Share via


DoCmd.TransferDatabase メソッド (Access)

TransferDatabase メソッドによって、Visual Basic で "TransferDatabase/データベース変換" アクションを実行します。

構文

expression.TransferDatabase (TransferType, DatabaseType, DatabaseName, ObjectType, Source, Destination, StructureOnly, StoreLogin)

expression: DoCmd オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
TransferType 省略可能 AcDataTransferType 変換の種類を指定します。
DatabaseType Optional Variant データベースの種類のいずれかの名前の文字列式。データのインポート、エクスポート、またはリンクに使用できます。 DatabaseType パラメーターは、データのエクスポートおよびリンク アクションに必要ですが、インポート アクションには必要ありません。 型またはデータベースは次のとおりです。
  • Access (既定値)

  • Jet 2.x

  • Jet 3.x

  • dBase III

  • dBase IV

  • dBase 5.0

  • Paradox 3.x

  • Paradox 4.x

  • Paradox 5.x

  • Paradox 7.x

  • ODBC データベース

  • WSS (SharePoint)

DatabaseName Optional Variant データをインポート、エクスポート、またはリンクするために使用するデータベースの、パス (WSS、Windows SharePoint Services の場合は URL) を含む完全な名前の文字列式。
ObjectType 省略可能 AcObjectType インポートまたはエクスポートするオブジェクトの種類。
Source Optional Variant データをインポート、エクスポート、またはリンクするオブジェクトの名前の文字列式。
宛先 省略可能 Variant 対象のデータベース内のインポート、エクスポート、またはリンクされるオブジェクトの名前の文字列式。
StructureOnly Optional Variant データベース テーブルの構造のみをインポートまたはエクスポートするには、True (1) を使用します。 テーブルの構造とデータをインポートまたはエクスポートするには、False (0) を使います。 この引数を空白にすると、既定値 (False) と見なされます。
StoreLogin Optional Variant ODBC データベースへのサインイン識別コード (ID) とパスワードを、データベースからリンクされるテーブルの接続文字列に格納するには、True を使用します。 これを行う場合は、テーブルを開くたびにサインインする必要はありません。 サインイン ID とパスワードを格納しない場合は False を使用します。 この引数を空白にすると、既定値 (False) と見なされます。 この引数は Visual Basic でのみ利用できます。

解説

TransferDatabase アクションを使用して、現在の Microsoft Access データベースまたは Access プロジェクト (.adp) と、他のデータベースとの間でデータをインポートまたはエクスポートします。 Access データベースでは、他のデータベースから現在のデータベースにテーブルをリンクすることもできます。 リンク テーブルを使用すれば、テーブル自体は他のデータベースにある状態で、そのテーブルのデータにアクセスすることができます。

Access と他の種類のデータベース間でテーブルをインポートおよびエクスポートすることができます。 Access の選択クエリを他の種類のデータベースにエクスポートすることもできます。 Access では、テーブル形式でクエリの結果セットがエクスポートされます。 対象のデータベースが両方とも Access データベースである場合は、Access データベース オブジェクトのインポートとエクスポートが可能です。

他の Access のデータベースから、そのデータベース内でリンクされているテーブルをインポートした場合は、インポート後もリンクが維持されます。 つまり、テーブル自体ではなく、リンクがインポートされることになります。

ODBC データベースの管理者は引数 SaveLoginId で提供される機能を無効にすることができます。この機能を無効にした場合、すべてのユーザーは、ODBC データベースに接続するたびにサインイン ID とパスワードを入力する必要があります。

注:

ActiveX データ オブジェクト (ADO) を使ってリンクを作成するには、Recordset オブジェクトの ActiveConnection プロパティを使います。

次の例では、Access の Northwind.accdb データベースの月間売上高報告書を、現在のデータベースの企業売上レポートにインポートします。

DoCmd.TransferDatabase acImport, "Microsoft Access", _ 
    "C:\Users\Public\Northwind.accdb", acReport, "Monthly Sales Report", _ 
    "Corporate Sales Report"

次の例では、ODBC データベースの [Authors] テーブルを現在のデータベースにリンクします。

DoCmd.TransferDatabase acLink, "ODBC Database", _ 
    "ODBC;DSN=DataSource1;UID=User2;PWD=www;LANGUAGE=us_english;" & _ 
    "DATABASE=pubs", acTable, "Authors", "dboAuthors"

次の例では、SharePoint のリストを現在のデータベースのテーブルにインポートします。

DoCmd.TransferDatabase acImport, "WSS", _
    "WSS;DATABASE=https://company-my.sharepoint.com/personal/username_domain_com/express;" & _
    "LIST=NameOfListToImport;RetrieveIds=Yes", _
    acTable, , "NameOfLocalTable", False

次の例では、現在のデータベースのテーブルを SharePoint のリストにエクスポートします。

DoCmd.TransferDatabase acExport, "WSS", _
    "https://company-my.sharepoint.com/personal/username_domain_com/express", _
    acTable, "NameOfLocalTable", "NameOfListInSharePoint", False

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。