Share via


Border オブジェクト (Excel)

オブジェクトの輪郭を表します。

注釈

ほとんどの罫線付きオブジェクト ( Range オブジェクトと Style オブジェクトを除く) には、辺の数に関係なく、1 つのエンティティとして扱われる罫線があります。 境界全体を単位として返す必要があります。

TrendLine オブジェクトなどの Border プロパティを使用して、この種類のオブジェクトの Border オブジェクトを取得します。

Border オブジェクトのビジュアル プロパティは連動されることに注意してください。つまり、あるプロパティを変更すると、別のプロパティの変更が誘発される可能性があります。 ほとんどの場合、誘導された変更は境界線を表示するのに役立ちます (望ましい場合とそうでない場合があります)。 ただし、他の (より予期しない) 結果が可能です。

予期しない結果との連動の例を次に示します。 この例では、境界線の Weight プロパティを xlThick に設定すると、以前に xlDashDotDot に設定したにもかかわらず 、LineStyle プロパティが xlSolid になります。

   Sub InterlockingExample()
       Dim SomeRange As Range
       Dim SomeBorder As Border
       
       Set MyRange = Selection
       Set SomeBorder = MyRange.Borders(xlDiagonalDown)
       SomeBorder.Color = RGB(255, 0, 0)
       Debug.Print "SomeBorder.LineStyle = " & SomeBorder.LineStyle   'SomeBorder.LineStyle = 1
       Debug.Print "Set SomeBorder.LineStyle = xlDashDotDot"          'Set SomeBorder.LineStyle = xlDashDotDot
       SomeBorder.LineStyle = xlDashDotDot
       Debug.Print "SomeBorder.LineStyle = " & SomeBorder.LineStyle   'SomeBorder.LineStyle = 5
       Debug.Print "Set SomeBorder.Weight = xlThick"                  'Set SomeBorder.Weight = xlThick
       SomeBorder.Weight = xlThick
       Debug.Print "SomeBorder.LineStyle = " & SomeBorder.LineStyle   'SomeBorder.LineStyle = 1
   End Sub

次の使用例は、アクティブなグラフにある近似曲線の種類と線のスタイルを変更します。

With ActiveChart.SeriesCollection(1).Trendlines(1) 
 .Type = xlLinear 
 .Border.LineStyle = xlDash 
End With

Range オブジェクトと Style オブジェクトには、左、右、上、下の 4 つの個別の罫線があり、個別に、またはグループとして返すことができます。 Borders プロパティを使用して Borders コレクションを取得します。このコレクションには、4 つの罫線がすべて含まれており、罫線が単位として扱われます。 次の使用例は、ワークシート 1 のセル A1 の下側の罫線を二重線に設定します。

Worksheets(1).Range("A1").Borders.LineStyle = xlDouble

単一の Border オブジェクトを返すには、罫線 (index) を使用しますここで、index は罫線を識別します。 次の例では、セル A1:G1 の下罫線の色を設定します。

Worksheets("Sheet1").Range("A1:G1"). _ 
 Borders(xlEdgeBottom).Color = RGB(255, 0, 0)

Index は、 xlBordersIndex クラスの定数 xlDiagonalDownxlDiagonalUpxlEdgeBottomxlEdgeLeftxlEdgeRightxlEdgeTopxlInsideHorizontalxlInsideVertical のいずれかです。

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。