Share via


PivotCache.MakeConnection メソッド (Excel)

指定されたピボットテーブル キャッシュの接続を確立します。

構文

MakeConnection

PivotCache オブジェクトを表す変数。

注釈

MakeConnection メソッドは、キャッシュの接続が切れた後で、接続を再確立する場合に使用できます。

キャッシュが接続していない場合、さまざまなオブジェクトおよびメソッドが実行時エラーを返します。 このメソッドによって、他のオブジェクトまたはメソッドを実行する前に、接続を確立しておくことができます。

指定したピボットテーブル キャッシュの MaintainConnection プロパティが False に設定されている場合、指定されたピボットテーブル キャッシュの SourceType プロパティが xlExternal に設定されていない場合、または OLE DB データ ソースへの接続でない場合、このメソッドは実行時エラーになります。

注:

Excel では、VBA プログラマからは認識できませんが、セッションの途中で一時的に接続を切ることがあるので、このメソッドを使うと便利です。

次の使用例は、キャッシュがソースに接続しているかどうかを調べ、必要であれば接続を行います。 次の使用例では、アクティブ ワークシートにピボットテーブル キャッシュがあるものとします。

Sub UseMakeConnection() 
 
    Dim pvtCache As PivotCache 
 
    Set pvtCache = Application.ActiveWorkbook.PivotCaches.Item(1) 
 
    ' Handle run-time error if external source is not an OLE DB data source. 
    On Error GoTo Not_OLEDB 
 
    ' Check connection setting and make connection if necessary. 
    If pvtCache.IsConnected = True Then 
        MsgBox "The MakeConnection method is not needed." 
    Else 
        pvtCache.MakeConnection 
        MsgBox "A connection has been made." 
    End If 
    Exit Sub 
 
Not_OLEDB: 
    MsgBox "The data source is not an OLE DB data source" 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。