Share via


Application.Windows プロパティ (Excel)

すべてのブック内のすべての ウィンドウ を表す Windows コレクションを返します。 読み取り専用 Windows オブジェクト。

構文

Windows

expressionApplication オブジェクトを 表す変数。

注釈

このプロパティをオブジェクト修飾子を指定せずに使用した場合、Application.Windows と同様の結果になります。

このプロパティは、表示および非表示の両方のウィンドウのコレクションを返します。

次の使用例は、最初に開いたウィンドウ、または非表示のウィンドウを閉じます。

Application.Windows(1).Close

次の使用例は、作業中のブックの連結貸借対照表のウィンドウ 1 に名前を付けます。 この名前は、Windows コレクションのインデックスとして使います。

ActiveWorkbook.Windows(1).Caption = "Consolidated Balance Sheet" 
ActiveWorkbook.Windows("Consolidated Balance Sheet") _ 
 .ActiveSheet.Calculate

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。