Share via


Borders オブジェクト (Excel)

Range オブジェクトまたは Style オブジェクトの 4 つの罫線を表す 4 つの Border オブジェクトのコレクション。

注釈

4 つの罫線すべてが属している Borders コレクションを取得するには、Borders プロパティを使用します。 セルまたは範囲の両側に異なる罫線を適用できます。 セル範囲に罫線を適用する方法の詳細については、「 Range.Borders プロパティ」を参照してください。

輪郭の辺ごとに扱えるのは、Range オブジェクトと Style オブジェクトだけです。 誤差範囲や区分線など、輪郭がある他のオブジェクトは、辺の数にかかわらず、1 つのエンティティとして扱われます。 このオブジェクトは、輪郭全体を 1 単位としてプロパティを取得、設定する必要があります。 詳細については、Border オブジェクトを参照してください。

次の使用例は、ワークシート 1 のセル A1 の下側の罫線を二重線に設定します。

Worksheets(1).Range("A1").Borders.LineStyle = xlDouble

単一の Border オブジェクトを返すには、罫線 (index) を使用しますここで、index は罫線を識別します。 Index は、 xlBordersIndex クラスの定数 xlDiagonalDownxlDiagonalUpxlEdgeBottomxlEdgeLeftxlEdgeRightxlEdgeTopxlInsideHorizontalxlInsideVertical のいずれかです。

次の使用例は、セル A1:G1 の下罫線の色を赤に設定します。

Worksheets("Sheet1").Range("A1:G1"). _ 
 Borders(xlEdgeBottom).Color = RGB(255, 0, 0)

次の例では、範囲内のすべてのセルの周囲に薄い罫線を生成します。

Dim rng As Range: Set rng = ws.Range("B6", "D8")
        
With rng.Borders
   .LineStyle = xlContinuous
   .Weight = xlThin
End With

次の例では、範囲の内側のセル境界のみを変更します。

Dim rngInner As Range: Set rngInner = ws.Range("B2", "D4")
        
With rngInner.Borders(xlInsideHorizontal)
  .LineStyle = xlContinuous
  .Weight = xlThin
End With

With rngInner.Borders(xlInsideVertical)
  .LineStyle = xlContinuous
  .Weight = xlThin
End With

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。