PivotCache.CreatePivotTable メソッド (Excel)

PivotCache オブジェクトに基づいてピボットテーブル レポート を作成 します。 PivotTable オブジェクトを返します。

構文

CreatePivotTable (TableDestination, TableName, ReadData, DefaultVersion)

PivotCache オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
TableDestination 必須 Variant ピボットテーブル レポートの移動先範囲の左上隅にあるセル (結果のピボットテーブル レポートが配置されるワークシートの範囲)。 変換先の範囲は、式で指定された PivotCache オブジェクトを含むブック内のワークシート上にある必要 があります
TableName 省略可能 Variant 作成するピボットテーブル レポートの名前を指定します。
ReadData 省略可能 Variant True を指定すると、外部データベースのすべてのレコードを含むピボットテーブル キャッシュが作成されます。このキャッシュは非常に大きい場合があります。 False を指定すると、データが実際に読み取る前に、一部のフィールドをサーバー ベースのページ フィールドとして設定できます。
DefaultVersion 省略可能 Variant ピボットテーブル レポートの既定のバージョンを指定します。

戻り値

PivotTable

注釈

ピボットテーブル キャッシュに基づいてピボットテーブル レポートを作成する別の方法については、PivotTables オブジェクトの Add メソッドを参照してください。

この例では、OLAP プロバイダーに基づいて新しいピボットテーブル キャッシュを作成し、アクティブワークシートのセル A3 のキャッシュに基づいて新しいピボットテーブル レポートを作成します。

With ActiveWorkbook.PivotCaches.Add(SourceType:=xlExternal) 
 .Connection = _ 
 "OLEDB;Provider=MSOLAP;Location=srvdata;Initial Catalog=National" 
 .CommandType = xlCmdCube 
 .CommandText = Array("Sales") 
 .MaintainConnection = True 
 .CreatePivotTable TableDestination:=Range("A3"), _ 
 TableName:= "PivotTable1" 
End With 
With ActiveSheet.PivotTables("PivotTable1") 
 .SmallGrid = False 
 .PivotCache.RefreshPeriod = 0 
 With .CubeFields("[state]") 
 .Orientation = xlColumnField 
 .Position = 1 
 End With 
 With .CubeFields("[Measures].[Count Of au_id]") 
 .Orientation = xlDataField 
 .Position = 1 
 End With 
End With

この例では、Microsoft Jet への ADO 接続を使用して新しいピボットテーブル キャッシュを作成し、アクティブワークシートのセル A3 のキャッシュに基づいて新しいピボットテーブル レポートを作成します。

Dim cnnConn As ADODB.Connection 
Dim rstRecordset As ADODB.Recordset 
Dim cmdCommand As ADODB.Command 
 
' Open the connection. 
Set cnnConn = New ADODB.Connection 
With cnnConn 
 .ConnectionString = _ 
 "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0" 
 .Open "C:\perfdate\record.mdb" 
End With 
 
' Set the command text. 
Set cmdCommand = New ADODB.Command 
Set cmdCommand.ActiveConnection = cnnConn 
With cmdCommand 
 .CommandText = "Select Speed, Pressure, Time From DynoRun" 
 .CommandType = adCmdText 
 .Execute 
End With 
 
' Open the recordset. 
Set rstRecordset = New ADODB.Recordset 
Set rstRecordset.ActiveConnection = cnnConn 
rstRecordset.Open cmdCommand 
 
' Create a PivotTable cache and report. 
Set objPivotCache = ActiveWorkbook.PivotCaches.Add( _ 
 SourceType:=xlExternal) 
Set objPivotCache.Recordset = rstRecordset 
With objPivotCache 
 .CreatePivotTable TableDestination:=Range("A3"), _ 
 TableName:="Performance" 
End With 
 
With ActiveSheet.PivotTables("Performance") 
 .SmallGrid = False 
 With .PivotFields("Pressure") 
 .Orientation = xlRowField 
 .Position = 1 
 End With 
 With .PivotFields("Speed") 
 .Orientation = xlColumnField 
 .Position = 1 
 End With 
 With .PivotFields("Time") 
 .Orientation = xlDataField 
 .Position = 1 
 End With 
End With 
 
' Close the connections and clean up. 
cnnConn.Close 
Set cmdCommand = Nothing 
Set rstRecordSet = Nothing 
Set cnnConn = Nothing

この例では、既存の WorkbookConnection を使用します。

 
 'Get WorkbookConnection object
 Dim conn As WorkbookConnection
 Set conn =  ActiveWorkbook.Connections("MyConnectionName")
 
 'Declare temp variables
 Dim connStr As String
 Dim sqlStr As String
 
 'Store connection string and command text in variables depends on connection type
 If conn.Type = xlConnectionTypeODBC Then
   connStr = conn.ODBCConnection.Connection
   sqlStr = conn.ODBCConnection.CommandText
 End If
  
 If conn.Type = xlConnectionTypeOLEDB Then
   connStr = conn.OLEDBConnection.Connection
   sqlStr = conn.OLEDBConnection.CommandText
 End If
 
 'Create PivotCache
 Dim pcache As pivotCache
 Set pcache = ActiveWorkbook.PivotCaches.Create(xlExternal, conn)
 
 'Then we need to get recordset to create pivot table
 Dim adodb_conn As Object
 Dim rs As Object
 Set adodb_conn = CreateObject("ADODB.Connection")
 Set rs = CreateObject("ADODB.Recordset")
 adodb_conn.Open connStr
 rs.Open sqlStr, adodb_conn
 
 Set pcache.Recordset = rs
 'When CreatePivotTable method called the linked WorkbookConnection is losing connection string and command text
 Set pvt = pcache.CreatePivotTable(TableDestination:=Sheets("MySheetName").Cells(1, 1), TableName:="MyPivotTableName")
        
 rs.Close
 adodb_conn.Close
 
 'Restore CommandText and connection string
 pcache.CommandText = sqlStr
 pcache.Connection = connStr
 
 ' Now you have PivotTable that linked with yours WorkbookConnection
 
 

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。