Share via


Microsoft 365 Lighthouseで Sales Advisor にアクセスする

この記事では、Microsoft 365 Lighthouse Sales Advisor にサインアップする方法について説明します。 Lighthouse にアクセスできる場合でも、Sales Advisor にアクセスするには、パートナー センターの追加のロールが必要です。

Sales Advisor は販売者向けに構築されています。 ビジネス開発、顧客の成功、販売に重点を置くパートナーのorganizationの顧客向けロールは、セールス アドバイザーエクスペリエンスに直接アクセスすることでメリットを得ることができます。

開始する前に

  • パートナー テナントをMicrosoft 365 Lighthouseにオンボードする必要があります。
  • サインイン先のパートナー テナントのグローバル管理者である必要があります。 グローバル管理者でない場合は、organizationからグローバル管理者に連絡して、次の手順を実行してください。

パートナー センターでの適切なロール

  • エグゼクティブ レポート ビューアーは、すべてのレポート データ セットにアクセスできます。
  • レポート ビューアーは、ほとんどのレポート データ セットにアクセスできますが、収益や顧客や従業員の個人情報など、機密性の高すぎるデータにはアクセスできません。
  • グローバル管理者またはアカウント管理者は、これらのロールをユーザーに割り当てることができます。これらのロールは、会社全体または特定の Microsoft Cloud Partner Program の場所に割り当てられます。

詳細については、「 CPP ロールベースのアクセス」を参照してください。

Sales Advisor にアクセスする

  1. の Microsoft 365 パートナー センターに https://partner.microsoft.com/dashboard/home移動します。

  2. [アカウント設定] [ユーザー管理] > に移動します。

  3. [ ユーザー] で、アクセス許可を編集するユーザー アカウントを選択します。

  4. [ユーザーの詳細] で、[パートナー プログラムに適用されるロール] に移動し、[1 つ以上の場所のデータとレポートを表示する] を選択します (ユーザーがデータとレポートを表示できるようにする必要がある場所を選択します)。

  5. 2 つの方法のいずれかを使用して、レポート ビューアーまたはエグゼクティブ レポート ビューアーロールを割り当てます。

  • 一覧表示されているすべての場所に加え、今後追加されるその他の新しい場所にユーザーがアクセスできるようにする場合は、[organization全体] を選択します。

  • 下に一覧表示されている 1 つ以上の場所を選択し、[レポート ビューアー ロール] 列のドロップダウンからレポート ビューアーまたはエグゼクティブ レポート ビューアーを割り当てて、場所別にアクセス権を付与します。

次の手順

Sales Advisor にアクセスできたら、[営業案件] ページで分析情報の確認を開始できます。 Lighthouse の左側のナビゲーション ウィンドウで、[営業アドバイザー>の営業案件] を選択します。 営業案件の詳細については、「 Sales Advisor での営業案件とデータの理解」を参照してください。

セールス アドバイザーの概要 (記事)
Sales Advisor での機会とデータの理解 (記事)
CPP ロールベースのアクセス (記事)
Insights ダッシュボードへのアクセス権を持つロール (記事)