Share via


Application.ActiveCell プロパティ (Excel)

アクティブウィンドウ(一番上のウィンドウ)または指定されたウィンドウ内のアクティブセルを表すRangeオブジェクトを返します。 ウィンドウに表示されているワークシートが表示されていない場合は、このプロパティは失敗します。 読み取り専用です。

構文

expression.ActiveCell

expressionApplication オブジェクトを 表す変数。

解説

対象となるオブジェクトを指定しない場合は、アクティブ ウィンドウのアクティブ セルが返されます。

アクティブ セルと選択範囲を慎重に区別してください。 アクティブ セルとは、現在の選択範囲内にある 1 つのセルです。 選択範囲には複数のセルが含まれている可能性がありますが、アクティブ セルは 1 つのみです。

次に示す式はいずれもすべて同じアクティブ セルを表しています。

ActiveCell 
Application.ActiveCell 
ActiveWindow.ActiveCell 
Application.ActiveWindow.ActiveCell

この例では、メッセージ ボックスにアクティブ セルの値を表示します。 アクティブ シートでない場合、ActiveCell プロパティは失敗するので、ActiveCell プロパティを使用する前に、Sheet1 をアクティブにしておきます。

Worksheets("Sheet1").Activate 
MsgBox ActiveCell.Value

この例は、アクティブ セルのフォントの設定を変更します。

Worksheets("Sheet1").Activate 
With ActiveCell.Font 
 .Bold = True 
 .Italic = True 
End With

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。