Teams でのゲスト エクスペリエンス

ゲストがチームに参加するように招待されると、「ようこそ」メール メッセージが届きます。 このメッセージには、チームに関するいくつかの情報と、メンバーとして想定されることが記載されています。 ゲストは、チームとそのチャネルにアクセスする前に、メール メッセージで [Microsoft Teams を開く] を選択して、招待を承諾する必要があります。

注意

ゲストがチームに追加されてから、アクセスできるようになるまでに数時間かかる場合があります。

「ようこそ」メール メッセージの例を示したスクリーン ショット。

すべてのチーム メンバーは、チーム所有者がゲストを追加した旨およびそのゲストの名前を知らせるメッセージを確認することができます。 チームのメンバー全員がゲストが誰であるかを簡単に判断できます。 チャネル スレッドの右上隅にあるタグは、チームのゲストの数を示し、 (ゲスト) ラベルが各ゲストの名前の横に表示されます。

チームのゲスト数を表示するタグを示すスクリーン ショット。

Teams でのゲストエクスペリエンスに関する次のビデオをご確認ください。

チーム メンバーとゲスト機能の比較

次の表は、組織のチーム メンバーが利用できる Teams の機能と、ゲストが利用できる Teams の機能を比較したものです。 Teams の管理者は、ゲストが利用できる機能を制御します。

Teams の機能 組織の Teams ユーザー Guest
チャネルの作成
この機能はチーム所有者によって制御されます。
プライベート チャットに参加する
チャネルの会話に参加する
メッセージを投稿、削除、編集する
チャネル ファイルを共有する
SharePoint ファイルにアクセスする
ファイルの添付
チャネル投稿のみ
プライベート チャットファイルをダウンロードする
ファイル内で検索する
チャット ファイルを共有する
アプリ (タブ、ボット、コネクタ) を追加する
会議を作成またはスケジュールにアクセスする
OneDrive for Business ストレージにアクセスする
テナント全体およびチーム/チャネルのゲスト アクセス ポリシーを作成する
Microsoft 365 または Office 365 組織のドメイン外のユーザーを招待する
この機能はチーム所有者によって制御されます。

チームを作成する
パブリック チームを検出して参加する
組織図を表示する
インライン翻訳を使用する
チーム所有者になる

次の表は、ゲストが利用できる通話機能と会議機能を示しており、他の種類のユーザーと比較しています。

通話機能 ゲスト E1 および E3 ユーザー E5 およびエンタープライズ VoIP ユーザー
VOIP 通話 はい Yes Yes
グループ通話 はい Yes Yes
通話の重要なコントロール (保留、ミュート、ビデオのオン/オフ、画面共有) のサポート はい Yes Yes
転送先 はい Yes Yes
通話を転送する はい Yes Yes
取次転送をする はい Yes Yes
その他のユーザーを VOIP を介して通話に追加する はい Yes Yes
電話番号でユーザーを通話に追加する いいえ いいえ Yes
着信転送ターゲット いいえ Yes Yes
通話グループ ターゲット いいえ はい Yes
応答しなかったターゲット いいえ Yes Yes
フェデレーション通話のターゲットとなる いいえ はい Yes
フェデレーション通話を発信する いいえ Yes Yes
通話を即時転送する いいえ いいえ Yes
複数の通話の呼び出しを同時に行う いいえ いいえ Yes
応答しなかった通話をルーティングする いいえ いいえ Yes
不在着信をボイスメールに移動する いいえ いいえ1 はい
通話を受信できる電話番号を持つ いいえ いいえ Yes
電話番号をダイヤルする いいえ いいえ Yes
通話設定にアクセスする いいえ いいえ Yes
ボイスメールの挨拶を変更する いいえ いいえ1 はい
着信音を変更する いいえ いいえ はい
TTY のサポート いいえ いいえ はい
代理人を利用する いいえ いいえ Yes
代理人となる いいえ いいえ Yes

1 この機能は近日中に利用できるようになります。

注意

Azure Active Directory (Azure AD) のゲスト ユーザー アクセス制限ポリシーによって、ディレクトリ内のゲストのアクセス許可が決まります。 3 つのポリシー オプションがあります。

  • ゲスト ユーザーは、メンバーと同じアクセス権が与えられています (最も包括的) 設定とは、ディレクトリ内の通常のユーザーと同様にディレクトリ データへのアクセス権があることを意味します。
  • ゲストユーザーが、ディレクトリ オブジェクトのプロパティとメンバーシップに制限付きアクセスがある 設定は、ユーザー、グループ、または Microsoft Graph を使用して他のディレクトリリソースを列挙するなど、特定のディレクトリタスクのアクセス許可がゲストに与えられていないことを意味します。
  • Guest ユーザーのアクセスは、自分のディレクトリ オブジェクトのプロパティとメンバーシップ に制限がある (最も制限の厳しい) 設定は、ゲスト自身のディレクトリ オブジェクトにのみアクセスできます。

詳細については、「Azure Active Directory でのユーザーの既定のアクセス許可とは」を参照してください。

ゲスト ユーザーとして組織を脱退する

ゲスト アクセスと外部アクセスを使用して、組織外の人々とコラボレーションする