Office アドインをテストする

この記事では、Office アドインのテスト、デバッグ、トラブルシューティングに関するガイダンスを示します。

クロスプラットフォームおよび複数バージョンの Office をテストする

Office アドインは主要なプラットフォームで実行されるため、ユーザーが Office を実行している可能性のあるすべてのプラットフォームでアドインをテストする必要があります。 これには通常、Office on the web、Windows 上の Office (永続的およびMicrosoft 365 サブスクリプションの両方)、Office on Mac、Office on iOS、および (Outlook アドインの場合) Android 上の Office が含まれます。 ただし、一部のプラットフォームで作業しているユーザーがいないことを確認できる場合もあります。 たとえば、ユーザーが Windows コンピューターとサブスクリプション Office を操作する必要がある会社のアドインを作成する場合、Office on Mac または永続的な Office on Windows をテストする必要はありません。

注:

Windows コンピューターでは、Windows と Office のバージョンによって、アドインが使用するブラウザー コントロールが決まります。詳細については、「Office アドインによって使用されるブラウザー」を参照してください。

Office on the webに対してテストされたアドイン

アドインは、Microsoft Edge (Chromium ベースの WebView2)、Chrome、Safari など、すべての主要な最新のブラウザーでOffice on the webについてテストされます。 したがって、 AppSource に送信する前に、これらのプラットフォームとブラウザーでテストする必要があります。 検証の詳細については、「コマーシャル マーケットプレースの認定ポリシー」、特にセクション 1120.3、および Office アドイン アプリケーションと可用性のページを参照してください。

Internet Explorer または Microsoft Edge 従来版 (EdgeHTML) で開かなくなったOffice on the web。 そのため、AppSource はこれらのブラウザーでOffice on the webをテストしません。 Office ではアドイン ランタイムに対してこれらのブラウザーが引き続きサポートされているため、アドインの実行方法にバグが発生したと思う場合は、 office-js リポジトリの問題を作成してください。 詳細については、「古いMicrosoft ブラウザーと Office バージョンのサポート」およびMicrosoft Edge の問題のトラブルシューティング」を参照してください。

Windows 上の Office 用にテストされたアドイン

Windows の一部の Office バージョンでは、Internet Explorer とMicrosoft Edge 従来版に付属する Webview コントロールが引き続き使用されます。 AppSource では、アドインでこれらのブラウザー コントロールがサポートされているかどうかをテストします。 アドインでこれらのブラウザー コントロールがサポートされていない場合、AppSource は警告のみを発行し、アドインを拒否しません。 この例では、よりスムーズなユーザー エクスペリエンスを実現するために、アドインで正常なエラー メッセージを構成することをお勧めします。 詳細については、「以前のMicrosoft ブラウザーと Office バージョンをサポートする」を参照してください。

テスト用に Office アドインをサイドロードする

サイドロードを使用すると、最初にアドイン カタログに置かなくても、テスト用に Office アドインをインストールすることができます。 アドインをサイドロードする手順はプラットフォームによって異なり、一部のケースでは、製品ごとに異なります。 次の記事では、それぞれ、特定のプラットフォームまたは特定の製品内で Office アドインをサイドロードする方法について説明します。

単体テスト

アドイン プロジェクトに単体テストを追加する方法については、「Office アドインの単体テスト」を参照してください。

Office アドインのデバッグ

Office アドインをデバッグする手順は、プラットフォームと環境によって異なります。 詳細については、「 Office アドインのデバッグ」を参照してください。

Office アドイン マニフェストの検証

Office アドインを記述するマニフェスト ファイルを検証し、マニフェスト ファイルの問題のトラブルシューティングを行う方法については、「マニフェストの問題を検証し、トラブルシューティングを行う」を参照してください。

ユーザーのエラーのトラブルシューティング

よくある Office アドインの問題の解決方法については、「Office アドインでのユーザー エラーのトラブルシューティング」を参照してください。