Application.FileDialog プロパティ (Excel)

ファイルダイアログのインスタンスを表す FileDialog オブジェクトを返します。

構文

expression.FileDialog (fileDialogType)

expression Application オブジェクトを 表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
fileDialogType 必須 MsoFileDialogType ファイル ダイアログの種類です。

注釈

使用できる定数は、次に示す MsoFileDialogType クラスの定数のいずれかです。

  • msoFileDialogFilePicker。 ユーザーがファイルを選択するのを許可します。
  • msoFileDialogFolderPicker。 ユーザーがフォルダーを選択するのを許可します。
  • msoFileDialogOpen。 ユーザーがファイルを開くのを許可します。
  • msoFileDialogSaveAs。 ユーザーがファイルを保存するのを許可します。

次の使用例は、ユーザーが 1 つ以上のファイルを選択できるファイル ダイアログを開きます。 ファイルが選択されると、Excelは各ファイルのパスを別々のメッセージで表示します。

Sub UseFileDialogOpen() 
 
    Dim lngCount As Long 
 
    ' Open the file dialog 
    With Application.FileDialog(msoFileDialogOpen) 
        .AllowMultiSelect = True 
        .Show 
 
        ' Display paths of each file selected 
        For lngCount = 1 To .SelectedItems.Count 
            MsgBox .SelectedItems(lngCount) 
        Next lngCount 
 
    End With 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。