Font.Background プロパティ (Excel)

返すまたは、グラフで使用されるテキストの背景の種類を設定します。 読み取り/書き込みバリアント型 ( Variant) は 、XlBackground の定数の 1 に設定されます

構文

背景

Font オブジェクトを表す 変数

備考

XlBackground には 、次のいずれかの定数を指定できます。

定数 文字列背景の説明
xlBackgroundAutomatic Font.Background は 、テキストの周囲の背景領域を自動的に色に変更し、テキストの下の要素に適用される色のグラフ テキストを最適に表示します。
xlBackgroundOpaque Font.Background は、テキストの下のテキストの色と塗りつぶしの色が非常に近い場合、またはテキストが表示されないなど、同じ色の場合、フォントの背景を黒に設定します。
xlBackgroundTransparent Font.Background は透明に設定されています。テキストの色がテキストの下の色に近い場合、テキストの背景は変更されません。

次の使用例は、最初のワークシートの埋め込みグラフ 1 にグラフ タイトルを追加し、タイトルのフォント サイズと背景の種類を設定します。 この例では、最初のワークシートにグラフが存在することを前提とします。

Sub UseBackground() 
 
 With Worksheets(1).ChartObjects(1).Chart 
 .HasTitle = True 
 .ChartTitle.Text = "Rainfall Totals by Month" 
 With .ChartTitle.Font 
 .Size = 10 
 .Background = xlBackgroundTransparent 
 End With 
 End With 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。