Share via


PivotCache.RobustConnect プロパティ (Excel)

ピボットテーブル キャッシュをデータ ソースに接続する方法を設定または返します。 XlRobustConnect の読み取り/書き込み。

構文

RobustConnect

PivotCache オブジェクトを表す変数。

次の使用例は、キャッシュ接続の設定を調べ、通知します。 次の使用例では、アクティブ ワークシートにピボットテーブルがあるものとします。

Sub CheckRobustConnect() 
 
 Dim pvtCache As PivotCache 
 
 Set pvtCache = Application.ActiveWorkbook.PivotCaches.Item(1) 
 
 ' Determine the connection robustness and notify user. 
 Select Case pvtCache.RobustConnect 
 Case xlAlways 
 MsgBox "The PivotTable cache is always connected to its source." 
 Case xlAsRequired 
 MsgBox "The PivotTable cache is connected to its source as required." 
 Case xlNever 
 MsgBox "The PivotTable cache is never connected to its source." 
 End Select 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。