Microsoft 365 開発者サンドボックス サブスクリプションの設定

運用環境に依存しないソリューションを構築するための Microsoft 365 開発者サンドボックスを設定します。 通常のメンバーまたは Visual Studio エンタープライズを通じて参加する開発者プログラム メンバーシップには、25 ユーザー ライセンス付のMicrosoft 365 E5 開発者サンドボックス サブスクリプションが含まれています。 90日間有効で、開発目的 (コーディングのソリューション) のみに無料で使用できます。

注意

サブスクリプションを設定するには、最初に直接 Microsoft 365 開発者プログラムに参加 するか、Visual Studio Profressional または Enterprise (サブスクライバーの場合) を使用して参加する必要があります。 参加すると、サブスクリプションの設定のためのオプションが表示されます。

インスタント サンドボックスを設定するか、構成可能なサンドボックスを設定するかを選択できます。

インスタント サンドボックス

インスタント サンドボックスを選択した場合、サンドボックスの構成時間を数日から数秒に短縮することができます。 Microsoft 365 インスタント サンドボックスには、Microsoft Teams、SharePoint、Outlook、Office が事前に準備されています。 また、テストユーザー 24 名と管理者 1 名分のライセンスと、Power Apps、Power BI、Enterprise Mobility + Security、Office 365 Advanced Threat Protection、Azure Active Directory など、PC や Mac 用の最新の Microsoft 365 アプリも含まれています。

さらに、新しい Teams サンプル データ パック、Microsoft Graphユーザー、メール、予定表データ、SharePoint Framework サンプル データなど、プレインストールされたサンプル データを取得できます。このデータは、小規模な企業環境をシミュレートして、Microsoft 365 プラットフォーム全体でソリューションを構築するのに役立ちます。 詳細については、「開発者サンドボックスのサンプル データ」 を参照してください。

このオプションを選択した場合、ドメイン名をカスタマイズすることはできません。

構成可能なサンドボックス

構成可能なサンドボックスを選択した場合は、ドメイン名をカスタマイズできます。 サンプル データを入力する必要がある空のサンドボックスがあります。 このサンドボックスのプロビジョニングには最大 2 日かかる場合があります。 開発者プログラム ダッシュボードで使用できるサンプル データ パックを 1 つずつインストールすることを選択できます。 詳細については、「開発者サンドボックスのサンプル データ」 を参照してください。

Microsoft 365 E5 サンドボックス サブスクリプションをセットアップする

Microsoft 365 開発者サブスクリプションを取得する

  1. プロファイル ページで、[E5 サブスクリプションの設定] を選択します。

  2. [Microsoft 365 E5 開発者サブスクリプションのセットアップ] ダイアログ ボックスで、インスタント サンドボックスと構成可能なサンドボックスのどちらを使用するかを選択し、[次へ] を選択します。

    [Microsoft 365 E5 開発者サブスクリプションの設定] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

インスタント サンドボックスを選択した場合:

  1. [データ センターの国/地域] を選択し、管理者ユーザー名管理者パスワード を指定し、必要に応じて架空のユーザーの代替パスワードを指定し、[続行] を選択します。

    重要

    開発者サブスクリプションにアクセスするときに必要なので、ユーザー名とパスワードをメモします。

  2. 有効な携帯電話番号を入力し、[コードを送信] を選択します。 受け取ったコードを入力し、[設定] を選択します。

    注意

    Voice over IP (VoIP) ではなく、有効な携帯電話番号を使用する必要があります。

  3. サブスクリプションが作成されると、プロファイル ページにサブスクリプションのドメイン名と有効期限が表示されます。

構成可能なサンドボックスを選択した場合:

  1. 国/地域 を選択し、[ユーザー名の作成] フィールドにユーザー名を、[ドメインの作成] フィールド にドメイン名を入力します。 パスワードを作成して確認し、[続行] を選択します。

    重要

    開発者サブスクリプションにアクセスするときに必要なので、ユーザー名とパスワードをメモします。

  2. 有効な携帯電話番号を入力し、[コードを送信] を選択します。 受け取ったコードを入力し、[設定] を選択します。

  3. サブスクリプションが作成されると、プロファイル ページにサブスクリプションのドメイン名と有効期限が表示されます。

サブスクリプションの設定

  1. プロファイル ページで [サブスクリプションに移動] を選択し、ユーザー ID (例: username@domain.onmicrosoft.com) と、開発者向けサブスクリプション用に指定したパスワードを使用してサインインします。

    注意

    サブスクリプションへのサインインには、開発者プログラムのアカウント ID を使用しないでください。

  2. アプリ起動ツールを使用して、管理センターへ移動します。

  3. 管理センターのホーム ページで、[設定へ移動] を選択します。 [Microsoft 365 E5 開発者セットアップ] ページに移動します。

  4. Office アプリのインストール。 使用しているコンピューターに Office アプリをインストールするオプションがあります。 準備ができたら、[続行] を選択します。

  5. サインインとメールをカスタマイズ。 サブスクリプションをドメインに接続することができます。また、作成した既存のサブドメインも使用できます。 準備ができたら、[このドメインを使用する] を選択するか、[後で行う] を選択します。

  6. 新規ユーザーの追加。 架空のユーザーまたは実在のユーザーを追加して、開発に役立てることができます。 準備ができたら、[ユーザーの追加とライセンスの割り当て] を選択します。

    注意

    構成可能なサブスクリプションがある場合は、サブスクリプションを設定した後、ユーザー サンプル データ パックをインストールできます。 ユーザー サンプル データ パックは、サブスクリプションに 16 人の架空のユーザーを作成します。各ユーザーのライセンスと、各ユーザーのメールボックス、名前、メタデータ、写真が含まれます。 詳細については、「Developer サンドボックスサンプル データ」 を参照してください。

  7. ライセンスのないユーザーにライセンスを割り当てる。 すべてのユーザーに関して、サブスクリプションで作業できるようにするには、ライセンスを付与します。 準備ができたら [ユーザーの追加とライセンスの割り当て] または [後で行う] を選択します。

  8. サインインの資格情報を共有。 サブスクリプションにアクセスする実際のユーザーすべてに、サインインの資格情報をそのユーザーと共有する必要があります。 メール、ダウンロード、または印刷などの方法を選択することができます。 準備ができたら、[続行] を選択します。

    ヒント

    次回ダッシュ ボードにアクセスするときは、ダッシュ ボードに移動する前に username@domain.onmicrosoft.com アカウントでサインインします。

  9. Microsoft Teams に関するメールをユーザーに送信するかどうかを選択し、[続行] を選択します。

  10. 設定が完了しました。 サブスクリプションの設定が完了しました。 必要に応じて、この操作を評価できます。 準備ができたら、管理センターに移動 を選択します。

    注意

    現時点では、お客様のいる国/地域に関わらず、サブスクリプションの地域は既定で北アメリカに設定されています。 設定に進み、開発者向けのサブスクリプションを使用することもできます。

構成可能なサンドボックスで Microsoft 365 サービスをプロビジョニングする

もし構成可能なサンドボックスを持っている場合は、サブスクリプションの SharePoint や Exchange などのバックエンドサービスのプロビジョニングには、少々時間がかかります。 この手順では、アプリ起動ツールとホーム ページの中の一部のアイコンは 設定中 (このアプリはまだ設定中) と表示されています。 1 時間もかからないでしょう。

プロビジョニングを完了すると、開発用の新しい Microsoft 365 サブスクリプションを使用することができます。 サブスクリプションの有効期限は90日間です。 延長するにはサブスクリプションの有効期限が切れる前に延長できますか?を参照してください。

また、リリース オプションを有効にして、できるだけ早く最新の Microsoft 365 の機能にアクセスできるようにすることをお勧めします。 詳細については、「標準または対象指定リリース オプションを設定する」を参照してください。

Microsoft Azure アカウントの設定

一部の Office ソリューションでは、Azure サービスを利用してビルドを行うために Microsoft Azure アカウントが必要になる場合があります。 これは、Microsoft 365 Developer サブスクリプションには含まれません。 無料の Azure アカウントを設定するには、「Azure の無料アカウントを今すぐ作成しましょう」を参照してください。

サンプル データ パックのインストール

サンプル データ パックは、構成可能なサンドボックスにインストールできます。 インスタント サンドボックスを選択した場合、サンプル データ パックがプレインストールされます。

サンプル データ パックは、ソリューションの構築とテストに必要なデータとコンテンツを自動的にインストールするため、時間を節約することができます。 これには、小規模の企業環境をシミュレートするための架空のユーザー、メタデータ、および写真が含まれます。 利用可能なサンプル データ パックとそのインストール方法については、「開発者サンドボックス サンプル データ」 を参照してください。

関連項目