add コマンド (NuGet CLI)

適用対象: パッケージの発行 • サポートされているバージョン: 3.3 以上

指定したパッケージを、HTTP 以外のパッケージ ソース (フォルダーまたは UNC パス) に階層レイアウトで追加します。この場合、パッケージ ID とバージョン番号のフォルダーが作成されます。 次に例を示します。

\\myserver\packages
  └─<packageID>
    └─<version>
      ├─<packageID>.<version>.nupkg
      ├─<packageID>.<version>.nupkg.sha512
      └─<packageID>.nuspec

パッケージ ソースに対して復元または更新する場合、階層レイアウトを使用すると、パフォーマンスが大幅に向上します。

パッケージ内のすべてのファイルをコピー先のパッケージ ソースに展開するには、 スイッチを使用 -Expand します。 これにより、通常、 や などの追加のサブフォルダーがコピー先に表示 tools されます lib

使用

nuget add <packagePath> -Source <sourcePath> [options]

<packagePath> 追加するパッケージの <sourcePath> パス名であり、パッケージを追加するフォルダーベースのパッケージ ソースを指定します。 HTTP ソースはサポートされていません。

オプション

  • -ConfigFile

    適用NuGet構成ファイル。 指定しない場合は %AppData%\NuGet\NuGet.Config 、(Windows)、~/.nuget/NuGet/NuGet.Configまたは ~/.config/NuGet/NuGet.Config (Mac/Linux) が使用されます。

  • -Expand

    パッケージ内のすべてのファイルをパッケージ ソースに追加します。

  • -ForceEnglishOutput

    (3.5 以上) インバリアントnuget.exe英語ベースのカルチャを使用して、強制的に実行します。 インバリアントnuget.exe英語ベースのカルチャを使用して、強制的に実行します。

  • -?|-help

    コマンドのヘルプ情報を表示します。

  • -NonInteractive

    ユーザー入力または確認のプロンプトを抑制します。

  • -src|-Source

    nupkg を追加するパッケージ ソース (フォルダーまたは UNC 共有) を指定します。 Http ソースはサポートされていません。

  • -Verbosity [normal|quiet|detailed]

    出力に表示される詳細の量 normal (既定値)、、または を quiet指定します detailed

「環境変数 」も参照してください。

nuget add foo.nupkg -Source c:\bar\

nuget add foo.nupkg -Source \\bar\packages\