次の方法で共有


コンテンツ共有の会議ポリシーを管理する

適用対象: ✔️会議✔️ウェビナー✔️タウン ホール

コンテンツ共有設定は、チャット、会議、ウェビナー、またはタウン ホールでユーザーが画面またはアプリを表示する方法を制御します。 画面共有モード、PowerPoint 共有、ホワイトボード、共有ノートの管理者設定を構成できます。 (表示できるユーザーと制御を要求できるユーザーを管理する方法については、「 Teams 会議で制御を提示および要求できるユーザーを管理する」を参照してください)。

タウン ホールでは、発表者、開催者、共同開催者のみが共有ノートと画面共有を使用できます。

注意

コンテンツ共有の会議ポリシーは、ウェビナーやタウン ホールにも適用されます。

コンテンツ共有設定を変更するには

  1. Teams 管理センターで、[ 会議 ] を展開し、[ 会議ポリシー] を選択します。
  2. 編集するポリシーを選択します。
  3. [ コンテンツ共有 ] セクションまでスクロールします。
  4. 使用する設定を選択します (以降のセクションで説明します)。
  5. [保存] を選択します。

PowerShell を使用してコンテンツ共有を構成する

また、Set-CsTeamsMeetingPolicy コマンドレットを使用して、コンテンツ共有設定を制御することもできます。 次のパラメーターを設定します。

  • ScreenSharingMode
  • AllowPowerPointSharing
  • AllowWhiteboard
  • AllowSharedNotes

csTeamsMeetingPolicy コマンドレットの使用方法に関する詳細情報

画面共有モード

この設定はユーザーごとのポリシーです。 この設定は、ユーザーが Teams 会議でデスクトップとウィンドウを共有できるかどうかを制御します。

値を設定する 動作
画面全体 会議では、フル デスクトップ共有とアプリケーション共有が許可されます。
単一アプリケーション アプリケーション共有は会議で許可されます。 ユーザーが Web ブラウザーで Teams を使用していて、この値が割り当てられている場合、この設定は [無効] として機能します。
無効 会議では画面共有とアプリケーション共有が無効になります。

PowerPoint Live

これは、ユーザーごとのポリシーです。 この設定は、ユーザーが会議で PowerPoint スライド セットを共有できるかどうかを制御します。 匿名ユーザー、ゲスト ユーザー、外部アクセス ユーザーを含む外部参加者は、会議開催者のポリシーを継承します。

次の例を見てみましょう。

ユーザー 会議ポリシー PowerPoint Live
Daniela グローバル オン
Amanda Location1MeetingPolicy オフ

Amanda は、会議の開催者であっても、PowerPoint スライド セットを会議で共有することはできません。 Daniela は、Amanda が会議を開催した場合でも PowerPoint スライド デッキを共有できます。 Amanda は、PowerPoint スライド セットを共有できない場合でも、会議の他のユーザーによって共有されている PowerPoint スライド セットを表示することができます。

Whiteboard

Microsoft Whiteboard は、人々、コンテンツ、アイデアが共に集うフリーフォームのデジタル キャンバスです。 Microsoft Teams 会議の Whiteboard による統合は、Teams 会議の参加者達が、共有されたデジタル キャンバス上で一緒に描画、スケッチ、および書き込みを行える Whiteboard Web アプリを活用しています。

ユーザーはホワイトボード (Whiteboard) を共有して、Teams 会議のすべての出席者達のために提供できます。 あの同じホワイトボードが、Windows 10、iOS、および Web アプリ上のすべての Whiteboard アプリケーションで同時に利用可能です。

Whiteboard アプリの利用可否を変更するには、「Microsoft Whiteboard を組織で有効にする」を参照してください。 この設定では、Teams だけでなく、organization全体のWhiteboardが有効または無効になります。

ホワイトボードは、ホワイトボードを開始するユーザーの OneDrive に作成されます。 詳細については、「Microsoft Whiteboardのデータを管理する」を参照してください。

Teams 会議のWhiteboard設定は、ユーザーごとの設定です。 この設定は、ユーザーが会議でホワイトボードを共有できるかどうかを制御します。 匿名ユーザー、ゲスト ユーザー、外部アクセス ユーザーを含む外部参加者は、会議開催者のポリシーを継承します。

次の例を見てみましょう。

ユーザー 会議ポリシー Whiteboard
Daniela グローバル オン
Amanda Location1MeetingPolicy オフ

Amanda は、会議の開催者であっても、会議でホワイトボードを共有することはできません。 アマンダが会議を開催する場合でも、Daniela はホワイトボードを共有できます。

PowerShell を使用してWhiteboardを有効にするには、IsWBFluidEnabled コマンドレットを Set-SPOTenant から$trueに設定します。

Whiteboardの使用方法に関するエンド ユーザーの詳細については、「Microsoft Teams でWhiteboardを使用する」を参照してください。

Surface Hub 上の Whiteboard

Microsoft Whiteboard を使用する前に、Surface Hub デバイスに Whiteboard アプリがインストールされていることを確認してください。 Surface Hub デバイスに Whiteboard がインストールされていない場合は、Microsoft Store アプリに移動し、Microsoft Whiteboardを取得します。 詳細については、「Surface Hub で Microsoft Whiteboard を有効にする」を参照してください。

注釈

ホワイトボードが有効になっている場合、ユーザーは、Teams 会議で画面を共有しながら参加者が共同作業できる機能である注釈を使用できます。 Whiteboardが有効になっていない場合、ユーザーは注釈にアクセスできません。

コラボレーション注釈をオンまたはオフにするには、次を使用します。

Set-SPOTenant -IsWBFluidEnabled

注意

これにより、会議のWhiteboardもオン/オフになります。

コラボレーション注釈の管理者ポリシーはユーザー レベルのポリシーであり、その詳細は次のとおりです。

  • ポリシー名: CSTeamsMeetingPolicy

  • 設定名: AllowCollaborativeAnnotations

  • 設定の種類: ENUM true/false

管理者は、上記の PowerShell 構文を実行するか、会議>会議ポリシーのコラボレーション注釈を使用して Teams 管理センターでポリシーを>オンまたはオフにすることができます。

共有のメモ

この設定はユーザーごとのポリシーです。 この設定は、ユーザーが会議でメモを作成および共有できるかどうかを制御します。 匿名、ゲスト、外部アクセスを含む外部参加者は、会議の開催者のポリシーを継承します。 現在、[会議メモ] タブは、参加者が 20 人未満の会議でのみサポートされています。

次の例を見てみましょう。

ユーザー 会議ポリシー 共有のメモ
Daniela グローバル オン
Amanda Location1MeetingPolicy オフ

Daniela は Amanda の会議でメモを取ることができ、Amanda はすべての会議でメモを取ることができません。

Teams ポリシー リファレンス - コンテンツ共有

Teams での PowerShell の概要

Teams でユーザーにポリシーを割り当てる