Share via


PivotCache.CreatePivotTable メソッド (Excel)

PivotCache オブジェクトに基づいてピボットテーブル レポートを作成します。 PivotTable オブジェクトを返します。

構文

CreatePivotTable (TableDestination, TableName, ReadData, DefaultVersion)

PivotCache オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
TableDestination 必須 バリアント型 ピボットテーブル レポートのターゲット範囲の左上隅にあるセル (結果のピボットテーブル レポートが配置されるワークシートの範囲)。 変換先の範囲は、で指定された PivotCache オブジェクトを含むブック内のワークシート上にある必要があります。
TableName 省略可能 バリアント型 (Variant) 作成するピボットテーブル レポートの名前を指定します。
ReadData 省略可能 バリアント型 True を指定 すると、外部データベースのすべてのレコードを含むピボットテーブル キャッシュが作成されます。このキャッシュは非常に大きくなる可能性があります。 False を 指定すると、データを実際に読み取る前に、一部のフィールドをサーバー ベースのページ フィールドとして設定できます。
DefaultVersion 省略可能 バリアント型 (Variant) ピボットテーブル レポートの既定のバージョンを指定します。

戻り値

PivotTable

注釈

ピボットテーブル キャッシュに基づいてピボットテーブル レポートを作成する別の方法については、ピボットテーブル オブジェクトの Add メソッドに関するページ 参照してください。

この例では、OLAP プロバイダーに基づいて新しいピボットテーブル キャッシュを作成し、アクティブなワークシートのセル A3 のキャッシュに基づいて新しいピボットテーブル レポートを作成します。

With ActiveWorkbook.PivotCaches.Add(SourceType:=xlExternal) 
 .Connection = _ 
 "OLEDB;Provider=MSOLAP;Location=srvdata;Initial Catalog=National" 
 .CommandType = xlCmdCube 
 .CommandText = Array("Sales") 
 .MaintainConnection = True 
 .CreatePivotTable TableDestination:=Range("A3"), _ 
 TableName:= "PivotTable1" 
End With 
With ActiveSheet.PivotTables("PivotTable1") 
 .SmallGrid = False 
 .PivotCache.RefreshPeriod = 0 
 With .CubeFields("[state]") 
 .Orientation = xlColumnField 
 .Position = 1 
 End With 
 With .CubeFields("[Measures].[Count Of au_id]") 
 .Orientation = xlDataField 
 .Position = 1 
 End With 
End With

次の使用例は、Microsoft Jet への ADO 接続を使用して新しいピボットテーブル キャッシュを作成し、アクティブなワークシートのセル A3 のキャッシュに基づいて新しいピボットテーブル レポートを作成します。

Dim cnnConn As ADODB.Connection 
Dim rstRecordset As ADODB.Recordset 
Dim cmdCommand As ADODB.Command 
 
' Open the connection. 
Set cnnConn = New ADODB.Connection 
With cnnConn 
 .ConnectionString = _ 
 "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0" 
 .Open "C:\perfdate\record.mdb" 
End With 
 
' Set the command text. 
Set cmdCommand = New ADODB.Command 
Set cmdCommand.ActiveConnection = cnnConn 
With cmdCommand 
 .CommandText = "Select Speed, Pressure, Time From DynoRun" 
 .CommandType = adCmdText 
 .Execute 
End With 
 
' Open the recordset. 
Set rstRecordset = New ADODB.Recordset 
Set rstRecordset.ActiveConnection = cnnConn 
rstRecordset.Open cmdCommand 
 
' Create a PivotTable cache and report. 
Set objPivotCache = ActiveWorkbook.PivotCaches.Add( _ 
 SourceType:=xlExternal) 
Set objPivotCache.Recordset = rstRecordset 
With objPivotCache 
 .CreatePivotTable TableDestination:=Range("A3"), _ 
 TableName:="Performance" 
End With 
 
With ActiveSheet.PivotTables("Performance") 
 .SmallGrid = False 
 With .PivotFields("Pressure") 
 .Orientation = xlRowField 
 .Position = 1 
 End With 
 With .PivotFields("Speed") 
 .Orientation = xlColumnField 
 .Position = 1 
 End With 
 With .PivotFields("Time") 
 .Orientation = xlDataField 
 .Position = 1 
 End With 
End With 
 
' Close the connections and clean up. 
cnnConn.Close 
Set cmdCommand = Nothing 
Set rstRecordSet = Nothing 
Set cnnConn = Nothing

この例では、既存の WorkbookConnection を使用します。

 
 'Get WorkbookConnection object
 Dim conn As WorkbookConnection
 Set conn =  ActiveWorkbook.Connections("MyConnectionName")
 
 'Declare temp variables
 Dim connStr As String
 Dim sqlStr As String
 
 'Store connection string and command text in variables depends on connection type
 If conn.Type = xlConnectionTypeODBC Then
   connStr = conn.ODBCConnection.Connection
   sqlStr = conn.ODBCConnection.CommandText
 End If
  
 If conn.Type = xlConnectionTypeOLEDB Then
   connStr = conn.OLEDBConnection.Connection
   sqlStr = conn.OLEDBConnection.CommandText
 End If
 
 'Create PivotCache
 Dim pcache As pivotCache
 Set pcache = ActiveWorkbook.PivotCaches.Create(xlExternal, conn)
 
 'Then we need to get recordset to create pivot table
 Dim adodb_conn As Object
 Dim rs As Object
 Set adodb_conn = CreateObject("ADODB.Connection")
 Set rs = CreateObject("ADODB.Recordset")
 adodb_conn.Open connStr
 rs.Open sqlStr, adodb_conn
 
 Set pcache.Recordset = rs
 'When CreatePivotTable method called the linked WorkbookConnection is losing connection string and command text
 Set pvt = pcache.CreatePivotTable(TableDestination:=Sheets("MySheetName").Cells(1, 1), TableName:="MyPivotTableName")
        
 rs.Close
 adodb_conn.Close
 
 'Restore CommandText and connection string
 pcache.CommandText = sqlStr
 pcache.Connection = connStr
 
 ' Now you have PivotTable that linked with yours WorkbookConnection
 
 

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。