Share via


ErrorCheckingOptions.BackgroundChecking プロパティ (Excel)

有効なエラー チェック ルールに違反するすべてのセルについてユーザーに警告します。 このプロパティを True (既定値) に設定すると、有効なエラーに違反するすべてのセルの横に [オートコレクト オプション] ボタンが表示されます。 False を指定 すると、エラーのバックグラウンド チェックが無効になります。 読み取り/書き込みが可能な Boolean です。

構文

BackgroundChecking

ErrorCheckingOptions オブジェクトを表す変数。

注釈

有効にできるメンバーの一覧を表示するには、 ErrorCheckingOptions オブジェクトを参照してください。

次の使用例では、空白セルを参照する数式が含まれるセル A1 を選択すると、[オートコレクト オプション] ボタンが表示されます。

Sub CheckBackground() 
 
 ' Simulate an error by referring to empty cells. 
 Application.ErrorCheckingOptions.BackgroundChecking = True 
 Range("A1").Select 
 ActiveCell.Formula = "=A2/A3" 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。