Office アドイン プラットフォームの概要

Office アドインのプラットフォームを使用すると、Office アプリケーションを拡張し、Office ドキュメント内のコンテンツと対話するソリューションを構築できます。 Office アドインを使用すると、HTML、CSS、JavaScript などの使い慣れた Web テクノロジを使用して、Outlook、Excel、Word、PowerPoint、OneNote、Project を拡張して操作できます。 ソリューションは、Windows、Mac、iPad、ブラウザーなど、複数のプラットフォームにわたって Office で実行できます。

Office アプリケーションと埋め込み Web サイト (アドイン) により、無限の拡張性が実現します。

Office アドインでは、ブラウザー内で Web ページが実行できる操作のほとんどすべてを実行できます。 Office アドイン プラットフォームを使用して、次のことができます。

  • Office クライアントに新しい機能を追加する - 外部データを Office に取り込み、Office ドキュメントを自動化し、Office クライアントで Microsoft などの機能を公開します。 たとえば、Microsoft Graph API を使用して、生産性の向上につながるデータに接続します。

  • Office ドキュメントに埋め込み可能な充実した対話型のオブジェクトを新しく作成する - マップやグラフ、ユーザーが自分の Excel スプレッドシートや PowerPoint プレゼンテーションに追加できる対話型の視覚化などを埋め込みます。

Office アドインが COM アドインおよび VSTO アドインと異なる点

COM または VSTO アドインは、Windows 上の Office でのみ実行される以前の Office 統合ソリューションです。 COM アドインとは異なり、Office アドインにはユーザーのデバイスまたは Office クライアントで実行されるコードは含まれません。 Office アドインの場合、アプリケーション (Excel など) はアドイン マニフェストを読み取り、UI でアドインのカスタム リボン ボタンとメニュー コマンドをフックします。 これは必要に応じて、サンド ボックスのブラウザーのコンテキストで実行されるアドインの JavaScript と HTML を読み込みます。

Office アドインを使用する理由: クロスプラットフォーム、一元化された展開、AppSource を介した簡単なアクセス、および標準の Web テクノロジに基づいた構築。

Office アドインは、VBA、COM、VSTO を使用して作成されたアドインと比較して、次のような利点があります。

  • クロスプラットフォーム サポート。 Office アドインは、Office on the web、Windows、Mac、iPad で実行されます。

  • 一元展開と配布。 管理者は、組織全体で Office アドインを一元的に展開できます。

  • AppSource を経由した簡単なアクセス。 AppSource に提出することで、広範な対象ユーザーにソリューションを公開できます。

  • 標準の Web テクノロジに基づいている。 任意のライブラリを使用して、Office アドインを構築することができます。

Office アドインのコンポーネント

Office アドインには、XML マニフェスト ファイルと独自の Web アプリケーションという 2 つの基本的なコンポーネントが含まれています。 マニフェストはユーザーのアドインを Office クライアントと統合する方法など、さまざまな設定を定義します。 Web アプリケーションは Web サーバーか、Microsoft Azure などの Web ホスティング サービスでホストされる必要があります。

マニフェスト

マニフェストは、次のようなアドインの設定と機能を指定する XML ファイルです。

  • アドインの表示名、説明、ID、バージョン、および既定のロケール。

  • Office とアドインを統合する方法。  

  • アドインのアクセス許可レベルとデータ アクセスの要件。

Web アプリケーション

最も基本的な Office アドインは、Office アプリケーション内に表示される静的な HTML ページで構成されますが、Office ドキュメントやその他のどんなインターネット リソースとも対話を行いません。 ただし、Office ドキュメントと対話するエクスペリエンスを作成したり、ユーザーが Office クライアント アプリケーションからオンライン リソースを操作したりするには、ホスティング プロバイダーがサポートするクライアント側とサーバー側の両方のテクノロジ (ASP.NET、PHP、Node.jsなど) を使用できます。 Office クライアントとドキュメントとの対話を行うには、Office.js JavaScript API を使用します。

Hello World アドインのコンポーネント。

Office クライアントの拡張と、Office クライアントとの対話

Office アドインは、Office クライアント アプリケーション内で次を実行できます。

  • 機能の拡張 (任意の Office アプリケーション)

  • 新しいオブジェクトの作成 (Excel または PowerPoint)

Office 機能の拡張

次の方法で、Office アプリケーションに新しい機能を追加できます。

  • カスタム リボン ボタンとメニュー コマンド ("アドイン コマンド" と総称されます)

  • 挿入可能な作業ウィンドウ

カスタムの UI と作業ウィンドウは、アドイン マニフェストで指定されます。  

カスタム ボタンとメニュー コマンド

カスタム リボン ボタンとメニュー項目は、Office on the webおよび Windows のリボンに追加できます。 これにより、ユーザーは、Office アプリケーションから直接アドインに簡単にアクセスできます。 コマンド ボタンは、カスタム HTML を使用して作業ウィンドウを表示したり、JavaScript 関数を実行したりするなど、さまざまなアクションを起動できます。  

カスタム ボタンとメニュー コマンド。

作業ウィンドウ

ユーザーがソリューションと対話できるようにするために、アドイン コマンドに加えて、作業ウィンドウを使用できます。 アドイン コマンド (Office 2013 および Office on iPad) をサポートしていないクライアントは、作業ウィンドウとしてアドインを実行します。 ユーザーは [挿入] タブの [アドイン] ボタンを使用して、作業ウィンドウのアドインを起動します。

アドイン コマンドに加えて、作業ウィンドウを使用します。

Outlook の機能を拡張する

Outlook アドインは、Office アプリ リボンを拡張し、表示または作成するときに Outlook アイテムの横にコンテキストで表示することもできます。 ユーザーが受信した項目を表示するか、返信または新しい項目を作成している場合には、電子メールメッセージ、会議出席依頼、会議の返信、会議の取り消し、または予定を操作できます。

Outlook アドインでは、アドレスや追跡 ID などのアイテムからコンテキスト情報にアクセスし、そのデータを使用してサーバー上の追加情報や Web サービスから魅力的なユーザー エクスペリエンスを作成することができます。 ほとんどの場合、Outlook アドインは Outlook アプリケーションを変更せずに実行され、デスクトップ、Web、タブレット、モバイル デバイスでシームレスなエクスペリエンスを提供します。

Outlook アドインの概要については、「Outlook アドインの概要」を参照してください。

Office ドキュメント内に新しいオブジェクトを作成する

Excel および PowerPoint のドキュメント内に、コンテンツ アドインと呼ばれる Web ベースのオブジェクトを埋め込むことができます。 コンテンツ アドインにより、ユーザーは充実した Web ベースのデータの可視化、埋め込まれたメディア (YouTube ビデオ プレーヤーや画像ギャラリーなど)、およびその他の外部コンテンツを統合できます。

コンテンツ アドインと呼ばれる Web ベースのオブジェクトを埋め込みます。

Office JavaScript API

Office JavaScript API には、アドインを構築したり、Office のコンテンツおよび Web サービスと対話したりするためのオブジェクトとメンバーが含まれています。 Excel、Outlook、Word、PowerPoint、OneNote、および Project で共有される一般的なオブジェクト モデルがあります。 また、Excel と Word 用のより広範なアプリケーション固有のオブジェクト モデルもあります。 これらの API は、段落やブックなどの既知のオブジェクトへのアクセスを提供するため、特定のアプリケーションのアドインを簡単に作成できます。

コード サンプル

マニフェスト、HTML Web ページ、ロゴのみを使用して最もシンプルな Office アドインを構築する方法について説明します。 次のサンプルは、関心のある Office ホストで作業を開始するのに役立ちます。

次の手順

Office アドインの開発の詳細については、「Office アドインを開発する」を参照してください。

関連項目