前提条件 (ADO の概要)

適用先: Access 2013、Office 2013

ADO プログラマ ガイドは、さまざまな背景を持つ開発者に役立ちます。 At a minimum, readers should have an intermediate level of experience in developing applications with Microsoft Visual Basic, because most of the examples in the guide are written in this language. その他の例は、Microsoft Visual C++、Java、Visual Basic、Scripting Edition (VBScript)、Microsoft JScript で記述されています。

ADO はさまざまなソースのデータ アクセスに使用されるため、読者には、リレーショナル データベース管理システムの基本的な概念、オンライン分析処理 (OLAP) の概念、およびインターネットやインターネット プロトコルの基本的な知識も必要になります。

ADO は、Microsoft Data Access (UDA) ストラテジの一部です (UDA の詳細については、この章の後半の「Microsoft Data Access における ADO の役割」を参照してください)。 (UDA の詳細については、この章 の後半の「Microsoft Data Access での ADO の役割」を参照してください)。そのため、OLE DB テクノロジと相互運用されます。 OLE DB は、Microsoft Component Object Model (COM) に基づいています。 したがって、COM を理解していると、ADO のさらに高度な概念を理解するのに役立ちます。