次の方法で共有


SIP ゲートウェイの構成

この記事では、organizationが Microsoft Teams と互換性のある SIP デバイスを使用できるように SIP ゲートウェイを構成する方法について説明します。 organizationに対して SIP ゲートウェイが実行できる内容と、organizationに必要なハードウェア、ソフトウェア、ライセンスについては、「SIP ゲートウェイの計画」を参照してください。

SIP ゲートウェイを構成する前に、次の操作を行います。

  • SIP デバイスを出荷時の既定の設定にリセットします。 ユーザーまたはorganizationのユーザーは、SIP ゲートウェイで使用される各 SIP デバイスを出荷時の既定の設定にリセットする必要があります。 その方法については、製造元の手順を参照してください。

  • Microsoft 365 と Teams にファイアウォールを開きます。OFFICE 365 URL と IP アドレス範囲」で説明されているように、ネットワークのファイアウォールを Microsoft 365 および Teams トラフィックに開きます。 ファイアウォール規則は、送信トラフィックにのみ必要です。

  • SIP デバイスがプロキシの背後にないことを確認します。 http/s トラフィックが企業の http/s プロキシをバイパスすることを確認します。

  • UDP ポートを開きます。 IP 範囲 52.112.0.0/14 および 52.122.0.0/15 の範囲 49152 から 53247 の UDP ポートを開きます。

  • TCP ポートを開きます。 IP 範囲 52.112.0.0/14 および 52.122.0.0/15 の TCP ポート 5061 を開きます。

  • HTTP と HTTPS の次の IP アドレスを開きます。

    • 13.75.175.145
    • 52.189.219.201
    • 51.124.34.164
    • 13.74.250.91
    • 13.83.55.36
    • 23.96.103.40

次のセクションでは、SIP ゲートウェイを構成するために管理者として実行する必要がある操作について説明します。

この記事では、次の方法についても説明します。

ORGANIZATIONで SIP ゲートウェイが使用可能であることを確認する

  1. Teams 管理センターにサインインします。

  2. 左側の [ Teams デバイス ] を選択し、[ SIP デバイス ] タブが表示されているかどうかを確認します。 その場合は、ORGANIZATIONに対して SIP ゲートウェイ サービスが有効になります。

organizationのユーザーに対して SIP ゲートウェイを有効にする

organizationに対して SIP ゲートウェイを有効にするには、Teams 管理センターを使用するか、PowerShell コマンドレットを使用します。

Teams 管理センターを使用する

Teams 管理センターで SIP ゲートウェイを有効にするには、次の手順に従います。

  1. Teams 管理センターに移動する

  2. 左側の [ 音声] で、[ 通話ポリシー] を選択します。

  3. [ ポリシーの管理] の右側で、ユーザーに割り当てられている適切な通話ポリシーを選択するか、必要に応じて新しい通話ポリシーを作成し、必要なユーザーに割り当てます。

  4. [ ポリシーの管理] を選択し、ポリシーを選択し、[編集] を選択 します

  5. 通話に使用できる SIP デバイスの設定をオンにし、[保存] を選択します

PowerShell を使用する

PowerShell Set-CsTeamsCallingPolicy コマンドレットを使用して SIP ゲートウェイを有効にすることもできます。 SIP デバイスのユーザーを有効にするには、ポリシーを選択し、 属性を にTrue設定します-AllowSIPDevicesCalling。 既定値は です False。そのため、有効にしない限り、ユーザーは SIP デバイスを使用できません。

注意

ポリシーの伝達には最大 24 時間かかることがあります。

SIP ゲートウェイ プロビジョニング サーバーの URL を設定する

SIP ゲートウェイ プロビジョニング サーバーの URL は、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバーで設定できます。 リモートで作業するユーザーは、手動で構成する必要があります。

DHCP の使用

SIP デバイスごとに、次のいずれかの SIP ゲートウェイ プロビジョニング サーバー URL を設定します。

  • Emea: http://emea.ipp.sdg.teams.microsoft.com
  • アメリカ: http://noam.ipp.sdg.teams.microsoft.com
  • Apac: http://apac.ipp.sdg.teams.microsoft.com

DHCP サーバーで上記の SIP ゲートウェイ プロビジョニング サーバー URL を構成して、Teams organizationに SIP デバイスを追加します。 DHCP サーバーの詳細については、「DHCP の 展開と管理」を参照してください。 また、DHCP オプション 42 を使用してネットワーク タイム プロトコル (NTP) サーバーを指定し、DHCP オプション 2 を使用して協定世界時 (UTC) からのオフセットを秒単位で指定できます。 organization内のデバイスは、SIP ゲートウェイ プロビジョニング サーバーにルーティングされます。 正常にプロビジョニングされた SIP 電話には、Teams ロゴとサインイン用のソフト ボタンが表示されます。

SIP デバイスがオンボードでサポートされている最小ファームウェア バージョンにあることを確認します。 オンボード中、SIP ゲートウェイは既定の構成と認証ユーザー インターフェイスをデバイスにプッシュします。 SIP デバイスに必要なファームウェア バージョンを確認するには、「 SIP ゲートウェイの計画」を参照してください。

手動

リモートで作業するユーザーは、次の手順を使用して、プロビジョニング サーバー URL を SIP デバイスに手動で構成する必要があります。

  1. デバイスで [設定] を 開き、デバイスの IP アドレスを取得します。

  2. ブラウザー ウィンドウを開き、デバイスの IP アドレスを入力し、必要に応じてログインし、デバイスの Web ユーティリティでプロビジョニング サーバーの URL を構成します。

  3. [ 設定] または [Web ユーティリティの 詳細設定] で、上記のプロビジョニング サーバー URL を入力します。

注意

  • SIP ゲートウェイにオンボードできるのは、互換性のある SIP デバイスのみです。
  • Cisco IP フォンは、オンボードする前にマルチプラットフォーム ファームウェアにフラッシュする必要があります。 方法については、「 Cisco ファームウェア変換ガイド」を参照してください。
  • Yealink および Alcatel-Lucent Enterprise 電話の場合は、オプション 66 を使用します。
  • Cisco、Poly、AudioCode フォンの場合は、オプション 160 を使用します。
  • Cisco デバイスの場合は、プロビジョニング サーバー URL に /$PSN.xml を追加します。

条件付きアクセスを構成する

条件付きアクセスは、Microsoft 365 リソースにアクセスするデバイスが適切に管理され、セキュリティで保護されていることを確認するのに役立つMicrosoft Entra機能です。 SIP デバイスはIntuneによって管理されないため、より厳密な条件付きアクセス チェックが適用されます。 SIP ゲートウェイは、Microsoft Entra IDを使用して SIP デバイスを認証するため、organizationが企業ネットワーク内のデバイスに条件付きアクセスを使用する場合は、次のいずれかの操作を行う必要があります。

  1. サイトのパブリック IP アドレスと次の SIP ゲートウェイ サービス IP アドレスを条件付きアクセス チェックから除外します。
  • 北米:
    • 米国東部: 52.170.38.140
    • 米国西部: 40.112.144.212
  • EMEA リージョン:
    • 北 EU: 40.112.71.149
    • 西 EU: 40.113.112.67
  • APAC リージョン:
    • オーストラリア東部: 20.92.120.71
    • オーストラリア南東部: 13.73.115.90
  1. 条件付きアクセス チェックから Teams アプリを除外します。

詳細については、「 IP アドレス範囲」を参照してください。

SIP デバイスを共通エリア電話としてプロビジョニングおよび登録する

注意

SIP デバイスを登録するには、SIP ゲートウェイにオンボードする必要があります。

タスクを効率化するために、SIP デバイスを Teams 管理センターに一度に 1 つずつ、またはバッチで登録できます。 次の操作を実行してください。

  1. Teams 管理センターにログインします。

  2. [Teams デバイス] [SIP デバイス>] の順に選択します。

  3. 右上にある [アクション][デバイスのプロビジョニング] > の順に選択し、次のいずれかの手順に従います。

    • 1 つのデバイスをプロビジョニングするには:

      1. [ アクティブ化の待機中] で、[追加] を選択 します

      2. [ MAC アドレスの追加 ] ウィンドウで、デバイスの MAC アドレス場所 を入力し、[ 適用] を選択します。

      3. [ アクティブ化の待機中] で、追加したデバイスを選択し、[ 確認コードの生成] を選択します。

      4. [ デバイスのプロビジョニング ] ウィンドウの [ 確認コード] で、SIP デバイスの検証コードをメモします。

    • 多くのデバイスをプロビジョニングするには:

      1. [ アクティブ化の待機中] で、右側の [ エクスポート ] (Microsoft Excel アイコン) を選択します。

      2. [ デバイスのプロビジョニング ] ウィンドウの [ 複数の MAC アドレスのアップロード] で、[ テンプレートのダウンロード] を選択します。

      3. Template_Provisioning.csv をコンピューターに保存し、[MAC ID] フィールドと [場所] フィールドに入力します。

      4. [ デバイスのプロビジョニング ] ウィンドウで、[ 複数の MAC アドレスのアップロード] を選択します。

      5. [ MAC アドレスのアップロード ] ウィンドウの右側にある [ ファイルの選択] を選択し、データを含む Template_Provisioning.csv ファイルを選択します。

      6. [ デバイスのプロビジョニング ] ウィンドウ の [アクティブ化の待機中] で、デバイスを選択し、[ 確認コードの生成 ] を選択して、プロビジョニングされたデバイスごとに 1 回限りの検証コードを生成します。 各 SIP デバイスの検証コードに注意してください。

  4. SIP デバイスで、登録機能コードに続けて確認コードをダイヤルします。 SIP デバイスで、登録機能コード *55* (登録 1 回限りの検証コード検証に SIP ゲートウェイで使用) にダイヤルし、その後、この特定のデバイスの Teams 管理 Center で生成された検証コードをダイヤルします。 たとえば、確認コードが123456されている場合は、*55*123456 にダイヤルしてデバイスを登録します。

  5. [ デバイスのプロビジョニング ] ウィンドウの [ サインイン待ち] で、[ サインアウト] を選択します。

  6. [ ユーザーのサインイン ] ダイアログに、認証 URL とペアリング コードが表示されます。

  7. ユーザーのデスクトップまたはモバイル ブラウザーの認証 URL に移動し、企業の資格情報を使用してログインします。

  8. [ ユーザーのサインイン ] ダイアログに表示されるペアリング コードを Web 認証アプリに入力して、SIP 電話をユーザーのアカウントとペアリングします。 サインインが成功すると、しばらく時間がかかる場合があります。デバイスでサポートされている場合は、SIP 電話に電話番号とユーザー名が表示されます。

サインインしてサインアウトする方法

ユーザーの個人用デバイスでは、ローカル サインインのみがサポートされています。 管理 センターからデバイスをサインアウトするには、次の手順に従います。

  1. Teams 管理センターにログインします。

  2. [Teams デバイス] [SIP デバイス>] の順に選択します。

  3. 右側で SIP デバイスを選択し、[ サインアウト] を選択します。

ゼロタッチ共通エリア電話サインイン

デバイスで物理的な介入を行うことなく、共通エリア電話を SIP ゲートウェイにリモートでサインインできます。

  1. 一括サインインの前提条件が整っていることを確認します。

  2. ブラウザー タブで SIP リモート ログイン ポータル を開きます。

  3. デバイスに関連付ける共通エリアの電話資格情報を使用して認証します。

  4. 適切なデバイスリージョンを選択します。 NOAM、EMEA、または APAC を使用できます。

  5. デバイスの MAC アドレスを XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX 形式で入力します。

ユーザーのペアリングとサインイン

ユーザーが企業の資格情報を使用して認証した後で SIP デバイスをペアリングするには、ユーザーは次の手順を実行する必要があります。

  1. SIP 電話 で [サインイン ] を押して、認証 URL とペアリング コードを表示します。 ペアリング コードは時間の影響を受けます。 有効期限が切れた場合、ユーザーは電話で [戻る ] を押し、サインイン プロセスをもう一度開始する必要があります。

  2. ユーザーのデスクトップまたはモバイル ブラウザーの認証 URL に移動し、企業の資格情報を使用してログインします。

  3. SIP 電話に表示されるペアリング コードを Web 認証アプリに入力して、SIP 電話をユーザーのアカウントとペアリングします。 サインインが成功すると、しばらく時間がかかる場合があります。デバイスでサポートされている場合は、SIP 電話に電話番号とユーザー名が表示されます。

注意

Microsoft Entra Web 認証アプリに表示されるデバイスの場所は、デバイスが接続されている SIP ゲートウェイ データセンターです。 スコープ内の SIP 電話は OAuth 対応ではないため、SIP ゲートウェイは Web 認証アプリを介してユーザーを認証し、デバイスをユーザーの資格情報とペアリングします。 詳細については、Microsoft ID プラットフォームと OAuth 2.0 デバイス承認付与フローを参照してください。

注意

SIP ゲートウェイ互換デバイスに対して、新しい認証エクスペリエンスを段階的に導入しています。 新しいエクスペリエンスを持つユーザーには、 新しい認証 URL が表示されます。

サインアウト

サインアウトするには、デバイス ユーザーは次のことができます。

  • SIP デバイス でサインアウト を押し、デバイスで説明されている手順に従います。

Teams 管理センターでデバイスをサインアウトするには:

  1. Teams 管理センターにログインします。

  2. [Teams デバイス] [SIP デバイス>] の順に選択します。

  3. 右側の [SIP デバイス ] ウィンドウで、デバイスを選択します。

  4. デバイスの [詳細] ウィンドウで [ 詳細 ] タブを選択し、[ アクション] メニューの右上にある [ サインアウト] を選択します。

一括サインイン

一括サインインを使用すると、SIP デバイス上の共有アカウントを使用して、それぞれ最大 100 台のデバイスのバッチでサインインできますが、リージョンごとに同時に 3 つのバッチが制限されます。

一括サインインは非常に役立ち、これらのシナリオで使用できます。

  • 新しい SIP デバイスのアクティブ化 SIP ゲートウェイへのオンボードから 3 日以内 (または 72 時間以内) に新しい SIP デバイスをアクティブ化して展開する場合。
  • サインアウトされたデバイス 何らかの理由でサインアウトしたデバイスにサインインするには、サインアウトされてから 7 日以内 (または 168 時間以内)。このシナリオでは、次の手順 2 のように、プロビジョニング URL にテナント ID を追加する必要はありません。

一括サインインの前提条件

  1. 一括サインイン コマンドレットを実行する少なくとも 24 時間前に、Teams 管理センターの テナントの信頼できる IP に サイトのパブリック IP アドレスまたは範囲を追加する必要があります。

  2. デバイスのプロビジョニング URL にorganizationのテナント ID を追加する必要があります。

    注意

    次の例は、北米 リージョンに対するものです。

  • Alcatel-Lucent Enterprise、AudioCodes、Yealink IP フォンでは、次を使用します。 http://noam.ipp.sdg.teams.microsoft.com/tenantid/<your-tenant-ID-guid>

  • Cisco IP フォンの場合は、次を使用します。 http://noam.ipp.sdg.teams.microsoft.com/tenantid/<your-tenant-ID-guid>/$PSN.xml

  • AudioCodes ATA に接続するアナログ デバイスの場合は、次を使用します。 http://noam.ipp.sdg.teams.microsoft.com/tenantid/<your-tenant-ID-guid>/mac.ini

    Important

    Cisco ATA の場合は、mac.ini を mac.cfg に置き換えます。 Poly ATA の場合は、mac.ini を $mac.cfg に置き換えます。

  1. Microsoft Teams Power Shell 5.6.0 以降をインストールする必要があります。

    注意

    一括サインイン コマンドレットは、以前のバージョンには含まれていません。

  2. 一括サインイン要求の一部であるアカウントに CommonAreaPhone ポリシー を適用する必要があります。

  3. アカウントで Multi Factor Authentication (MFA) が有効になっていない必要があります。

  4. アカウントには電話番号が割り当てられている必要があります。

  5. アカウントには、SIP デバイス呼び出しポリシーが割り当てられている必要があります。 AllowSIPDevicesCalling ポリシー

  6. コマンドレットを実行するには 、グローバル管理者、特権認証管理者、または認証管理者ロールを 持つアカウントを使用する必要があります。

  7. TeamsSipDevicesConfigurationBulkSignIn 属性を にEnabled設定する必要があります

注意

ベスト プラクティスとして、デバイスのプロビジョニング後少なくとも 1 時間と最大 70 時間後に一括サインイン コマンドレットを実行してみてください。

一括サインイン要求を作成する方法

  1. UsernameHardwareId の 2 つの列で使用される CSV ファイルを作成します。

    • [ユーザー名] 列: HardwareId 列にあるデバイスの MAC アドレスに関連付けるために使用する、Microsoft Entraユーザー名またはユーザー プリンシパル名 (UPN) の一覧を入力します。

    • HardwareId 列: 各 IP 電話の MAC アドレスを次の形式で一覧表示します。xx-xx-xx-xx-xx:xxx:xxx(最後の 3 桁は ATA ポート番号です)。アナログ デバイスの場合、ポート番号は 001 から始まります)。ATA ポート番号のない MAC アドレスの例は、1A-2B-3C-D4-E5-F6 です。 アナログ デバイスの MAC アドレスの例としては、1A-2B-3C-D4-E5-F6:001 があります。

    • CSV の例:

      Username HardwareId
      FirstFloorLobbyPhone1@contoso.com 1A-2B-3C-D4-E5-F6
      SecondFloorLobbyPhone2@contoso.com 2A-3B-4C-5D-6E-7F
  2. 「現場 担当者向けの PowerShell を使用して現場の静的チームを大規模に展開する」で説明されているように PowerShell 環境を設定し、Microsoft Teams PowerShell モジュール 5.6.0 を取得します。

  3. 次のコマンドを実行します。

    Import-Module MicrosoftTeams
    $credential = Get-Credential   // Enter your admin’s email and password 
    Connect-MicrosoftTeams –Credential $credential
    $newBatchResponse = New-CsSdgBulkSignInRequest  -DeviceDetailsFilePath  .\Example.csv  -Region APAC
    

パラメーターは DeviceDetailsFilePath 、作成して保存した CSV の場所を指定します。 パラメーターは Region 、デバイスが展開されている SIP ゲートウェイ プロビジョニング リージョンを指定します。 値は APAC、EMEA、NOAM です。

  1. 一括サインイン バッチの状態をチェックするには、次のコマンドを実行します。
$newBatchResponse = New-CsSdgBulkSignInRequest  -DeviceDetailsFilePath  .\Example.csv  -Region APAC
$newBatchResponse.BatchId
$getBatchStatusResponse = Get-CsSdgBulkSignInRequestStatus -Batchid $newBatchResponse.BatchId
$getBatchStatusResponse | ft
$getBatchStatusResponse.BatchItem

一括サインイン エラー メッセージ

一般的な問題のトラブルシューティングと修正に役立つ、一般的なエラー メッセージが表示される可能性があり、問題を解決するために実行する必要があります。

エラー メッセージ 潜在的なソリューション
テナントにユーザーが見つかりません。 ユーザー名またはユーザー プリンシパル名 (UPN) が正しいことを確認します。
ユーザーに電話番号の割り当てがありません。 ユーザーに電話番号が割り当てられているかどうかを確認します。
ユーザーがポリシーの割り当てを見逃しているAllowSIPDevicesCalling ポリシーが [有効] に設定されていることをAllowSIPDevicesCalling確認します。 前提条件 7 を参照してください。
CAP ポリシーの割り当てがないユーザー。 アカウントにポリシーが CommonAreaPhone 割り当てられていることを確認します。 前提条件 4 を参照してください
レコードにデバイスが見つかりません。 デバイスが SIP ゲートウェイに正しくプロビジョニングされていて、一括サインイン要求のリージョン パラメーターが正しいかどうかを確認します。
デバイスに BulkSignIn タグがありません デバイス プロビジョニング URL に正しいテナント ID があるかどうかを確認します。
デバイスがオフラインです。 デバイスの電源がオフになっているか、ネットワークから切断されているため、デバイスが見つかりません。 デバイスを再接続し、もう一度お試しください。
パブリック IP が信頼された IP として構成されていません。 プロビジョニング URL に一覧表示されているテナント ID が正しくないか、デバイスのパブリック IP アドレスが Teams 管理センターの信頼できる IP アドレスとして一覧表示されません。 前提条件 1 を参照してください。
一括サインインの期限が切れています。 プロビジョニングから 72 時間以内 (または 168 時間以内) にデバイスがサインインしていません。
一括サインインで重複するデバイスが見つかりました。 CSV ファイルに含まれている MAC アドレスが正しく、重複したアドレスがないことを確認します。 重複するデバイスの IP アドレスが返されます。
入力ハードウェア ID の形式が間違っています ハードウェア ID 形式を確認します。 「」を参照してください How to create a bulk sign in request
オンプレミスの AD 構成エラー。 オンプレミスの Active Directory チームに問い合わせてください。
オンプレミスの AD 調整が検出されました もう一度やり直しますが、バッチ内のデバイスの数が少なくなります。 ネットワーク接続によっては、大規模なバッチの完了に時間がかかり、スタックする可能性があります。
パスワード ライトバック サービスは、テナントのローカル ディレクトリにパスワードを設定できませんでした。 デバイスに使用されるユーザー アカウントには、次のログイン時にユーザーがパスワードを変更する必要がないか、 ORユーザーのパスワードを選択することはできません。パスワードの最小有効期間を 0 より大きい値に設定する必要があります。 パスワード オプションが選択されておらず、パスワードの最小有効期間が 0 に設定されていることを確認して、もう一度やり直してください。

SIP デバイスの表示と監視

デバイスのユーザーが少なくとも 1 回サインインした後、Teams 管理センターで SIP デバイス インベントリを表示および監視できます。 次の操作を実行してください。

  1. Teams 管理センターにログインします。

  2. [Teams デバイス] [SIP デバイス>] の順に選択します。 右側に、サインインしているすべての SIP デバイスが一覧表示されます。

SIP デバイスを再起動する

  1. Teams 管理センターにログインします。

  2. [Teams デバイス] [SIP デバイス>] の順に選択します。

  3. 右側で、再起動する SIP デバイスを選択し、[再起動] を選択 します

注意

  • 現在、テナントから SIP デバイスを削除することは、Teams 管理センターでは使用できません。
  • コマンドの実行はデバイスの可用性によって異なり、Teams 管理センターに表示される実行状態と一致しない場合があります。 サポートされていないデバイスで SIP ゲートウェイを有効にしようとすると、コマンドは実行されません。

ポリシーを適用するためにポリシーの変更を SIP デバイスに同期する

ユーザーがサインインすると、ユーザーの詳細とポリシーが SIP デバイスにフェッチされます。 サインインしたユーザーに対するその後のポリシーの変更は、1 時間以内にデバイスに同期されます。 デバイスは、SIP ゲートウェイで定期的に登録を更新する必要があります。 SIP 電話はコール リダイレクトに依存するため、管理者は で Set-CsTeamsCallingPolicy 属性を AllowCallRedirect に設定するEnabled必要があります。

SIP デバイスの UI 言語を設定する

SIP デバイスは通常、多くの言語で情報を表示できます。 UI 言語の設定は、ソフトキーやサインイン/サインアウト システム メッセージなど、インターフェイスに影響します。 UI 言語の設定は、次の例のように、プロビジョニング サーバー、DHCP サーバー、または URL にコード文字列を追加して手動で行います。

Polycom、AudioCodes、Alcatel-Lucent Enterprise、Yealink 電話にドイツ語を設定する方法:

  • http://emea.ipp.sdg.teams.microsoft.com/lang_de

Cisco 電話に日本語を設定する方法:

  • http://emea.ipp.sdg.teams.microsoft.com/lang_ja/$PSN.xml

サポートされている言語

言語名 言語コード
英語 (既定値) Ja
スペイン語 Es
日本語 ja
ドイツ語
フランス語 神父
ポルトガル語 Pt

注意

日本語は Yealink ではサポートされておらず、Polycom VVX では部分的にサポートされています。

  • 選択した言語が SIP エンドポイントでサポートされていない場合、システムは既定で英語になります。

  • プロビジョニング URL を使用して lang_xx パラメーターが設定されていない場合は、既定の言語として英語が使用されます。

  • 緊急通報テキストを作成するためのサインインが他の言語に翻訳されていない場合は、画面サイズの制限により、次の IP 電話モデルの [Press Sign In]\(サインインを押す\) にのみ英語の短縮版が表示されます。

  • Poly VVX 150、VVX 201

  • Cisco CP-6821、CP-7811、CP-7821、CP-7841、CP-7861

  • ボイス メール ソフトキー ラベルは、文字列の長さの制限があるため、Poly VVX のすべての言語にわたって VM テキストでハードコーディングされます。

Microsoft Teams と IPv6

SIP ゲートウェイは IPv4 のみをサポートします。 Microsoft Teams サービスとクライアントは、IPv4 と IPv6 の両方をサポートします。 Microsoft Teams への通信を制御する場合は、 Microsoft 365 URL と IP アドレス範囲の IP アドレス範囲を使用します

緊急通話

SIP ゲートウェイは、ネットワーク属性をネットワーク上で共有する互換性のある SIP デバイスに対して、動的緊急通話 (動的 E911) をサポートします。 これらの属性は Teams 管理センターでプロビジョニングされ、ローカル IP とサブネットの長さの組み合わせ、またはシャーシ ID とネットワーク ポート番号を組み合わせて使用できます。 場所属性を共有しないデバイスの場合、または何らかの理由で場所が動的に解決されない場合、SIP ゲートウェイは登録されたアドレスに基づいて緊急通話を引き続きサポートします。 現在、登録済みアドレスはダイレクト ルーティング シナリオではサポートされていません。 緊急通報の詳細については、「緊急通報の 計画と管理」を参照してください。

注意

互換性のある Cisco SIP IP フォンは、LLDP 経由での動的な場所検出のみをサポートします。

Microsoft に問題を報告する

問題を報告するには、Microsoft サポートにお問い合わせください。