CalculatedMember オブジェクト (Excel)

Online Analytical Processing (OLAP) データ ソースを使用するピボットテーブルの集計フィールド、集計アイテム、および名前付きセットを表します。

注釈

CalculatedMember オブジェクトを取得するには、CalculatedMembers コレクションの Add メソッドまたは Item プロパティを使用します。

CalculatedMember オブジェクトを使用すると、IsValid プロパティを使用して、ピボットテーブル内の計算フィールドまたはアイテムの有効性を確認できます。

注:

ピボットテーブルが現在データ ソースに接続されていない場合、 IsValid プロパティは True を 返します。 IsValid プロパティをテストする前に、PivotCache オブジェクトの MakeConnection メソッドを使用します。

次の例では、計算されたメンバーが有効かどうかをユーザーに通知します。 この例では、有効または無効な計算メンバーを含むアクティブワークシートにピボットテーブルが存在することを前提としています。

Sub CheckValidity() 
 
 Dim pvtTable As PivotTable 
 Dim pvtCache As PivotCache 
 
 Set pvtTable = ActiveSheet.PivotTables(1) 
 Set pvtCache = Application.ActiveWorkbook.PivotCaches.Item(1) 
 
 ' Handle run-time error if external source is not an OLEDB data source. 
 On Error GoTo Not_OLEDB 
 
 ' Check connection setting and make connection if necessary. 
 If pvtCache.IsConnected = False Then 
 pvtCache.MakeConnection 
 End If 
 
 ' Check if calculated member is valid. 
 If pvtTable.CalculatedMembers.Item(1).IsValid = True Then 
 MsgBox "The calculated member is valid." 
 Else 
 MsgBox "The calculated member is not valid." 
 End If 
 
End Sub

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。