Share via


Microsoft 365 エコシステムの Loop コンポーネントの概要

Teams チャット、Outlook メール、Whiteboard、または Microsoft 365 エコシステム内の他の場所の Loop コンポーネントは、一緒にアイデアを出し、作成し、意思決定を行うための新しい方法を提供します。 テーブル、タスク リスト、段落などのコンポーネントを送信します。ここで、チャット、メール、またはドキュメント内のすべてのユーザーがインラインで編集し、変更内容を確認できます。

注:

Loop コンポーネントは、Teams で利用できるようになった Microsoft Loop アプリの最初の機能です。

一緒にタスクをより迅速に完了しましょう。 議題のクラウド ソース、グループのアクション アイテムの追跡、またはまとめてメモを取る方法は、ループ コンポーネントを使用して簡単に行えるいくつかのシナリオです。

コンポーネントを共有します。 このリリースでは、Loop コンポーネントをさまざまな Teams チャット、Outlook メール、Whiteboard、Microsoft 365 エコシステム内の他の場所で共有できます。 受信者はどこからでも編集でき、変更が行われた場所に関係なく、すぐに更新内容を確認できます。

チャットまたはメールで開始し、そこからビルドします。 Teams チャットまたは Outlook メールから作成するすべてのコンポーネントは、OneDrive のファイルに自動的に保存されます。 チャットで共同作業を開始し、後でループの完全なタブでファイルに移動します。ここで、編集用のビジュアル領域が大きくなり、必要に応じてコンテンツやコンポーネントを追加できます。

Teams のループ コンポーネントの管理設定については、「Teams の ループ機能の設定管理」を参照してください。

クライアントとプラットフォーム

  • Windows、Mac、iOS、Android、Web 上の Teams アプリで使用できます。
  • Windows と Web 上の Outlook アプリで使用できます。
  • Windows および Web 上の OneNote アプリで使用できます。
  • Windows、Surface、iOS、Android、Web 上の Whiteboard アプリで利用できます。 iOS と Android は "表示と編集" が可能ですが、ユーザーは新しいものを貼り付けることはできません。

Loop コンポーネントと .loop ファイル

Teams と Outlook で作成されたループ コンポーネントは、作成者の OneDrive に格納されている .loop ファイル (以前のバージョンのループで作成された .fluid) だけです。 ファイルが OneDrive にあるということは、ユーザーが他の Office ドキュメントと同じように簡単に Loop コンポーネント (.loop ファイル) を作成、検出、管理できることを意味します。

.loop ファイルはどのように保存されますか?

.loop ファイルは、Office.com と OneDrive の [最近] 領域や [おすすめ] 領域などに表示されます。 ループ アプリにも表示されます。 ユーザーは、ループ、Office.com、OneDrive から .loop ファイル内のコンテンツを検索できます。 .loop ファイルは、OneDrive から以前のバージョンに復元できます。 Loop コンポーネントを作成するには、チャットまたはメール作成者が OneDrive アカウントを持っている必要があります。 有効な OneDrive アカウントがなくても、チャットまたはメールの作成者は、有効な OneDrive アカウントを持つ他のユーザーが作成したコンポーネントで共同作業できる可能性がありますが、独自の Loop コンポーネントを作成することはできません。

.loop ファイルを OneDrive から SharePoint サイトに移動すると、ループ コンポーネントが Teams チャット、Outlook メール、または以前に共有されていたその他の場所に読み込めませんでした。

ファイルの所有者が退職した場合はどうなりますか?

ユーザーが作成した他のコンテンツと同様に、OneDrive データ保持ポリシーが .loop ファイルに適用されます。

.loop ファイルはどのように共有されますか?

ループ コンポーネントは、Teams チャット、Teams チャネル、Outlook メールなどに挿入することも、1 つのチャット、メール、チャネルなどから別のチャットにコピーすることもできます。 既定ではorganizationの既存のアクセス許可になりますが、ユーザーは送信前にアクセス許可を変更して、すべてのユーザーがアクセス権を持っていることを確認できます。

Teams チャット、Teams チャネル、Outlook 電子メール、またはループ内のWhiteboardからコンポーネントを開くと、他の Office ドキュメントに提供される共有オプションと同様に、ウィンドウの上部に共有機能が提供されます。

.loop ファイルが破損または損傷した場合はどうなりますか?

バージョン履歴を使用すると、以前のバージョンのファイルを確認、復元、またはコピーできます。

どのアプリが .loop ファイルを開いて編集できますか?

.loop ファイルは、ブラウザーの [ループ] などのリンクとして、また、Web 用の Teams チャット、Outlook メール、Whiteboard、Wordのループ コンポーネントとしてのみ開くことができます。 ダウンロードした場合は、まず OneDrive または SharePoint にアップロードし直さないと、再度開くことができません。

管理者スイッチから Loop を無効にすると、ユーザー エクスペリエンスはどうなりますか?

[設定管理] セクションで説明されているように、これらのエクスペリエンスを無効にすると、次のエクスペリエンスの変更が適用されます。

  • Teams メッセージングと Outlook メール内の作成/挿入エントリ ポイントは非表示になります。 ユーザーは新しい .loop ファイルを作成できなくなります。
  • 既存のメッセージは対話型のループ コンポーネントとしてレンダリングされなくなり、代わりにハイパーリンクとしてレンダリングされます。 ループ コンポーネントが無効になっている対話型コンテンツはアプリ内に表示されません。
  • ハイパーリンクをクリックするか、OneDrive で .loop ファイルを参照して開くと、ループ コンポーネント ビューアーとエディターの別のブラウザー タブで開きます。 ファイルは引き続き編集できます。

既知の問題

  • テナントの既定のファイルアクセス許可を [特定のユーザー ] (ユーザーが指定したユーザーのみ) に設定した状態で、Loop コンポーネントへのリンクをコピーし、別の Teams チャットに貼り付けるには、送信者がアクセス許可ダイアログを使用し、[特定のユーザー] オプションに受信者を追加してアクセス権を適切に付与する必要があります。
  • テナントの既定のファイルアクセス許可が [特定のユーザー ] (ユーザーが指定したユーザーのみ) に設定されている場合、20 人以上のメンバーを含むグループ チャットでループ コンポーネントを作成するには、送信者がコンポーネントのアクセス許可オプションを手動で選択する必要があります。
  • Teams 検索または Outlook 電子メール検索でループ コンポーネントを検索すると、ループ コンポーネント リンクを含むメッセージ自体ではなく、ループ コンポーネントへのリンクが返されます。
  • Loop コンポーネントは、フェデレーション チャットでは無効になっています。
  • ゲストはループ コンポーネントを表示または共同作業できません。
  • メールの外部受信者は、Loop コンポーネントで表示または共同作業を行うことはできません。
  • ファイルが別のライブラリに移動された場合、ループ コンポーネントは読み込まれません。 ファイルが同じライブラリ内の別のフォルダーに移動された場合、ループ コンポーネントは、Loop コンポーネントへのリンクを含むメッセージに読み込み続けます。

Teams の Loop コンポーネントの概要

Outlook で Loop コンポーネントを使用する

OneNote でループ コンポーネントを使用する

Word for the web で Loop コンポーネントを使用する

Whiteboard の Loop コンポーネント

Microsoft Loop の概要 - Microsoft サポート