.wsf スクリプトを実行するときに、Office 2010 の 25 日間のライセンス認証猶予期間をMicrosoftに戻します。 このプロパティの値を YES に設定すると、MDT は office 2010 25 日間のライセンス認証猶予期間Microsoftの再調整をスキップできます。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい MDT は、office 2010 25 日間のライセンス認証猶予期間Microsoftを再提供しません。
いいえ MDT は、Microsoft Office 2010 25 日間のライセンス認証猶予期間をリアームします。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=Y SkipCapture=YES SkipAdminPassword=NO SkipProductKey=YES SkipRearm=YES DoCapture=YES

SkipRoles

[ロールと機能] ウィザード ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipApplications=NO SkipBDDWelcome=YES SkipTaskSequence=Yes SkipComputerBackup=NO SkipComputerName=NO SkipDomainMembership=NO SkipFinalSummary=NO SkipRoles=YES SkipSummary=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipSummary

[ ウィザードの開始準備完了 ] ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipApplications=NO SkipBDDWelcome=YES SkipTaskSequence=Yes SkipComputerBackup=NO SkipComputerName=NO SkipDomainMembership=NO SkipFinalSummary=NO SkipSummary=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipTaskSequence

[このコンピューター ウィザードで実行するタスク シーケンスの選択] ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注:

Deployment Workbench を使用して展開ウィザードを構成し、[このコンピューター ウィザードで実行するタスク シーケンスの選択] ページをスキップする場合は、SkipBuild プロパティを指定します。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipApplications=NO SkipBDDWelcome=YES SkipTaskSequence=NO SkipComputerBackup=NO SkipComputerName=NO SkipDomainMembership=NO SkipFinalSummary=NO SkipSummary=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipTimeZone

[タイム ゾーンの設定] ウィザード ページをスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipApplications=NO SkipBDDWelcome=YES SkipTaskSequence=YES SkipComputerBackup=NO SkipComputerName=NO SkipDomainMembership=NO SkipFinalSummary=NO SkipSummary=NO SkipTimeZone=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO

SkipUserData

[ユーザー データを復元するかどうかを指定する] および [データと設定の保存場所の指定] ウィザード ページがスキップされるかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード ページは表示されず、そのページの情報は収集されません。
いいえ ウィザード ページが表示され、そのページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=NO SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipApplications=NO SkipComputerBackup=NO SkipDomainMembership=NO SkipUserData=NO SkipPackageDisplay=NO SkipLocaleSelection=NO SkipProductKey=YES

SkipWizard

展開ウィザード全体をスキップするかどうかを示します。

このプロパティを YES に設定するときに構成する必要があるその他のプロパティについては、「 スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの提供」を参照してください。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
はい ウィザード全体は表示されず、ウィザード ページの情報は収集されません。
いいえ ウィザードが表示され、有効なウィザード ページの情報が収集されます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] SkipWizard=YES

SLShare

デプロイ プロセスの最後にデプロイ ログが格納されるネットワーク共有フォルダー。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
shared_folder スクリプト ログが格納されているネットワーク共有フォルダーの名前
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ UDProfiles=Administrator, User-01, ExtranetUser UserDataLocation=NONE SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipProductKey=YES

SLShareDynamicLogging

展開中にすべての MDT ログを書き込むネットワーク共有フォルダー。 これは、高度なリアルタイム デバッグにのみ使用されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
shared_folder スクリプト ログが格納されているネットワーク共有フォルダーの名前
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ SLShareDynamicLogging=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ UDProfiles=Administrator, User-01, ExtranetUser UserDataLocation=NONE SkipCapture=NO SkipAdminPassword=YES SkipProductKey=YES

SMSTSAssignUserMode

ユーザー デバイス アフィニティ (UDA) を有効にするかどうか、および承認が必要かどうかを指定します。 このプロパティは、Configuration Managerの UDA 機能でのみ機能します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Auto ユーザーとターゲット デバイスの間のアフィニティが確立され、承認が自動的に実行されます。
Pending ユーザーとターゲット デバイスの間のアフィニティが確立され、Configuration Manager管理者の承認に対する承認が送信されます。
Disable ユーザーとターゲット デバイスの間のアフィニティが確立されていません。
[Settings] Priority=Default [Default] SMSTSAssignUserMode=Auto SMSTSUdaUsers=Fabrikam\Ken, Fabrikam\Pilar

SMSTSRunCommandLineUserName

ユーザーとして実行するように構成されたコマンド ラインの実行ステップで使用する必要がある、Domain\User_Name 形式のユーザー名を指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
User_name コマンド ラインの実行ステップで使用するユーザー名を指定します。
[Settings] Priority=Default [Default] SMSTSRunCommandLineUserName=Fabrikam\Ken SMSTSRunCommandLineUserPassword=<complex_password>

SMSTSRunCommandLineUserPassword

ユーザーとして実行するように構成された コマンド ラインの実行 ステップで使用するパスワードを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
user_password コマンド ラインの実行手順で使用するパスワードを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] SMSTSRunCommandLineUserName=Fabrikam\Ken SMSTSRunCommandLineUserPassword=<complex_password>

SMSTSUdaUsers

UDA 機能を使用して特定のデバイスとのアフィニティを割り当てるユーザーを指定します。これは、Configuration Managerでのみ使用できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
user1、user2、... ターゲット デバイスとのアフィニティが割り当てられる Domain\User_Name 形式のユーザーのコンマ区切りの一覧。

注意:

この値では、 Fabrikam\Ken などの NetBIOS ドメイン名のみを使用できます。 完全修飾ドメイン名 (fabrikam.com\Ken) または UPN 表記 (ken@fabrikam.com) を使用することはできません。
[Settings] Priority=Default [Default] SMSTSAssignUserMode=Auto SMSTSUdaUsers=Fabrikam\Ken, Fabrikam\Pilar

Sqlserver

Table プロパティで指定されたテーブル内の列からプロパティ値を返すデータベース クエリを実行するSQL Serverを実行しているコンピューターの ID。 クエリは、Parameters プロパティと ParameterCondition プロパティで指定されたパラメーターに基づいています。 コンピューター上のSQL Serverのインスタンスは、Instance プロパティで指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
SQL_server SQL Serverを実行しているコンピューターの名前
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 SQLShare=SQL$ Database=MDTDB Instance=SQLEnterprise2005 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

SQLShare

SQL Serverを実行しているコンピューター上の共有フォルダーの名前 (SQLServer プロパティで指定)。 認証に使用される資格情報は、UserDomainUserID、および UserPassword プロパティ (LTI と ZTI の場合) またはConfiguration Manager Advanced Client アカウント資格情報 (ZTI のみ) によって提供されます。

注:

統合Windows 認証を実行するには、このプロパティを指定する必要があります。 これは、(SQL Server認証方法をサポートする) DBID プロパティと DBPwd プロパティを使用するのではなく、推奨される認証方法です。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
shared_folder SQL Serverを実行しているコンピューター上の共有フォルダーの名前
[Settings] Priority=Computers, Default Properties=MyCustomProperty [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 SQLShare=SQL$ Database=MDTDB Instance=MDT2010 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

StatePath

このプロパティは、ユーザー状態移行データを格納するパス (UNC パス、ローカル パス、または相対パス) を設定するために使用されます。 OSDStateStorePath プロパティは、これらのプロパティも指定されている場合、StatePath プロパティまたは UserDataLocation プロパティよりも優先されます。

注:

このプロパティは、以前のバージョンの MDT との下位互換性のために提供されます。 代わりに OSDStateStorePath プロパティを使用します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
パス ユーザー状態移行データが格納されるパス。UNC パス、ローカル パス、または相対パスを指定できます。
[Settings] Priority=Default [Default] SitePath=\\fs1\Share\Replace ComputerBackupLocation=\\fs1\Share\ComputerBackup\Client01

StoredProcedure

テーブルまたはビューの列からプロパティ値を返すデータベース クエリの実行時に使用されるストアド プロシージャの名前。 ストアド プロシージャは、 Database プロパティで指定されたデータベースにあります。 SQL Serverを実行しているコンピューターは、SQLServer プロパティで指定します。 コンピューター上のSQL Serverのインスタンスは、Instance プロパティで指定します。 ストアド プロシージャの名前は、 StoredProcedure プロパティで指定します。

ストアド プロシージャを使用してSQL Server データベースに対してクエリを実行する方法の詳細については、MDT ドキュメントの「Deployment Toolkit Samples Guide」の「以前のアプリケーション バージョンに基づくアプリケーションのデプロイ」Microsoft参照してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
stored_procedure SQL Server データベースのクエリに使用されるストアド プロシージャの名前
[Settings] Priority=DynamicPackages, Default [Default] OSInstall=YES [DynamicPackages] SQLDefault=DB_DynamicPackages [DB_DynamicPackages] SQLServer=SERVER1 Database=MDTDB StoredProcedure=RetrievePackages Parameters=MacAddress SQLShare=Logs Instance=MDT2013 Port=1433 Netlib=DBNMPNTW

SupportsHyperVRole

ターゲット コンピューター上のプロセッサ リソースが Windows Server で Hyper-V サーバーの役割をサポートできるかどうかを指定します。 次のプロパティの値が TRUE に設定されている場合、このプロパティは True です

  • SupportsNX

  • SupportsVT

  • Supports64Bit

    前の各プロパティは、 CPUID インターフェイスからの情報を使用して設定されます。 VM に関して収集される詳細情報と CPUID インターフェイスから返される情報については、次のプロパティを参照してください。

  • IsHypervisorRunning

  • IsVM

  • SupportsNX

  • SupportsVT

  • Supports64Bit

  • VMPlatform

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューターのプロセッサ リソースは、Windows Server での Hyper-V サーバーの役割をサポートできます。
FALSE ターゲット コンピューターのプロセッサ リソースは、Windows Server での Hyper-V サーバーの役割をサポートできません。
None

SupportsNX

ターゲット コンピューター上のプロセッサ リソースが実行なし (NX) テクノロジをサポートするかどうかを指定します。 NX テクノロジは、プロセッサ命令 (コード) のストレージまたはデータの格納で使用するメモリ領域を分離するために、プロセッサで使用されます。 このプロパティは、 CPUID インターフェイスからの情報を使用して設定されます。

VM に関して収集される詳細情報と CPUID インターフェイスから返される情報については、次のプロパティを参照してください。

  • IsHypervisorRunning

  • IsVM

  • SupportsHyperVRole

  • SupportsVT

  • Supports64Bit

  • VMPlatform

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューターのプロセッサ リソースは NX テクノロジをサポートします。
FALSE ターゲット コンピューターのプロセッサ リソースは NX テクノロジをサポートしていません。
None

SupportsVT

ターゲット コンピューター上のプロセッサ リソースが仮想化テクノロジ (VT) 機能をサポートするかどうかを指定します。 VT は、Hyper-V などの現在の仮想化環境をサポートするために使用されます。 このプロパティは、CPUID インターフェイスからの情報を使用して設定されます。

VM に関して収集される詳細情報と CPUID インターフェイスから返される情報については、次のプロパティを参照してください。

  • IsHypervisorRunning

  • IsVM

  • SupportsHyperVRole

  • SupportsNX

  • Supports64Bit

  • VMPlatform

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューターのプロセッサ リソースは VT テクノロジをサポートします。
FALSE ターゲット コンピューターのプロセッサ リソースは VT テクノロジをサポートしていません。
None

Supports64Bit

ターゲット コンピューター上のプロセッサ リソースが Windows 64 ビット オペレーティング システムをサポートするかどうかを指定します。 ほとんどの最新の仮想化環境では、64 ビット プロセッサ アーキテクチャが必要です。 このプロパティは、 CPUID インターフェイスからの情報を使用して設定されます。

VM に関して収集される詳細情報と CPUID インターフェイスから返される情報については、次のプロパティを参照してください。

  • IsHypervisorRunning

  • IsVM

  • SupportsHyperVRole

  • SupportsNX

  • SupportsVT

  • VMPlatform

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE ターゲット コンピューターのプロセッサ リソースは、Windows 64 ビット オペレーティング システムをサポートします。
FALSE ターゲット コンピューターのプロセッサ リソースは、Windows 64 ビット オペレーティング システムをサポートしていません。
None

SysVolPath

ローカル コンピューターの固定ディスク上のディレクトリへの完全修飾の UNC 以外のパスを指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
path ローカル コンピューターの固定ディスク上のディレクトリへの完全修飾の UNC 以外のパスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] SysVolPath=%DestinationLogicalDrive%\Windows\Sysvol

Table

テーブルまたはビューの列からプロパティ値を返すデータベース クエリの実行に使用するテーブルまたはビューの名前。 クエリは、Parameters プロパティと ParameterCondition プロパティで指定されたパラメーターに基づいています。 テーブルまたはビューは、 Database プロパティで指定されたデータベースにあります。 SQL Serverを実行しているコンピューターは、SQLServer プロパティで指定します。 コンピューター上のSQL Serverのインスタンスは、Instance プロパティで指定します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Table_name プロパティ値のクエリを実行するテーブルまたはビューの名前
[Settings] Priority=Computers, Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac [Computers] SQLServer=NYC-SQL-01 SQLShare=SQL$ Database=MDTDB Instance=MDT2010 Table=Computers Parameters=SerialNumber, AssetTag ParameterCondition=OR

TaskSequenceID

ターゲット コンピューターに展開するオペレーティング システム タスク シーケンスを識別します。 タスク シーケンス ID は、Deployment Workbench の [タスク シーケンス] ノードに作成されます。 TaskSequenceID プロパティでは、英数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_) を使用できます。 TaskSequenceID プロパティを空白にしたり、スペースを含めたりすることはできません。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
task_sequence_id 展開対象のオペレーティング システムの Deployment Workbench で定義されているオペレーティング システム タスク シーケンスの識別子

注意:

必ず、 TaskSequenceID の GUID ではなく、Deployment Workbench UI で指定されている TaskSequenceID を使用してください。
[Settings] Priority=Default [Default] TaskSequenceID=BareMetal

TaskSequenceName

実行するタスク シーケンスの名前を指定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
task_sequence_name 実行されているタスク シーケンスの名前 (参照コンピューターへのWindows 8.1の展開など)
None

TaskSequenceVersion

実行するタスク シーケンスのバージョンを指定します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
task_sequence_version 実行されているタスク シーケンスのバージョン (1.00 など)
None

TimeZoneName

ターゲット コンピューターが配置されているタイム ゾーン。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
time_zone_name ターゲット コンピューターが配置されているタイム ゾーンを示すテキスト値
[Settings] Priority=Default [Default] TimeZoneName=Pacific Standard Time DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ UDProfiles=Administrator, User-01, ExtranetUser UserDataLocation=NONE

ToolRoot

Tools\proc_arch フォルダーへの UNC パスを指定します ( proc_arch は現在実行中のオペレーティング システムのプロセッサ アーキテクチャであり、 値は x86 またはx64 で、 DeployRoot プロパティで指定されたフォルダー構造のルートのすぐ下にあります。 Tools\proc_arch フォルダーには、展開プロセス中に MDT が使用するユーティリティが含まれています。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
path Tools\proc_arch フォルダーへの UNC またはローカル パス (proc_archは現在実行中のオペレーティング システムのプロセッサ アーキテクチャであり、DeployRoot プロパティで指定されたフォルダー構造のルートのすぐ下にある x86 または x64 の値を持つことができます)。
None

TPMOwnerPassword

ターゲット コンピューターの所有者の TPM パスワード (TPM 管理パスワードとも呼ばれます)。 パスワードは、ファイルに保存することも、AD DS に保存することもできます。

注:

TPM 所有権が既に設定されているか、TPM 所有権が許可されていない場合、 TPMOwnerPassword プロパティは無視されます。 TPM パスワードが必要で、 TPMOwnerPassword プロパティが指定されていない場合、TPM パスワードはローカル管理者パスワードに設定されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
password ターゲット コンピューターの所有者の TPM パスワード
[Settings] Priority=Default [Default] BDEDriveLetter=S: BDEDriveSize=2000 BDEInstall=TPMKey BDERecoveryKey=TRUE BDEKeyLocation=C: TPMOwnerPassword=<complex_password> BackupShare=\\NYC-AM-FIL-01\Backup$ BackupDir=%OSDComputerName% DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName%

UDDir

ユーザー状態移行データが格納されているフォルダー。 このフォルダーは、 UDShare で指定されたネットワーク共有フォルダーの下に存在します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
フォルダー ネットワーク共有フォルダーの下に存在するフォルダーの名前
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ UDProfiles=Administrator, User-01, ExtranetUser UserDataLocation=NONE SkipCapture=NO

UDProfiles

状態キャプチャ フェーズ中にScanstate.exeで保存する必要があるユーザー プロファイルのコンマ区切りのリスト。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
user_profiles 保存するユーザー プロファイルの一覧をコンマで区切って指定します
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ UDProfiles=Administrator, User-01, ExtranetUser UserDataLocation=NONE SkipCapture=NO

UDShare

ユーザー状態移行データが格納されているネットワーク共有。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
UNC_path ユーザー状態移行データが格納されているネットワーク共有への UNC パス
[Settings] Priority=Default [Default] DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ UDProfiles=Administrator, User-01, ExtranetUser UserDataLocation=NONE SkipCapture=NO

UILanguage

ターゲット オペレーティング システムで使用される既定の言語。 指定しない場合、 展開ウィザード は、展開するイメージで構成された言語を使用します。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
UI_language ターゲット コンピューター上のオペレーティング システムの既定の言語
[Settings] Priority=Default [Default] UserLocale=en-us UILanguage=en-us KeyboardLocale=0409:00000409

UserDataLocation

USMT がユーザー状態移行データを格納する場所。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
空白 UserDataLocationが指定されていないか、空白のままにされている場合、展開ウィザードは既定で AUTO 動作を使用します。
UNC_path ユーザー状態移行データが格納されているネットワーク共有フォルダーへの UNC パス。
自動 デプロイ スクリプトは、空き領域がある場合、ローカル ハード ディスクにユーザー状態の移行データを格納します。 それ以外の場合、ユーザー状態移行データは、 UDShare プロパティと UDDir プロパティで指定されているネットワークの場所に保存されます。
ネットワーク ユーザー状態移行データは、 UDShare プロパティと UDDir プロパティによって指定された場所に格納されます。
なし ユーザー状態の移行データは保存されません。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac DoCapture=YES BackupShare=\\NYC-AM-FIL-01\Backup$ BackupDir=%OSDComputerName% UserDataLocation=NETWORK DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName%

UserDomain

ユーザーの資格情報 ( UserID プロパティで指定) が存在するドメイン。

注:

完全に自動化された LTI デプロイの場合は、CustomSettings.iniとBootStrap.iniの両方でこのプロパティを指定します。 ただし、これらのファイルにユーザー資格情報を格納すると、資格情報がクリア テキストに格納されるため、セキュリティで保護されないことに注意してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
domain ユーザー アカウント資格情報が存在するドメインの名前
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UserDataLocation=NONE UserDomain=WOODGROVEBANK UserID=NYC Help Desk Staff UserPassword=<complex_password>

UserID

ネットワーク リソースにアクセスするためのユーザー資格情報。

注:

完全に自動化された LTI デプロイの場合は、CustomSettings.iniとBootStrap.iniの両方でこのプロパティを指定します。 ただし、これらのファイルにユーザー資格情報を格納すると、資格情報がクリア テキストに格納されるため、セキュリティで保護されないことに注意してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
User_id ネットワーク リソースへのアクセスに使用されるユーザー アカウント資格情報の名前
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UserDataLocation=NONE UserDomain=WOODGROVEBANK UserID=NYC-HelpDesk UserPassword=<complex_password>

UserLocale

ターゲット オペレーティング システムで使用するユーザー ロケール。 指定しない場合、 展開ウィザード では、展開中のイメージで構成されたユーザー ロケールが使用されます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
user_locale ターゲット コンピューター上のユーザーのロケール。 値はテキスト値 (en-us) として指定されます。
例 1
[Settings] Priority=Default [Default] UserLocale=en-us KeyboardLocale=0409:00000409
例 2
[Settings] Priority=Default [Default] UserLocale=en-us KeyboardLocale=en-us

UserPassword

UserID プロパティで指定されたユーザー資格情報のパスワード。

注:

完全に自動化された LTI デプロイの場合は、CustomSettings.iniとBootStrap.iniの両方でこのプロパティを指定します。 ただし、これらのファイルにユーザー資格情報を格納すると、資格情報がクリア テキストに格納されるため、セキュリティで保護されないことに注意してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
user_password ユーザー アカウント資格情報のパスワード
[Settings] Priority=Default [Default] UserDataLocation=NONE UserDomain=WOODGROVEBANK UserID=NYC-HelpDesk UserPassword=<complex_password>

USMTConfigFile

ScanstateLoadstate の実行時に使用する必要がある USMT 構成 XML ファイル。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
USMTConfigFile Scanstate.exeとLoadstate.exeを実行するときに使用する XML 構成ファイルの名前
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ USMTMigFiles1=MigApp.xml USMTMigFiles2=MigUser.xml USMTMigFiles3=MigSys.xml USMTMigFiles4=MigCustom.xml USMTConfigFile=USMTConfig.xml UserDataLocation=NONE

USMTLocal

このプロパティは、USMT ユーザー状態情報をターゲット コンピューターにローカルに格納するかどうかを指定します。 このプロパティは、主に ZTIUserState.wsf スクリプトと ZTIBackup.wsf スクリプトによって使用され、Configuration Manager展開の要求状態ストアリリース状態ストアのタスク シーケンス手順がスキップされることを示します。 詳細については、 OSDStateStorePath プロパティに関するページを 参照してください。

注:

このプロパティは、 OSDStateStorePath プロパティで説明されている状況でのみ使用する必要があります)。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE USMT ユーザー状態情報はターゲット コンピューターにローカルに格納され、 状態ストアの要求状態ストアの解放 タスク シーケンスの手順はスキップされます。
FALSE USMT ユーザー状態情報はターゲット コンピューターにローカルに格納されず、 状態ストアの要求状態ストアの解放 タスク シーケンスの手順が実行されます。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ USMTLocal=TRUE USMTMigFiles001=MigApp.xml USMTMigFiles002=MigUser.xml USMTMigFiles003=MigSys.xml USMTMigFiles004=MigCustom.xml UserDataLocation=NONE

USMTMigFiles

保存するユーザー状態の移行情報を識別するために USMT (Scanstate.exe) によって使用される XML 形式のファイルの一覧。 このプロパティが指定されていない場合、ZTIUserState.wsf スクリプトは、MigApp.xml、MigUser.xml、およびMigSys.xmlを使用します。 それ以外の場合、ZTIUserState.wsf はこのプロパティで明示的に参照されているファイルを使用します。 USMTMigFiles プロパティには、数値サフィックスがあります (たとえば、USMTMigFiles001USMTMigFiles002)。

注:

ScanStateArgs プロパティで /I パラメーターを使用するのではなく、Scanstate.exeで使用する XML ファイルを指定するには、このプロパティを使用します。 これにより、ZTIUserState.wsf スクリプトで同じ XML ファイルの一覧が複製される可能性があります。

注:

このプロパティ名は、1 桁の命名法 (USMTMigFiles1) または 3 桁の命名法 (USMTMigFiles001) を使用して指定できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
USMTMigFile Scanstate.exeの入力として使用する.xml ファイルの名前を、別々の行で指定します。 指定しない場合、既定値はMigApp.xml、MigUser.xml、およびMigSys.xmlです。

注意:

この値を指定した場合、これらのファイルを含める場合は、既定のファイル (MigApp.xml、MigUser.xml、およびMigSys.xml) も一覧に追加する必要があります。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES ScanStateArgs=/v:5 /o /c LoadStateArgs=/v:5 /c /lac DeployRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Distribution$ ResourceRoot=\\NYC-AM-FIL-01\Resource$ UDShare=\\NYC-AM-FIL-01\MigData$ UDDir=%OSDComputerName% SLShare=\\NYC-AM-FIL-01\Logs$ USMTMigFiles001=MigApp.xml USMTMigFiles002=MigUser.xml USMTMigFiles003=MigSys.xml USMTMigFiles004=MigCustom.xml UserDataLocation=NONE

USMTOfflineMigration

このプロパティは、MDT が USMT を使用してオフライン ユーザー状態の移行を実行するかどうかを決定します。 オフライン移行では、キャプチャは既存のオペレーティング システムではなく Windows PE で実行されます。

オフライン移行では、次の場合に USMT が実行されます。

  • UDI は、 USMTOfflineMigration プロパティの設定に関係なく、常に

  • ZTI は、MDT 更新コンピューターの展開シナリオでのみ、USMTOfflineMigration プロパティが "TRUE" に設定されている場合のみ

    注:

    ZTI を使用した MDT 新しいコンピューター展開シナリオでは、USMT オフライン ユーザー状態の移行を実行できません。

  • LTI for the:

    1. 展開ウィザードの [データと設定の移動 ] ウィザード ページを使用した MDT 新しいコンピューターの展開シナリオ

    2. MDT 更新コンピューターの展開シナリオと、USMTOfflineMigration プロパティが "TRUE" に設定されている場合のみ

    MDT と USMT を使用してオフライン ユーザー状態移行を実行する方法の詳細については、「USMT オフライン ユーザー状態の移行を構成する」を参照してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE MDT では、USMT を使用してオフライン ユーザー状態の移行を実行します。
その他の値 MDT では、オフライン ユーザー状態の移行は実行されません。 代わりに、ユーザー状態の移行は既存のオペレーティング システムでキャプチャされます。 これは既定の値です。
[Settings] Priority=Default [Default] OSInstall=YES SkipUserData=YES USMTOfflineMigration=TRUE DoNotFormatAndPartition=YES OSDStateStorePath=\\WDG-MDT-01\StateStore$

UUID

ターゲット コンピューターのシステム管理 BIOS に格納されているユニバーサル一意識別子 (UUID)。

UUID の形式は、 12345678-1234-1234-1234-1234-1234-123456789ABC の 16 進数を使用した 16 バイト値です。 特定のコンピューターを対象とする設定を含むサブセクションを作成するには、このプロパティを使用します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、その値を CustomSettings.ini または MDT DB に設定することはできません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。 ただし、次の例に示すように、CustomSettings.iniまたは MDT DB 内でこのプロパティを使用して、ターゲット コンピューターの構成を定義できます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
UUID ターゲット コンピューターの UUID
None

ValidateDomainCredentialsUNC

このプロパティは、ターゲット コンピューターをドメインに参加させるために提供される資格情報を検証するために使用されるネットワーク共有フォルダーへの UNC パスを指定するために使用されます。 検証される資格情報は、DomainAdmin、DomainAdminDomainDomainAdminPassword の各プロパティで指定されます。

注:

MDT の他のプロパティで、このプロパティ内のフォルダーを共有するサーバーが使用されていないことを確認します。 他の MDT プロパティによって既に参照されているサーバーを使用すると、資格情報の検証が不適切になる可能性があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
unc_path ネットワーク共有フォルダーへの完全修飾 UNC パスを指定します
[Settings] Priority=Default [Default] ValidateDomainCredentialsUNC=\\wdg-fs-01\Source$

VHDCreateDiffVHD

このプロパティは、差分 VHD ( VHD とも呼ばれます) ファイルの名前を指定するために使用されます。 差分 VHD は動的に展開される VHD に似ていますが、関連付けられている親 VHD の変更されたディスク ブロックのみが含まれています。 親 VHD は読み取り専用であるため、差分 VHD を変更する必要があります。 差分 VHD ファイルは親 VHD ファイルと同じフォルダーに作成されるため、このプロパティではファイル名のみが指定されます。 このプロパティは、MDT 新しいコンピューターの展開シナリオでのみ有効です。

注:

MDT によって作成されたすべての親 VHD ファイルは、親ドライブのルートにある VHD フォルダーに格納されます。

このプロパティは、通常、 仮想ハード ディスク (VHD) タスク シーケンスの種類を使用して作成されたタスク シーケンス ステップを使用して設定されます。 CustomSettings.iniでこのプロパティを構成することで、 仮想ハード ディスク (VHD) の作成 タスク シーケンス ステップ セットの値をオーバーライドできます。

注:

CustomSettings.iniでこのプロパティを構成するには、CustomSettings.iniの [プロパティ ] 行にこのプロパティを追加する必要があります。

VHD ファイルで使用される関連プロパティについては、次を参照してください。

  • VHDCreateFileName

  • VHDCreateSizeMax

  • VHDCreateSource

  • VHDCreateType

  • VHDDisks

  • VHDInputVariable

  • VHDOutputVariable

  • VHDTargetDisk

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
filename 親 VHD ファイルと同じフォルダーにある差分 VHD ファイルの名前を指定します

差分 VHD ファイルは、親 VHD ファイルと同じ名前を持つことはできません。
ランダム 親 VHD ファイルと同じフォルダーにある差分 VHD ファイルのランダムな名前を自動的に生成します
[Settings] Priority=Default [Default] VHDCreateDiffVHD=Win7Diff_C.vhd VHDInputVariable=VHDTargetDisk

VHDCreateFileName

このプロパティは、VHD ファイルの名前を指定するために使用されます。 VHD ファイルの種類は、 VHDCreateType プロパティの値に基づいています。 プロパティにはファイル名のみが含まれており、ファイル名のパスは含まれません。MDT 新しいコンピューターの展開シナリオでのみ有効です。

注:

MDT によって作成された VHD ファイルは、親ドライブのルートにある VHD フォルダーに格納されます。

このプロパティは、通常、 仮想ハード ディスク (VHD) タスク シーケンスの種類を使用して作成されたタスク シーケンス ステップを使用して設定されます。 CustomSettings.iniでこのプロパティを構成することで、 仮想ハード ディスク (VHD) の作成 タスク シーケンス ステップ セットの値をオーバーライドできます。

注:

CustomSettings.iniでこのプロパティを構成するには、CustomSettings.iniの [プロパティ ] 行にこのプロパティを追加する必要があります。

VHD ファイルで使用される関連プロパティについては、次を参照してください。

  • VHDCreateDiffVHD

  • VHDCreateSizeMax

  • VHDCreateSource

  • VHDCreateType

  • VHDDisks

  • VHDInputVariable

  • VHDOutputVariable

  • VHDTargetDisk

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
file_name VHD ファイルの名前を指定します
ランダム VHD ファイルのランダムな名前が自動的に生成されます。これは親ドライブのルートにある VHD フォルダーにあります。
空白 RANDOM と同じ
[Settings] Priority=Default [Default] VHDCreateSizeMax=130048 VHDCreateType=EXPANDABLE VHDCreateFileName=Win7_C.vhd VHDInputVariable=VHDTargetDisk

VHDCreateSizeMax

このプロパティは、VHD ファイルの最大サイズをメガバイト (MB) で指定するために使用されます。 作成時の VHD ファイルのサイズは、作成される VHD ファイルの種類に基づきます。 詳細については、 VHDCreateType プロパティに関するページを 参照してください。 このプロパティは、MDT 新しいコンピューターの展開シナリオでのみ有効です。

注:

このプロパティを指定しない場合、VHD ファイルの最大サイズの既定値は、親ディスク上の使用可能なディスク領域の 90% です。

このプロパティは、通常、 仮想ハード ディスク (VHD) タスク シーケンスの種類を使用して作成されたタスク シーケンス ステップを使用して設定されます。 仮想 ハード ディスク (VHD) の作成 タスク シーケンス ステップ セットの値をオーバーライドするには、このプロパティをCustomSettings.iniで構成します。

注:

CustomSettings.iniでこのプロパティを構成するには、CustomSettings.iniの [プロパティ ] 行にこのプロパティを追加する必要があります。

VHD ファイルで使用される関連プロパティについては、次を参照してください。

  • VHDCreateDiffVHD

  • VHDCreateFileName

  • VHDCreateSource

  • VHDCreateType

  • VHDDisks

  • VHDInputVariable

  • VHDOutputVariable

  • VHDTargetDisk

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
size MB 単位で指定された VHD ファイルの最大サイズ。 たとえば、130,048 MB は 127 GB です。 既定値は、親ディスク上の使用可能なディスク領域の 90% です。
[Settings] Priority=Default [Default] VHDCreateSizeMax=130048 VHDCreateType=FIXED VHDCreateFileName=Win7_C.vhd VHDInputVariable=VHDTargetDisk

VHDCreateSource

このプロパティは、新しい VHD ファイルを作成するためのテンプレート (ソース) として使用される VHD ファイルの名前を指定するために使用されます。 ファイル名は、UNC パス、ローカル パス、相対パス、またはファイル名だけを使用して指定できます。 ファイル名だけを指定すると、MDT はターゲット コンピューター上の VHD ファイルの検索を試みます。 このプロパティは、MDT 新しいコンピューターの展開シナリオでのみ有効です。

このプロパティは、通常、 仮想ハード ディスク (VHD) タスク シーケンスの種類を使用して作成されたタスク シーケンス ステップを使用して設定されます。 仮想 ハード ディスクの作成 (VHD) タスク シーケンス ステップで設定する値は、CustomSettings.iniでこのプロパティを構成することでオーバーライドできます。

注:

CustomSettings.iniでこのプロパティを構成するには、CustomSettings.iniの [プロパティ ] 行にこのプロパティを追加する必要があります。

VHD ファイルで使用される関連プロパティについては、次を参照してください。

  • VHDCreateDiffVHD

  • VHDCreateFileName

  • VHDCreateSizeMax

  • VHDCreateType

  • VHDDisks

  • VHDInputVariable

  • VHDOutputVariable

  • VHDTargetDisk

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name UNC パス、ローカル パス、相対パス、またはファイル名だけを使用して指定できるファイル名。 ファイル名だけを指定すると、MDT はターゲット コンピューター上の VHD ファイルの検索を試みます。
[Settings] Priority=Default [Default] VHDCreateSizeMax=130048 VHDCreateSource=\\wdg-mdt-01\vhds\win7_template.vhd VHDCreateType=FIXED VHDCreateFileName=Win7_C.vhd VHDInputVariable=VHDTargetDisk

VHDCreateType

このプロパティは、 VHDCreateFileName プロパティで指定される VHD ファイルの種類を指定するために使用され、次のいずれかの VHD ファイルの種類にすることができます。

  • VHD ファイルを修正しました。 この VHD の種類では、作成時に指定された VHD のサイズが割り当てられ、作成後に自動的に変更されることはありません。 たとえば、24 ギガバイト (GB) の固定 VHD ファイルを作成した場合、VHD ファイルに格納されている情報の量に関係なく、ファイルのサイズは約 24 GB になります (内部 VHD 構造に使用される領域)。

  • VHD ファイルを動的に展開する。 この VHD の種類では、作成時に指定された VHD のサイズのごく一部のみが割り当てられます。 その後、VHD ファイルは、そのファイルに格納される情報が増えるにつれて増加し続けます。 ただし、VHD ファイルは作成時に指定されたサイズを超えて拡張することはできません。 たとえば、動的に展開する 24 GB の VHD を作成すると、作成時に小さくなります。 ただし、情報は VHD ファイルに格納されるため、ファイルは引き続き拡張されますが、最大サイズは 24 GB を超えることはありません。

    このプロパティは、MDT 新しいコンピューターの展開シナリオでのみ有効です。

注:

VHD ファイルの最大サイズは、 VHDCreateSizeMax プロパティで指定します。

このプロパティは、通常、 仮想ハード ディスク (VHD) タスク シーケンスの種類を使用して作成されたタスク シーケンス ステップを使用して設定されます。 仮想 ハード ディスク (VHD) の作成 タスク シーケンス ステップ セットの値をオーバーライドするには、このプロパティをCustomSettings.iniで構成します。

注:

CustomSettings.iniでこのプロパティを構成するには、CustomSettings.iniの [プロパティ ] 行にこのプロパティを追加する必要があります。

VHD ファイルで使用される関連プロパティについては、次を参照してください。

  • VHDCreateDiffVHD

  • VHDCreateFileName

  • VHDCreateSizeMax

  • VHDCreateSource

  • VHDDisks

  • VHDInputVariable

  • VHDOutputVariable

  • VHDTargetDisk

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
拡張 固定 VHD ファイルを作成します
固定 動的に展開される VHD ファイルを作成します
[Settings] Priority=Default [Default] VHDCreateSizeMax=130048 VHDCreateType=EXPANDABLE VHDCreateFileName=Win7_C.vhd VHDInputVariable=VHDTargetDisk

VHDDisks

このプロパティには、VHD ファイルに割り当てられた物理ドライブ番号の一覧がスペースで区切られています。 VHD ファイルが作成されるたびに、MDT は、Win32_DiskDrive WMI クラスの Index プロパティを使用して、新しく作成されたディスクのディスク インデックスをこのプロパティに追加します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

このプロパティは、通常、 仮想ハード ディスク (VHD) タスク シーケンスの種類を使用して作成されたタスク シーケンス ステップを使用して設定されます。 仮想 ハード ディスク (VHD) の作成 タスク シーケンス ステップ セットの値をオーバーライドするには、このプロパティをCustomSettings.iniで構成します。

注:

CustomSettings.iniでこのプロパティを構成するには、CustomSettings.iniの [プロパティ ] 行にこのプロパティを追加する必要があります。

VHD ファイルで使用される関連プロパティについては、次を参照してください。

  • VHDCreateDiffVHD

  • VHDCreateFileName

  • VHDCreateSizeMax

  • VHDCreateSource

  • VHDCreateType

  • VHDInputVariable

  • VHDOutputVariable

  • VHDTargetDisk

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
index1 index2 index3 スペースで区切られた VHD ファイルに割り当てられた物理ドライブ番号の一覧 ( 1 2 5 など)。
None

VHDInputVariable

このプロパティには、VHD ファイルが作成されるターゲット コンピューター上のドライブを含む変数が含まれています。 MDT は、このドライブのルートにある VHD フォルダーに VHD ファイルを作成します。

注:

このプロパティを省略すると、MDT は最初のシステム ドライブのルートにある VHD フォルダーに VHD ファイルを作成しようとします。

このプロパティは、通常、 仮想ハード ディスク (VHD) タスク シーケンスの種類を使用して作成されたタスク シーケンス ステップを使用して設定されます。 仮想 ハード ディスク (VHD) の作成 タスク シーケンス ステップ セットの値をオーバーライドするには、このプロパティをCustomSettings.iniで構成します。

注:

CustomSettings.iniでこのプロパティを構成するには、CustomSettings.iniの [プロパティ ] 行にこのプロパティを追加する必要があります。

VHD ファイルで使用される関連プロパティについては、次を参照してください。

  • VHDCreateDiffVHD

  • VHDCreateFileName

  • VHDCreateSizeMax

  • VHDCreateSource

  • VHDCreateType

  • VHDDrives

  • VHDOutputVariable

  • VHDTargetDisk

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
variable VHD ファイルが作成されるターゲット コンピューター上のドライブ文字を含む変数。 MDT は、このドライブのルートにある VHD フォルダーに VHD ファイルを作成します。 たとえば、このプロパティの値が VHDTargetDisk の場合、 VHDTargetDisk プロパティにはドライブ文字 ( H など) が含まれます。
VHDCreateSizeMax=130048 VHDCreateType=EXPANDABLE VHDCreateFileName=Win7_C.vhd VHDInputVariable=VHDTargetDisk

VHDOutputVariable

このプロパティには、新しく作成された VHD ファイルに割り当てられた物理ドライブ番号を含む変数が含まれています。 VHD ファイルが作成されるたびに、MDT は、Win32_DiskDrive WMI クラスの Index プロパティを使用して、新しく作成されたディスクのディスク インデックスにこのプロパティを設定します。

このプロパティは、通常、 仮想ハード ディスク (VHD) タスク シーケンスの種類を使用して作成されたタスク シーケンス ステップを使用して設定されます。 仮想 ハード ディスク (VHD) の作成 タスク シーケンス ステップ セットの値をオーバーライドするには、このプロパティをCustomSettings.iniで構成します。

注:

CustomSettings.iniでこのプロパティを構成するには、CustomSettings.iniの [プロパティ ] 行にこのプロパティを追加する必要があります。

VHD ファイルで使用される関連プロパティについては、次を参照してください。

  • VHDCreateDiffVHD

  • VHDCreateFileName

  • VHDCreateSizeMax

  • VHDCreateSource

  • VHDCreateType

  • VHDDisks

  • VHDInputVariable

  • VHDTargetDisk

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
変数 変数には、新しく作成された VHD ファイルに割り当てられた物理ドライブ番号が含まれます。 たとえば、このプロパティの値が OSDDiskIndex の場合、 OSDDiskIndex プロパティには、新しく作成された VHD ファイル (4 など) に割り当てられた物理ドライブ番号が含 まれます
None

VHDTargetDisk

VHD を作成するターゲット コンピューター上のドライブを指定します。 このプロパティは、後で VHDInputVariable プロパティで参照されます。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

VHD ファイルで使用される関連プロパティについては、次を参照してください。

  • VHDCreateDiffVHD

  • VHDCreateFileName

  • VHDCreateSizeMax

  • VHDCreateSource

  • VHDCreateType

  • VHDDisks

  • VHDInputVariable

  • VHDOutputVariable

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
ディスク VHD を作成するドライブを指定します
None

VMHost

MDT が実行されている VM を実行している Hyper-V ホストの名前を指定します。 このプロパティは、Hyper-V 統合コンポーネントがインストールされて実行されている場合にのみ使用できます。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

表 4 に、MDT がサポートする Windows オペレーティング システムと、対応する Hyper-V 統合コンポーネントでサポートされる Windows オペレーティング システムを示します。

表 4. Windows オペレーティング システムと Hyper-V 統合コンポーネントのサポート

オペレーティング システム Hyper-V 統合コンポーネント
Windows PE 統合コンポーネントは使用できません。
Windows 7 Enterprise、Ultimate、Professional の各エディションで既定で使用できます。
Windows Server 2008 R2 すべてのエディションで既定で使用できます。
によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
名前 MDT が実行されている VM を実行している Hyper-V ホストの名前
None

VMName

MDT が実行されている VM の名前を指定します。 このプロパティは、Hyper-V 統合コンポーネントがインストールされて実行されている場合にのみ使用できます。

表 5 に、MDT でサポートされている Windows オペレーティング システムとそれに対応する Hyper-V 統合コンポーネントのサポートを示します。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

表 5。 Windows オペレーティング システムと Hyper-V 統合コンポーネントのサポート

オペレーティング システム Hyper-V 統合コンポーネント
Windows PE 統合コンポーネントは使用できません。
Windows 7 Enterprise、Ultimate、Professional の各エディションで既定で使用できます。
Windows Server 2008 R2 すべてのエディションで既定で使用できます。
によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
name MDT が実行されている VM の名前
None

VMPlatform

ターゲット コンピューターが VM である場合のターゲット コンピューターの仮想化環境に関する特定の情報を指定します。 VM プラットフォームは WMI を使用して決定されます。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
Hyper-V Hyper-V
Virtualbox Virtual Box
Vmware VMware 仮想化プラットフォーム
Xen Citrix Xen Server
None

VRefresh

ターゲット コンピューター上のモニターの垂直方向の更新レート。 垂直更新レートは Hertz で指定されます。 この例では、値 60 はモニターの垂直更新レートが 60 Hz であることを示しています。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

注:

既定値 (Unattend.xml テンプレート ファイル内) は、1,024 ピクセルの水平解像度、768 ピクセルの垂直解像度、32 ビットの色深度、60 Hz の垂直更新レートです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
refresh_rate Hertz のターゲット コンピューター上のモニターの垂直更新レート
[Settings] Priority=Default [Default] BitsPerPel=32 VRefresh=60 XResolution=1024 YResolution=768

VSSMaxSize

このプロパティは、Vssadmin コマンドの vssadmin resize shadowstorage コマンドの maxsize パラメーターに値を渡すために使用されます。 maxsize パラメーターは、シャドウ コピーの格納に使用できるターゲット ボリューム上の領域の最大量を指定するために使用されます。 maxsize パラメーターの詳細については、「Vssadmin resize shadowstorage」を参照してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
maxsize_value シャドウ コピーの格納に使用できる領域の最大量を指定します。 値は、バイト単位で指定することも、ターゲット ボリュームの割合として指定することもできます。

値を指定するには:

- バイト単位で、値は 300 MB 以上で、KB、MB、GB、TB、PB、EB のサフィックスを受け入れる必要があります。 B、K、M、G、T、P、E をサフィックスとして使用することもできます(例:

VSSMaxSize=60G

- パーセンテージとして、 % 文字を数値のサフィックスとして使用します(例:

VSSMaxSize=20%

注意:

サフィックスが指定されていない場合、既定のサフィックスはバイトです。 たとえば、 VSSMaxSize=1024VSSMaxSize が 1,024 バイトに設定されることを示します。

値が UNBOUNDED に設定されている場合、使用できるストレージ領域の量に制限はありません(例:

VSSMaxSize=UNBOUNDED
[Settings] Priority=Default [Default] VSSMaxSize=25%

WDSServer

Windows 展開サービス イメージのインストールに使用される Windows 展開サービスを実行しているコンピューター。 既定値は、イメージが開始された Windows 展開サービスを実行しているサーバーです。

注:

このプロパティは MDT スクリプトによって動的に設定され、CustomSettings.iniまたは MDT DB では構成されません。 このプロパティは読み取り専用として扱います。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
WDS_server Windows 展開サービスを実行しているコンピューターの名前
None

WindowsSource

MDT では、このプロパティを使用して、オペレーティング システムのソース ファイルを含むネットワーク共有フォルダー内の sources\sxs フォルダーの場所を設定します。 このプロパティは、次の場合に使用されます。

  • MDT がカスタム タスク シーケンスを実行しているか、カスタム イメージをデプロイしています

  • MDT は、Windows 8とWindows Server 2012にロールまたは機能をインストールしています

  • コンピューターがインターネットにアクセスできない

    上記の箇条書きで説明した状況が発生した場合、MDT はオペレーティング システムのソース ファイルをローカルで見つけられない可能性があり、インストールによってインターネットからファイルのダウンロードが試みられます。 コンピューターにインターネット にアクセスできないため、プロセスは失敗します。 このプロパティを適切な値に設定すると、この問題が発生するのを防ぐことができます。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
folder_unc 展開するオペレーティング システムの Sources\sxs フォルダーへの UNC パス。

注意:

UNC パスには、Sources\sxs フォルダーを含める必要があります。
[Settings] Priority=Default [Default] WindowsSource=%DeployRoot%\Operating Systems\Windows 8\Sources\sxs

WipeDisk

ディスクをワイプするかどうかを指定します。 WipeDisk が TRUE の場合、ZTIWipeDisk.wsf スクリプトは Format コマンドを使用してディスクをクリーンアップします。 [フォーマット] コマンドは、ディスクをワイプする最も安全な方法ではありません。

ディスクを安全にワイプする方法は、米国国防総省標準 5220.22-M に従って行う必要があります。これは、「磁気ディスクをクリアするには、すべての場所を 3 回上書きします (1 回目は文字、2 回目は補完、3 回目はランダム文字)。

MDT はディスクをワイプするときに、/P:3 スイッチを使用して Format コマンドを使用します。これにより、ボリューム上のすべてのセクターを 0 にし、操作を 3 回実行するように Format に指示します。 Format コマンドに特定の文字またはランダム文字を使用するように指示する方法はありません。

注:

ディスクを安全にワイプする必要がある場合は、[コマンド ラインの実行] タスク シーケンス ステップを使用して、Microsoft以外のセキュリティで保護されたディスク ワイプ ツールをタスク シーケンスに追加する必要があります。

注意

配置スクリプトで正しく読み取ることができるように、このプロパティ値は大文字で指定する必要があります。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
TRUE WipeDiskTRUE に設定されている場合、DiskIndex 0 と Index 0 のWin32_DiskPartitionが書式設定されます。
FALSE ディスクはフォーマットされません。
[Settings] Priority=Default [Default] WipeDisk=TRUE

WizardSelectionProfile

さまざまな項目の表示をフィルター処理するためにウィザードによって使用されるプロファイル名。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
profile_name さまざまな項目の表示をフィルター処理するためにウィザードで使用されるプロファイル名
[Settings] Priority=Default [Default] WizardSelectionProfile=SelectTaskSequenceOnly

WSUSServer

これは、更新プログラムのスキャン、ダウンロード、インストール時にターゲット コンピューターが使用する必要があるWindows Server Update Services (WSUS) サーバーの名前です。

このプロパティを使用するスクリプトの詳細については、「 ZTIWindowsUpdate.wsf」を参照してください。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
server_name HTTP 形式で指定された WSUS サーバーの名前
[Settings] Priority=Default [Default] WSUSServer=https://WSUSServerName[Settings] Priority=Default [Default] WSUSServer=https://WSUSServerName

WUMU_ExcludeKB

Windows Update/Microsoft更新ソフトウェア更新プログラムの一覧 。(関連するサポート技術情報の記事によって) 無視します。

配置プロジェクト チーム のメンバーは、ZTIWindowsUpdate.wsf スクリプトによってインストールされている更新プログラムの一覧を定期的に確認して、各更新プログラムがプロジェクトのニーズと期待を満たしていることを確認する必要があります。 すべての更新がログに記録され、ZTIWindowsUpdate.log ファイルに記録されます。これはデプロイ中に生成されます。 各更新プログラムは、その状態を INSTALL または SKIP として示し、各更新プログラムに関連付けられている UpdateID、更新名、および QNumber を一覧表示します。 更新プログラムを除外する必要がある場合は、その更新プログラムを CustomSettings.ini ファイルに追加する必要があります (LTI デプロイの場合)。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
WUMU_ExcludeKB QNumber で無視するWindows Update/Microsoft更新プログラムソフトウェア更新プログラムの一覧
[Settings] Priority=Default [Default] WUMU_ExcludeKB1=925471

WUMU_ExcludeID

Windows Update/Microsoft更新ソフトウェア更新プログラムの一覧 。(関連する更新 ID によって) 無視します。

配置プロジェクト チーム のメンバーは、ZTIWindowsUpdate.wsf スクリプトによってインストールされている更新プログラムの一覧を定期的に確認して、各更新プログラムがプロジェクトのニーズと期待を満たしていることを確認する必要があります。 すべての更新がログに記録され、ZTIWindowsUpdate.log ファイルに記録されます。これはデプロイ中に生成されます。 各更新プログラムは、その状態を INSTALL または SKIP として示し、各更新プログラムに関連付けられている UpdateID、更新名、および QNumber を一覧表示します。 更新プログラムを除外する必要がある場合は、その更新プログラムを CustomSettings.ini ファイルに追加する必要があります (LTI デプロイの場合)。

たとえば、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツールのインストールを除外する必要がある場合は、ZTIWindowsUpdate.log で、更新プログラムが特定およびインストールされた場所を示す行を検索し、UpdateID 番号を選択します。 たとえば、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツールの UpdateID 番号は adbe6425-6560-4d40-9478-1e35b3cdab4f です。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
WUMU_ExcludeID 無視するソフトウェア更新プログラムのWindows Update/Microsoft更新プログラムの一覧 (UpdateID 番号別)
[Settings] Priority=Default [Default] WUMU_ExcludeID1={adbe6425-6560-4d40-9478-1e35b3cdab4f}[Settings] Priority=Default [Default] WUMU_ExcludeID1={adbe6425-6560-4d40-9478-1e35b3cdab4f}

XResolution

ターゲット コンピューター上のモニターの水平方向の解像度 。ピクセル単位で指定します。 この例では、値 1024 は、モニターの水平方向の解像度が 1,024 ピクセルであることを示しています。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

注:

既定値 (Unattend.xml テンプレート ファイル内) は、1,024 ピクセルの水平解像度、768 ピクセルの垂直解像度、32 ビットの色深度、60 Hz の垂直更新レートです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
horizontal_resolution ターゲット コンピューター上のモニターの水平方向の解像度 (ピクセル単位)
[Settings] Priority=Default [Default] BitsPerPel=32 VRefresh=60 XResolution=1024 YResolution=768[Settings] Priority=Default [Default] BitsPerPel=32 VRefresh=60 XResolution=1024 YResolution=768

YResolution

ターゲット コンピューター上のモニターの垂直方向の解像度 。ピクセル単位で指定されます。 この例では、値 768 はモニターの垂直解像度が 768 ピクセルであることを示しています。 この値は、Unattend.xmlの適切な構成設定に挿入されます。

注:

既定値 (Unattend.xml テンプレート ファイル内) は、1,024 ピクセルの水平解像度、768 ピクセルの垂直解像度、32 ビットの色深度、60 Hz の垂直更新レートです。

によって構成されたプロパティ プロパティは に適用されます
BootStrap.ini Lti
CustomSettings.ini -
MDT DB Zti
説明
vertical_resolution ターゲット コンピューター上のモニターの垂直方向の解像度 (ピクセル単位)
[Settings] Priority=Default [Default] BitsPerPel=32 VRefresh=60 XResolution=1024 YResolution=768[Settings] Priority=Default [Default] BitsPerPel=32 VRefresh=60 XResolution=1024 YResolution=768

スキップされた展開ウィザード ページのプロパティの指定

表 6 に、個々の展開ウィザード ページ、対応するウィザード ページをスキップするプロパティ、およびウィザード ページをスキップするときに構成する必要があるプロパティを示します。

SkipWizard プロパティを使用してすべての展開ウィザード ページをスキップする場合は、[これらのプロパティの構成] 列にすべてのプロパティを指定します。 展開ウィザードのページをスキップするさまざまな展開シナリオの例については、「展開ツールキットサンプル ガイド」の MDT ドキュメントの「完全に自動化された LTI 展開シナリオ」Microsoft参照してください。

注:

[ これらのプロパティの構成] 列が空白の場合、対応するウィザード ページをスキップするときにプロパティを構成する必要はありません。

表 6. 展開ウィザードページ

このウィザード ページをスキップする このプロパティの使用 これらのプロパティを構成する
ようこそ SkipBDDWelcome
ネットワーク共有に接続するための資格情報を指定する 次の列にプロパティを指定してスキップする -Userid

- UserDomain

- UserPassword
タスク シーケンス SkipTaskSequence - TaskSequenceID
コンピューターの詳細 SkipComputerName,

SkipDomainMembership
- OSDComputerName

- JoinWorkgroup

–または–

- JoinDomain

- DomainAdmin
ユーザー データ SkipUserData - UDDir

- UDShare

- UserDataLocation
データと設定の移動 SkipUserData - UDDir

- UDShare

- UserDataLocation
ユーザー データ (復元) SkipUserData - UDDir

- UDShare

- UserDataLocation
コンピューターのバックアップ SkipComputerBackup - BackupDir

- BackupShare

- ComputerBackupLocation
プロダクト キー SkipProductKey - ProductKey

–または–

- OverrideProductKey
言語パック SkipPackageDisplay LanguagePacks
ロケールと時刻 SkipLocaleSelection、SkipTimeZone - KeyboardLocale

- UserLocale

- UILanguage

- TimeZoneName
ロールと機能 SkipRoles - OSRoles

- OSRoleServices

- OSFeatures
アプリケーション SkipApplications アプリケーション
管理者パスワード SkipAdminPassword AdminPassword
ローカル管理者 SkipAdminAccounts -管理者
画像のキャプチャ SkipCapture - ComputerBackupLocation
Bitlocker SkipBitLocker - BDEDriveLetter

- BDEDriveSize

- BDEInstall

- BDEInstallSuppress

- BDERecoveryKey

- TPMOwnerPassword

- OSDBitLockerStartupKeyDrive

- OSDBitLockerWaitForEncryption
開始する準備完了 SkipSummary
オペレーティング システムのデプロイが正常に完了しました SkipFinalSummary
オペレーティング システムの展開が正常に完了しませんでした SkipFinalSummary

スクリプト

LTI および ZTI デプロイで使用されるスクリプトは、デプロイ プロセス中に使用されるプロセス ステップと構成設定を決定するプロパティを参照します。 このリファレンス セクションは、アクションに含める正しいスクリプトと、各スクリプトを実行するときに指定する有効な引数を特定するのに役立ちます。 スクリプトごとに次の情報が提供されます。

  • 名前。スクリプトの名前を指定します。

  • 説明。スクリプトの目的と、スクリプトのカスタマイズに関する関連情報の説明を提供します。

  • 入力。 スクリプトへの入力に使用されるファイルを示します。

  • 出力。スクリプトによって作成または変更されたファイルを示します。

  • 参照。スクリプトによって参照される他のスクリプトまたは構成ファイルを示します。

  • 場所。スクリプトが見つかるフォルダーを示します。 場所の情報では、次の変数が使用されます。

    • program_files。 この変数は、MDT がインストールされているコンピューター上の Program Files フォルダーの場所を指します。

    • ディストリビューション。 この変数は、展開共有の [配布] フォルダーの場所を指します。

    • プラットフォーム。 この変数は、オペレーティング システム プラットフォーム (x86 または x64) のプレースホルダーです。

  • を使用します。指定できるコマンドとオプションを提供します。

  • 引数と説明。 スクリプトに指定する有効な引数と、各引数の意味の簡単な説明を示します。

  • プロパティ。スクリプトによって参照されるプロパティ。

BDD_Autorun.wsf

このスクリプトは、MDT プロセスによって作成された展開メディア (起動可能な DVD やリムーバブル ハード ディスクなど) をユーザーが挿入したことを示すダイアログ ボックスを表示します。 メッセージは 15 秒間表示されます。 アクションが実行されない場合、スクリプトはLiteTouch.vbsを開始します。

LiteTouch.vbsの詳細については、「 スクリプト」の対応するトピックを参照してください。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトで必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、その他の情報が含まれます
出力 None
関連情報 をLiteTouch.vbsします。 LTI を開始します
Location distribution\Scripts
使用する方法 None

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
None

BDD_Welcome_ENU.xml

この XML ファイルには、展開ウィザードの開始時に表示される [Windows 展開へようこそ] ページのスクリプト コードと HTML レイアウトが含まれています。 この XML ファイルは、この XML ファイルに埋め込まれたウィザード ページを実行する Wizard.hta によって読み取られます。

説明
入力 None
出力 None
関連情報 - をNICSettings_Definition_ENU.xmlします。 ユーザーがネットワーク アダプターの構成設定を指定できるようにします

- Wizard.hta。 展開ウィザードのページを表示します

- をWPEUtil.exeします。 Windows PE とネットワーク接続を初期化します。LTI を開始します
Location distribution\Tools\platform
使用する方法 mshta.exeWizard.hta BDD_Welcome_ENU.xml

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
KeyboardLocalePE -
WelcomeWizardCommand -
WizardComplete -

Credentials_ENU.xml

この XML ファイルには、展開ウィザードの [ ネットワーク共有に接続するための資格情報の指定 ] ウィザード ページのスクリプト コードと HTML レイアウトが含まれています。 この XML ファイルは、この XML ファイルに埋め込まれたウィザード ページを実行する Wizard.hta によって読み取られます。

注:

このウィザード ページは、定義済みのユーザー資格情報の検証中にエラーが発生した場合にのみ表示されます。

説明
入力 None
出力 None
関連情報 をCredentials_scripts.vbsします。 ユーザー資格情報のサポート関数が含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 mshta.exe Wizard.hta /NotWizard /definition:Credentials_ENU.xml [/ValidateAgainstDomain:domain &#124; /ValidateAgainstUNCPath:uncpath] </DoNotSave> </LeaveShareOpen>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
None

Credentials_scripts.vbs

このスクリプトは、Credentials_ENU.xml ファイルを展開ウィザードに読み込むときに指定された引数を解析します。 また、ユーザー資格情報の検証も実行します。 このスクリプトは、Credentials_ENU.xml ファイルによって読み取られます。

Credentials_ENU.xmlの詳細については、「 スクリプト」の対応するトピックを参照してください。

説明
入力 None
出力 イベント メッセージは、次のログ ファイルに書き込まれます。

- Credentials_scripts.log。 このスクリプトによって生成されたイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトによって生成されたイベントを含むログ ファイル
関連情報 None
Location distribution\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="Credentials_scripts.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
UserCredentials -
UserDomain -

DeployWiz_Definition_ENU.xml

この XML ファイルには、展開ウィザードの各ウィザード ページのスクリプト コードと HTML レイアウトが含まれています。 このファイルは、この XML ファイルに埋め込まれたウィザード ページを実行する Wizard.hta によって読み取られます。 この.xml ファイルには、次のウィザード ページが含まれています。

  • ようこそ

  • ネットワーク共有に接続するための資格情報を指定する

  • タスク シーケンス

  • コンピューターの詳細

  • ユーザー データ

  • データと設定の移動

  • ユーザー データ (復元)

  • コンピューターのバックアップ

  • プロダクト キー

  • 言語パック

  • ロケールと時刻

  • ロールと機能

  • アプリケーション

  • 管理者パスワード

  • ローカル管理者

  • 画像のキャプチャ

  • BitLocker

  • 開始する準備完了

説明
入力 None
出力 None
関連情報 - をDeployWiz_Initialization.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれます

- をDeployWiz_Validation.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれます

- ZTIBackup.wsf。 ターゲット コンピューターのバックアップを作成します

- ZTIPatches.wsf。 更新プログラム (言語パック、セキュリティ更新プログラムなど) をインストールします。

- ZTIUserState.wsf。 ユーザー状態の移行を初期化して、ターゲット コンピューター上のユーザーの状態をキャプチャして復元します
Location distribution\Scripts
使用する方法 None

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
DeploymentMethod -
DeploymentType -
DoCapture -
ImageBuild -
ImageFlags -
IsBDE -
IsServerOS -
JoinDomain -
OSDComputerName -
Osversion -
SkipAdminAccounts -
SkipAdminPassword -
SkipApplications -
SkipBitLocker -
SkipCapture -
SkipComputerBackup -
SkipComputerName -
SkipDomainMembership -
SkipLocaleSelection -
SkipPackageDisplay -
SkipProductKey -
SkipRoles -
SkipSummary -
SkipTaskSequence -
SkipTimeZone -
SkipUserData -
TaskSequenceTemplate -
UserDomain -
UserID -
UserPassword -
USMTOfflineMigration -

DeployWiz_Initialization.vbs

このスクリプトは、 展開ウィザード ( DeployWiz_Definition_ENU.xmlに格納) 内のページを初期化します。 また、LTI デプロイ中に展開ウィザードが呼び出す関数とサブルーチンも含まれています。

説明
入力 - DomainOUList.xml. ドメイン OU の一覧が含まれています

- ListOfLanguages.xml

- をLocationServer.xmlします。 使用可能な展開共有の一覧が含まれています

- 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトが必要とするプロパティ値、カスタム プロパティ、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報の一覧が含まれます。環境変数は ZTIGather.wsf によって設定されます
出力 イベント メッセージは、次のログ ファイルに書き込まれます。

- DeployWiz_Initialization.log。 このスクリプトによって生成されたイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトによって生成されたイベントを含むログ ファイル
関連情報 ZTIApplications.wsf。 アプリケーションのインストールを開始します
Location distribution\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="DeployWiz_Initialization.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
アーキテクチャ -
アプリケーション -
BackupDir -
BackupFile -
BackupShare -
BDEInstall -
BDEKeyLocation -
BDERecoveryKey -
BDEWaitForEncryption -
CapableArchitecture -
ComputerBackupLocation -
CustomWizardSelectionProfile -
DeploymentType -
DeployRoot -
DomainAdmin -
DomainAdminDomain -
DomainAdminPassword -
DomainOU -
ImageBuild -
ImageFlags -
ImageLanguage -
ImageLanguage001 -
ImageProcessor -
IsServerOS -
KeyboardLocale -
KeyboardLocale_Edit -
LanguagePacks -
LanguagePacks001 -
LocalDeployRoot -
MandatoryApplications -
OSDComputerName -
OSCurrentBuild -
OSDBitLockerCreateRecoveryPassword -
OSDBitLockerMode -
OSDBitLockerStartupKeyDrive -
OSDBitLockerWaitForEncryption -
OSSKU -
Osversion -
OverrideProductKey -
ProductKey -
SkipCapture -
SkipDomainMembership -
TaskSequenceID -
TimeZoneName -
TSGUID -
UDDir -
UDShare -
UILanguage -
UserDataLocation -
UserDomain -
UserID -
UserLocale -
UserPassword -
WizardSelectionProfile -

DeployWiz_Validation.vbs

このスクリプトは、展開ウィザード ( DeployWiz_Definition_ENU.xmlに格納) のページに入力された情報を初期化して検証します。 このスクリプトには、LTI 展開中に展開ウィザードが呼び出す関数とサブルーチンが含まれています。

説明
入力 - をOperatingSystems.xmlします。 展開に使用できるオペレーティング システムの一覧が含まれています

- 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトで必要なプロパティ値、カスタム プロパティ、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報の一覧が含まれます。環境変数は ZTIGather.wsf によって設定されます
出力 None
関連情報 - をCredentials_ENU.xmlします。 ネットワーク リソースへの接続時に使用される資格情報の入力をユーザーに求めるメッセージ

- ZTIGather.wsf。 プロパティと処理ルールを収集します
Location distribution\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="DeployWiz_Validation.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
アーキテクチャ -
DeploymentType - -
DeployTemplate -
ImageBuild -
ImageProcessor - -
Osversion -
TaskSequenceID -
TSGUID -
UserCredentials -
UserDomain -
UserID -
UserPassword -

LiteTouch.vbs

このスクリプトは、LTI を開始するために展開ウィザードによって呼び出されます。 スクリプト:

  • C:\MININT フォルダーを削除します (存在する場合)

  • ZTIPrereq.vbsを呼び出して、ターゲット コンピューターが展開ウィザードを実行するための要件を満たしていることを確認します

  • LiteTouch.wsf を実行して展開ウィザードを開始します

説明
入力 None
出力 None
関連情報 - BDDRun.exe

- をZTIPrereq.vbsします。 ターゲット コンピューターが新しいオペレーティング システムを展開するための前提条件を満たしているかどうかを判断するために使用します

- LiteTouch.wsf。 LTI デプロイ プロセスの制御を担当するスクリプト
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript LiteTouch.vbs </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)

プロパティ

名前 Read Write
None

LiteTouch.wsf

このスクリプトは 、LiteTouch.vbs によって呼び出され、LTI デプロイ プロセスの制御を担当します。 保持されるデータには以下が含まれます。

  • 展開ウィザードの実行

  • 適切なタスク シーケンス ファイルを使用して LTI デプロイ プロセスを実行する

説明
入力 - task_sequence_file.xmlします。 LTI デプロイ プロセスのタスクと一連のタスクが含まれます

- 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトで必要なプロパティ値、カスタム プロパティ、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報の一覧が含まれます。環境変数は ZTIGather.wsf によって設定されます
出力 - LiteTouch.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をBDD_Welcome_ENU.xmlします。 LTI 展開の展開ウィザード の [ようこそ ] ページを表示します

- をDeployWiz_Definition_ENU.xmlします。 LTI 展開の展開ウィザード ページを表示します

- をDiskpart.exeします。 ディスク、パーティション、ボリュームの自動管理を可能にするユーティリティ

- LTICleanup.wsf。 デプロイの完了後にクリーンアップ タスクを実行します

- LTICopyScripts.wsf。 展開スクリプトをターゲット コンピューター上のローカル ハード ドライブにコピーします

- をMSHTA.exeします。 HTML アプリケーション ホスト

- をRecEnv.exeします。 このユーティリティが存在する場合は、Windows Recovery Environment を起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

- をRegsvr32.exeします。 ファイル (.dll、.exe、.ocx など) をオペレーティング システムに登録します

- をSummary_Definition_ENU.xmlします。 LTI デプロイの概要結果を表示します

- をTsmBootStrap.exeします。 タスク シーケンス ブートストラップ ユーティリティ

- Wizard.hta。 展開ウィザードのページを表示します

- をWPEUtil.exeします。 Windows PE とネットワーク接続を初期化します。LTI を開始します

- ZTIGather.wsf。 プロパティと処理ルールを収集します

- をZTIPrereq.vbsします。 ターゲット コンピューターが展開ウィザードを実行するための要件を満たしていることを確認します

- ZTINICConfig.wsf。 アクティブ化されたネットワーク アダプターを構成します

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 BDDRun.exe "wscript.exe <ScriptDirectory>\LiteTouch.wsf </debug:value>"

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)
/開始 シェルの起動後に実行される新しいオペレーティング システムにショートカットを作成します

プロパティ

名前 Read Write
_DoNotCleanLiteTouch -
_SMSTSPackageName -
AdminPassword -
アーキテクチャ - -
BootPE - -
ComputerBackupLocation -
Computername -
DeployDrive - -
DeploymentMethod - -
DeploymentType - -
DeployRoot - -
DestinationLogicalDrive -
DomainAdmin -
DomainAdminDomain -
DomainAdminPassword -
FinishAction -
HostName -
IsServerCoreOS -
JoinDomain -
JoinWorkgroup - -
KeyboardLocalePE -
LTISuspend -
OSDAdapterCount -
OSDComputerName - -
フェーズ - -
ResourceDrive - -
ResourceRoot - -
Retval -
SkipBDDWelcome -
SkipFinalSummary - -
SkipWizard -
SMSTSLocalDataDrive -
TaskSequenceID -
TimeZoneName -
UserDataLocation - -
UserDomain -
UserID -
UserPassword -
WelcomeWizardCommand -
WizardComplete -

LTIApply.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューターに Windows PE イメージをインストールする役割を担います。 Windows PE イメージは、ターゲット コンピューターに関する情報を収集し、ターゲット コンピューターで展開タスクを実行するために使用されます。

説明
入力 環境変数。 プロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、配置規則、およびスクリプトがデプロイ プロセスを完了するために必要なその他の情報が含まれます
出力 - LTIApply.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- LTIApply_wdsmcast.log。 Wdsmcast ユーティリティが生成するイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をCMD.exeします。 コマンド ライン ツールの実行を許可します

- をBootsect.exeします。 ハード ディスクにブート セクターを適用します

- をImageX.exeします。 WIM ファイルの作成と管理に使用されるユーティリティ

- をZTIBCDUtility.vbsします。 ブート マネージャー タスクの実行時に使用されるユーティリティ関数が含まれます

- をZTIConfigFile.vbsします。 XML ファイルを処理するためのルーチンを含む

- をZTIDiskUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- をWdsmcast.exeします。 マルチキャスト転送への参加に使用するコンピューターを対象とするユーティリティ
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript LTIApply.wsf </pe> </post> </debug:value>

引数

説明
/Pe ターゲット コンピューターに Windows PE イメージをインストールするためのプロセスを使用します
/投稿 イメージのインストール後に不要なファイルをクリーンアップする
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。value で指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)

プロパティ

名前 Read Write
アーキテクチャ -
BootPE -
DeployRoot -
DestinationLogicalDrive - -
OSGUID -
OSCurrentVersion -
Osversion -
ImageBuild -
ImageFlags -
ImageProcessor -
ISBDE -
SourcePath -
TaskSequenceID -
UserDomain -
UserID -
UserPassword -
WDSServer -

LTICleanup.wsf

このスクリプトは、展開プロセスの完了後に、ファイルまたは構成設定 (スクリプト、フォルダー、レジストリ エントリ、自動ログオン構成設定など) をターゲット コンピューターから削除します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトで必要なプロパティ値、カスタム プロパティ、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報の一覧が含まれます。 環境変数は ZTIGather.wsf によって設定されます。
出力 - LTICleanup.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をBootsect.exeします。 ハード ディスクにブート セクターを適用します

- をNet.exeします。 ネットワーク管理タスクを実行します

- をRegSvr32.exeします。 ファイル (.dll、.exe、.ocx など) をオペレーティング システムに登録します

- をZTIBCDUtility.vbsします。 ブート マネージャー タスクの実行時に使用されるユーティリティ関数が含まれます

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript LTICleanup.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)

プロパティ

名前 Read Write
_DoNotCleanLiteTouch -
DeployRoot -
DestinationLogicalDrive -
Osversion -

LTICopyScripts.wsf

このスクリプトは、LTI および ZTI 展開プロセスの展開スクリプトをターゲット コンピューター上のローカル ハード ドライブにコピーします。

説明
入力 - をSummary_Definition_ENU.xmlします。 LTI デプロイの概要結果を表示します

- 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - LTICopyScripts.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript LTICopyScripts.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)

プロパティ

名前 Read Write
None

LTIGetFolder.wsf

このスクリプトは、ユーザーがフォルダーを参照できるようにするダイアログ ボックスを表示します。 選択したフォルダー パスは FOLDERPATH 環境変数に格納されます。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトで必要なプロパティ値、カスタム プロパティ、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報の一覧が含まれます。 環境変数は ZTIGather.wsf によって設定されます。
出力 None
関連情報 - をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- をWizUtility.vbsします。 UI で使用されるサポート関数とサブルーチン (ウィザード ページなど) が含まれます
Location - distribution\Scripts

- program_files\Microsoft Deployment Toolkit\Scripts
使用する方法 cscript LTIGetFolder.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)

プロパティ

名前 Read Write
DefaultFolderPath -
FolderPath -

LTIOEM.wsf

このスクリプトは、LTI OEM シナリオ中に OEM によって使用され、メディア展開共有の内容をターゲット コンピューターのハード ディスクにコピーして、複製用に準備します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトで必要なプロパティ値、カスタム プロパティ、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報の一覧が含まれます。 環境変数は ZTIGather.wsf によって設定されます。
出力 - LTIOEM.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をRoboCopy.exeします。 ファイルとフォルダーのコピー ツール

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript LTIOEM.wsf </BITLOCKER &#124; /BDE> </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)
/Bitlocker BitLocker を有効にする
/Bde BitLocker を有効にする

プロパティ

名前 Read Write
_DoNotCleanLiteTouch -
DeployDrive -
DeployRoot -
TSGUID -

LTISuspend.wsf

このスクリプトは、タスク シーケンスを中断して、手動タスクを実行できるようにします。 このスクリプトを実行すると、ユーザーのデスクトップに タスク シーケンスの再開 ショートカットが作成され、すべての手動タスクが完了した後にタスク シーケンスを再起動できます。

注:

このスクリプトは、完全なオペレーティング システム内でのみサポートされます。

説明
入力 環境変数。 プロパティ値、カスタム プロパティ、データベース接続、デプロイ 規則、およびデプロイ プロセスを完了するためにスクリプトが必要とするその他の情報の一覧が含まれます。 環境変数は ZTIGather.wsf によって設定されます。
出力 - LTISuspend.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - LiteTouch.wsf。 LTI デプロイ プロセスを制御します

- LTICopyScripts.wsf。 展開スクリプトをターゲット コンピューター上のローカル ハード ドライブにコピーします

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript LTISuspend.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)
/再開

プロパティ

名前 Read Write
LTISuspend -
SMSTSRebootRequested -

LTISysprep.wsf

このスクリプトは、Sysprep を実行するためのターゲット コンピューターを準備し、ターゲット コンピューターで Sysprep を実行し、Sysprep が正常に実行されたことを確認します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトで必要なプロパティ値、カスタム プロパティ、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報の一覧が含まれます。 環境変数は ZTIGather.wsf によって設定されます。
出力 - LTISysprep.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をExpand.exeします。 圧縮ファイルを展開します

- をSysprep.exeします。 コンピューターの複製を準備します

- をZTIConfigFile.vbsします。 XML ファイルを処理するためのルーチンが含まれています

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript LTISysprep.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
アーキテクチャ -
DeployRoot -
DestinationLogicalDrive -
DoCapture -
OSCurrentBuild -
OSDAnswerFilePath -
OSGUID -
SourcePath - -
TaskSequenceID -

NICSettings_Definition_ENU.xml

この XML ファイルには、展開ウィザードの [静的 IP ネットワーク設定の構成 ] ウィザード ページのスクリプト コードと HTML レイアウトが含まれています。 LTI の展開中、Wizard.hta はこのファイルを読み取り、必要なネットワーク アドレス指定構成を求める埋め込みウィザード ページを実行します。 静的 IP アドレス指定構成が指定されていない場合、展開スクリプトは既定で DHCP を使用して必要なネットワーク構成を取得します。

説明
入力 None
出力 None
関連情報 をZTINICUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 None

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
OSDAdapterxDNSServerList -
OSDAdapterxDNSSuffix -
OSDAdapterxGateways -
OSDAdapterxIPAddressList -
OSDAdapterxMacAddress -
OSDAdapterxSubnetMask -
OSDAdapterxWINSServerList -
OSDAdapterCount -

注:

上記のプロパティ名のxは、ネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

Summary_Definition_ENU.xml

この XML ファイルには、展開ウィザードの [展開の概要 ] ウィザード ページのスクリプト コードと HTML レイアウトが含まれています。 LTI 展開中に、Wizard.hta はこのファイルを読み取り、LTI 展開の概要結果を表示する埋め込みウィザード ページを実行します。 この XML ファイルには、次のウィザード ページが含まれています。

  • 成功。 デプロイ タスクの正常完了に関する通知

  • 失敗。 デプロイ タスクが正常に完了しなかった場合の通知

説明
入力 None
出力 None
関連情報 をSummary_Scripts.vbsします。 この XML ファイルに埋め込まれたウィザード ページで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 None

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
SkipFinalSummary -
Retval -

Summary_scripts.vbs

このスクリプトは、展開ウィザードの [概要 ] ウィザード ページで呼び出されます。 これには、初期化と検証に使用される関数とサブルーチンが含まれています。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 イベント メッセージは、次のログ ファイルに書き込まれます。

- Summary_scripts.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 None
Location distribution\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="Summary_Scripts.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
DeploymentType -
Retval -

Wizard.hta

このハイパーテキスト アプリケーションには、展開ウィザードのページが表示されます。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトで必要なプロパティ値、カスタム プロパティ、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報の一覧が含まれます。 環境変数は ZTIGather.wsf によって設定されます。
出力 - Wizard.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - LTIGetFolder.wsfBrowseForFolder ダイアログ ボックスを開始するスクリプト ファイル

- をZTIConfigFile.vbsします。 XML ファイルを処理するためのルーチンを含む

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- をWizUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location - distribution\Scripts

- program_files\Microsoft Deployment Toolkit\Scripts
使用する方法 mshta.exe Wizard.hta </definition:filename> </NotWizard> </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。
/NotWizard ウィザード のページ プロンプトをバイパスするために使用されます
/Definition:filename ウィザードに読み込む XML ファイルを指定します

プロパティ

名前 Read Write
定義 -
DefaultFolderPath -
FolderPath -
WizardComplete -

WizUtility.vbs

このスクリプトには、さまざまな展開ウィザード スクリプトで参照される関数とサブルーチンが含まれています。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - WizUtility.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 LTIGetFolder.wsfBrowseForFolderダイアログ ボックスを開始するスクリプト ファイル
Location - distribution\Scripts

- program_files\Microsoft Deployment Toolkit\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="WizUtility.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
DefaultFolderPath -
DefaultDestinationDisk -
DefaultDestinationIsDirty -
DefaultDestinationPartition -
DeploymentType -
DestinationDisk -
FolderPath -
Osversion -
UserDomain -
UserCredentials -

ZTIApplications.wsf

このスクリプトは、Deployment Workbench の [アプリケーション] ノードで構成されているアプリケーションのインストールを開始します。 このスクリプトでは、次のアプリケーションのインストールは試行されません。

  • ターゲット コンピューターのプラットフォームの種類がサポートされていません

  • ターゲット コンピューターのプロセッサの種類がサポートされていません

  • レジストリの [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall] の下にアンインストール エントリ がある

注:

一覧表示されたアプリケーションに依存アプリケーションが定義されている場合、このスクリプトは、一覧表示されたアプリケーションをインストールする前に、それらの依存アプリケーションのインストールを試みます。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIApplications.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をZTIConfigFile.vbsします。 XML ファイルを処理するためのルーチンを含む

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- をBDDRun.exeします。 ユーザー操作を必要とするコマンドを実行します
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIApplications.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)

プロパティ

名前 Read Write
ApplicationGUID -
ApplicationSuccessCodes -
DependentApplications -
DeploymentMethod -
InstalledApplications - -
ResourceDrive -
ResourceRoot - -
SMSTSRebootRequested -
SMSTSRetryRequested -

ZTIAppXmlGen.wsf

このスクリプトは、インストールされているアプリケーションに関連付けられているユーザー データ (ドキュメント) を自動的にキャプチャするときに使用する XML ファイル (ZTIAppXmlGen.xml) を生成します。 これは、 HKEY_CLASSES_ROOT\Software\Classes レジストリ キーを介して行われ、次のアプリケーションがキャプチャされます。

  • これらのファイル拡張子のいずれかに関連付けられていない: .mp3、.mov、.wma、.wmv、.chm、.evt、.evtx、.exe、.com、または .fon

  • 2007 Office システムや Microsoft Office 2003 など、Microsoft Office には関連付けされません。

  • 有効なオープン ハンドラーをHKEY_CLASSES_ROOT\application\shell\open\commandに一覧表示する

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - をZTIAppXmlGen.xmlします。ターゲット コンピューターにインストールされているアプリケーションの一覧が含まれています

- ZTIAppXmlGen.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIAppXmlGen.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
DeploymentMethod -
DeploymentType -
ImageBuild -
OSCurrentVersion -
USMTMigFiles - -

ZTIAuthorizeDHCP.wsf

このスクリプトでは、Netsh ツールを使用して、AD DS で承認された DHCP サーバーになるようにターゲット コンピューターを構成します。

DHCP サーバーの承認の詳細については、「DHCP の Netsh コマンド」を参照してください。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIAuthorizeDHCP.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をNetsh.exeします。 ネットワーク コンポーネントの構成を自動化するために使用されるユーティリティ

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIAuthorizeDHCP.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
IPAddress -

ZTIBackup.wsf

このスクリプトは、ImageX ユーティリティを使用してターゲット コンピューターのバックアップを実行します。 バックアップは、 BackupDir プロパティと BackupShare プロパティで指定された場所に格納されます。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIBackup.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- ZTIBackup_imagex.log。 ImageX によって生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をImageX.exeします。 WIM ファイルの作成と管理に使用されるユーティリティ

- をZTIBCDUtility.vbsします。 ブート マネージャー タスクの実行時に使用されるユーティリティ関数が含まれます

- をZTIDiskUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIBackup.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)

プロパティ

名前 Read Write
BackupDir -
BackupDisk -
BackupDrive -
BackupFile -
BackupPartition -
BackupScriptComplete -
BackupShare -
ComputerBackupLocation -
DeploymentMethod -
DeploymentType -
DestinationLogicalDrive - -
DoCapture -
ImageBuild -
ImageFlags -
OSDStateStorePath -
フェーズ -
TaskSequenceID -
USMTLocal -

ZTIBCDUtility.vbs

このスクリプトには、ブート マネージャー タスクの実行時に一部の MDT スクリプトで使用されるユーティリティ関数が含まれています。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 None
関連情報 をBCDEdit.exeします。 Windows ブート構成を編集するためのツール
Location - distribution\Scripts

- program_files\Microsoft Deployment Toolkit\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="ZTIBCDUtility.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
None

ZTIBde.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューターに BitLocker をインストールして構成します。 BitLocker の構成は、1 つのパーティションでハード ディスクが構成されている新しいコンピューター シナリオに限定されます。

注:

ZTI および UDI のデプロイの場合、 UILanguage プロパティは、CustomSettings.iniまたは MDT DB で設定する必要があります。これは、ZTIBde.wsf が UILanguage プロパティからロケールを読み取ろうとするためです。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIBde.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- ZTIBdeFix_diskpart.log。 Diskpart ツールで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をCMD.exeします。 コマンド ライン ツールの実行を許可します

- をDefrag.exeします。 ハード ディスクのデフラグ

- をDiskpart.exeします。 ディスク、パーティション、ボリュームの自動管理を可能にするユーティリティ

- ServerManagerCmd.exe

- をZTIDiskUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- ZTIOSRole.wsf。 サーバーロールをインストールします

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIBde.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)

プロパティ

名前 Read Write
AdminPassword -
BDEDriveLetter - -
BDEDriveSize -
BDEInstall -
BDEInstallSuppress -
BDEKeyLocation -
BDEPin -
BDERecoveryKey -
BDESecondPass - -
BdeWaitForEncryption -
BitlockerInstalled - -
DeploymentMethod -
ISBDE -
OSDBitLockerCreateRecoveryPassword -
OSDBitLockerMode -
OSDBitLockerStartupKey -
OSDBitLockerStartupKeyDrive -
OSDBitLockerTargetDrive -
OSDBitLockerWaitForEncryption -
OSCurrentBuild -
OSCurrentVersion -
OSFeatures - -
OSRoles - -
OSRoleServices - -
Osversion -
SMSTSRebootRequested - -
SMSTSRetryRequested -
TPMOwnerPassword -

ZTIBIOSCheck.wsf

このスクリプトでは、ターゲット コンピューター上の BIOS を確認し、Windows と互換性のない BIOS の一覧を確認します。 互換性のない BIOSes の一覧は、 ZTIBIOSCheck.xml ファイルに格納されます。

ターゲット コンピューター上の BIOS が ZTIBIOSCheck.xml ファイルに一覧表示されている場合、スクリプトは BIOS が Windows と互換性を持たず、展開プロセスを終了する必要があることを示す状態を返します。 互換性のない BIOS の一覧の設定については、「 ZTIBIOSCheck.xml」を参照してください。

説明
入力 - をZTIBIOSCheck.xmlします。 Windows と互換性がないことがわかっている BIOSes の一覧が含まれています

- 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIBIOSCheck.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIBIOSCheck.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは引数が指定されていない場合の動作です)

プロパティ

名前 Read Write
None

ZTICoalesce.wsf

Configuration Managerでは、パッケージは PACKAGES001 から順番に番号付けされ、番号シーケンスにギャップはありません。 それ以外の場合、インストールは失敗します。

このスクリプトを使用すると、実行するプログラムに関する識別情報 (ComputerPackages100、ComputerPackages110CollectionPackages150 など) を使用して変数を定義および名前付けできます。 次に、このスクリプトを実行すると、Configuration Managerはパターンに一致するすべての変数 (たとえば、文字列 Packages を含むすべての変数名) 検索し、ベース名 PACKAGES を使用して、ギャップのないシーケンシャル リストを作成します。

たとえば、次の変数が定義されている場合 (たとえば、コンピューター変数、コレクション変数、CustomSettings.iniまたは MDT DB など) を使用します。

  • ComputerPackages100=XXX00001:Program

  • ComputerPackages110=XXX00002:Program

  • CollectionPackages150=XXX00003:Program

  • Packages001=XXX00004:Program

    スクリプトの実行後、一覧は次のようになります。

  • PACKAGES001=XXX00004:Program

  • PACKAGES002=XXX00001:Program

  • PACKAGES003=XXX00002:Program

  • PACKAGES004=XXX00003:Program

    Configuration Managerは、4 つすべてのプログラムを実行できます。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTICoalesce.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTICoalesce.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。
/CoalesceDigits:value 番号付けシーケンスを作成するときに指定する必要がある桁数を指定します。 たとえば、次の値を指定します。

- 2 は PACKAGE03 を作成します

- 3 は PACKAGE003 を作成します

この引数が指定されていない場合の既定値は 3 です

プロパティ

名前 Read Write
CoalescePattern -
CoalesceTarget -

ZTIConfigFile.vbs

このスクリプトには、MDT XML ファイルを処理するための一般的なルーチンが含まれています。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIConfigFile.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 Net.exe
Location distribution\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="ZTIConfigFile.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
IsSafeForWizardHTML -
MandatoryApplications -
SkipGroupSubFolders -

ZTIConfigure.wsf

このスクリプトは、MDT デプロイ プロセスで前に指定したプロパティ値を使用して、Unattend.xml ファイルを構成します。 スクリプトは、展開されるオペレーティング システムに基づいて適切なファイルを構成します。

このスクリプトは、ZTIConfigure.xml ファイルを読み取り、展開プロパティで指定された適切な値でUnattend.xml ファイルを更新する方法を決定します。 ZTIConfigure.xml ファイルには、プロパティを Unattend.xml ファイルの設定に変換する情報が含まれています。

説明
入力 - をZTIConfigure.xmlします。 プロパティ値の一覧 (展開プロセスで前に指定) とそれに対応する構成設定が含まれます

- 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIConfigure.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIConfigure.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
Computername - -
DeploymentType -
DeploymentMethod -
DeployRoot -
DestinationLogicalDrive -
DomainAdminDomain -
ImageBuild -
OSDAnswerFilePath -
OSDAnswerFilePathSysprep -
OSDComputerName -
フェーズ -
TaskSequenceID -

ZTIConfigureADDS.wsf

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIConfigureADDS.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をDcpromo.exeします。 AD DS のインストールと削除

- をNet.exeします。 ネットワーク管理タスクを実行します

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIConfigureADDS.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
ADDSLogPath -
ADDSPassword -
ADDSUserDomain -
ADDSUserName -
AutoConfigDNS -
ChildName -
ConfirmGC -
DatabasePath -
DomainLevel -
DomainNetBiosName -
ForestLevel -
NewDomain -
NewDomainDNSName -
Osversion -
ParentDomainDNSName -
ReplicaOrNewDomain - -
ReplicaDomainDNSName -
ReplicationSourceDC -
SafeModeAdminPassword -
Sitename -
SysVolPath -

ZTIConfigureDHCP.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューターで DHCP を構成します。

注:

このスクリプトを実行する前に、ターゲット コンピューターに DHCP が既にインストールされている必要があります。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIConfigureDHCP.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をNetsh.exeします。 ネットワーク コンポーネントの構成を自動化できるユーティリティ

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIConfigureDHCP.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
DHCPScopesxDescription -
DHCPScopesxEndIP -
DHCPScopesxExcludeStartIP -
DHCPScopesxExcludeEndIP -
DHCPScopesxIP -
DHCPScopesxName -
DHCPScopesxOptionRouter -
DHCPScopesxOptionDNSDomainName -
DHCPScopesxOptionDNSServer -
DHCPScopesxOptionLease -
DHCPScopesxOptionNBTNodeType -
DHCPScopesxOptionPXEClient -
DHCPScopesxOptionWINSServer -
DHCPScopesxStartIP -
DHCPScopesxSubnetmask -
DHCPServerOptionDNSDomainName -
DHCPServerOptionDNSServer -
DHCPServerOptionNBTNodeType -
DHCPServerOptionPXEClient -
DHCPServerOptionRouter -
DHCPServerOptionWINSServer -

注:

ここに示すプロパティの xは、DHCP 構成情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

ZTIConfigureDNS.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューターで DNS を構成します。 実際の構成タスクを実行するために、スクリプトは Dnscmd ユーティリティを使用します。

Dnscmd.exeの詳細については、「 Dnscmd の概要」を参照してください。

注:

このスクリプトを実行する前に、ターゲット コンピューターに DNS が既にインストールされている必要があります。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIConfigureDNS.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をDnscmd.exeします。 管理者が DNS 管理を支援する

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIConfigureDNS.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
DNSServerOptionDisableRecursion -
DNSServerOptionBINDSecondaries -
DNSServerOptionFailOnLoad -
DNSServerOptionEnableRoundRobin -
DNSServerOptionEnableNetmaskOrdering -
DNSServerOptionEnableSecureCache -
DNSServerOptionNameCheckFlag -
DNSZonesxName -
DNSZonesxType -
DNSZonesxMasterIP -
DNSZonesxDirectoryPartition -
DNSZonesxFileName -
DNSZonesxScavenge -
DNSZonesxUpdate -

注:

ここに示すプロパティの xは、DNS 構成情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

ZTIConnect.wsf

MDT 展開プロセスでは、このスクリプトを使用して、サーバー コンピューター (SQL Serverを実行しているコンピューターや、共有ネットワーク フォルダーを持つ別のサーバーなど) で認証します。 このスクリプトを実行すると、 /uncpath 引数で指定されたネットワーク共有フォルダーへの接続を作成できることを検証します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIConnect.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIConnect.wsf /UNCPath:<uncpath> </debug:value>

引数

説明
/UNCPath:uncpath ネットワーク共有フォルダーへの完全修飾 UNC パスを指定します
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。value で指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
None

ZTICopyLogs.wsf

SMSts.log ファイルと BDD.log ファイルを 、SLShare プロパティが指定する共有の下のサブフォルダーにコピーします。 サブフォルダーは、 OSDComputerName_SMSTSMachineName、または HostName が 指定する名前を受け取ります。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTICopyLogs.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTICopyLogs.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug: value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
None

ZTIDataAccess.vbs

このスクリプトには、データベース アクセスに関する一般的なルーチンが含まれています。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIDataAccess.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 None
Location distribution\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="ZTIDataAccess.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
_SMSTSReserved1 -
_SMSTSReserved2 -
RulesFile -
UserDomain - -
UserID - -
UserPassword - -

ZTIDisableBDEProtectors.wsf

BitLocker が有効になっている場合、このスクリプトはシステムで構成されている BitLocker 保護機能を中断します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIDisableBDEProtectors.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIDisableBDEProtectors.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
ImageBuild -
ISBDE -
OSCurrentBuild -
OSCurrentVersion -
Osversion -

ZTIDiskpart.wsf

このスクリプトでは、Diskpart ユーティリティを呼び出して、ターゲット コンピューターにディスク パーティションを作成します。 ディスクの構成に使用されるパラメーターは、タスク シーケンサーまたはCustomSettings.iniで指定されます。 ZTIDiskpart.wsf は、主に新しいコンピューター シナリオで実行されます。 このプロセスは次のように機能します。

  1. MDT デプロイ プロセスは、タスク シーケンサーの手順と手順のシーケンスに基づいて ZTIDiskpart.wsf スクリプトを実行します。

  2. ZTIDiskpart.wsf は Diskpart ユーティリティを起動し、必要な構成コマンドを送信します。

  3. ZTIDiskpart.wsf はDiskpart.exe実行され、コマンド ライン パラメーターとして.txt ファイルが提供されます。

  4. ディスクは、CLEAN コマンドを Diskpart に送信することで、最初に クリーンアップ されます。

  5. これが最初のディスクであり、タスク シーケンサーまたはCustomSettings.iniでディスク構成が指定されていない場合は、オペレーティング システムを格納するために 1 つのパーティションが作成されます。 ただし、ディスク構成が指定されている場合は、指定した構成に従ってディスクが構成されます。

  6. BitLocker を有効にする場合は、最初のディスクの末尾に領域が予約されます。

  7. Diskpart が完了するまで、すべてのフォーマット コマンドがキューに入れられます。 タスク シーケンサーまたは CustomSettings.ini で明示的に指定されていない場合、ZTIDiskpart.wsf は、 FORMAT C: /FS:NTFS /V:OSDisk /Q /Y次のコマンドを使用してドライブ C のクイック形式を実行します。

  8. ZTIDiskpart.wsf は、ZTIDiskpart_diskpart.log ファイルと BDD.log ファイルを RAM ディスクからハード ドライブにコピーします。

    タスク シーケンサーまたはCustomSettings.iniで必要な情報を指定して、ターゲット コンピューターのディスク構成をカスタマイズします。

    ディスクの構成の詳細については、MDT ドキュメント「Microsoft Deployment Toolkit の使用」を参照してください。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIDiskpart.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をDiskpart.exeします。 ディスク、パーティション、ボリュームの自動管理を可能にするユーティリティ

- Format.com。 ハード ディスクのフォーマット

- をZTIDiskUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIDiskpart.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
BDEDriveLetter -
BDEDriveSize -
BDEInstall -
DeployDrive -
DeploymentType -
DestinationDisk -
DestinationLogicalDrive -
DoNotCreateExtraPartition -
ImageBuild -
OSDDiskIndex -
OSDDiskpartBiosCompatibilityMode - -
OSDDiskType -
OSDPartitions -
OSDPartitionStyle -
SMSTSLocalDataDrive -
VolumeLetterVariable -

ZTIDiskUtility.vbs

このスクリプトには、MDT デプロイ プロセスのさまざまなスクリプトが呼び出すディスク関連の関数とサブルーチンが含まれています。

説明
入力 None
出力 - ZTIDiskUtility.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をBcdBoot.exeします。 システム パーティションを構成します

- をDiskPart.exeします。 ディスク、パーティション、ボリュームの自動管理を可能にするユーティリティ
Location distribution\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="ZTIDiskUtility.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
DestinationLogicalDrive -
UILanguage - -

ZTIDomainJoin.wsf

状態の復元の展開フェーズ中に、このスクリプトは、コンピューターがドメインに参加していることを確認し、ドメインへの参加が失敗した試行から回復します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIDomainJoin.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - LTISuspend.wsf

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIDomainJoin.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug: value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。
/DomainErrorRecovery: value コンピューターをドメインに参加させようとします。 value に指定された値が次の場合:

- AUTO。 ドメイン参加プロセスを再試行します。 再起動して再試行します。 これは、既定のスクリプト動作です。

- FAIL。 すべての処理を停止します。 すべてのタスク シーケンス処理が停止します。

- 手動。 処理を停止します。を使用すると、ユーザーはコンピューターをドメインに手動で参加させることができます。

プロパティ

名前 Read Write
DomainAdmin -
DomainAdminDomain -
DomainAdminPassword -
DomainErrorRecovery -
DomainJoinAttempts - -
JoinDomain -
JoinWorkgroup -
LTISuspend -
MachineObjectOU -
SMSTSRebootRequested -
SMSTSRetryRequested -

ZTIDrivers.wsf

このスクリプトは、オペレーティング システムの構成を開始する前に、ターゲット コンピューターに追加のデバイス ドライバーをインストールします。 このスクリプトは、Drivers.xml ファイルを読み取り、Drivers.xml ファイル内のデバイス ドライバー ファイルの一覧 (Deployment Workbench の [ドライバー] ノードで作成および管理) をターゲット コンピューターにコピーします。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - をPnpEnum.xmlします。 ターゲット コンピューターにインストールされているすべてのデバイスの一覧が含まれます

- ZTIDrivers.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をAttrib.exeします。 ファイル属性とフォルダー属性を設定します

- CMD.exe。コマンド ライン ツールの実行を許可します

- をMicrosoft.BDD.PnpEnum.exeします。 プラグ アンド プレイ デバイスを列挙するユーティリティ

- をReg.exeします。 レジストリ データの読み取りと変更を行うコンソール レジストリ ツール

- をZTIConfigFile.vbsします。 XML ファイルを処理するためのルーチンを含む

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIDrivers.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
アーキテクチャ -
CustomDriverSelectionProfile -
DeploymentMethod -
DeploymentType -
DestinationLogicalDrive - -
DoCapture -
DriverPaths -
DriverSelectionProfile -
ImageBuild -
InstallFromPath -
OSDAnswerFilePath -
OSDAnswerFilePathSysPrep -
OSDPlatformArch -
フェーズ -
ResourceRoot -

ZTIExecuteRunbook.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューターで Orchestrator Runbook を実行します。 Orchestrator Runbook は、コンピューターとネットワーク上のアクションを調整する一連のアクティビティです。 MDT で Orchestrator Runbook を開始するには、 Runbook の実行 タスク シーケンス ステップの種類を使用して、このスクリプトを実行します。

説明
入力 環境変数には、プロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびスクリプトがデプロイ プロセスを完了するために必要なその他の情報が含まれています。
出力 - BDD.log には、すべての MDT スクリプトで生成されるイベントが含まれています。

- Runbook 完了の状態を返します。

- Runbook 出力からパラメーターを返します。
関連情報 - ZTIUtility.vbsには、スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています。
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIExecuteRunbook.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
OrchestratorServer -
RunbookName -
RunbookID -
RunbookParameterMode -
RunbookParametersxParameterID -
RunbookParametersxParameterValue -
RunbookOutputParameters

注意:

Runbook が出力パラメーターを返す場合は、パラメーターごとにタスク シーケンス変数が作成され、パラメーターの戻り値がタスク シーケンス変数に割り当てられます。
-

このスクリプトは、次の表に示すタスク シーケンス変数を作成して、内部スクリプトを使用します。 これらのタスク シーケンス変数は、CustomSettings.iniまたは MDT DB では設定しないでください。

名前 説明
OrchestratorServer Runbook の実行タスク シーケンス ステップで Orchestrator Server で指定された Orchestrator を実行しているサーバーの名前
RunbookName Runbook の実行タスク シーケンス ステップで Runbook で指定された Runbook の 名前
RunbookID Orchestrator サーバー上の Runbook に割り当てられた識別子
RunbookParametersxParameterID Orchestrator サーバー上の特定の Runbook パラメーターに割り当てられた識別子
RunbookParametersxParameterName Orchestrator サーバー上の特定の Runbook パラメーターに割り当てられた名前
RunbookParametersxParameterValue Orchestrator サーバー上の特定の Runbook パラメーターに割り当てられた値

ZTIGather.wsf

このスクリプトは、デプロイ プロセスを制御するプロパティと処理ルールを収集します。 プロパティとルール ( ローカル プロパティとも呼ばれます) は、このスクリプトで明示的に定義され、ZTIGather.xml ファイル、CustomSettings.ini ファイル、MDT DB (Deployment Workbench の [データベース] ノードで作成) に含まれます。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIGather.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をWpeutil.exeします。 Windows PE とネットワーク接続を初期化します。LTI を開始します

- をZTIDataAccess.vbsします。 データベース アクセス用のルーチンが含まれています

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIGather.wsf </debug:value> </localonly> </inifile:ini_file_name>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。
/localonly ターゲット コンピューターと、ターゲット コンピューターにインストールされている現在のオペレーティング システムに関する情報のみを返します。は、入力.iniファイル ( /inifile 引数で 指定) を解析しません。は、.ini ファイルで指定されたプロパティとルールを返します

指定しない場合、スクリプトはターゲット コンピューターと現在インストールされているオペレーティング システムに関する情報を返します。.ini ファイルを解析します
/inifile:ini_file_name デプロイ プロセスで使用されるプロパティとルールを含む入力.ini ファイルの名前とパスが指定されていない場合、スクリプトは CustomSettings.iniの既定値を使用します。

プロパティ

名前 Read Write
All - -

ZTIGroups.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューター上のローカル グループ メンバーシップをキャプチャして復元します。 このスクリプトは、 /capture 引数を使用して呼び出され、オペレーティング システムを展開する前にターゲット コンピューターからグループ メンバーシップをバックアップします。 CaptureGroups プロパティには、スクリプトによってバックアップされるグループの一覧が含まれています。 スクリプトは/restore 引数を使用して呼び出され、オペレーティング システムの展開後にグループ メンバーシップを復元します。 復元操作を実行すると、 /capture 引数を使用してスクリプトを実行したときにバックアップされたすべてのグループのメンバーシップが復元されます。

注:

グループ メンバーシップを復元する場合、スクリプトはターゲット コンピューターにまだ存在しない移行先グループを作成しません。 そのため、イメージ ファイルをビルドするときは、参照コンピューターに必要なすべてのグループを必ず含めます。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIGroups.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIGroups.wsf </debug:value> </backup> </restore>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。
/キャプチャ CaptureGroups プロパティで指定されているように、ターゲット コンピューター上のローカル グループのグループ メンバーシップをバックアップします
/復元 展開プロセスの前にバックアップしたローカル グループにグループ メンバーシップを復元します

プロパティ

名前 Read Write
CaptureGroups -
グループ - -
HostName -

ZTILangPacksOnline.wsf

このスクリプトは、Windows オペレーティング システム用の言語パックをインストールします。 スクリプトは、少なくとも 1 つのフォルダーを含むフォルダー構造内の言語パック CAB ファイルを想定しています。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTILangPacksOnline.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をCMD.exeします。 コマンド ライン ツールの実行を許可します

- をLpksetup.exeします。 言語パックの追加または削除に使用される言語パックのセットアップ ツール

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTILangPacksOnline.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
アーキテクチャ -
Osversion -

ZTIModifyVol.wsf

このスクリプトは、UEFI を使用するコンピューターでWindows RE パーティションを作成するために必要なユーティリティ ボリュームの GPT ID と属性を設定するようにボリュームを変更します。 このスクリプトは、次の状況で UEFI を使用するコンピューターに展開するときに呼び出す必要があります。

  • カスタム パーティション (ボリューム) 構造が作成されている LTI デプロイ (通常は UEFI で使用するために作成される標準の 4 つのパーティションではなく 5 つのパーティションを作成するなど)

  • すべての ZTI および UDI デプロイ

注:

このスクリプトは、UEFI で使用するパーティション構造を作成する場合にのみ呼び出すことを目的としています。 UEFI を使用しないデプロイで使用するパーティション構造を作成する場合は、このスクリプトを呼び出さないでください。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 BDD.log には、すべての MDT スクリプトで生成されるイベントが含まれています。
関連情報 ZTIUtility.vbsには、スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています。
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIModifyVol.wsf /UtilityVol:value </debug:value>

引数

説明
/UtilityVol:value UEFI を使用するコンピューターで使用するために、Windows RE Tools パーティション用に構成する必要があるボリュームのドライブ文字を提供します (例: "E:")
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
UtilityVol -

ZTIMoveStateStore.wsf

このスクリプトは、キャプチャされたユーザー状態とバックアップ ファイルを C:\Windows\Temp\StateStore に移動します。

注:

このスクリプトは、Configuration Managerを使用してイメージをデプロイする場合にのみ実行されます。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIMoveStateStore.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIMoveStateStore.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
None

ZTINextPhase.wsf

このスクリプトは、 展開 プロセスの次のフェーズに Phase プロパティを更新します。 タスク シーケンサーは、これらのフェーズを使用して、各タスクを完了する必要があるシーケンスを決定します。 Phase プロパティには、次の値が含まれます。

  • VALIDATION。 展開プロセスを完了するために必要なスクリプトをターゲット コンピューターが実行できることを確認します。

  • STATECAPTURE。 新しいターゲット オペレーティング システムをデプロイする前に、ユーザー状態移行データを保存します。

  • プレインストール。 ターゲット オペレーティング システムを展開する前に、実行する必要があるタスク (新しいパーティションの作成など) を完了します。

  • INSTALL。 ターゲット コンピューターにターゲット オペレーティング システムをインストールします。

  • POSTINSTALL。 ユーザー状態移行データを復元する前に実行する必要があるタスクをすべて完了します。 これらのタスクは、展開後初めてターゲット コンピューターを起動する前にターゲット オペレーティング システムをカスタマイズします (更新プログラムのインストールやドライバーの追加など)。

  • STATERESTORE。 状態キャプチャ フェーズ中に保存されたユーザー状態移行データを復元します。

    Phase プロパティの詳細については、「プロパティ」の対応するトピックを参照してください。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTINextPhase.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTINextPhase.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
DeploymentMethod -
フェーズ - -

ZTINICConfig.wsf

このスクリプトは、CustomSettings.ini ファイルまたは MDT DB (Deployment Workbench の [データベース] ノードで作成) に一覧表示されているプロパティに基づいて ZTIGather.wsf がキャプチャした値を使用してアクティブ化されたネットワーク アダプターを構成します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTINICConfig.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- をZTINicUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTINicConfig.wsf </debug:value> </ForceCapture> </RestoreWithinWinPE>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。
/ForceCapture 静的 IP アドレスが保存されたローカル ネットワーク アダプターがある場合、このスクリプトはこれらの設定をキャプチャし、ローカル環境に保存します (例: C:\MININT\SMSOSD\OSDLogs\Variables.dat)。 このスクリプトは、自動化のために多数のコンピューターの静的 IP 設定をキャプチャする場合に役立ちます。
/RestoreWithinWinPE 指定すると、保存した静的 IP ネットワーク設定が必要に応じてローカル コンピューターに適用されます。内部処理にのみ使用されます。

プロパティ

名前 Read Write
DeployDrive - -
DeploymentMethod -
DeploymentType -
DeployRoot -
OSDAdapterCount - -
OSGuid -
OSDMigrateAdapterSettings -
フェーズ -

ZTINICUtility.vbs

このスクリプトには、MDT デプロイ プロセスの各種スクリプトが呼び出すネットワーク アダプター関連の関数とサブルーチンが含まれています。

説明
入力 None
出力 None
関連情報 - をCMD.exeします。 コマンド ライン ツールの実行を許可します

- をNetsh.exeします。 ネットワーク コンポーネントの構成を自動化するために使用されるユーティリティ
Location distribution\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="ZTINicUtility.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
OSDAdapterAdapterIndexAdapterName - -

注:

このプロパティの AdapterIndexは、ネットワーク アダプター情報を含む 0 から始まる配列のプレースホルダーです。

ZTIOSRole.wsf

このスクリプトは、Windows オペレーティング システムを実行しているターゲット コンピューターのサーバーロールをインストールします。 スクリプトは OSRolesOSRoleServices、および OSFeatures プロパティを読み取り、インストールする必要がある内容を決定します。

注:

このスクリプトは、[ ロールと機能のインストール] および [ロールと機能アンインストール ] タスク シーケンスの手順でのみ呼び出すことを目的としています。 このスクリプトを直接呼び出すことはサポートされていません。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIOSRole.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をCMD.exeします。 コマンド ライン ツールの実行を許可します

- をOCSetup.exeします。 または を追加して、Windows のオプション コンポーネントを削除します

- をServerManagerCmd.exeします。 Windows Server の役割と機能をインストール、構成、管理する

- をSysocmgr.exeします。 Windows コンポーネントを追加または削除する

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIOSRole.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。
/アンインストール 指定した場合、この引数はロールと機能がアンインストールされることを示します。 指定しない場合、スクリプトはロールと機能がインストールされることを前提としています。

プロパティ

名前 Read Write
IsServerCoreOS -
OSFeatures -
OSRoles -
OSRoleServices -
Osversion -
SMSTSRebootRequested -

ZTIPatches.wsf

このスクリプトは、Packages.xml ファイルに一覧表示されている更新プログラム (言語パック、セキュリティ更新プログラムなど) をインストールします。 デプロイが次のいずれかの状態でない場合、スクリプトは自己終了します。

  • フェーズPREINSTALL と等しい

  • DeploymentMethodSCCM と等しい

    DeploymentMethodSCCM と等しい場合、スクリプトは Pkgmgr を起動します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIPatches.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をExpand.exeします。 圧縮ファイルを展開します

- をPkgmgr.exeします。 Windows Vista をオフラインでインストールまたは更新する

- をZTIConfigFile.vbsします。 XML ファイルを処理するためのルーチンを含む

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIPatches.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
アーキテクチャ -
CustomPackageSelectionProfile -
DeployRoot -
DeploymentMethod -
DeploymentType -
DestinationLogicalDrive -
LanguagePacks -
OSDAnswerFilePath -
OSDPlatformArch -
PackageSelectionProfile -
フェーズ -
ResourceRoot -

ZTIPowerShell.wsf

このスクリプトは、カスタム Windows PowerShell ホストを使用してWindows PowerShell スクリプトを実行します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIPowerShell.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- 戻りコード。 完了後にWindows PowerShell スクリプトによって返される数値。スクリプトの完了状態を示します。
関連情報 - をMicrosoft.BDD.TaskSequencePSHost.exeします。 Windows PowerShell スクリプトの実行に使用されるカスタム Windows PowerShell ホスト。
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIPowerShell.wsf

引数

説明
なし

プロパティ

名前 Read Write
なし

ZTIPrereq.vbs

このスクリプトは、ターゲット コンピューターに前提条件のソフトウェアがインストールされていることと、それが機能していることを確認します。 スクリプトが実行するチェックは次のとおりです。

  • Windows スクリプトのバージョンがバージョン 5.6 以上かどうかを判断します。

  • オブジェクト参照が Wscript.Shell、Wscript.Network、Scripting.FileSystemObject MSXML2 にインスタンス化されるときにエラーが発生しないことを確認します。DOMDocument、およびプロセス環境。

    いずれかのチェックが失敗した場合、エラーが発生し、スクリプトによって ValidatePrereq プロシージャが終了します。

説明
入力 None
出力 None
関連情報 None
Location distribution\Scripts
使用する方法 None

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
None

ZTISCCM.wsf

このスクリプトは、Configuration Managerを使用してデプロイするときに ZTI を初期化します。 スクリプトは、次の手順を実行します。

  1. デバッグがアクティブ化されている場合、スクリプトによって OSD が作成されます。デバッグ ファイル。

  2. スクリプトは、次のプロパティを構成します。

    • ScriptRootは、現在実行中のスクリプトの親フォルダーに設定されます。

    • DeployRootScriptRoot の親フォルダーに設定されます。

    • ResourceRootDeployRoot に設定されています。

    • DeploySystemDriveC: に設定されています。

    • DeploymentMethodSCCM に設定されています。

  3. DeployRoot:\: が含まれている場合:

    • DeployRoot フォルダーが _SMSTSMDataPath\WDPackage にコピーされます

    • ScriptRoot_SMSTSMDataPath\WDPackage\Scripts に設定されている

    • DeployRootScriptRoot の親フォルダーに設定されている

    • ResourceRootDeployRoot に設定されている

  4. フェーズNULL の場合:

    • %SystemDrive% 環境変数が X: の場合、 DeploymentTypeNEWCOMPUTER に設定され、 フェーズPREINSTALL に設定されます。 それ以外の場合、DeploymentTypeREPLACE に設定され、 フェーズ は VALIDATION に設定 されます

    • 現在実行中のスクリプトの親フォルダーに OldComputer.tag ファイルが存在する場合、 DeploymentTypeREPLACE に設定され、 PhaseVALIDATION に設定されます。 それ以外の場合、DeploymentTypeREFRESH に設定され、 フェーズ は VALIDATION に設定 されます

    これらのプロパティの詳細については、「 プロパティ」の対応するトピックを参照してください。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTISCCM.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTISCCM.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
_SMSTSMDataPath -
アーキテクチャ -
BDDPackageID - -
DeploymentMethod - -
DeploymentType - -
DeployRoot - -
フェーズ - -
ResourceRoot - -
ScriptRoot - -
ToolRoot - -

ZTISetVariable.wsf

このスクリプトは、 VariableName に含まれる名前に対応する指定されたグローバル タスク シーケンス変数を 、VariableValue に含まれる値に設定します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTISetVariable.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTISetVariable.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
VariableName -
VariableValue -

ZTITatoo.wsf

このスクリプトは、識別情報とバージョン情報を持つターゲット コンピューターにタトゥーを入れ墨します。 スクリプトは、次の手順を実行します。

  1. ZTITatoo.mof ファイルを見つけて、%SystemRoot%\System32\Wbem フォルダーにコピーします。 コピー先に存在する既存の ZTITatoo.mof は、コピー操作を開始する前に削除されます。

  2. Mofcomp.exeは、次のコマンドを使用して実行されます。

    %SystemRoot%\System32\Wbem\Mofcomp.exe -autorecover %SystemRoot%\System32\Wbem\ZTITatoo.mof.  
    
  3. すべての展開方法 (LTI、ZTI、UDI) について、これらのデプロイの詳細は、 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Deployment 4 でレジストリに対するすべての展開方法について書き込まれます。

    • デプロイ方法 は、使用されているデプロイ方法に設定され、実行されるデプロイ方法に応じて LTIZTI、または UDI に設定できます。

    • 展開ソース は、展開のソースに設定され、 OEMMEDIA、または DeploymentMethod プロパティの値に設定できます。

    • [配置の種類]DeploymentType プロパティに設定されます。

    • デプロイ タイムスタンプ は、WMI 日付形式で現在の日付に設定されます。

    • Deployment Toolkit Version は Versionプロパティに 設定されています。

  4. LTI デプロイの場合、これらのデプロイの詳細は 、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Deployment 4 のレジストリに書き込まれます。

    • タスク シーケンス IDTaskSequenceIDプロパティに設定されます。

    • タスク シーケンス名TaskSequenceName プロパティに設定されます。

    • タスク シーケンスのバージョン は、 TaskSequenceVersion プロパティに設定されます。

  5. すべてのConfiguration Manager展開 (Configuration Managerの場合は ZTI と UDI) について、次のデプロイの詳細がレジストリにHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Deployment 4 に書き込まれます。

    • OSD パッケージ ID は、 _SMSTSPackageID タスク シーケンス変数に設定されます。

    • OSD プログラム名 は常に "\*" に設定されます。

    • OSD アドバタイズ ID は、_SMSTSAdvertID タスク シーケンス変数 設定されます。

  6. イメージがキャプチャされている LTI デプロイの場合、これらのデプロイの詳細は 、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Deployment 4 でレジストリに書き込まれます。

    • Capture メソッド は、使用されているデプロイ方法に設定され、実行されるデプロイ方法に応じて LTIZTI、または UDI に設定できます。

    • キャプチャ タイムスタンプ は、WMI 日付形式で現在の日付に設定されます。

    • Capture Toolkit Version は Versionプロパティに 設定されています。

    • タスク シーケンス ID のキャプチャ は、 TaskSequenceID プロパティに設定されます。

    • [タスク シーケンス名のキャプチャ]TaskSequenceName プロパティに設定されます。

    • タスク シーケンスのバージョンのキャプチャ は、 TaskSequenceVersion プロパティに設定されます。

  7. イメージがキャプチャされているすべてのConfiguration Manager展開 (Configuration Managerの場合は ZTI と UDI) について、次のデプロイの詳細がHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Deployment 4 のレジストリに書き込まれます。

    • キャプチャ OSD パッケージ ID は、 _SMSTSPackageID タスク シーケンス変数に設定されます。

    • キャプチャ OSD プログラム名 は常に "*****" に設定されます。

    • キャプチャ OSD アドバタイズ ID は、 _SMSTSAdvertIDタスク シーケンス変数に設定されます。

    注:

    このスクリプトは、Windows PE で実行するようには設計されていません。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTITatoo.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をMofcomp.exeします。 コマンド ラインの .mof ファイル コンパイラ

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTITatoo.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
_SMSTSAdvertID -
_SMSTSPackageID -
_SMSTSSiteCode -
DeploymentMethod -
DeploymentType -
バージョン -
TaskSequenceID -
TaskSequenceName -
TaskSequenceVersion -

ZTIUserState.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューターのユーザー状態をキャプチャして復元するために USMT を初期化します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIUserState.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をCMD.exeします。 コマンド ライン ツールの実行を許可します

- をLoadstate.exeします。 ターゲット コンピューターにユーザー状態データを保存する

- をMsiexec.exeします。 .msi ベースのアプリケーションのインストールを管理します

- をScanstate.exeします。 ユーザー データと設定を収集します

- USMT アプリケーション ファイル

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIUserState.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。
/キャプチャ
/推定
/復元

プロパティ

名前 Read Write
アーキテクチャ -
DeploymentMethod -
DeploymentType -
DestinationLogicalDrive -
ImageBuild -
Imagesize -
ImageSizeMultiplier -
InstallFromPath -
IsServerOS -
LoadStateArgs -
OSCurrentVersion -
OSDMigrateAdditionalCaptureOptions - -
OSDMigrateAdditionalRestoreOptions - -
OSDPackagePath -
OSDStateStorePath -
Osversion -
ScanStateArgs -
StatePath - -
UDDir -
UDProfiles -
UDShare -
UserDataLocation - -
USMTConfigFile -
USMTEstimate - -
USMTLocal -
USMTMigFiles -

ZTIUtility.vbs

このスクリプトには、ほとんどの MDT スクリプトで使用されるユーティリティ関数が含まれています。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 None
関連情報 - をCredentials_ENU.xmlします。 ネットワーク リソースへの接続時に使用される資格情報の入力をユーザーに求めるメッセージ

- をIPConfig.exeします。 現在のすべての TCP/IP ネットワーク構成値を表示し、DHCP と DNS の設定を更新します

- をMSHTA.exeします。 HTML アプリケーション ホスト

- をRegsvr32.exeします。 ファイル (.dll、.exe、.ocx など) をオペレーティング システムに登録します

- をXcopy.exeします。 サブディレクトリを含むファイルとディレクトリをコピーします
Location - distribution\Scripts

- program_files\Microsoft Deployment Toolkit\Scripts
使用する方法 <script language="VBScript" src="ZTIUtility.vbs"/>

引数

説明
なし なし

プロパティ

名前 Read Write
_SMSTSAdvertID -
_SMSTSCurrentActionName -
_SMSTSCustomProgressDialogMessage -
_SMSTSInstructionTableSize -
_SMSTSLogPath -
_SMSTSMachineName -
_SMSTSNextInstructionPointer -
_SMSTSOrgName -
_SMSTSPackageID -
_SMSTSPackageName -
_SMSTSPackagePath -
_SMSTSReserved1 -
_SMSTSReserved2 -
アーキテクチャ -
AssetTag -
Computername -
Debug - -
DeploymentMethod -
DeployRoot -
DestinationDisk - -
DestinationLogicalDrive - -
DestinationPartition - -
EventShare -
HostName -
ImageBuild - -
ImageFlags -
ImageIndex -
ImageLanguage -
ImageProcessor -
Imagesize -
InstallFromPath -
JoinDomain -
LogPath - -
MacAddress -
OSCurrentVersion -
OSDAdvertID -
OSDAnswerFilePath - -
OSDAnswerFilePathSysprep - -
OSDComputerName - -
OSDPackageID -
OSDPackagePath -
OSDTargetSystemDrive -
OSGUID -
OSSKU -
Osversion -
フェーズ -
Processor_Architecture -
ResourceRoot -
SLShare -
SLShareDynamicLogging -
TaskSequenceID -
TaskSequenceName -
TaskSequenceVersion -
UDDir -
UDShare -
UserDomain - -
UserID - -
UserPassword - -
UUID -
バージョン

メモ: この変数は、MDT のバージョンを表す内部変数です。
- -
WDSServer -

ZTIValidate.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューターの条件を検証することで、展開を続行しても安全であることを保証します。 スクリプト プロセスは次のとおりです。

  • DeploymentType が REFRESH と等しく、ターゲット コンピューターがサーバーである場合、スクリプトは終了します。

  • OSInstall が存在し、YES と等しくない場合、スクリプトは終了します。

  • ターゲット コンピューターに RAM の最小量が存在することを確認します。そうでない場合は、スクリプトが終了します。

  • プロセッサが最低限必要な速度を満たしていることを確認します。そうでない場合は、スクリプトが終了します。

  • ハード ディスクサイズが最小サイズ要件を満たしていることを確認します。そうでない場合は、スクリプトが終了します。

  • ターゲット コンピューターのオペレーティング システムがドライブ C にインストールされていることを確認します。そうでない場合は、スクリプトが終了します。

  • DeploymentType = REFRESH の場合は、 を実行Compact /u C:\してドライブ C が圧縮されていないことを確認します。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIValidate.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をCompact.exeします。 NTFS ファイル システム パーティション上のファイルの圧縮を表示または変更します

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIValidate.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
DeploymentType -
DestinationLogicalDrive - -
ImageBuild -
ImageMemory -
ImageProcessorSpeed -
Imagesize -
ImageSizeMultiplier -
IsServerOS -
メモリ -
OSDPackagePath -
OSInstall -
ProcessorSpeed -
SMSTSLocalDataDrive -
VerifyOS -

ZTIVHDCreate.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューターに仮想ハード ディスク (.vhd または .avhd) ファイルを作成し、.vhd ファイルをディスクとしてマウントするために使用されます。 その後、LTI 展開プロセスの他の部分では、新しく作成された仮想ハード ディスクに Windows オペレーティング システムとアプリケーションが展開されます。 スクリプト プロセスは次のとおりです。

  • Class_Initialize メソッドは、VHDInputVariable 変数を初期化するために使用されます。

  • VHDCreateSource が定義されていることを検証し、ソースの .vhd ファイル (指定されている場合) を見つけます。

  • VHDCreateFilename が RANDOM または "" (null) と等しい場合は、ランダムな .vhd ファイル名を生成します。

  • .vhd ファイル ( VHDCreateFileName で指定) が作成されるフォルダーが存在することを確認します。

  • VHDCreateSizePercent、VHDCreateSizeMaxVHDCreateType の値を使用して、.vhd ファイルを作成します。

  • VHDCreateDiffVHD の値を使用して差分ディスク (指定されている場合) を作成します。

  • 新しく作成された .vhd ファイルとオプションの差分ディスクがマウントされます。

  • マウントされた仮想ハード ディスクのディスク番号が返されます。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIVHDCreate.log. このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をZTIDiskUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIVHDCreate.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
VHDCreateDiffVHD -
VHDCreateFileName -
VHDCreateSizeMax -
VHDCreateSource -
VHDCreateType -
VHDDisks -
VHDInputVariable -
VHDOutputVariable -

ZTIWindowsUpdate.wsf

このスクリプトは、WINDOWS UPDATE エージェント (WUA) アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を使用して、WSUS、Windows Update、または Microsoft Update を実行している企業ネットワーク上のコンピューターから更新プログラムをダウンロードしてインストールします。 既定では、この機能は各タスク シーケンスで無効になっており、実行するには手動でアクティブ化する必要があります。

ほとんどの企業では、企業ネットワーク経由で新しく展開されたコンピューターを更新するためのチームとインフラストラクチャが既に用意されています。 このプロセスでは、各デスクトップ構成で利用可能な最新のパッチ、ドライバー、更新プログラムのセットを追跡し、構成ごとにダウンロードしてインストールする更新プログラムを決定します。 組織に既に確立されたプロセスがある場合、このスクリプトは必要ない可能性があります。 このスクリプトは、プロセスが確立されていない可能性がある展開チームのニーズを満たすように設計されましたが、展開時にターゲット コンピューターが確実に更新されるようにします。

このスクリプトは、対象のコンピューターを自動的にスキャンし、適用可能であることが判明した幅広い更新プログラムをダウンロードします。 次のファイルが含まれています。

  • Windows サービス パック

  • Windows Updateに配置されたMicrosoft以外のドライバー

  • 最新の修正プログラムの更新プログラム

  • Office の更新プログラムをMicrosoftする

  • 更新プログラムのMicrosoft Exchange ServerとSQL Server

  • Visual Studio の更新プログラムをMicrosoftする®

  • 一部のMicrosoft以外のアプリケーション更新プログラム

ヒント

多くのハードウェアメーカーは、ドライバーをWindows Updateに配置しています。 これらのドライバーは、Out-of-Box Drivers ディレクトリで管理する必要がなくなりました。 配布共有からドライバーを削除して、Windows Updateで使用できるドライバーを確認して実験します。 既定でドライバーが Windows に含まれていない場合は、オペレーティング システムでユーザー入力が必要になるため、ネットワーク ドライバーやストレージ ドライバーを削除しないでください。

MDT では、オペレーティング システムの展開の一部として、更新されたバージョンの WUA を展開する機能がサポートされています。 これにより、ターゲット コンピューターが展開されるときに、正しいバージョンの WUA が実行されていることを確認できます。 また、インターネットに接続し、展開後に WUA の最新バージョンをダウンロードする必要がなくなります。

MDT では、インターネット経由でMicrosoft 更新に接続するのではなく、WSUS を実行している企業ネットワーク上のコンピューターから更新プログラムを収集するように WUA を構成することもできます。 必要に応じて、 WSUSServer プロパティを使用して WSUS を実行している特定のコンピューターを使用するように WUA を構成できます。

詳しくは、「クライアント コンピューターにWindows Update エージェントをインストールする方法」をご覧ください。

WUA スタンドアロン インストーラーの最新バージョンを取得します。

  • x86 バージョン (WindowsUpdateAgent30-x86.exe) https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=100334

  • x64 バージョン (WindowsUpdateAgent30-x64.exe) https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=100335

    Windows 7 以降には WUA の最新バージョンが含まれているため、アップグレードは必要ありません。

    詳細については、「Windows Update エージェントの更新」を参照してください。

    タスク シーケンサーで有効にすると、このスクリプトはオペレーティング システムの展開の状態復元フェーズで複数回実行されます。 これは、オペレーティング システムが初めて起動した後に最初に実行されます。 ターゲット コンピューターにインストールされている特定の更新プログラムまたはサービス パックに依存する可能性があるアプリケーションをインストールする前に、最新の更新プログラムとサービス パックがインストールされていることを確認します。 たとえば、アプリケーションは、インストールされているMicrosoft .NET Frameworkの最新バージョンに依存している可能性があります。

    このスクリプトは、アプリケーションのインストール後にも実行されます。これにより、最新のアプリケーション サービス パックと更新プログラムが確実に適用されます。 たとえば、このスクリプトを使用して、最新の更新プログラムが Office 2010 または 2007 Office システムMicrosoft適用されるようにします。

    1 つ以上の更新プログラムのインストール中に、更新プログラムのインストールを完全に完了できるように、ターゲット コンピューターを再起動する必要があります。 更新プログラムが正しくインストールされていることを確認するために、更新プログラムのインストールでターゲット コンピューターの再起動が必要であることがスクリプトによって検出された場合、スクリプトはターゲット コンピューターを自動的に再起動し、追加の更新プログラムが検出され、インストールが保留中の場合に再開します。 ターゲット コンピューターが完全に最新であると判断された場合、スクリプトは終了します。 ターゲット コンピューターの更新中に、スクリプトに更新プログラムのインストールが 7 回失敗し、ターゲット コンピューターに再起動が必要な場合、エラーが記録されます。

    実行時に、スクリプトは次のタスクを実行します。

  • WSUSServer プロパティが指定されている場合は、WSUS サーバーを使用するようにターゲット コンピューターを構成します。

  • WUA の最新バージョンがターゲット コンピューターにインストールされていることを確認します。

  • ターゲット コンピューターで、まだインストールされておらず、通常は非表示になっている可能性がある該当する更新プログラムを検索します。

  • 各更新には、 UpdateID プロパティと QNumber プロパティが関連付けられています。

    • UpdateID プロパティは、67da2176-5c57-4614-a514-33abbdd51f67 などの GUID 形式です。

    • QNumber プロパティは、987654などの数値です。

  • スクリプトは 、UpdateID プロパティと KBArticle プロパティ値を、次の MDT プロパティで指定された除外の一覧と比較します。

    • WUMU_ExcludeID。 除外する Update ID の一覧。この一覧に UpdateID が見つかった更新プログラムはインストールされません。

    • WUMU_ExcludeKB。 除外する QNumbers の 一覧。この一覧に QNumber が見つかった更新プログラムはインストールされません。

    • さらに、ユーザー入力を必要とする更新プログラムは除外され、インストールされません。

  • エンド ユーザー ライセンス契約 (EULA) の承認が必要なすべての更新プログラムは、スクリプトによって自動的に承認されます。 運用環境でこのスクリプトを実行する前に、各 EULA を手動で読んで確認してください。

  • 各更新プログラムのアクティビティは ZTIWindowsUpdate.log ファイルに書き込まれ、更新プログラムがインストールに承認されている場合は INSTALL または SKIP という文字列と、UpdateID、更新プログラムの簡単な説明、QNumber が書き込まれます。

  • インストールする各更新プログラムがダウンロードされ、バッチでインストールされます。

  • ターゲット コンピューターでは、更新プログラムのインストール中に複数の再起動が必要になる場合があります。

注:

Windows Internet Explorer 7 ではユーザー操作が必要なため、このスクリプトを使用してインストールされません。

注:

既定では、WUMU_ExcludeKB リストにQNumber 925471を含めることで、Windows Vista Ultimate が追加の言語パックをインストールできないようにします。

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIWindowsUpdate.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をExpand.exeします。 圧縮ファイルを展開します

- をNet.exeします。 ネットワーク管理タスクを実行します

- をWindowsUpdateAgent30-x86.exeします。 WUA をインストールします

- をWindowsUpdateAgent30-x64.exeします。 WUA をインストールします

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIWindowsUpdate.wsf </debug:value> </UpdateCommand:"<IsInstalled=0&#124;1> <IsHidden=0&#124;1>"> </Query:true&#124;false>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。
/UpdateCommand:param - IsInstalled。 インストールされていない更新プログラムを照会するには、 0 に設定します。

- IsHidden。 非表示になっている更新プログラムを照会するには、 0 に設定します。
/Query:value - True。 必要な更新プログラムについてのみクエリを実行します。 バイナリをダウンロードしてインストールしないでください。

- False。 必要な更新プログラムを照会してインストールします。 バイナリをダウンロードしてインストールします。

注:

指定した場合、 UpdateCommand には少なくとも 1 つのオプションが必要です。

注:

UpdateCommand に両方のオプションを指定する場合は、 で区切る必要があります。

注:

UpdateCommand の既定値は IsInstalled=0IsHidden=0 です

注:

UpdateCommand の詳細については、「IUpdateSearcher::Search メソッド」を参照してください。

プロパティ

名前 Read Write
アーキテクチャ -
DoCapture -
InstalledUpdates -
MSIT_WU_Count - -
NoAutoUpdate_Previous - -
SMSTSRebootRequested - -
SMSTSRetryRequested - -
WSUSServer -
WUMU_ExcludeID -
WUMU_ExcludeKB -

ZTIWipeDisk.wsf

このスクリプトは、ターゲット コンピューターのハード ディスクの書式を設定します。 スクリプト:

  • WipeDiskTRUE と等しくない場合は終了します

  • フォーマットする適切なドライブを決定します

  • を呼び出 cmd /c format <Drive> /fs:ntfs /p:3 /Y してドライブの形式を設定します (ここで <Drive> 、フォーマットするハード ディスク ドライブのドライブ文字)

説明
入力 環境変数。 デプロイ プロセスを完了するためにスクリプトに必要なプロパティ値、カスタム プロパティ値、データベース接続、デプロイ 規則、およびその他の情報が含まれます
出力 - ZTIWipeDisk.log。 このスクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル

- BDD.log。 すべての MDT スクリプトで生成されるイベントを含むログ ファイル
関連情報 - をCMD.exeします。 コマンド ライン ツールの実行を許可します

- Format.com。 ハード ディスクのフォーマット

- をZTIUtility.vbsします。 スクリプトで使用されるサポート関数とサブルーチンが含まれています
Location distribution\Scripts
使用する方法 cscript ZTIWipeDisk.wsf </debug:value>

引数

説明
/debug:value コンソールと .log ファイルにイベント メッセージを出力します。 value に指定された値が次の場合:

- TRUE の場合、イベント メッセージはコンソールと .log ファイルに送信されます

- FALSE の場合、イベント メッセージは .log ファイルにのみ送信されます (これは、引数が指定されていない場合の動作です)。

プロパティ

名前 Read Write
WipeDisk -

サポート ファイル

LTI および ZTI デプロイで使用されるユーティリティとスクリプトは、外部構成ファイルを参照して、展開プロセス中に使用されるプロセスステップと構成設定を決定します。

ユーティリティごとに次の情報が提供されます。

  • 名前。 ファイルの名前を指定します

  • 説明。 ファイルの目的の説明を提供します

  • Location。 ファイルが見つかるフォルダーを示します。では、次の変数が使用されます。

    • program_files。 この変数は、MDT がインストールされているコンピューター上の Program Files フォルダーの場所を指します。

    • ディストリビューション。 この変数は、展開共有の [配布] フォルダーの場所を指します。

    • プラットフォーム。 この変数は、オペレーティング システム プラットフォーム (x86 または x64) のプレースホルダーです。

ApplicationGroups.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

Applications.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

BootStrap.ini

ターゲット コンピューターが適切な展開共有に接続できない場合に使用される構成ファイル。 この状況は、新しいコンピューターとコンピューターの置き換えシナリオで発生します。

説明
Location distribution\Control

CustomSettings.ini

すべてのシナリオで使用される MDT 処理ルールのプライマリ構成ファイル。

説明
Location distribution\Control

Deploy.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location program_files\Microsoft Deployment Toolkit\Control

DriverGroups.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

Drivers.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

LinkedDeploymentShares.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Scripts

ListOfLanguages.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Scripts

MediaGroups.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Scripts

Medias.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Scripts

OperatingSystemGroups.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

OperatingSystems.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

PackageGroups.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

Packages.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

SelectionProfileGroups.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

SelectionProfiles.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

ServerManager.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location program_files\Microsoft Deployment Toolkit\Bin

Settings.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

TaskSequenceGroups.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

TaskSequences.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control

TS.xml

注:

この XML ファイルは MDT によって管理されるため、変更は必要ありません。

説明
Location distribution\Control\task_sequence_id

注:

Task_sequence_id は、各タスク シーケンスが Deployment Workbench の [タスク シーケンス] ノードで作成されたときに割り当てられたタスク シーケンス ID のプレースホルダーです。

Wimscript.ini

この.iniファイルは、イメージから除外されるフォルダーとファイルの一覧を含む ImageX 構成ファイルです。 これは、LTI キャプチャ フェーズ中に ImageX によって参照されます。

このファイルのカスタマイズについては、「 Windows プレインストール環境 (Windows PE) ユーザー ガイド」の「ImageX 構成ファイルの作成」セクションを参照してください。

説明
Location distribution\Tools\platform

ZTIBIOSCheck.xml

この XML ファイルには、ターゲット コンピューターの BIOSes に関するメタデータが含まれています。 このファイルは手動で編集され、 ZTIBIOSCheck.wsf によって読み取られます。 ターゲット コンピューターから必要な情報を抽出し、この XML ファイルに埋め込まれているMicrosoft Visual Basic® Scripting Edition (VBScript) プログラム (ZTIBIOS_Extract_Utility.vbs) を使用して、この XML ファイルにエントリを作成します。

説明
Location distribution\Scripts

ZTIConfigure.xml

この XML ファイルは、 ZTIConfigure.wsf スクリプトによって使用され、プロパティ値 (展開プロセスで前に指定) を変換して、Unattend.xml ファイルの設定を構成します。 このファイルは、適切な翻訳を行うために既にカスタマイズされており、それ以上変更する必要はありません。

説明
Location distribution\Scripts

ZTIGather.xml

注:

この XML ファイルは事前構成されているため、変更は必要ありません。 CustomSettings.ini ファイルまたは MDT DB でカスタム プロパティを定義します。

説明
Location distribution\Scripts

ZTIUserState_config.xml

この XML ファイルは、既定の USMT 構成ファイルとして ZTIUserState.wsf スクリプトによって使用されます。 USMTConfigFile プロパティでカスタム構成ファイルが指定されていない場合、このファイルは既定で使用されます。 構文と使用方法の詳細については、USMT ドキュメントの 「Config.xml ファイル 」トピックを参照してください。

説明
Location distribution\Scripts

ZTITatoo.mof

この .mof ファイルは、Mofcomp.exeを使用してターゲット コンピューターの WMI リポジトリにインポートされると、 Microsoft_BDD_Info WMI クラスを作成します。 このクラスには、次のようなデプロイ関連の情報が含まれています。

  • DeploymentMethod

  • DeploymentType

  • DeploymentTimestamp

  • BuildID

  • BuildName

  • BuildVersion

  • OSDPackageID

  • OSDProgramName

  • OSDAdvertisementID

  • TaskSequenceID

  • TaskSequenceName

  • TaskSequenceVersion

説明
Location distribution\Scripts

ユーティリティ

デプロイ プロセス中に使用される手順をサポートする特殊なタスクを実行する LTI および ZTI 参照ユーティリティで使用されるスクリプト。 次の情報を使用して、アクションに含める適切なユーティリティと、各ユーティリティを実行するときに指定する有効な引数を特定するのに役立ちます。

ユーティリティごとに次の情報が提供されます。

  • 名前。 ユーティリティの名前を指定します

  • 説明。 ユーティリティの目的の説明を提供します

  • Location。 ユーティリティが見つかるフォルダーを示します。では、次の変数が使用されます。

    • program_files。 この変数は、MDT がインストールされているコンピューター上の Program Files フォルダーの場所を指します。

    • ディストリビューション。 この変数は、展開共有の [配布] フォルダーの場所を指します。

    • プラットフォーム。 この変数は、オペレーティング システム プラットフォーム (x86 または x64) のプレースホルダーです。

  • を使用します。指定できるコマンドとオプションを提供します

  • 引数と説明。ユーティリティに指定する有効な引数と、各引数の意味の簡単な説明を示します

BCDBoot.exe

BCDBoot は、システム パーティションをすばやく設定したり、システム パーティション上にあるブート環境を修復したりするために使用されるツールです。 システム パーティションは、インストールされている Windows イメージからブート環境ファイルの小さなセットをコピーすることによって設定されます。 BCDBoot では、システム パーティションにブート構成データ (BCD) ストアも作成され、新しいブート エントリを使用して、インストールされている Windows イメージに対して Windows を起動できます。

説明
Location Windows ソース ファイルに含まれる

引数

説明
このユーティリティによって提供されるコマンド ライン ヘルプを参照してください。

BDDRun.exe

このユーティリティは、ユーザーの操作を必要とする実行可能ファイル (スクリプトやその他のコードなど) に対して、タスク シーケンサーによってアクションとして実行されます。 既定では、タスク シーケンスは、ユーザー操作を必要とする実行可能ファイルを実行できません。 ただし、このユーティリティを使用すると、タスク シーケンサーは、ユーザーの操作を必要とする実行可能ファイルを実行できます。

ユーザー操作を必要とする実行可能ファイルは、このユーティリティの引数として提供されます。 このユーティリティは、別のコマンド環境で実行可能ファイルを実行します。

注:

このユーティリティは、LTI デプロイでのみ使用できます。 ZTI デプロイでは、ユーザーの操作が禁止されます。

説明
Location distribution\Tools\platform
使用する方法 BDDRun.exe commandline

引数

説明
コマンドライン ユーザーの操作を必要とする実行するコマンド

注:

空白を含む引数の コマンド ライン 部分の任意の部分を二重引用符で囲みます。 (例: BDDRun.exe MyAppInstall.exe /destinationdir: "%ProgramFiles%\AppName")。

Bootsect.exe

Bootsect.exeは、ハード ディスク パーティションのマスター ブート コードを更新して BOOTMGR と NTLDR を切り替えます。 このユーティリティを使用して、コンピューター上のブート セクターを復元します。

Bootsect.exeの詳細については、「 Windows プレインストール環境 (Windows PE) ユーザー ガイド」の「Bootsect Command-Line オプション」を参照してください。

説明
Location distribution\Tools\platform
使用する方法 bootsect.exe /nt52 C:

引数

説明
/ヘルプ ここに一覧表示されている使用手順を表示します。
/nt52 NTLDR と互換性のあるマスター ブート コードを SYS、ALL、または DriveLetter に適用します。 SYSALL、または DriveLetter にインストールされているオペレーティング システムは、以前のバージョンの Windows Vista である必要があります。
/nt60 BOOTMGR と互換性のあるマスター ブート コードを SYS、ALL、または DriveLetter に適用します。 SYSALL、または DriveLetter にインストールされているオペレーティング システムは、Windows Vista である必要があります。
SYS Windows の起動に使用するシステム パーティションでマスター ブート コードを更新します。
All すべてのパーティションでマスター ブート コードを更新します。 ALL は、必ずしも各ボリュームのブート コードを更新するとは限りません。 代わりに、このオプションは、Windows ブート ボリュームとして使用できるボリュームのブート コードを更新します。これにより、基になるディスク パーティションに接続されていない動的ボリュームは除外されます。 ブート コードはディスク パーティションの先頭に配置する必要があるため、この制限が存在します。
DriveLetter このドライブ文字に関連付けられているボリュームのマスター ブート コードを更新します。 (1) DriveLetter がボリュームに関連付けられていない場合、または (2) DriveLetter が基になるディスク パーティションに接続されていないボリュームに関連付けられている場合、ブート コードは更新されません。
/力 ブート コードの更新中にボリュームを強制的にマウント解除します。 このオプションは、慎重に使用してください。

Compact.exe

NTFS ファイル システム パーティション上のファイルの圧縮を表示または変更します。

説明
Location Windows ソース ファイルに含まれる

引数

説明
/C 指定したファイルを圧縮します。 ディレクトリは、後で追加されたファイルが圧縮されるようにマークされます。
/V 指定したファイルを展開解除します。 ディレクトリは、後で追加されたファイルが圧縮されないようにマークされます。
/S 指定されたディレクトリ内およびすべてのサブディレクトリ内のファイルに対して、指定した操作を実行します。 既定の dir は現在のディレクトリです。
/A 非表示属性またはシステム属性を持つファイルを表示します。 これらのファイルは既定で省略されます。
/私 エラーが発生した後でも、指定した操作の実行を続行します。 既定では、エラーが発生するとCompact.exeは停止します。
/F 指定したすべてのファイル (既に圧縮されているものも含む) に対して圧縮操作を強制します。 既に圧縮されたファイルは、既定ではスキップされます。
/Q 最も重要な情報のみを報告します。
Filename パターン、ファイル、またはディレクトリを指定します。

Diskpart.exe

Diskpart はテキスト モードのコマンド インタープリターであり、コマンド プロンプト ウィンドウでスクリプトまたは直接入力を使用してオブジェクト (ディスク、パーティション、またはボリューム) を管理できます。

Diskpart.exeの詳細については、「 Windows プレインストール環境 (Windows PE) ユーザー ガイド」の「Diskpart Command-Line オプション」セクションを参照してください。

説明
Location Windows PE ソース ファイルに含まれる

引数

説明
ユーティリティの説明で参照されているガイドを参照してください。

Expand.exe

このユーティリティは、圧縮ファイルからファイルを展開 (抽出) するために実行されます。

説明
Location Windows ソース ファイルに含まれる
使用する方法 Expand.exe -r wuredist.cab -F:wuRedist.xml %temp%

引数

説明
-R 展開されたファイルの名前を変更します
-D ソース ディレクトリ内のファイルの一覧を表示します
Source ソース ファイルの仕様 (ワイルドカードを使用できます)。
-F:Files .cab ファイルから展開するファイルの名前
Destination (転送先) 宛先ファイルの|path 仕様 (宛先 にはディレクトリを指定できます。 Source が複数のファイルであり 、-r が指定されていない場合、 Destination はディレクトリである必要があります)。

ImageX.exe

ImageX は、OEM および企業が迅速な展開のためにファイル ベースのディスク イメージをキャプチャ、変更、適用できるようにするコマンド ライン ユーティリティです。 ImageX は、ネットワークにコピーするための WIM ファイルと連携するか、Windows セットアップや Windows 展開サービスなど、WIM イメージを使用する他のテクノロジと連携できます。

ImageX の詳細については、「 Windows プレインストール環境 (Windows PE) ユーザー ガイド」の「ImageX とは」セクションを参照してください。

説明
Location distribution\Tools\platform

引数

説明
ユーティリティの説明で参照されているガイドを参照してください。

Microsoft.BDD.PnpEnum.exe

このユーティリティは、ターゲット コンピューターにインストールプラグ アンド プレイデバイスを列挙するために実行されます。

説明
Location distribution\Tools\platform

引数

説明
None

Mofcomp.exe

Mofcomp.exeは、Managed Object Format ステートメントを含むファイルを解析し、そのファイルで定義されているクラスとクラス インスタンスを WMI リポジトリに追加するマネージド オブジェクト形式コンパイラです。 Mofcomp.exeは、スイッチの使用オプションに関するコマンド ライン ヘルプを提供します。

説明
Location Windows ソース ファイルに含まれる

引数

説明
このユーティリティが提供するコマンド ライン ヘルプを参照してください。

Netsh.exe

Netsh.exeは、ネットワーク コンポーネントの構成を自動化するために使用されるコマンド ラインおよびスクリプト ユーティリティです。 Netsh.exeの詳細については、「 Netsh Command-Line ユーティリティ」を参照してください。

説明
Location Windows ソース ファイルに含まれる

引数

説明
このユーティリティが提供するコマンド ライン ヘルプ、またはユーティリティの説明に記載されている URL にある情報を参照してください。

Reg.exe

コンソール レジストリ ツールは、レジストリ データの読み取りと変更に使用されます。

説明
Location Windows ソース ファイルに含まれる

引数

説明
このユーティリティが提供するコマンド ライン ヘルプを参照してください。

Regsvr32.exe

このユーティリティは、ファイル (.dll、.exe、.ocx など) をオペレーティング システムに登録するために使用されます。

説明
Location Windows ソース ファイルに含まれる

引数

説明
ファイル 登録または登録解除するファイルの名前
/S ユーティリティをサイレント モードで実行します
/U ファイルの登録を解除します

Wpeutil.exe

Windows PE ユーティリティ (Wpeutil) は、Windows PE セッションでさまざまなコマンドを実行できるコマンド ライン ユーティリティです。 たとえば、管理者は、Windows PE のシャットダウンまたは再起動、ファイアウォールのアクティブ化または非アクティブ化、言語設定の構成、ネットワークの初期化を行うことができます。 MDT では、ユーティリティを使用して Windows PE とネットワーク接続を初期化し、LTI 展開を開始します。

Wpeutil.exeの詳細については、「 Windows プレインストール環境 (Windows PE) ユーザー ガイド」の「Wpeutil Command-Line オプション」セクションを参照してください。

説明
Location Windows PE ソース ファイルに含まれる

引数

説明
ユーティリティの説明で参照されているガイドを参照してください。

MDT Windows PowerShell コマンドレット

Deployment Workbench に加えて、MDT 展開共有は、Windows PowerShell コマンドレットを使用して管理できます。 MDT Windows PowerShell コマンドレットは、Windows PowerShell スナップイン (Microsoft) に含まれています。Bdd。PSSnapIn— MDT のインストールに含まれています。

MDT コマンドレットは、MDT Windows PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールから実行する必要があります。 MDT Windows PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

表 7 に MDT Windows PowerShell コマンドレットの一覧と、各コマンドレットの簡単な説明を示します。 各コマンドレットについては、以降のセクションで詳しく説明します。

表 7. MDT Windows PowerShell コマンドレット

コマンドレット 説明
Add-MDTPersistentDrive Restore-MDTPersistentDrive コマンドレットを使用して復元できる MDT 永続化ドライブの一覧に展開共有を追加します。
Disable-MDTMonitorService MDT 監視サービスを無効にします。
Enable-MDTMonitorService MDT 監視サービスを有効にします。
Get-MDTDeploymentShareStatistics 展開共有の統計情報 (展開共有内のメジャー フォルダーごとのエンティティ数など) を表示します。
Get-MDTMonitorData 1 つ以上の監視対象 MTD デプロイで収集された MDT 監視情報を表示します。
Get-MDTOperatingSystemCatalog 特定のオペレーティング システムのオペレーティング システム カタログを返します。 オペレーティング システム カタログが存在しない場合、または古い場合は、オペレーティング システム カタログが再生成されます。
Get-MDTPersistentDrive Restore-MDTPersistentDrive コマンドレットを使用して復元できる展開共有の一覧を表示します。
Import-MDTApplication アプリケーションをデプロイ共有にインポートします。
Import-MDTDriver 1 つ以上のデバイス ドライバーを展開共有にインポートします。
Import-MDTOperatingSystem 1 つ以上のオペレーティング システムを展開共有にインポートします。
Import-MDTPackage 1 つ以上のオペレーティング システム パッケージを展開共有にインポートします。
Import-MDTTaskSequence タスク シーケンスをデプロイ共有にインポートします。
New-MDTDatabase デプロイ共有に関連付けられている MDT DB データベースを作成またはアップグレードします。
Remove-MDTMonitorData デプロイ共有内の収集された MDT 監視データから、1 つ以上の MDT 監視データ項目を削除します。
Remove-MDTPersistentDrive Restore-MDTPersistentDrive コマンドレットを使用して復元できる MDT 永続化Windows PowerShellドライブの一覧から展開共有を削除します。
Restore-MDTPersistentDrive MDT 永続化されたWindows PowerShell ドライブの一覧に、展開共有ごとにWindows PowerShell ドライブを作成します。
Set-MDTMonitorData デプロイ共有内の収集された MDT 監視データ内の既存の MDT 監視データ項目を新規作成または更新します。
Test-MDTDeploymentShare デプロイ共有の整合性を確認します。
Test-MDTMonitorData MDT 監視サービスが正しく構成され、実行されていることを確認します。
Update-MDTDatabaseSchema MDT DB データベース スキーマを更新します。
Update-MDTDeploymentShare デプロイ共有を更新します。
Update-MDTLinkedDS 展開共有からリンクされた展開共有にコンテンツをレプリケートします。
Update-MDTMedia 展開共有から展開メディア フォルダーにコンテンツをレプリケートします。

Add-MDTPersistentDrive

このセクションでは、 Add-MDTPersistentDriveWindows PowerShell コマンドレットについて説明します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールからこのコマンドレットを実行します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

構文

Add-MDTPersistentDrive [-Name] <String> [[-InputObject] <PSObject>] [<CommonParameters>]  

説明

このコマンドレットは、MDTProvider を使用して作成された既存のWindows PowerShell ドライブを、Deployment Workbench または Restore-MDTPersistentDrive コマンドレットを使用してWindows PowerShell セッションに保持されるドライブの一覧に追加します。 このコマンドレットは、Deployment Workbench でデプロイ共有を作成または開いたときに呼び出されます。

注:

永続化された MDTProvider ドライブの一覧は、ユーザー プロファイルに基づいてユーザーごとに管理されます。

永続化された MDTProvider ドライブの一覧は、 Get-MDTPersistentDrive コマンドレットを 使用して表示できます。

パラメーター

このサブセクションでは、 Add-MDTPersistentDriveWindows コマンドレットで使用できるさまざまなパラメーターに関する情報を提供します。

-Name <String>

MDT プロバイダーを使用して作成されたWindows PowerShell ドライブの名前を指定し、既存のデプロイ共有に対応します。 名前は、New-PSDrive コマンドレットを使用し、PSProvider パラメーターで MDTProvider を指定して作成されました。

MDTProvider を使用して新しいWindows PowerShell ドライブを作成する方法と、Windows PowerShellを使用して展開共有を作成する方法の詳細については、MDT ドキュメントの「Windows PowerShellを使用した展開共有の作成」の「展開ツールキットサンプル」Microsoft参照してください。ガイド

パラメーター
必須 True
位置。 2名前付き
既定値 None
パイプライン入力を受け入れますか? True (ByValue)
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-InputObject <PSObject>

このパラメーターは、プロセスの前に作成されたWindows PowerShell ドライブ オブジェクトを指定します。 New-PSDrive コマンドレットによって生成されたオブジェクトなど、PSObject オブジェクトを入力します。

パラメーター
必須 False
位置。 3名前付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? True (ByValue)
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
<共通パラメーター>

このコマンドレットは、Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、WarningAction、WarningVariable の一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次のコマンドを入力して Enter キーを押すことでアクセスできるトピック「about_CommonParameters」を参照してください。

Get-Help about_CommonParameters  

出力

このコマンドレットは、永続化されたドライブの一覧に追加されたWindows PowerShell ドライブ オブジェクトの PSObject 型オブジェクトを出力します。

Verbose 共通パラメーターが含まれている場合、このコマンドレットは String 型オブジェクトも出力します。

例 1

Add-MDTPersistentDrive –Name DS001  
説明

次の使用例は、DS001 のWindows PowerShell ドライブ名を持つ展開共有を、永続化されたドライブの一覧に追加します。

例 2

$MDTPSDrive = New-PSDrive -Name "DS001" -PSProvider "MDTProvider" –Root "C:\DeploymentShare$" -Description "MDT Deployment Share" -NetworkPath \\WDG-MDT-01\DeploymentShare$ -Verbose  
Add-MDTPersistentDrive –InputObject $MDTPSDrive  
説明

次の使用例は、New-PSDrive コマンドレットによって作成された Windows PowerShell ドライブ名 DS001 を、$MDTPSDrive変数を使用して永続化された MDT ドライブの一覧に追加します。

例 3

New-PSDrive -Name "DS001" -PSProvider "MDTProvider" –Root "C:\DeploymentShare$" -Description "MDT Deployment Share" -NetworkPath \\WDG-MDT-01\DeploymentShare$ -Verbose | Add-MDTPersistentDrive –Verbose  
説明

次の使用例は、New-PSDrive コマンドレットによって作成された Windows PowerShell ドライブ名 DS001 を、新しく作成した Windows PowerShell ドライブ オブジェクトを Add-MDTPersistentDrive コマンドレットにパイプすることで、永続化された MDT ドライブの一覧に追加します。

Disable-MDTMonitorService

このセクションでは、Disable-MDTMonitorService Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールからこのコマンドレットを実行します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

構文

Disable-MDTMonitorService [<CommonParameters>]  

説明

このコマンドレットは、MDT がインストールされているコンピューターで実行される MDT 監視サービスを無効にします。 MDT 監視サービスは、表示できる監視情報を収集します。

  • Deployment Workbench のデプロイ共有の [監視] ノードで

  • Get-MDTMonitorData コマンドレットの使用

    MDT 監視サービスは、後で Enable-MDTMonitorService を使用して有効にすることができます。

    MDT 監視サービスの詳細については、MDT ドキュメントの「Microsoft展開ツールキットの使用」の「MDT 展開の監視」セクションを参照してください。

パラメーター

このサブセクションでは、 Disable-MDTMonitorService コマンドレットで使用できるさまざまなパラメーターに関する情報を提供します。

<共通パラメーター>

このコマンドレットは、Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、WarningAction、WarningVariable の一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次のコマンドを入力して Enter キーを押してアクセスできるトピック「about_CommonParameters」を参照してください。

Get-Help about_CommonParameters  

出力

Verbose 共通パラメーターが含まれている場合、このコマンドレットは String 型オブジェクトを出力します。それ以外の場合、出力は生成されません。

例 1

Disable-MDTMonitorService  
説明

この例では、MDT 監視サービスを無効にします。

Enable-MDTMonitorService

このセクションでは、Enable-MDTMonitorService Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールからこのコマンドレットを実行します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

構文

Enable-MDTMonitorService [-EventPort] <Int32> [-DataPort] <Int32> [<CommonParameters>]  

説明

このコマンドレットは、MDT がインストールされているコンピューターで実行される MDT 監視サービスを有効にします。 MDT 監視サービスは、表示できる監視情報を収集します。

  • Deployment Workbench のデプロイ共有の [監視] ノード。

  • Get-MDTMonitorData コマンドレットの使用

    MDT 監視サービスは、 Disable-MDTMonitorService を使用して無効にすることができます。

    MDT 監視サービスの詳細については、MDT ドキュメントの「Microsoft展開ツールキットの使用」の「MDT 展開の監視」セクションを参照してください。

パラメーター

このサブセクションでは、 Enable-MDTMonitorService コマンドレットで使用できるさまざまなパラメーターに関する情報を提供します。

-EventPort <Int32>

このパラメーターは、MDT 監視サービスのイベント ポートとして使用される TCP ポートを指定します。

パラメーター
必須 False
位置。 2名前付き
既定値 9800
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-DataPort <Int32>

このパラメーターは、MDT 監視サービスのデータ ポートとして使用される TCP ポートを指定します。

パラメーター
必須 False
位置。 3名前付き
既定値 9801
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
<共通パラメーター>

このコマンドレットは、Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、WarningAction、WarningVariable の一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次のコマンドを入力して Enter キーを押すことでアクセスできるトピック「about_CommonParameters」を参照してください。

Get-Help about_CommonParameters  

出力

Verbose 共通パラメーターが含まれている場合、このコマンドレットは String 型オブジェクトを出力します。それ以外の場合、出力は生成されません。

例 1

Enable-MDTMonitorService  
説明

この例では、イベント ポートに既定値 の 9800 、MDT 監視サービスのデータ ポートに 9801 の値を使用して、ローカル コンピューターの MDT 監視サービスを有効にします。

例 2

Enable-MDTMonitorService –EventPort 7000 –DataPort 7001  
説明

この例では、イベント ポートに 7000 の値を使用し、MDT 監視サービスのデータ ポートに 7001 の値を使用して、ローカル コンピューターで MDT 監視サービスを有効にします。

Get-MDTDeploymentShareStatistics

このセクションでは、Get-MDTDeploymentShareStatistics Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールからこのコマンドレットを実行します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

構文

Get-MDTDeploymentShareStatistics [-Path <String>] [<CommonParameters>]  

説明

このコマンドレットは、 Path パラメーターで指定された MDTProvder ドライブに基づく展開共有の統計情報を表示します。 統計には、指定されたデプロイ共有内の項目の数が含まれます。

  • アプリケーション

  • ドライバー

  • オペレーティング システム

  • パッケージ

  • タスク シーケンス

  • 選択プロファイル

  • リンクされた展開共有

  • MDT Media

  • MDT DB 内のコンピューター

  • MDT DB の作成とモデル

  • MDT DB 内の場所

  • MDT DB のロール

注:

MDT DB に関連する統計の値は設定されず、常に 0 の値が返されます。

パラメーター

このサブセクションでは、 Get-MDTDeploymentShareStatistics コマンドレットで使用できるさまざまなパラメーターに関する情報を提供します。

-Path <String>

このパラメーターは、目的の展開共有の MDTProvider Windows PowerShell ドライブを指定します。

注:

このパラメーターを指定しない場合、Windows PowerShell作業ディレクトリは既定で、目的の MDTProvider Windows PowerShell ドライブ内の場所にする必要があります。

パラメーター
必須 False
位置。 2名前付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
<共通パラメーター>

このコマンドレットは、Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、WarningAction、WarningVariable の一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次のコマンドを入力して Enter キーを押すことでアクセスできるトピック「about_CommonParameters」を参照してください。

Get-Help about_CommonParameters  

出力

このコマンドレットは、デプロイ共有の統計情報を含む PSObject 型オブジェクトを出力します。

例 1

Get-MDTDeploymentShareStatistics –Path DS001:  
説明

次の使用例は、DS001: MDTProvider Windows PowerShell ドライブで指定されている展開共有の展開共有の統計情報を返します。

例 2

cd DS001:  
Get-MDTDeploymentShareStatistics  
説明

次の使用例は、DS001: MDTProvider Windows PowerShell ドライブで指定されている展開共有の展開共有の統計情報を返します。 cd コマンドを使用して、Windows PowerShellの作業ディレクトリを DS001: MDTProvider Windows PowerShell ドライブに設定します。

Get-MDTMonitorData

このセクションでは、Get-MDTMonitorData Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールからこのコマンドレットを実行します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

構文

Get-MDTMonitorData [-Path <String>] [-ID <Nullable>] [<CommonParameters>]  

説明

このコマンドレットは、 Path パラメーターで指定された展開共有に報告されている MDT 監視データを表示します。 このコマンドレットからの出力例を次に示します。

Name               : WDG-REF-01  
PercentComplete    : 100  
Settings           :  
Warnings           : 0  
Errors             : 0  
DeploymentStatus   : 3  
StartTime          : 5/23/2012 6:45:39 PM  
EndTime            : 5/23/2012 8:46:32 PM  
ID                 : 1  
UniqueID           : 94a0830e-f2bb-421c-b1e0-6f86f9eb9fa1  
CurrentStep        : 88  
TotalSteps         : 88  
StepName           :  
LastTime           : 5/23/2012 8:46:32 PM  
DartIP             :  
DartPort           :  
DartTicket         :  
VMHost             : WDG-HOST-01  
VMName             : WDG-REF-01  
ComputerIdentities : {}  

注:

MDTProvider は、このコマンドレットを実行する前に、このコマンドレットが参照する必要があるドライブをWindows PowerShellします。

パラメーター

このサブセクションでは、 Get- MDTMonitorData コマンドレットで使用できるさまざまなパラメーターに関する情報を提供します。

-Path <String>

このパラメーターは、目的の展開共有の MDTProvider Windows PowerShell ドライブを指定します。

注:

このパラメーターを指定しない場合、Windows PowerShell作業ディレクトリは既定で、目的の MDTProvider Windows PowerShell ドライブ内の場所にする必要があります。

パラメーター
必須 False
位置。 2名前付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-ID <Nullable>

このパラメーターは、特定のコンピューターの展開に対する特定の識別子を指定します。 このパラメーターが指定されていない場合は、デプロイ共有内のデプロイのすべての監視データが表示されます。

パラメーター
必須 False
位置。 3名前付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
<共通パラメーター>

このコマンドレットは、Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、WarningAction、WarningVariable の一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次のコマンドを入力して Enter キーを押すことでアクセスできるトピック「about_CommonParameters」を参照してください。

Get-Help about_CommonParameters  

出力

このコマンドレットは、監視対象のコンピューターごとに PSObject 型オブジェクトを出力します。これには、コンピューターの監視データが含まれます。

例 1

Get-MDTMonitorData –Path DS001:  
説明

次の使用例は、DS001: MDTProvider Windows PowerShell ドライブで指定されている展開共有内のすべてのデプロイの監視データを返します。

例 2

cd DS001:  
Get-MDTMonitorData  
説明

次の使用例は、DS001: MDTProvider Windows PowerShell ドライブで指定されている展開共有内のすべてのデプロイの監視データを返します。 cd コマンドを使用して、Windows PowerShellの作業ディレクトリを DS001: MDTProvider Windows PowerShell ドライブに設定します。

例 3

Get-MDTMonitorData –Path DS001: -ID 22  
説明

次の使用例は、DS001: MDTProvider Windows PowerShell ドライブで指定されている展開共有の ID が 22 のデプロイの監視データを返します。

Get-MDTOperatingSystemCatalog

このセクションでは、Get-MDTOperatingSystemCatalog Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールからこのコマンドレットを実行します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

構文

Get-MDTOperatingSystemCatalog [-ImageFile] <String> [-Index] <Int32> [<CommonParameters>]  

説明

このコマンドレットは、Windows System Image Manager (WSIM) を使用して対応するunattend.xml ファイルを変更できるように、カスタム オペレーティング システム イメージのオペレーティング システム カタログを取得または作成します。 オペレーティング システム カタログが使用できない場合、または既存のオペレーティング システム カタログが無効または古い場合、このコマンドレットは新しいオペレーティング システム カタログを生成します。

注:

オペレーティング システム カタログの作成が完了する前に、カスタム オペレーティング システム イメージをマウント、検査、マウント解除する必要があるため、新しいオペレーティング システム カタログを生成するプロセスに時間がかかる場合があります。

パラメーター

このサブセクションでは、 Get-MDTOperatingSystemCatalog コマンドレットで使用できるさまざまなパラメーターに関する情報を提供します。

-ImageFile <文字列>

このパラメーターは、カスタム オペレーティング システム イメージ ファイル (.wim ファイル) への完全修飾パス (カスタム オペレーティング システム イメージ ファイルの名前を含む) を指定します。

パラメーター
必須 True
位置。 2名前付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-Index <Int32>

このパラメーターは、オペレーティング システム イメージ ファイル (.wim ファイル) 内の目的のオペレーティング システム イメージのインデックスを指定します。

パラメーター
必須 True
位置。 3名前付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
<共通パラメーター>

このコマンドレットは、Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、WarningAction、WarningVariable の一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次のコマンドを入力して Enter キーを押すことでアクセスできるトピック「about_CommonParameters」を参照してください。

Get-Help about_CommonParameters  

出力

このコマンドレットは、オペレーティング システム カタログへのパスを含む PSObject 型オブジェクトを出力します。

例 1

Get-MDTOperatingSystemCatalog –ImageFile "DS001:\Operating Systems\Windows 8\sources\install.wim" –Index 2  
説明

次の使用例は、オペレーティング システム イメージ ファイル DS001:\オペレーティング システム\Windows 8\sources\install.wim の 2 のインデックスにあるオペレーティング システム イメージのオペレーティング システム カタログを返します。

Get-MDTPersistentDrive

このセクションでは、Get-MDTPersistentDrive Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールからこのコマンドレットを実行します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

構文

Get-MDTPersistentDrive [<CommonParameters>]  

説明

このコマンドレットは、永続化された MDT Windows PowerShell ドライブの一覧を表示します。 永続化された MDT Windows PowerShell ドライブの一覧は、Add-MDTPersistentDrive コマンドレットと Remove-MDTPersistentDrive コマンドレットまたは Deployment Workbench を使用して管理されます。

このコマンドレットの出力には、次の情報が含まれています。

  • WINDOWS POWERSHELL ドライブ名 (DS001 など)

  • ディレクトリ パス (\\WDG-MDT-01\DeploymentShare$ など)

    永続化された MDT Windows PowerShell ドライブは、永続化されたネットワーク ドライブ マッピングと似ています。

注:

永続化された MDT Windows PowerShell ドライブのこの一覧は、ユーザーごとに管理され、ユーザー プロファイルに格納されます。

パラメーター

このサブセクションでは、 Get- MDTPersistentDrive コマンドレットで使用できるさまざまなパラメーターに関する情報を提供します。

<共通パラメーター>

このコマンドレットは、Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、WarningAction、WarningVariable の一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次のコマンドを入力して Enter キーを押すことでアクセスできるトピック「about_CommonParameters」を参照してください。

Get-Help about_CommonParameters  

出力

このコマンドレットは、New-PSDrive コマンドレットから返される PSObject 型オブジェクトと同じ MDT 永続化ドライブごとに PSObject 型オブジェクトを出力します。

例 1

Get-MDTPersistentDrive  
説明

次の使用例は、MDT で永続化されたドライブの一覧を表示します。

Import-MDTApplication

このセクションでは、Import-MDTApplication Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールからこのコマンドレットを実行します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

構文

Import-MDTApplication [-Path <String>] -Name <String> ApplicationSourcePath <String> -DestinationFolder <String> [-Move] [<CommonParameters>]  

–または–

Import-MDTApplication [-Path <String>] -Name <String> NoSource [<CommonParameters>]  

–または–

Import-MDTApplication [-Path <String>] -Name <String> Bundle [<CommonParameters>]  

説明

このコマンドレットは、アプリケーションをデプロイ共有にインポートします。 このコマンドレットを使用して、次のアプリケーションの種類をインポートできます。

  • ApplicationSourcePathDestinationFolderおよび Move パラメーターを使用して、ソース ファイルを持つアプリケーション。 最初の構文例は、この種類のアプリケーションにこのコマンドレットを使用する方法を示しています。

  • NoSource パラメーターを使用して、ソース ファイルのないアプリケーション、または他のネットワーク共有フォルダーにあるソース ファイルを含むアプリケーション。 2 番目の構文例は、この種類のアプリケーションにこのコマンドレットを使用する方法を示しています。

  • Bundle パラメーターを使用して、関連する一連のアプリケーションをグループ化するために使用されるアプリケーション バンドル 。 最後の構文例では、この種類のアプリケーションにこのコマンドレットを使用する方法を示します。

パラメーター

このサブセクションでは、 Import-MDTApplication コマンドレットで使用できるさまざまなパラメーターに関する情報を提供します。

-Path <String>

このパラメーターは、インポートするアプリケーションが展開共有内に配置される既存のフォルダーへの完全修飾パスを指定します。 DestinationFolder パラメーターを使用する場合は、DestinationFolder パラメーターで指定されたフォルダーがこのパラメーターで指定されたフォルダーの下に作成されます。 このパラメーターは、このコマンドレットのすべての構文使用法で使用されます。

注:

このパラメーターを指定しない場合、Windows PowerShell作業ディレクトリは既定で展開共有内の目的の場所に設定する必要があります。

パラメーター
必須 False
位置。 名前 付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-Name <String>

このパラメーターは、デプロイ共有に追加するアプリケーションの名前を指定し、デプロイ共有内で一意である必要があります。 このパラメーターは、このコマンドレットのすべての構文使用法で使用されます。

パラメーター
必須 True
位置。 名前 付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-ApplicationSourcePath <文字列>

このパラメーターは、デプロイ共有にインポートされるアプリケーションのアプリケーション ソース ファイルへの完全修飾パスを指定します。 このパラメーターは、最初の構文例でのみ使用できます。

パラメーター
必須 True
位置。 名前 付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-DestinationFolder <String>

このパラメーターは、アプリケーション ソース ファイルをインポートする展開共有内のフォルダーを指定します。 このフォルダーは、 Path パラメーターで指定されたフォルダーの下に作成されます。 このパラメーターは、最初の構文例でのみ使用できます。

パラメーター
必須 True
位置。 名前 付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-Move [<SwitchParameter>]

このパラメーターは、アプリケーションのソース ファイルが配置されているフォルダー ( ApplicationSourcePath パラメーターで指定) から、アプリケーションのソース ファイルを (コピーではなく) 移動するかどうかを指定します。

このパラメーターが次の場合:

  • 指定すると、ファイルが移動され、 ApplicationSourcePath パラメーターで指定されたフォルダー内のファイルが削除されます

  • 指定されていない場合、ファイルがコピーされ、 ApplicationSourcePath パラメーターで指定されたフォルダー内のファイルが保持されます

    このパラメーターは、最初の構文例でのみ使用できます。

パラメーター
必須 False
位置。 名前 付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-NoSource [<SwitchParameter>]

このパラメーターは、インポートされるアプリケーションが、コピーするソース ファイルを持たないアプリケーションであることを指定します。 このパラメーターを使用する場合、アプリケーション ソース ファイルは次のようになります。

  • アプリケーションのインストール コマンド ラインまたは作業ディレクトリ構成設定で指定されているネットワーク共有フォルダー

  • オペレーティング システム イメージに既に存在する

    このパラメーターは、2 番目の構文の例でのみ使用できます。

パラメーター
必須 False
位置。 名前 付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? True (ByValue)
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-Bundle [<SwitchParameter>]

このパラメーターは、インポートされるアプリケーションが、2 つ以上のアプリケーションのバンドルであるアプリケーションであることを指定します。 このパラメーターは、最後の構文例でのみ使用できます。

パラメーター
必須 False
位置。 名前 付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? True (ByValue)
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
<共通パラメーター>

このコマンドレットは、Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、WarningAction、WarningVariable の一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次のコマンドを入力して Enter キーを押すことでアクセスできるトピック「about_CommonParameters」を参照してください。

Get-Help about_CommonParameters  

出力

このコマンドレットは、インポートしたアプリケーションを参照する PSObject 型オブジェクトを出力します。

例 1

Import-MDTApplication -Path "DS001:\Applications" -Name "Office 2010 Professional Plus 32-bit" ApplicationSourcePath "\\WDG-MDT-01\Source$\Office2010ProPlus\x86" DestinationFolder "Office2010ProPlusx86"  
説明

次の使用例は、\\WDG-MDT-01\Source$\Office2010ProPlus\x86 にあるネットワーク共有フォルダーからソース ファイルを含むアプリケーションをインポートし、展開共有内の DS001:\Applications\Office2010ProPlusx86 にソース ファイルをコピーします。 ソース ファイルは保持されます。

例 2

Import-MDTApplication -Path "DS001:\Applications" -Name "Office 2010 Professional Plus 32-bit" ApplicationSourcePath "\\WDG-MDT-01\Source$\Office2010ProPlus\x86" DestinationFolder "Office2010ProPlusx86" -Move  
説明

次の使用例は、\\WDG-MDT-01\Source$\Office2010ProPlus\x86 にあるネットワーク共有フォルダーからソース ファイルを含むアプリケーションをインポートし、展開共有内でソース ファイルを DS001:\Applications\Office2010ProPlusx86 に移動します。 ソース ファイルは、\\WDG-MDT-01\Source$\Office2010ProPlus\x86 のネットワーク共有フォルダーから削除されます。 アプリケーションの名前は Office 2012 Professional Plus 32 ビットです。

例 3

Import-MDTApplication -Path "DS001:\Applications" -Name "Office 2010 Professional Plus 32-bit" NoSource  
説明

次の使用例は、ソース ファイルのない Office 2012 Professional Plus 32 ビット という名前のアプリケーションをインポートします。

例 4

Import-MDTApplication -Path "DS001:\Applications" -Name "Woodgrove Bank Core Applications" Bundle  
説明

この例では、Woodgrove Bank Core Applications という名前のアプリケーション バンドルをインポートします。

Import-MDTDriver

このセクションでは、Import-MDTDriver Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールからこのコマンドレットを実行します。 MDT PowerShell スナップインが読み込まれているWindows PowerShell コンソールを起動する方法の詳細については、「MDT Windows PowerShell スナップインの読み込み」を参照してください。

構文

Import-MDTDriver [-Path <String>] -SourcePath <String[]> [ImportDuplicates] [<CommonParameters>]  

説明

このコマンドレットは、1 つ以上のデバイス ドライバーを展開共有にインポートします。 このコマンドレットは、 SourcePath パラメーターで指定されたフォルダーから始まるデバイス ドライバーを検索します。 このコマンドレットは、そのフォルダー構造で見つかった複数のデバイス ドライバーを検索します。

パラメーター

このサブセクションでは、 Import-MDTDriver コマンドレットで使用できるさまざまなパラメーターに関する情報を提供します。

-Path <String>

このパラメーターは、インポートするデバイス ドライバーが展開共有内に配置される既存のフォルダーへの完全修飾パスを指定します。

注:

このパラメーターを指定しない場合、Windows PowerShell作業ディレクトリは既定で展開共有内の目的の場所に設定する必要があります。 SourcePath パラメーターが指定されていない場合は、このパラメーターを指定する必要があります。

パラメーター
必須 False
位置。 名前 付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-SourcePath <String[ ]>

このパラメーターは、デバイス ドライバー ファイルが配置されているソース フォルダーの文字列配列内の 1 つ以上の完全修飾パスを指定します。 各フォルダー構造は、このパラメーターで指定されたフォルダーから始まり、すべてのサブフォルダーとフォルダー構造内の.cab ファイルの内容を含む、デバイス ドライバーを検索します。

注:

このパラメーターを指定しない場合、Windows PowerShell作業ディレクトリは既定でデバイス ドライバー ファイルが配置されているフォルダーに設定する必要があります。 Path パラメーターが指定されていない場合は、このパラメーターを指定する必要があります。

パラメーター
必須 True
位置。 1名前付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? False
ワイルドカード文字を受け入れますか? False
-ImportDuplicates [<SwitchParameter>]

このパラメーターは、このコマンドレットで重複するデバイス ドライバーをインポートするかどうかを指定します。 既定では、重複するデバイス ドライバーはインポートされません。 重複するデバイス ドライバーは、デバイス ドライバー フォルダー内のすべてのファイルのハッシュ値を計算することによって検出されます。 計算されたハッシュ値が別のデバイス ドライバーと一致する場合、インポートするデバイス ドライバーは重複と見なされます。

重複するドライバーが検出され、このパラメーターが指定されていない場合、デバイス ドライバーが追加され、元の既存のデバイス ドライバーにリンクされます。

このパラメーターが次の場合:

  • 指定すると、重複するデバイス ドライバーがインポートされます

  • 指定されていない場合、デバイス ドライバーが追加され、元の既存のデバイス ドライバーにリンクされます

パラメーター
必須 False
位置。 名前 付き
既定値
パイプライン入力を受け入れますか? T