Share via


AutoCorrect.DisplayAutoCorrectOptions プロパティ (Excel)

ユーザーが [オートコレクト オプション] ボタンを表示または非表示にすることができます。 既定値は True です。 取得/設定が可能な Boolean 値です。

構文

DisplayAutoCorrectOptions

オートコレクト オブジェクトを表す変数。

注釈

DisplayAutoCorrectOptions プロパティは、Office 全体についての設定です。 Excel でこのプロパティを変更すると、他の Office アプリケーションにも反映されます。

Excel では、[ オートコレクト オプション] ボタンは、ハイパーリンクが自動的に作成された場合にのみ表示されます。

この例では、[ オートコレクト オプション] ボタンを表示できるかどうかを判断し、ユーザーに通知します。

Sub CheckDisplaySetting() 
 
 'Determine setting and notify user. 
 If Application.AutoCorrect.DisplayAutoCorrectOptions = True Then 
 MsgBox "The AutoCorrect Options button can be displayed." 
 Else 
 MsgBox "The AutoCorrect Options button cannot be displayed." 
 End If 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。