Share via


Name.RefersToLocal プロパティ (Excel)

名前を参照する数式を返すか設定します。 数式はユーザーの言語であり、A1 形式の表記で、等号で始まる。 読み取り/書き込みが可能な String です。

構文

RefersToLocal

Name オブジェクトを表す変数。

次の使用例は、新しいワークシートを作成し、作業中のブックに含まれているすべての名前と、名前の参照先を示す数式のリストを挿入します。数式は A1 形式で、コード実行時の言語で表示されます。

Set newSheet = ActiveWorkbook.Worksheets.Add 
i = 1 
For Each nm In ActiveWorkbook.Names 
 newSheet.Cells(i, 1).Value = nm.NameLocal 
 newSheet.Cells(i, 2).Value = "'" & nm.RefersToLocal 
 i = i + 1 
Next

既知の問題

このプロパティにはバグがあります。 ローカライズされた数式をこのプロパティに割り当てると失敗します。 プロパティには、RefersTo プロパティと同じ数式構文 (US 形式とリスト区切り記号) が必要です。 例:

Sub Example()
    Dim Nm As Name
    Set Nm = ThisWorkbook.Names("test")
    'If Windows is set to use ; as listseparator, this fails:
    Nm.RefersToLocal = "=SUM(Sheet1!$A$1,Sheet1!$A$3)"
    'If Windows is set to use ; as listseparator, this works:
    Nm.RefersToLocal = "=SUM(Sheet1!$A$1;Sheet1!$A$3)"
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。