ブラウザーでの Teams 仮想予定の参加エクスペリエンスを管理する

Microsoft Teams を使用すると、Teams をダウンロードしなくても 、仮想予定 に簡単に参加できます。 よりシームレスなエクスペリエンスを実現するために、出席者は、デスクトップまたはモバイル ブラウザーから、医療訪問や財務コンサルテーションなどの予定に参加できます。 出席者は、デバイスに Teams アプリをインストールする必要はありません。

ブラウザーへの参加では、出席者が予定に参加するときに、Teams のダウンロードを求めるメッセージは表示されません。 代わりに、Teams がモバイル ブラウザーで開き、出席者は [今すぐ参加] を選択できます。 この機能では、Teams がデバイスに既にインストールされている場合、Teams はアプリではなくブラウザーで開かれることに注意してください。

現在、ブラウザーの参加は、次を通じてスケジュールされた予定で使用できます。

ブラウザー結合を設定する

仮想予定 アプリまたは Bookings アプリを通じてスケジュールされた予定

組織内のスケジューラは、特定の予定の種類とスケジュールされた個々の予定に対してこの機能を有効にすることができます。

この機能を有効にすると、出席者に送信される確認メールまたは SMS テキストに、デスクトップまたはモバイル ブラウザーで Teams を開く会議参加リンクが含まれます。 サポートされているブラウザーの一覧については、「サポートされているブラウザー」を参照してください。

予定の種類に対してブラウザーの参加を有効にする

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    1. 仮想予定 アプリで、[管理] タブの [予定の種類] > に移動し、[スケジュール済み] で予定の種類を選択します。
    2. Bookings アプリで、[設定] [予定の種類]> に移動し、[スケジュール済み] で予定の種類を選択します。
  2. [ 出席者が Web ブラウザーから参加する] をオンにします。 これを行うと、この種類のすべての予定に対するブラウザー参加が有効になります。

    予定の種類の [ブラウザーから出席者を参加する] 設定のスクリーンショット。

個々の予定のブラウザー参加を有効にする

仮想予定 アプリまたは Bookings アプリの [Bookings schedule]\(予約スケジュール\) タブで、[新しい予約] を選択し、[出席者がブラウザーから参加する] をオンにします。

新しい予約フォームの [ブラウザーから出席者が参加する] 設定のスクリーンショット。

Teams EHR コネクタを使用してスケジュールされた予定

お客様またはスタッフによるセットアップは不要です。

Cerner EHR との統合: Teams EHR コネクタは、SMS テキスト メッセージ内のリンクを介して仮想予定に参加する患者をサポートします。 予定の時点で、患者は SMS テキスト メッセージのリンクをタップして参加でき、Teams はブラウザーで開きます。

エピック EHR との統合: Teams EHR コネクタは、MyChart Web とモバイルを介して仮想予定に参加する患者をサポートします。 予定の時点で、患者は [仮想訪問の開始] ボタンを使用して MyChart から予定を開始でき、Teams はブラウザーで開きます。

情報アイコンこの機能にはTeams Premiumが必要です。

会社のロゴを追加することで、出席者のカスタム待機室エクスペリエンスを構成できます。 管理者は、Teams 管理センターの Teams 会議カスタマイズ ポリシーを使用して、会議テーマを作成してブランド化を定義します。 会議のテーマには、会社のロゴ、カスタム イメージなどを含めることができます。

現在、ブラウザー参加では、会議テーマのロゴのみがサポートされています。 つまり、会議のテーマに会社のロゴとカスタム イメージが含まれている場合、ブラウザーに参加する出席者にはロゴのみが表示されます。

ポリシーを作成したら、予定をスケジュールする組織内のユーザーに割り当てます。 ポリシーが割り当てられているユーザーは、ブランド化が有効な仮想予定を作成できます。 予定に参加するすべてのユーザーは、カスタム ブランドの待機室エクスペリエンスを取得します。

モバイル デバイス上のブラウザーから参加するときの Teams のカスタム待機室のスクリーンショット。

詳細については、「 Teams 会議の会議テーマ」を参照してください。

サポートされるブラウザー

現在サポートされているブラウザーを次に示します。 特に明記されていない限り、最新バージョンと 2 つの以前のバージョンがサポートされています。

プラットフォーム Google Chrome Apple Safari Microsoft Edge (Chromium)
Android ✔ ¹
iOS ✔ ¹ ²
macOS
Windows
Ubuntu/Linux

¹ iOS または Android では、送信画面の共有はサポートされていません。

Safari 上の ² iOS アプリでは、マイクとスピーカーのデバイスを選択できません。 たとえば、Bluetooth デバイスなどです。 これは、既定のデバイス選択を制御するオペレーティング システムの制限です。

ユーザー エクスペリエンス

ブラウザー参加で知っておくべきユーザー エクスペリエンスに関する情報を次に示します。

画面共有

予定を実施するスタッフ メンバーは、Teams デスクトップ、モバイル、または Web クライアントから、デスクトップまたはモバイル ブラウザーから参加する出席者と画面を共有できます。 ただし、出席者はデスクトップまたはモバイル ブラウザーから画面を共有することはできません。

ライブ キャプション

Teams では、予定中に何が言われたかを検出し、リアルタイムのキャプションを表示できます。

キャプションを使用するには、スタッフ メンバーが最初に Teams でライブ キャプションをオンにする必要があります。 その後、キャプションを表示する出席者は、ブラウザーから Teams でオンにすることができます。

ライブ キャプションを有効にするには、Teams の会議コントロールで、[その他] (...) > に移動します。ライブ キャプションを有効にします。 キャプションは、オンにした出席者にのみ表示され、予定が終わると完全に削除されます。

スタッフ メンバーは、キャプションの言語を変更できます。 既定の言語は英語 (米国) です。 キャプションの右側にある [キャプションの設定] (...) > に移動します。音声言語を変更し、予定中に読み上げられた言語を選択します。 設定されている言語は、予定でキャプションがオンになっているすべてのユーザーに適用されます。 キャプションは翻訳されません。

Teams Premium保護された会議機能を使用して構成された予定に参加する

現時点では、秘密度ラベル、透かし、エンドツーエンド暗号化 (E2EE) など、Teams Premiumの一部である保護された会議機能は、ブラウザー参加ではサポートされていません。

組織内でこれらの機能を構成した場合、出席者はデスクトップまたはモバイル ブラウザーから予定に参加できません。 代わりに、Teams のダウンロードを求めるメッセージが表示され、受信した会議リンクがデスクトップ、モバイル、または Web アプリで Teams を開きます。