Share via


PivotCache.Recordset プロパティ (Excel)

指定したピボットテーブル キャッシュのデータ ソースとして使用される Recordset オブジェクトを取得または設定します。 値の取得と設定が可能です。

構文

レコード

PivotCache オブジェクトを表す変数。

注釈

このプロパティを使用して既存のレコードセットを上書きする場合、 Refresh メソッドの実行時に変更が有効になります。

次の使用例は、Microsoft Jet への ADO 接続を使用して新しいピボットテーブル キャッシュを作成し、アクティブなワークシートのセル A3 のキャッシュに基づいて新しいピボットテーブル レポートを作成します。

Dim cnnConn As ADODB.Connection 
Dim rstRecordset As ADODB.Recordset 
Dim cmdCommand As ADODB.Command 
 
' Open the connection. 
Set cnnConn = New ADODB.Connection 
With cnnConn 
 .ConnectionString = _ 
 "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0" 
 .Open "C:\perfdate\record.mdb" 
End With 
 
' Set the command text. 
Set cmdCommand = New ADODB.Command 
Set cmdCommand.ActiveConnection = cnnConn 
With cmdCommand 
 .CommandText = "Select Speed, Pressure, Time From DynoRun" 
 .CommandType = adCmdText 
 .Execute 
End With 
 
' Open the recordset. 
Set rstRecordset = New ADODB.Recordset 
Set rstRecordset.ActiveConnection = cnnConn 
rstRecordset.Open cmdCommand 
 
' Create a PivotTable cache and report. 
Set objPivotCache = ActiveWorkbook.PivotCaches.Add( _ 
 SourceType:=xlExternal) 
Set objPivotCache.Recordset = rstRecordset 
With objPivotCache 
 .CreatePivotTable TableDestination:=Range("A3"), _ 
 TableName:="Performance" 
End With 
 
With ActiveSheet.PivotTables("Performance") 
 .SmallGrid = False 
 With .PivotFields("Pressure") 
 .Orientation = xlRowField 
 .Position = 1 
 End With 
 With .PivotFields("Speed") 
 .Orientation = xlColumnField 
 .Position = 1 
 End With 
 With .PivotFields("Time") 
 .Orientation = xlDataField 
 .Position = 1 
 End With 
End With 
 
' Close the connections and clean up. 
cnnConn.Close 
Set cmdCommand = Nothing 
Set rstRecordSet = Nothing 
Set cnnConn = Nothing

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。