Share via


AutoCorrect オブジェクト (Excel)

曜日の先頭文字を大文字にするかどうか、2 文字目を小文字にするかどうかの設定と、置き換えを行う文字列など、Excel のオートコレクトの設定全体を表します。

AutoCorrect オブジェクトを取得するには、Application オブジェクトの AutoCorrect プロパティを使用します。 次の使用例は、Excel に 2 つの最初の大文字で始まる単語を修正するように設定します。

With Application.AutoCorrect 
 .TwoInitialCapitals = True 
 .ReplaceText = True 
End With

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。