Share via


ListDataFormat.Choices プロパティ (Excel)

DefaultValue プロパティの ListLookUpChoiceMultiおよび Choice データ型によってユーザーに提供される選択肢を含む文字列型 (String) の配列値を返します。 読み取り専用のバリアント型 (Variant) の値。

構文

選択肢

ListDataFormat オブジェクトを表す変数。

注釈

ListDataFormat オブジェクトに関連付けられているプロパティの値を Microsoft Excel で設定することはできません。 ただし、これらのプロパティは、Microsoft SharePoint Foundation を実行しているサーバー上の一覧を変更することで設定できます。

次の例では、SharePoint リストにリンクされているリスト内の 3 番目の列の Choices プロパティの設定を表示します。 この使用例は、 DefaultValue プロパティが ChoiceChoiceMultiListLookup の各データ型のいずれかに設定されていると仮定しています。

Sub PrintChoices() 
 Dim wrksht As Worksheet 
 Dim objListCol As ListColumn 
 
 Set wrksht = ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1") 
 Set objListCol = wrksht.ListObjects(1).ListColumns(3) 
 
 Debug.Print objListCol.ListDataFormat.Choices 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。